プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

SECRETS AND ALIBIS

VOID CONTACT

191924625605(VOID CONTACT

評価:50 1件のレビュー

SUPERTRAMPやSTYXやELOやPILOTが好き?なら、このバンドも要チェック!ビートリッシュなメロディや気品たっぷりの管弦楽器アレンジがどこまでも瑞々しい、米プログレ・ポップ18年作!

80年代に結成された米国プログレ/パワー・ポップ・ユニット18年作、管弦楽器も取り入れた緻密で暖かみ溢れるアレンジが光る絶品プログレ・ポップ!

80年代半ばに結成された米国プログレ/パワー・ポップ・ユニット、13年の再結成後2作目となる18年作。影響を受けたバンドにSTYX、SUPERTRAMP、RUSH、YESにGENESIS、そしてBILLY JOELやJERRYFISHを挙げている通り、70年代の英米プログレ&ポップスから90年代パワー・ポップまでのエッセンスを混ぜ合わせた瑞々しくアイディア豊富なサウンドが特徴。本作では前15年作に比べややモダンなサウンド・メイクになった印象ですが、70年代英国ポップ好きの琴線に触れる精巧な職人的アレンジは前作を凌駕する出来。歌心溢れるヴォーカル、QUEENみたいにメロディアスなコーラスやギター、フォーキーなアコギに煌びやかなシンセ。瑞々しくエネルギッシュなパワー・ポップをベースとしつつ、ヴァイオリンやチェロやクラリネットといった管弦楽器もふんだんに配し、ビートルズやレフト・バンクを思わせる気品いっぱいのバロック・ポップからELOやPILOTのようなシンフォニック・テイストまで幅の広いサウンドを演出しています。さらに若々しさ溢れるギターオリエンテッドなナンバーあったかと思えばエレピをフィーチャーした洒脱なナンバーがあったり、サックスや女性コーラスを取り入れたジャジーでバブリー!?なナンバーが飛び出したりと、曲ごとにクルクルと表情を変えていくサウンドの引き出しの多さは特筆モノ。近代的な要素もありつつ、緻密に練り上げられた暖かみあるアンサンブルは70年代プログレ・ポップやニッチ・ポップ・ファンの心を間違いなく揺らします。これは名作!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

VOID CONTACT / MANY HAPPY RETURNS の商品詳細へ

VOID CONTACT/MANY HAPPY RETURNS

80年代に結成された米国プログレ/パワー・ポップ・ユニット、ビートルズから70年代プログレ・ポップ、90年代パワー・ポップまで取り込んだ珠玉のポップ・サウンドを聴かせる15年復活作

2090円(+税)

CRESSIDA / CRESSIDA の商品詳細へ

CRESSIDA/CRESSIDA

70年にVertigoレーベルよりリリースされた1st、次作と並び英国オルガン・ロックの傑作と言える一枚

712円(+税)

SYNDONE / MYSOGINIA の商品詳細へ

SYNDONE/MYSOGINIA

現イタリア屈指のシンフォニック・ロック・グループによる18年作7th、圧倒的なスケールと仄暗いロマンティシズムが全編を満たす孤高の傑作!

2390円(+税)

D PROJECT / SHIMMERING LIGHTS の商品詳細へ

D PROJECT/SHIMMERING LIGHTS

ケベック、SENSEのリーダーによるソロ・プロジェクト、06年デビュー作!

1990円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 80年代に結成された米国プログレ/パワー・ポップ・ユニット、ビートルズから70年代プログレ・ポップ、90年代パワー・ポップまで取り込んだ珠玉のポップ・サウンドを聴かせる15年復活作

    これぞ「プログレ・ポップ博覧会」!?ビートルズから後期ジェネシスにSTYXにスーパートランプ、そして90年代のジェリーフィッシュまでを混ぜ合わせた珠玉の米国パワー・ポップ!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 1stといっしょにオーダーしといて正解(4 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

パワーポップとかギターポップといった表現は相応しくない。なんだろね?これ。

管がお洒落な曲もあれば、弦楽器が彩った室内楽風の曲もある。それでいてめちゃくちゃポップなんだから。懐かしさと斬新さの同居といった趣。

1stを2回連続聴いて唸って、この2ndも3回連続聴いて、たっぷりと堪能した後にもう一回1stから聴き直すか…といった感覚。これって「いったいこの衆何者なんだ?」といった探究心から湧き出るモノなんだろかね?
個人的には5曲目"Picnic"のメロが耳から離れない。STYXとジェリーフィッシュのギャップを埋める、って感じかな。

今年知った新鋭でいちばんです。

ナイスレビューですね!