プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

DEDICATO A GIOVANNA G

HUNKA MUNKA

74321984482(BMG

紙ジャケット仕様。

60年代末のブリティッシュ・ポップに格調高いイタリアン・シンフォを足したら?壮大な教会風オルガンやメロトロンに乗って溢れ出す甘い伊語ヴォーカルがたまらなくゴージャス。それにしても何でこのジャケットなんだろう…。

イタリア、キーボードをフィーチャーしたシンフォニックな歌ものプログレ、72年唯一昨、4曲目「Cattedrali Di Bambu」はこれぞイタリアなシンフォ名曲!

Anonima Sound Ltdの元キーボード奏者、ロベルト・カルロットが変名で発表した唯一のアルバム。72年発表。まるで教会で聴いているかのような重厚なオルガン、メロトロンの壮大なアレンジと流れるように美しいメロディーは絶品の一言。4曲目「Cattedrali Di Bambu」で聴かれるメロトロン、ストリングスによる音の洪水とドラマティックなメロディーにはただただ涙するのみ。シンフォニック・ロックという言葉では言い尽くせない普遍的な名曲です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

KING CRIMSON / LIZARD の商品詳細へ

KING CRIMSON/LIZARD

70年3rd、表題曲にはYESのジョン・アンダーソンが参加

1090円(+税)

KING CRIMSON / IN THE COURT OF THE CRIMSON KING の商品詳細へ

KING CRIMSON/IN THE COURT OF THE CRIMSON KING

69年発表、ロックシーンの流れを変えた歴史的デビュー作!

590円(+税)

KING CRIMSON / ISLANDS の商品詳細へ

KING CRIMSON/ISLANDS

クリムゾン史上最も儚く美しいサウンドを聴かせる71年4th

3790円(+税)

QUELLA VECCHIA LOCANDA / IL TEMPO DELLA GIOIA の商品詳細へ

QUELLA VECCHIA LOCANDA/IL TEMPO DELLA GIOIA

74年作、クラシックの豊かな素養を発揮する美麗ヴァイオリンをフィーチャーした、イタリアン・クラシカル・ロックを代表する傑作!

1590円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

大御所&実力派イタリアン・バンドの宝庫、RICORDIレーベル!

まとめて試聴する

このアーティストのその他タイトルのCD

  • ジョバンナに捧ぐ

    フンカ・ムンカ

    BVCM37589

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、定価2100

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並 | 不良 |

    イタリア、キーボードをフィーチャーしたシンフォニックな歌ものプログレ、72年唯一昨、4曲目「Cattedrali Di Bambu」はこれぞイタリアなシンフォ名曲!

    60年代末のブリティッシュ・ポップに格調高いイタリアン・シンフォを足したら?壮大な教会風オルガンやメロトロンに乗って溢れ出す甘い伊語ヴォーカルがたまらなくゴージャス。それにしても何でこのジャケットなんだろう…。

  • ジョバンナに捧ぐ

    フンカ・ムンカ

    BVCM37589

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、定価2100

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並 | 不良 |

    イタリア、キーボードをフィーチャーしたシンフォニックな歌ものプログレ、72年唯一昨、4曲目「Cattedrali Di Bambu」はこれぞイタリアなシンフォ名曲!

    60年代末のブリティッシュ・ポップに格調高いイタリアン・シンフォを足したら?壮大な教会風オルガンやメロトロンに乗って溢れ出す甘い伊語ヴォーカルがたまらなくゴージャス。それにしても何でこのジャケットなんだろう…。

  • DEDICATO A GIOVANNA G

    HUNKA MUNKA

    SRMC2011(SI-WAN

    特殊デジパック仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | | 不良 |

    デジパック・トレーに目立つ黄ばみあり

    イタリア、キーボードをフィーチャーしたシンフォニックな歌ものプログレ、72年唯一昨、4曲目「Cattedrali Di Bambu」はこれぞイタリアなシンフォ名曲!

    60年代末のブリティッシュ・ポップに格調高いイタリアン・シンフォを足したら?壮大な教会風オルガンやメロトロンに乗って溢れ出す甘い伊語ヴォーカルがたまらなくゴージャス。それにしても何でこのジャケットなんだろう…。

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

まだレビューはありません。