プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ENIGMATIC OCEAN

JEAN-LUC PONTY

191102(ATLANTIC

評価:50 2件のレビュー

フランク・ザッパ〜マハヴィシュヌ・オーケストラで活躍した名ヴァイオリン奏者、ホールズワースやダリル・スチューマー、スティ−ヴ・スミスら腕利きが脇を固めた77年の名盤

MAHAVISHNU ORCHESTRAやFRANK ZAPPA & THE MOTHERS OF INVENTIONといった有名グループでキャリアを積んだフランスのジャズ・ロック界を代表するヴァイオリニストの77年ソロアルバム。全編でテクニカルなヴァイオリンをフューチャーしたクロスオーバー・ジャズ・ロックが収められており、スリリングなパフォーマンスの応酬が聴き応え充分な名盤です。また、ゲストで参加している名ギタリストAllan Holdsworthのプレイが素晴らしいことでも知られてきたアルバムであり、随所で個性的なフレーズを連発。フレンチ・ジャズ・ロックの金字塔的なアルバムと言えるでしょう。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

P.F.M / PHOTOS OF GHOSTS の商品詳細へ

P.F.M/PHOTOS OF GHOSTS

「イタリアン・ロック」の存在を全世界に知らしめた衝撃の73年ワールドデビュー作!

590円(+税)

STEVE HACKETT / SPECTRAL MORNINGS の商品詳細へ

STEVE HACKETT/SPECTRAL MORNINGS

初期の集大成と言える78年3rdソロ!

490円(+税)

TEMPEST / TEMPEST の商品詳細へ

TEMPEST/TEMPEST

COLLOSEUMの名ドラマーJon HisemanがAllan Holdsworthなどを迎え結成したテクニカル・ハード・ロック・グループ、73年デビュー作!

1590円(+税)

GENTLE GIANT / FREE HAND の商品詳細へ

GENTLE GIANT/FREE HAND

クリサリス移籍後の第1弾アルバムで、アメリカでもヒットした75年の代表作7th、複雑怪奇さとキャッチーさを奇跡的バランスで両立させた大名盤!

712円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 フランスのヴァイオリンロック傑作!(5 拍手)

0321PROGさん レビューをすべて見る

77年作
Jean-Luc Pontyはフランスのヴァイオリニスト。
フランク・ザッパ、マハヴィシュヌ・オーケストラでの活躍は言うまでも無く、
彼がジャズロック、そしてフュージョンシーンに与えた影響は計り知れません。
フランスは実はMagma人脈を中心にとんでもない名盤、隠れ名盤が存在しており、
CDが希少だったりするためにあまり知られていないのですが、その中でもトップ
の知名度を誇っているのがJean-Luc Pontyと言うわけです。
さて、本作はAllan Holdsworth、Steve Smith、Daryl Stuermerという豪華なサポ
ート陣の凄さが目を見張る、言うまでも無い大名盤です。ジャズロックの聴き所と
いうのはやはりその切れ味の良いスリリングな曲展開と、バカテクなインタープレ
イの応酬だったりすると思いますが、そういったジャズロックの旨みを完璧に満た
しているアルバムの代表例です。とにかくメロディアスでありスリリングな楽曲群
に圧倒されます。Jean-Luc Pontyと前述の2人の超絶なソロ、Steve Smithの全くブ
レのないリズム、そして知名度こそ劣るかもしれませんが、ジャズ/クラシック畑
のキーボーディストで、サントラなどでの活躍が華やかなAllan Zavodのプレイも、
まるでPatrick Morazのごとくいぶし銀の絶品なソロを取ります。
非の打ち所ない、まさに完全無欠のジャズロック傑作です。

ナイスレビューですね!

評価:5 豪華演奏陣参加の叙情派プログレ/フュージョンの名盤。フランスの洒落た感覚も。(2 拍手)

黒吉さん レビューをすべて見る

ヴァイオリン自体がメロディーに大きく依存する楽器なのですが、この方はそもそもクラッシック界からの転身組ですので、演奏の根底にも、よりそれを重視したものが聴かれます。
第二期Mahavishnu orchestra(「Apocalypse」「Visions of the emerald beyond」)での同僚Ralph Armstrongを筆頭に、御存じAllan holdsworth、当時のレギュラー陣Daryl Stuermer(後のGenesisのサポート等、ソロ作にも秀作を残す)とAllan Zavod(Frank Zappaに絡む)、そしてSteve Smith(後のあのJourney、Vital information、Steps ahead等)という豪華な演奏陣の個性を充分に生かした、叙情的で憂いと陰りのある美しさを基として様々なスタイルの楽曲が聴けます。Jazz/rockなのですが、プログレ系のフュージョン的な聴き易さがあります。但し、よく他分野から指摘される、プログレ系やハードロック、メタル系にある「ダサさ」が無く、「洗練された洒落た感覚」があり、そこがミソ。そこがフランス的なのだろうなと思います。
Steve Smithは同じバークレー音楽院出身で当時Weather reportのPeter Erskineの影響が強い演奏、注目のAllan holdsworthですが、後に見られる洗練されたスタイルではありませんが、「Nostalgic lady」等勢いのある貴重なものが聴かれ、Daryl Stuermerは堅実で、後の活動の有り方がが解る演奏であったりします。

ナイスレビューですね!