プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

MASKARA

JUAN DE LA CRUZ

BCD165(VICOR

デジタル・リマスター。

評価:43 3件のレビュー

「ロックの秘境、アジアを侮るなかれ!まるでオザンナのような怪しげなジャケ。ジャケのイメージそのままの、エキゾチックでプログレッシヴなナンバーで幕を開けます。スゴイです!」by kobakunさん

フィリピンのブルース・サイケ・ハード・グループ、74年作

日本のスピード・グルー&シンキで活躍したドラマーJoseph Smithが在籍していることでも知られるフィリピンのグループ。74年作。前作の延長線上のエキセントリックなヘヴィ・サイケはさらに強度を増し、ピアノや弦楽器をフィーチャーしたメロディアスな楽曲など、アレンジの引き出しも増えた名作。ヘヴィな楽曲でのアンサンブルの完成度は圧巻の一言で、音が鳴っていない「間」の雄弁さは特筆もの。デジタル・リマスター。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

WALLY GONZALEZ / TUNOG PINOY の商品詳細へ

WALLY GONZALEZ/TUNOG PINOY

フィリピンを代表するバンドJUAN DE LA CRUZのギタリスト、77年1stソロ、もの凄い熱気!

1790円(+税)

JUAN DE LA CRUZ / HIMIG NATIN の商品詳細へ

JUAN DE LA CRUZ/HIMIG NATIN

フィリピンを代表するブルース・ロック/サイケ・ハード・グループ、73年2nd

1790円(+税)

GEORGE ROMANOS / TWO LITTLE BLUE HORSES の商品詳細へ

GEORGE ROMANOS/TWO LITTLE BLUE HORSES

ギリシア、70年作1st、サイケでポップなフォーク・ロック

3590円(+税)

MOTORHEAD / ACE OF SPADES の商品詳細へ

MOTORHEAD/ACE OF SPADES

80年作

1090円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

PRUMa0Iyw_s

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • HIMIG NATIN

    JUAN DE LA CRUZ

    BCD170(VICOR

    デジタル・リマスター

    フィリピンを代表するブルース・ロック/サイケ・ハード・グループ、73年2nd

    重厚&ブルージーで強烈にスモーキーなファズ・サウンドがたまらん!スピード・グルー&シンキのドラマーが在籍するフィリピンのグループ、日本のニューロック・ファンは要注目ですよ!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 ロックの秘境、アジアを侮るなかれ!(14 拍手)

kobakunさん レビューをすべて見る

まるでオザンナのような怪しげなジャケ。曲のオープニングも負けずにチョー怪しいです。 不気味なシンセをバックに、呪文のような歌声がこだまします。ジャケのイメージそのままの、エキゾチックでプログレッシヴなナンバーで幕を開けます。スゴイです!基本はへヴィーでブルージィーでサイケなハードロックなんですが、時折入るストリングスのアレンジが曲に彩りを添えているうえ、タガログ語の歌が辺境度をアップさせ、ロック後進国ならではの二番煎じっぽさを微塵も感じさせません。カッコイイです!

フィリピンはまだまだロックの秘境でしょうが、この作品はそんな秘境ならでは怪しい空気をそのままパック詰めしたような新鮮な味わい、衝撃が詰まっているといえます。辺境ファンならずとも、ロックの新たな刺激を求める人にお勧めの作品です!

ナイスレビューですね!

評価:5 スピード・グルー&シンキDr.在籍のフィリピン・サイケ・ロック!(2 拍手)

JJさん レビューをすべて見る

スピード・グルー&シンキで活躍したドラマーJoseph Smithが在籍していると言う事で興味を持ちCDを購入しました。もっとしょぼい音だと思っていましたが、なかなかどうして演奏もしっかりしており、重厚なヘヴィ・サイケを聴かせてくれます。ジャケットはしょぼいですが、CDはオリジナル・マスターから収録されたようで音質も良いです。1974年当時、フィリピンにこんなカッコいいバンドがいたことに驚かされます。

ナイスレビューですね!

評価:4 よかった(1 拍手)

2さん レビューをすべて見る

4曲目が特に素晴らしいと感じました。それほどへヴィーな感じはせず、ときどき心地よい浮遊感があります。この時期のフィリピンのロック音楽を特にPinoy rockと呼ぶのを今回はじめて知り、探すときに便利なので覚えておきたいと思っています。

ナイスレビューですね!