プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ポイント・オヴ・ライブレイション

アジア・ミノール

BELLE203405 【2020年発売CD】

紙ジャケット仕様、SHM-CD、定価3000+税。

評価:50 1件のレビュー

かつて2枚の名作を残した仏シンフォ・グループが、奇跡の3rdをリリース!クラシカルなオルガンと悲哀を帯びたトーンのギター、妖艶なフルート、憂いを秘めたヴォーカル...。すべてが往年のまま繰り広げられるサウンドに冒頭から早くも胸が熱くなります。

79年と81年に名作を残したフレンチ・シンフォ・グループ、奇跡の2020年復活作3rd!

トルコ系フランス人メンバー達によって結成され、79年と81年に名作を残したシンフォ・グループが、約40年を経てリリースした2020年作3rdアルバム!1曲目「Deadline of a Lifetime」からもう言葉を失います。クラシカルなオルガンをバックにベース、ギター、フルートが残響のようにフレーズを繰り返す幻想的なオープニング。そこから力強いリズムを得て、オルガンと悲哀を帯びたトーンのギターが一気に疾走を始めるアンサンブル。シンセとギターが短いソロを交換すると、満を持して歌い出すあの低く落ち着いたヴォーカル...。すべてが往年のまま繰り広げられるシンフォニック・ロックに冒頭から胸がグッと熱くなります。「妖艶」という表現がぴったりな少しエキゾチックなフルートも端正なアンサンブルを表情豊かに彩っていてとにかく素晴らしい。終始薄霧に包まれているような幻想的で浮遊感に満ちたサウンド・プロダクションも、このバンドの叙情美を引き出す効果を上げていて見事です。復活作に多い現代的に洗練された音はほぼ登場せず、まさに2ndアルバムの続きといった趣。ですので当時の2枚が愛聴盤という方なら、これは感動すること間違いなしでしょう。ずばり傑作!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

CELESTE / IL PRINCIPE DEL REGNO PERDUTO の商品詳細へ

CELESTE/IL PRINCIPE DEL REGNO PERDUTO

76年の名盤で知られるイタリアン・ロック・グループ、期待に違わぬ珠玉のメロトロン・シンフォを聴かせる2021年作!

2,390円(税込2,629円)

EYE 2 EYE / NOWHERE HIGHWAY の商品詳細へ

EYE 2 EYE/NOWHERE HIGHWAY

03年結成のフレンチ・シンフォ新鋭、2020年作

2,390円(税込2,629円)

JAMES MAC GAW / LA FIN DES TEMPLES の商品詳細へ

JAMES MAC GAW/LA FIN DES TEMPLES

90-00年代MAGMAを支えたギタリストが、ONE SHOTのメンバーらと制作したアルバム、全1曲35分!

2,800円(税込3,080円)

ANTONY KALUGIN / STELLAR GARDENER の商品詳細へ

ANTONY KALUGIN/STELLAR GARDENER

KARFAGENやSUNCHILDを率いるウクライナ出身の才人キーボーディスト/マルチ・プレイヤーによる21年ソロ作!

2,090円(税込2,299円)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • POINT OF LIBRATION

    ASIA MINOR

    AMS326CD(AMS

    紙ジャケット仕様

    79年と81年に名作を残したフレンチ・シンフォ・グループ、奇跡の2020年復活作3rd!

    かつて2枚の名作を残した仏シンフォ・グループが、奇跡の3rdをリリース!クラシカルなオルガンと悲哀を帯びたトーンのギター、妖艶なフルート、憂いを秘めたヴォーカル...。すべてが往年のまま繰り広げられるサウンドに冒頭から早くも胸が熱くなります。

  • POINT OF LIBRATION

    ASIA MINOR

    AMS326CD(AMS

    紙ジャケット仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    79年と81年に名作を残したフレンチ・シンフォ・グループ、奇跡の2020年復活作3rd!

    かつて2枚の名作を残した仏シンフォ・グループが、奇跡の3rdをリリース!クラシカルなオルガンと悲哀を帯びたトーンのギター、妖艶なフルート、憂いを秘めたヴォーカル...。すべてが往年のまま繰り広げられるサウンドに冒頭から早くも胸が熱くなります。

  • トルコ系フランス人のメンバー達が結成したグループ、79年1st、神秘的な美しさと粛々としたメランコリー、フレンチ・シンフォを代表する名作

    フランスのキャメルと言えばこのグループですよね? エキゾチズムやフランスらしい哀感もまた魅力的なのです。

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 当時のサウンドそのままにASIA MINORが帰ってきた♪(2 拍手)

yes_90125さん レビューをすべて見る

80年代のフランスを代表するシンフォ・バンドASIA MINORが40年振りの3rdアルバムをリリースしたと知り、思わず声を上げてしまったくらい驚いた。
まさか、新作が聴ける時が来るとは!!
如何にも日本人好みのメロディだけど「日本盤のみ、紙ジャケット、SHM-CDにての先行リリース」って・・・今回のアルバム・リリースは日本側から仕掛けたのかな!?

80年リリースの2ndアルバム「Between Flesh And Divine」は今でも時折取り出して聴いているお気に入りなので、ファンとしてはこの復活劇を喜ぶべきなのだが、正直なところ若干の不安があったことも事実。
当時のメンバーが残っているとは言え40年の歳月はあまりに長すぎる。
最近のプログレ・サウンドにアップデートされているかもしれない。
それはそれで聴いてみたいけれど、僕は甘美で翳りのあるあのサウンドが好きだったのだ。
でも、大好きなバンドの新作を聴かないわけにはいかない。

・・・そんな葛藤は杞憂に過ぎなかった。
ギターやフルートの音色、声域は広くないが温もりを感じるヴォーカル−感情をこめて歌うタイプではないので、どこか冷めた感じを受けなくもないのに不思議−など、当時のイメージそのままのASIA MINORサウンドを聴くことが出来る。
「彼らの最高傑作か?」と言われると2nd大好きな僕は素直に「YES」とは答えないけれど、お気に入りの1枚に加わることは間違いない。

ナイスレビューですね!