プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

PIGGY GO GETTER

TEAR GAS

ECLEC2683(ESOTERIC

19年デジタル・リマスター。

評価:50 1件のレビュー

その名は、ザル・クレミンソン。マイナーながら、パトゥのオリー・ハルソールやニュークリアスのクリス・スペディングに通じる、いぶし銀のギター名手。支えるリズム隊も強力でこの70年作、ずばり英ハード名作。

いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのギターが冴え渡る、牧歌的かつエッジの効いた英ハード・ロック名作、70年リリース1st

英国はグラスゴー出身。後にアレックス・ハーヴェイと出会い、センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドへと発展するグループ。70年作の1st。前半は、アコースティック・ギターのバッキングを活かした英国的な牧歌性も感じさせるサウンドで、後半はツェッペリンも意識したハード・エッジなサウンドへとシフト・チェンジ。聴き所は、なんといってもZal Cleminsonのギター。コシのある歪みで、タメの効いたリフ、鋭角に畳みかけるスリリングなリードともに懐深く弾いていて、パトゥのオリー・ハルソールあたりにも通じる、ブリティッシュならではの陰影に富んだいぶし銀のフレージングが光っています。リズム隊も特筆で、特にベースのChris Glenは、後にMSGにも参加する名手。クリームのジンジャー・ベイカーにも負けないセンス抜群のベースを響かせています。2ndはハード・ロック化しますが、本作は、深い森に迷い込んでしまったような幻想性や陰影が感じられるのが特徴。渋くメロウなスルメ名盤です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

TEAR GAS / TEAR GAS の商品詳細へ

TEAR GAS/TEAR GAS

いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのプレイが冴え渡る、英ハード・ロック屈指の名作!71年発表

1790円(+税)

ORANG-UTAN / ORANG-UTAN の商品詳細へ

ORANG-UTAN/ORANG-UTAN

2本のギターがブルージー&アグレッシヴなフレーズをぶつけあうハード&ソリッドなハード・ロック・バンド、71年唯一作

2390円(+税)

GINHOUSE / GINHOUSE の商品詳細へ

GINHOUSE/GINHOUSE

71年にB&Cレーベルよりリリースされた唯一作、巧みなリズム・チェンジで鮮やかに展開するプログレッシヴな英ハード!

2290円(+税)

STRIDER / EXPOSED の商品詳細へ

STRIDER/EXPOSED

腰が抜けるほどに格好良すぎる英ハードの名作!

2390円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

いぶし銀ギタリスト〜英ロックにコクと渋みを加える名脇役たち

まとめて試聴する

  • KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT 『KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT』

    フリー解散後のポール・コゾフとサイモン・カークがベーシスト山内テツ&Key奏者ラビットと結成したグループ、71年唯一作

  • HUMBLE PIE 『SMOKIN'』

    ピーター・フランプトンに替わり名手クレム・クレムソンが加入し制作された72年作6th

  • SPOOKY TOOTH 『SPOOKY TWO』

    叙情性溢れるブリティッシュ・ロック名バンド、69年作

  • KEEF HARTLEY BAND 『HALFBREED』

    ジョン・メイオール率いるブルースブレイカーズを経て、キーフ・ハートレイが結成したリーダー・グループ、69年作1st

  • ARC 『... AT THIS』

    71年リリース、グッと来るツボをこれでもかと押してくるドラマティックなブリティッシュ・ハード・ロック、泣きのギター炸裂!

  • SHARKS 『FIRST WATER』

    Andy FraserやChris Speddingが組んだ英ハード・ロック・グループ、73年作

  • BRIAN DAVISON'S EVERY WHICH WAY 『EVERY WHICH WAY』

    元NICEのドラマーBrian Davisonと後にARCなどで活躍する実力派シンガーGraham Bellを中心とするグループ、70年作、枯れた哀愁が胸に染みる英フォーク・ロックの名作

  • PATTO 『PATTO』

    ソウルフルでグルーヴィーな英シンガー、マイク・パトゥ率いるグループ、名手オリー・ハルソール在籍、70年デビュー作

  • KEN HENSLEY 『PROUD WORDS ON A DUSTY SHELF』

    URIAH HEEPの中心人物であるKey奏者、73年リリースのソロ、これでもかと英国臭漂う名作

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • TEAR GAS

    TEAR GAS

    ECLEC2664(ESOTERIC

    評価:50 1件のレビュー

    19年リイシュー、デジタル・リマスター

    いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのプレイが冴え渡る、英ハード・ロック屈指の名作!71年発表

    レーベル管理上、ジャケットに若干の圧痕がある場合がございます。ご了承ください。

    その名は、Zal Cleminson。マイナーなギタリストですが、ソリッドなリフ、鋭角に切れこむリードともセンス抜群なんです。彼のギターが冴え渡る英ハードの名作がこちら!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 表紙は警察官が石を投げているところ(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

あまりに彼らのことを好きすぎて、レビューする指も震えよう、というものです。(大袈裟か…)スコットランドはグラスゴー出身、のちにアレックス・ハーベイと一緒に英国のコミック・ハード・バンドとしてのし上がった彼らの旅立ちであります。かのセンセーショナル・アレックス・ハーベイ・バンドは、好きになると棺桶に入れてくれ、と言い出す人が続出する、という知る人ぞ知るカルトです。でも、センセーショナルズを知らなくたって、問題ありません。十分UKユーザーを満足させる技量を持っています。

エソテリック盤のライナーが親切で、かなり彼らのことを知ることができました。まず、聴いていた音楽が、USサイケ、モータウン、ジェフ・ベック・グループ、フランク・ザッパであること。幸運をもらってグラスゴーからロンドンに出てきたこと。スコットランドでアルバム・デビューしたのは、ティア・ガスが最初であること。つまりナザレスより早いわけだ。ザル・クレミンスン、クリス・グレンしか、SAHBにつながったメンバーがおりませんが、この二人で十分です。

グレンの跳ね回るベース、ザルの歪んだトーンを聴くだけで充分興奮できます。また、キーボードの人もセンスいいんですよ。爆音に責められるセカンドに比べて、ウィットに富んだ曲たちです。どうも録音順になっているらしく、後半になるに従って名作のセカンドに近くなっていきます。ジェフ・ベックへのオマージュ、ビートルズへのオマージュも出てきます。生きていて良かった、とわたしは思います。

ナイスレビューですね!