プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ATLAS

PENDELIRIUM

888295615563(PENDELIRIUM

自主制作CD-R。

ノルウェーの兄妹ユニットによる17年作なのですが、ヴィンテージなヘヴィ・プログレと瑞々しい北欧フォークが共存する幻想的かつドラマチックな一枚。心地よくも聴き手の感情を強く揺さぶる、素朴な生命力に溢れたサウンドが素晴らしいです。これは激カケレコメンド!

マルチ・ミュージシャンKristianとメイン・ヴォーカル/ピアノを担当するKatrineのAmlie兄妹によるノルウェー出身シンフォ・ユニット17年デビュー作、ヴィンテージなヘヴィ・プログレと瑞々しい北欧フォークが理想的に共存した幻想的かつドラマチックな傑作!

08年結成、ギター/ベース/キーボードを操るマルチ・ミュージシャンKristianとメイン・ヴォーカル/ピアノを担当するKatrineのAmlie兄妹による、ノルウェー出身シンフォ・ユニット、17年デビュー作。冒頭より、変拍子の中をガリガリとヘヴィなリフを弾くギターとヴィンテージ・トーンのオルガンが疾走する、オルタナ風味も含んだスタイリッシュなヘヴィ・プログレが炸裂。Kristianのギターは、ソロパートではフュージョン・タッチの音数多く滑らかなプレイを披露するかなりのテクニシャン。この路線で突き進むのかと思いきや、2曲目からは空気が一転、一音一音に温かみが宿ったアコースティックギターの流麗なプレイが聴けるフォーク・ポップな作風が現れて驚かされます。ここでの特筆は、豊かな声量とキュートな歌いぶりが魅力的なKatrineのヴォーカル。北欧らしい木漏れ日感と透明感に彩られた、まばゆいばかりのポップネスが北欧の神秘的な森の中に木霊します。そうかと思うと終盤には32分に及ぶ大作が!1曲目のヘヴィなギターと薫り高きオルガンが再び登場し、鋭角的なヘヴィ・プログレとドリーミーなフォーキー・タッチが溶け合った、幻想的でドラマチックな感動の傑作に仕上がっていて、その作曲能力とアレンジセンスの冴えには脱帽です。心地よくも聴き手の感情を強く揺さぶる、素朴な生命力に溢れたサウンドがひたすら素晴らしい作品。おすすめです!

PENDELIRIUMに簡単なインタビューを行いました!








本作『ATLAS』であなた達が目指したのはどういったサウンドですか?

-『ATLAS』を制作する前には僕らは2曲しか一緒に作ったことがなかったんだ。だからPENDELIRIUMは僕達にとって初めての正式なプロジェクトということになる。僕らが音楽活動で最も大切にしているのは、音楽を創るのを楽しむこと、アイデアで遊びそれを形にすること、そしてさまざまな音や雰囲気を試すことなんだ。だからアルバム全体として特定の音楽のタイプを目指したということはなかったね。収録されている幾つかの曲は『ATLAS』という作品の制作を決める前に作ったものだし、アルバムを意識したものではなく、曲を作った時の想いや人生のその時どきを反映していると言えるかな。

僕らはアルバムの中に少なくとも1曲は、本当にクラシックなスタイルのプログレ・ナンバーを入れたいと思っていた。それが「AUDITION」という曲なんだ(33分の大作)。残りの曲については一つのスタイルに則ったものにはしたくなかったので、アイデアを出し合っていろんな異なるスタイルの曲を作って収録した。インストのプログレ曲、アップテンポのポップ・ソング、バラード、アコースティックなアンビエント曲、それにオーケストラの要素を取り入れたクラシックとロックがミックスした曲などだね。ジャンルがミックスされることで生まれるサウンドというのがとても好きなんだ!



PENDELIRIUMの音楽に最も影響を与えているバンドを教えてください。

-Kristian: 僕達の音楽の嗜好は本当にバラエティに富んでいて、共有しているインスピレーションもあればそうでないものも多くあるんだ。僕にとって大きな影響を受けた90年代と00年代のバンドは、The Flower Kings、Spock's Beard、Dream Theaterあたりだね。また、TOTO、Andy McKee(日本ではとても有名らしいよね)、Coldplayのようなプログレ以外のアーティストからも影響を受けている。

-Katrine: これはとっても難しい質問ね…。間違いなく重要と言えるアーティストは、Steven Wilson、The Dear Hunter(特に『Act IV』と『Act V』)、SusanneSundfør(特に『The Brothel』と『The Silicone Veil』)、Transatlantic、Griegあたりかしら。でも私は本当に様々な種類の音楽を聴いていて、そのどこにでも何かしらのインスピレーションを感じているから、ここですべてを挙げようとするととんでもない数になりそうだわ。



これまで聴いた中で最もお気に入りのアルバムを教えてください。またそれを聴いたときどんなことを感じましたか?

