プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ウォーク・オン

ボストン

UICY6513 【2006年発売CD】

評価:40 1件のレビュー

前作『Third Stage』から8年を経てのリリースとなった94年4th

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

BOSTON / THIRD STAGE の商品詳細へ

BOSTON/THIRD STAGE

ドラマティックな構築性が加わった86年3rd!

790円(+税)

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / BRAIN SALAD SURGERY の商品詳細へ

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER)/BRAIN SALAD SURGERY

73年5th、70年代英国ロック屈指の名盤であり、それまでの彼らの集大成を最高の形で結実させた一枚!

590円(+税)

LED ZEPPELIN / PRESENCE の商品詳細へ

LED ZEPPELIN/PRESENCE

76年リリース、圧倒的ヘヴィ・チューン「アキレス最後の戦い」で幕を開ける後期ツェッぺリンの大傑作!

490円(+税)

THE BAND / MUSIC FROM BIG PINK の商品詳細へ

THE BAND/MUSIC FROM BIG PINK

クラプトンやジョージを虜にしたアメリカン・ロック史上に輝く金字塔、68年1st

490円(+税)

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 幻想飛行

    ボストン

    MHCP1108

    紙ジャケット仕様、06年デジタル・リマスター、定価1890

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干カビあり

    記念すべき76年作1st、ブラッド・デルプの声量豊かなハイトーンVo&トム・ショルツのメロディアスでヌケの良いギターサウンド、このコンビネーションは最強!

    ブラッド・デルプの声量豊かなハイトーンVo&トム・ショルツのメロディアスで抜群にヌケの良いギター・サウンド、このコンビネーションは最強ですよね!

  • ドント・ルック・バック<新惑星着陸>

    ボストン

    MHCP1332

    06年デジタル・リマスター、定価1785

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    小さいカビあり

    前作とともにアメリカン・プログレ・ハードを代表する傑作、78年2nd

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    盤キズ多めにあり、帯にケースツメ跡あり

    前作とともにアメリカン・プログレ・ハードを代表する傑作、78年2nd

  • サード・ステージ

    ボストン

    UICY25007

    SHM-CD、定価1800

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、カビあり

    ドラマティックな構築性が加わった86年3rd!

  • サード・ステージ

    ボストン

    32XD538

    評価:40 1件のレビュー

    86年規格、定価3360

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    盤に若干研磨跡あり

    ドラマティックな構築性が加わった86年3rd!

  • アイ・ニード・ユア・ラヴ

    ボストン

    MVCM10001

    2曲入りシングル、帯付仕様、定価1000

    帯【無】 解説【-】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、若干ケースツメ跡あり

    94年作『WALK ON』からの第1弾シングル

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 ボストンの斜めからの聴き方(2 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ボストンが「バンド」なのか、トム・ショルツのソロ・プロジェクトだったのか、いまだに答えが出ません。おそらくは後者なのでしょう。「幻想飛行」のデモは、ショルツ1人が宅録でつくり、LP制作とツアーをするためレーベルからスタジオ・ミュージシャンを割り振られたという裏話はあとで知りました。初代ボーカリストのブラッド・デルプは、この4作めの前に脱退してしまいました。そりゃ、そうでしょう。8年に一度しか仕事が回ってこないのですから。ショルツがツアーやバンド維持に何の関心もなかったのは明白です。

わたしがこの陽の当たらない4作めを書こうと思ったのは、バンド・サウンドになっているからです。産業ロックとか、プログレ・ハードとか言われている中で、最も素直にハードネスを味わえるのがこの盤。特に4曲めから始まる「ウォーク・オン・メドレー」をわたしは愛しています。(でも「クール・ジ・エンジンズ」や「ヒッチ・ア・ライド」もすごいんですけどね。)軟弱者とそしられていたショルツが牙をむいたような、めちゃハード曲です。そして彼がヘンドリックス狂信者であることも。

バンド・サウンドを追究したことで、デビューからの化けの皮が剥がれてしまったのもこの盤。もはや現在のボストンはディープ・エコロジーのカルト集団に近い有り様です。しかし、ですよ。ハードロックはキャリア中で決定的な1曲さえあれば十分というのもわたしの考え方です。バッド・カンパニーが「キャント・ゲット・イナフ」を持ち、モントローズが「ロック・ザ・ネイション」を持つだけで、十分尊敬に値すると、わたしは考えます。

ナイスレビューですね!