プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

RETSIS REPUS

SUPERSISTER PROJEKT 2019

SOSS2019(SOSS

ペーパーケース仕様。

評価:50 1件のレビュー

あのGOLDEN EARRINGのメンバーも巻き込んだ、オランダの名バンドSUPERSISTERの後継グループ!ナショナル・ヘルスとキャラヴァンを合わせてクラシカルなシンフォ風に料理したって感じの、知的かつ芳醇なサウンドが流石だ...。

オランダの名バンドSUPERSISTERの後継プロジェクト19年作、カンタベリー・ロックをシンフォ風に仕立てたような驚きの一枚!

70年代オランダを代表するジャズ・ロック・グループSUPERSISTER。そのキーボーディストRobert Jan Stips中心に、同バンドのドラマーMarco Vrolijkや、GOLDEN EARRINGのベースRinus Gerritsen、ドラマーのCesar Zuiderwijk、その他若手など十数名が参加するプロジェクト・バンドの19年作。70年代のSUPERSISTER時代はカンタベリー・ロックに通じるテクニカルにしてユーモアに富んだジャズ・ロックを聴かせていましたが、本作でもカンタベリー・ロックばりに芳醇な絶品歌ものジャズ・ロックを楽しませてくれます。タイトに刻むジャジーなリズムを土台に、空間を切り裂くように鮮烈なファズ・オルガンと舞うようなタッチの美しいピアノが交差し、トロンボーンとヴァイオリンが流麗に滑り込み、ストリングシンセがクラシカルに鳴り響く!シンフォニックな格調高さも備えつつ、あくまで洒脱で余裕たっぷりに進行するアンサンブルがお見事。2曲目で聴けるデイヴ・スチュワートばりのセンスでフレーズを紡ぐキーボードソロのカッコよさと言ったらありません。ヴォーカルはおじいちゃんですが、程よく枯れた歌声が味わいになっていて全然悪くありません。NATIONAL HEALTHのスリリングさとCARAVANのポップさを合わせて、クラシカル・シンフォ風に料理した、という感じのサウンドで、まさに往年のSUPERSISTERが持っていた知的でちょっぴりひねたセンスを感じさせる内容となっています。これはオススメ!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

NEMO / NEMO の商品詳細へ

NEMO/NEMO

MAGMAやCRUCIFERIUSのメンバーらによるフレンチ・ジャズ・ロック・グループ、73年デビュー作、ファンキーさとカンタベリーに通じる気品が合わさった名盤!

2190円(+税)

MARTIN BRILEY / FEAR OF THE UNKNOWN の商品詳細へ

MARTIN BRILEY/FEAR OF THE UNKNOWN

GREENSLADEやIAN HUNTER BANDで活躍した英ベーシスト/ギタリスト/SSW、高品質なモダン・ポップ/パワー・ポップを聴かせる81年1stソロ

2190円(+税)

CERVELLO / LIVE IN TOKYO 2017 の商品詳細へ

CERVELLO/LIVE IN TOKYO 2017

ご存知70sイタリアの代表するへヴィ・プログレッシブ・ロック・バンド、17年来日公演を収録!

3890円(+税)

SAMURAI OF PROG / TOKI NO KAZE の商品詳細へ

SAMURAI OF PROG/TOKI NO KAZE

[カケレコ国内盤リリース中] イタリア/フィンランド/アメリカ出身の3人を中心とする多国籍シンフォ・グループ、あのスタジオ・ジブリの作品世界をモチーフにした19年作7th!

2990円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 これぞカンタベリーの精神!(1 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

懐かしのバンドの再始動、再結成による新譜はあまり得意じゃない。自分自身で入れ込みすぎ、以前と変わらない音を勝手に期待してしまう。これはミュージシャンにとって失礼なことかも。ある御方のお言葉だが、ミュージシャンにはいい意味でファンを裏切る権利がある…なるほど、その通り。彼らだって齢とって成熟して更に進歩するんだからね。
全盛期の作品はとにかく好きだった。オランダ物特有の人懐っこさに加えて英国ジャズロックのひんやり感覚ブレンドは、彼らならでは。00年の再結成作に続くライヴも聴いた。今回も実は惰性で購入(失礼)…と、とんでもない出来栄えだった!
カンタベリーサウンドにチェンバーが加わって、それでいてポップ感覚は失われていない。これを待っていた。

ナイスレビューですね!