-Katrine: これも難しい質問ね…好きなアルバムって変わるから。でも私にとって特別重要な意味を持つ作品ということなら、Dream Theaterの 『Scene from a Memory』だと思うわ。私にとってプログレッシヴ・ロックとコンセプト・アルバムへの入り口になったのがこの作品なの。以前からプログレやコンセプト・アルバムを聴いてはいたけれど(例えば私たちはPink floydを聴いて育ったし)、その存在を明確に私に意識させたのがこのアルバムだった。ある休みの日、Kristianが車の中でこのアルバムをかけたことがあったんだけど、そのあと私だけが車中に残って、じっくりとこのアルバムの持つ物語や複雑な音楽性に聴き入っていたの。素晴らしい体験だったわ。

-Kristian: ああ、これはよく覚えてるよ。Pain of Salvationの『The Perfect Element』だ。レコードショップで偶然このアルバムが流れてきて、1時間その場で聴き続けたよ。そのあとすぐにアルバムを買ってもちろん夢中になった!本当に素晴らしいアルバムだよ。初めて聴いた瞬間にはまるで背骨が震えるような衝撃が走ったね。

-Katrine: ええ、Pain of Salvationは私にとってプログレッシヴ・ロックという音楽の中の2番目の重要な発見と言えるわ。『The Perfect Element』はいまだに驚くべき作品で、たとえ暗いものだとしても、音楽作品というものがどれだけの重さと感情を表現しうるかを私に示してくれた作品だったと思う。それと現時点での最もお気に入りのアルバムということなら、The Dear Hunterの『Act IV: Rebirth in Reprise』と『Act V: Hymns with the Devil in Confessional』ね。初めて聴いた時すっかりその音楽世界の中に迷い込んでしまって、それ以来ずっと聴き続けているの。




音楽以外の趣味はありますか?

-Kristian: 僕は自然の中でのハイキングが大好きなんだ!あとは時間があれば時々テレビゲームで遊んでるよ。特に好きなゲームタイトルの中には、「ゼルダの伝説」や「ファイナルファンタジー」のような日本のゲームも多いよ!

-Katrine:私って本当に多趣味で、毎日素晴らしいことが沢山あるの。でも私は今学生だし、何をするにしてもお金がいるからアルバイトの日々を送ってるわ。だから音楽以外の趣味に費やす時間が今はあまりないの。いくつか挙げるなら、ゲーム、読書、旅行、写真が好きかな。



日本でPENDELIRIUMの音楽が聴かれていることをどう思いますか?

-とにかく驚くばかりだね!僕たちは、こんな小さな国の小さなバンドの音楽を日本の人たちが気にしてくれるなんて思いもしなかったから、畏れ多いって気持ちもあるし、一方で僕らの音楽が遠い日本で聴かれてるという事実に興奮もしているよ!



日本のプログレッシブロックファンにメッセージをどうぞ。

-僕らの音楽に興味を持ってくれて本当に嬉しく思います。あなたがアルバムを楽しんでくれることを心から願っています!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

SILHOUETTE / THE WORLD IS FLAT   (AND OTHER ALTERNATIVE FACTS) の商品詳細へ

SILHOUETTE/THE WORLD IS FLAT (AND OTHER ALTERNATIVE FACTS)

現オランダ屈指の人気シンフォ・グループの17年作、どこを切ってもため息が出るような美しいサウンドが溢れ出してくる美旋律シンフォニック・ロックの傑作!

2290円(+税)

PHLOX / VALI の商品詳細へ

PHLOX/VALI

東欧エストニアの新鋭ジャズ・ロック・バンド、13年スタジオ・ライヴ作

2390円(+税)

XAVIER ASALI / PERSPECTIVES の商品詳細へ

XAVIER ASALI/PERSPECTIVES

メキシコ出身のマルチ・プレイヤーによる17年作、初期ジェネシスへの止めどない愛情を感じさせるファンタスティックなシンフォニック・ロックを聴かせる快作!

2390円(+税)

OSE / ADONIA の商品詳細へ

OSE/ADONIA

EGGレーベル屈指の傑作と言われる78年唯一作、HELDONのRichard Pinhas&Francois Augerが参加したエレクトロ系フレンチ・プログレの逸品

2290円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

試聴 Click!

テーマでカケハす。

2010年代新鋭プログレ・グループによる傑作デビュー作選!

まとめて試聴する

  • QUORUM 『KLUBKIN'S VOYAGE』

    ロシアからとんでもない新鋭が登場!70年代プログレの遺伝子を受け継いだ正統派プログレとして一級の傑作!

