プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

数学家の空中広告(妖精ケーソスの森)

ペッカ・ポーヨラ

BELLE203379 【2020年発売CD】

紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、SHM-CD、定価3143+税。

評価:50 1件のレビュー

「北欧のマイク・オールドフィールド」とも呼ばれる彼ですが、本作はそのオールドフィールド姉弟との共演作!持ち前の透明度の高い繊細な作風はマイクのギターとさすが相性抜群!

フィンランド・プログレの名バンドWIGWAMで活躍したベーシスト/マルチ奏者、サリー&マイクのオールドフィールド姉弟と共演した77年作

WIGWAMのベーシスト。77年作の3rdソロ。Mike Oldfield、Sally Oldfield、Pierre Moerlenなど参加。MikeのギターはPekkaの作風にばっちりはまっていて、様々なフレーズが完璧にかみ合ったアンサンブルからは名バンドのような科学反応を感じることができます。クールかつスリリングなサウンドは、北欧プログレッシヴ・ロックの最高峰と言っても過言ではありません。名作。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

PEKKA POHJOLA / PIHKASILMA KAARNAKORVA の商品詳細へ

PEKKA POHJOLA/PIHKASILMA KAARNAKORVA

WIGWAMに在籍したベーシスト/マルチ・ミュージシャン、72年にリリースされた1stソロ、カンタベリー・ファンにもおすすめの一枚!

3,143円(税込3,457円)

PEKKA POHJOLA / HARAKKA BIALOIPOKKU の商品詳細へ

PEKKA POHJOLA/HARAKKA BIALOIPOKKU

フィンランド、WIGWAMに在籍したベーシスト/マルチ・ミュージシャン、74年作、SAMLA MAMMAS MANNAのメンバー参加

3,143円(税込3,457円)

WIGWAM / FAIRYPORT の商品詳細へ

WIGWAM/FAIRYPORT

北欧シーンを代表するフィンランドのプログレ・グループ、71年3rd、テクニカルなプログレ要素と人懐っこいポップセンスが融合した大傑作!

4,000円(税込4,400円)

PEKKA POHJOLA / CHANGING WATERS の商品詳細へ

PEKKA POHJOLA/CHANGING WATERS

フィンランド、WIGWAMに在籍したベーシスト/マルチ奏者、92年作

1,190円(税込1,309円)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

フィンランドの名グループWIGWAMとその仲間たち

まとめて試聴する

  • WIGWAM 『FAIRYPORT』

    北欧シーンを代表するフィンランドのプログレ・グループ、71年3rd、テクニカルなプログレ要素と人懐っこいポップセンスが融合した大傑作!

  • WIGWAM 『BEING』

    北欧シーンを代表するフィンランドのプログレ・グループ、73年4th、前作に勝るとも劣らない傑作!

  • TASAVALLAN PRESIDENTTI 『TASAVALLAN PRESIDENTTI』

    フィンランド、名ギタリストJUKKA TOLONEN率いるグループ、69年デビュー作、北欧サイケ・ブルースの傑作!

レココレ特集『70年代プログレッシヴ・ロックの叙情性』連動【ユーロ各国編】

まとめて試聴する

  • ATOLL 『L'ARAIGNEE MAL』

    仏プログレを代表するグループ、仄暗く幻想的な音世界に惹きこまれる大傑作2nd、75年リリース

  • TAI PHONG 『TAI PHONG』

    ベトナム系フランス人兄弟を中心とするフレンチ・プログレの代表的グループ、75年デビュー作

  • PULSAR 『HALLOWEEN』

    フロイド、クリムゾンからの影響を取り込んだ、アーティスティックなフレンチ・プログレの傑作、77年作

  • LOS CANARIOS 『CICLOS』

    74年リリース、ヴィヴァルディ『四季』をモチーフに制作されたスパニッシュ・シンフォの大傑作、鬼才アルフレド・カリオンによるアレンジも特筆!

  • FOCUS 『AT THE RAINBOW』

    73年作、プログレ史上屈指の傑作ライヴ・アルバム!

  • APHRODITE'S CHILD 『666』

    ギリシャを代表する一枚、72年発表の3rd、プログレ史に残る一大コンセプト作!

  • SEBASTIAN HARDIE 『FOUR MOMENTS』

    オーストラリアを代表するプログレ・グループ、邦題「哀愁の南十字星」という邦題が全てを象徴するメロディアスなシンフォ名作、75年デビュー作

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 樹脂の眼、樹皮の耳

    ペッカ・ポーヨラ

    BELLE203377(MARQUEE

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、SHM-CD、定価3143+税

    WIGWAMに在籍したベーシスト/マルチ・ミュージシャン、72年にリリースされた1stソロ、カンタベリー・ファンにもおすすめの一枚!

