プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

STRANGE DAYS

DOORS

9740142(ELEKTRA

評価:50 1件のレビュー

漂うようなオルガンとギター。力強さを増していくドラムとともに、じわじわと上り詰めていくジム・モリスンのヴォーカル。頂点に達した時に待っている恍惚の空間。この世界観こそドアーズの醍醐味。

デビュー作と並んでUSサイケデリック・ロックを代表する67年作の2nd

カリスマJim Morrison率いる偉大な米ロック・グループ、67年2nd。初期2枚では呪術的な雰囲気を持ったサイケデリックなオルガン・ロックを指向。本作は1stと同路線ながらより内省的で洗練されています。エフェクトが施され禍禍しく浮遊するキーボード、煌びやかな音色を奏でるギター、そして低音で静かに語りかけ不意に絶叫するJim Morrisonのヴォーカルの引力に引き付けられます!幻想的なバンド・サウンドは美しいメロディに彩られており、異次元「まぼろしの世界」へと誘います。いつまでも浸かっていたくなる35分の小旅行!67年のサイケデリック・ロックを知るうえで外すことの出来ない名盤にして、1stと並ぶ代表作。印象的なアルバム・ジャケットに惹かれたあなたも、異次元への旅に誘われてみませんか?

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 一人旅のお供に、この一枚を(1 拍手)

waterbearerさん レビューをすべて見る

ドアーズの1stは持っている、[Light My Fire]は聴いたことがある…そういう方が多い中、2ndを持っている、聴いたことがある方はどれだけいらっしゃることか。
大道芸人のジャケット。見開くと全体像がわかる。トランペットはタクシーの運転手、ジャグラーはアシスタント、インパクトある怪力の男はクラブのドアマンとのこと。こういう手作り感というか、遊び心というか、生々しさは今のロックにはない要素である。名作と呼ばれるアルバムは世に数多あるが、ジャケットは「あぁ見たことある…かも」程度の認識だろう。私もそうだった。
プログレにも飽きたし、親戚のサイケデリックロックでも(「でも」だって!偉そうですねぇ〜)聴いてみようかと思って聴いてみたら…「すみませんでした。私が思い上がっていました」と土下座しそうになった一枚がこれだ。
ドアーズがサイケかどうかの是非は別として、ペナペナしたR.マンザレクのオルガンは個人的に大好きなのでこれだけでもガッツポーズ。M5で効果音を交えるところはミュージック・コンクレートの手法を取り入れている。
ドアーズは徐々にサイケ色を薄めていくが、他のバンドと違ったのはJ.モリソンの詩と声の力強さが武器であったことは確かだ(すべての歌詞は彼担当ではないが)。自分の思いを歌に乗せることの真実味というのか、ゆえに人々を虜にしていった要素がそこにあるんじゃないかなと思うわけだ(あぁまた偉そうに…)。
そうそう、古い話で恐縮だが1983年、某醸造会社のCMでこのジャケットに似た世界を演出したのがあったことを思い出した。ちなみにこのジャケットの撮影場所は現在もニューヨークにあるらしい。どこにあるのやら…探しに行く旅のお供にこの一枚は合いそうだ。

ナイスレビューですね!