  • SCHERZOO 『1』

    FRANCOIS THOLLOT率いる仏暗黒アヴァン/チェンバー・グループ、11年デビュー作

  • MOOGG 『LE ORE I GIORNI GLI ANNI』

    ハットフィールド meets キャメルといった感じの叙情性溢れるジャズ・ロックが楽しめる力作、2011年デビュー作

  • INGRANAGGI DELLA VALLE 『IN HOC SIGNO』

    イタリア新鋭プログレ・バンド、13年デビュー作、ARTI E MESTIERI『TILT』を思わせるスピーディーなジャズ・ロックからELPばりのヴィンテージ・キーボード・シンフォまで、圧倒的なテクニックで描き切る傑作!

  • UNREAL CITY 『LA CRUDELTA DI APRILE』

    奇才FABIO ZUFFANTIプロデュースによる新鋭シンフォ・バンド13年デビュー作、FINISTERREを彷彿させるモダンなサウンドを聴かせる傑作シンフォ!

  • SINAGOGA ZEN 『SINAGOGA ZEN』

    アヴァン/ジャズ・ロックからキーボード・プログレ、神秘的フォークまでめくるめく展開するブラジル注目の新鋭が登場!2014年のデビュー作にして傑作!

  • ALCO FRISBASS 『ALCO FRISBASS』

    ナショナル・ヘルスやキング・クリムゾンのDNAを感じさせるフランスの新鋭、圧巻の2015年デビュー作

  • SHAMBLEMATHS 『SHAMBLEMATHS』

    奔放さと強靭さ、ただただ凄まじいテンション、このノルウェーの新鋭による16年デビュー作、ずばり70年代プログレ・ファンは必聴!

  • WAVE 『ME AND REALITY』

    「狂気」〜「ウォール」期フロイドをポーランド特有の深い陰影とモダンな質感で蘇らせたようなサウンドを持ち味とする好バンド、17年デビュー作

  • AUTUMN MOONLIGHT 『SKY OVER YOUR SHOULDERS』

    アルゼンチンの新鋭、2010年デビュー作。ヘヴィかつメランコリックで幻想的な絶品シンフォ!

  • SEIN 『LA FLOR Y LA MIERDA』

    え!?これ本当に新鋭なの? SERU GIRANやPABLO EL ENTERRADORの遺伝子を受け継ぐ正統派アルゼンチン・プログレ、名作!

  • DRY RIVER 『EL CIRCO DE LA TIERRA』

    (クイーン + ドリーム・シアター)÷モンティ・パイソン!?プログレとHR/HMを恐るべしな諧謔精神でまとめあげた希代の奇天烈プログレ、このスペインの新鋭2012年デビュー作、凄すぎです!

  • AUTUMN CHORUS 『VILLAGE OF THE VALE』

    英国新鋭プログレ・バンド、2012年デビュー作 、 信じられないほどに繊細に紡がれる、牧歌的でいて崇高な圧巻の名作!

  • HOMUNCULUS RES 『LIMITI ALL'EGUAGLIANZA DELLA PARTE CON IL TUTTO』

    伊シチリア島出身のカンタベリー・フィーリングたっぷりの新鋭ジャズ・ロック・バンド、爽やかでポップな2013年デビュー作

  • PROTOFONIA 『PROTOFONIA』

    クリムゾンやフリージャズに影響を受けたブラジルのインストゥルメンタル・トリオ、2013年デビュー作

  • BRUNO MANSINI 『DREAMS FROM THE EARTH』

    ムーン・サファリへのブラジルからの回答!と言える、透明感ある美メロとアンサンブルが光る2013年の驚きのデビュー作

  • CAMELIAS GARDEN 『YOU HAVE A CHANCE』

    イタリア新鋭13年デビュー作、たおやかなアコギ、こぼれ落ちる凛としたリリシズム、爽やかなポップ・センス、ずばり名作です!

  • I AM THE MANIC WHALE 『EVERYTHING BEAUTIFUL IN TIME』

    このバンドはグレイト!英国の新鋭バンドによる2015年デビュー作で、まるでPILOTとBIG BIG TRAINが融合した感じ!

  • PROMENADE 『NOI AL DIR DI NOI』

    これは激レコメンドの新鋭がイタリアはジェノヴァから登場!ザッパやジェントル・ジャイアントもびっくりな痛快プログレ、2016年作!

  • THIS WINTER MACHINE 『MAN WHO NEVER WAS』

    イギリスの新鋭シンフォニック・ロック・バンド、IQやPENDRAGONなどネオ・プログレ・バンドを受け継ぎながら、より繊細にメランコリックに展開する丹念なサウンドメイクが素晴らしい16年デビュー作!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

まだレビューはありません。