    【購入特典:カケレコオリジナル小冊子をプレゼント!】

    カンタベリー・テイストの精緻な演奏に北欧らしいファンタジーが混ざり合った、メルヘンで幻想的な音世界が素晴らしい〜。WIGWAMで活躍したベーシスト、72年発表の1stソロ!

  • 数学家の空中広告(妖精ケーソスの森)

    ペッカ・ポーヨラ

    BELLE071337(BELLE ANTIQUE

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、定価2857+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    フィンランド・プログレの名バンドWIGWAMで活躍したベーシスト/マルチ奏者、サリー&マイクのオールドフィールド姉弟と共演した77年作

    「北欧のマイク・オールドフィールド」とも呼ばれる彼ですが、本作はそのオールドフィールド姉弟との共演作!持ち前の透明度の高い繊細な作風はマイクのギターとさすが相性抜群!

  • KEESOJEN LEHTO

    PEKKA POHJOLA

    LRCD219(LOVE

    評価:50 1件のレビュー

    デジタル・リマスター

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    カビあり

    フィンランド・プログレの名バンドWIGWAMで活躍したベーシスト/マルチ奏者、サリー&マイクのオールドフィールド姉弟と共演した77年作

    「北欧のマイク・オールドフィールド」とも呼ばれる彼ですが、本作はそのオールドフィールド姉弟との共演作!持ち前の透明度の高い繊細な作風はマイクのギターとさすが相性抜群!

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干黄ばみあり

    フィンランド、WIGWAMに在籍したベーシスト/マルチ奏者、92年作

    フィンランド屈指のプログレ・バンドWIGWAMの中心人物の1人として活動し、ソロ活動でも独自のサウンドで高い評価を得てきたミュージシャン、92年作。

  • CHANGING WATERS

    PEKKA POHJOLA

    PELPCD5(POHJOLA

    プラケース仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    カビあり、ケースツメ跡あり

    フィンランド、WIGWAMに在籍したベーシスト/マルチ奏者、92年作

    フィンランド屈指のプログレ・バンドWIGWAMの中心人物の1人として活動し、ソロ活動でも独自のサウンドで高い評価を得てきたミュージシャン、92年作。

  • カササギ鳥の一日

    ペッカ・ポーヨラ

    BELLE203378(MARQUEE

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、SHM-CD、定価3143+税

    フィンランド、WIGWAMに在籍したベーシスト/マルチ・ミュージシャン、74年作、SAMLA MAMMAS MANNAのメンバー参加

    【購入特典:カケレコオリジナル小冊子をプレゼント!】

    キレと叙情性を兼ね備えたカンタベリー・タッチのジャズ・ロック・サウンドに、北欧らしいファンタジックさをめいっぱい散りばめたような音世界が素晴らしい…。WIGWAMに在籍した北欧の俊才ミュージシャン、SAMLAのメンバーも参加の74年2nd!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 4曲目のベースは、スタンリー・クラークのようだ(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ウィグアムは、常にクールな人懐こさを感じさせるグループです。人肌の魅力といっしょにどこか人を食ったユーモアがあり、わたしは以前よく聴いていました。ペッカのサード作を数年ぶりに聞いてみましたら、やっぱり彼のソロの中でも別格の完成度。しかも冷たい冬にこそ、この音は似合います。クールなジャズ調の中に人肌を感じさせる素晴らしい音楽です。

ベーシストとして優れた演奏家であることはすぐ判ります。加えて曲想が豊かで、アンサンブルに無理なところはなく流れるようです。ペッカの背景はクラシックであるようです。ピアノの腕前も確かなものです。シンセサイザーは音色を選び間違えると大変なことになる楽器ですが、見事にクールな曲調にフィットさせています。

さてさてマイク・オールドフィールドと姉さんフィールドです。マイク・オールドフィールドは、ペッカとの波長が合ったらしく、情念を感じさせるソロを弾いていますし、ペッカがふざけるパートも付いて行っています。あと、ピエール・モエルレンのドラムズが切れ味良いのですわ。さすが。このメンバーでグループつくって欲しかったところですけれど、君子の交わりは淡きこと水の如し、という故事を思い出します。

最終曲が笑ってしまいます。あまりにもシリアスに演奏してしまったために、ギャグを入れざるを得なかった、というところかと…。こんなところにもペッカの人の良さを感じてしまいます。

ナイスレビューですね!