プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

PATTO

PATTO

ECLEC2581(ESOTERIC) 【2017年発売CD】

17年リイシュー、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック3曲。

評価:50 1件のレビュー

70年代初期のブリティッシュ・ハード・ロックを代表する名作。

ソウルフルでグルーヴィーな英シンガー、マイク・パトゥ率いるグループ、名手オリー・ハルソール在籍、70年デビュー作

71年にVertigoレーベルより発売された記念すべき1stアルバム。オリー・ハルソールのムーディーなギターとマイク・パトゥのソウルフルなヴォーカルのからみがドラマティックな1曲目からいきなりトップギアで、続くハード・ドライヴィングなナンバーで興奮はすでに最高潮。4曲目のエキサイティングなアドリブ・パートにもう卒倒です。5曲目以降も熱演続きで、時にハードに時にジャジーに暴れまわるリズム隊もマイクとオリーに負けず劣らずの熱演。狭〜い地下スタジオで上半身裸、汗だらだら流しながら演奏するバンドの姿が目に浮かびます。70年代初期のブリティッシュ・ハード・ロックを代表する名作。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

PATTO / HOLD YOUR FIRE の商品詳細へ

PATTO/HOLD YOUR FIRE

71年にVertigoレーベルよりリリースされた2nd、ユーモラスなジャケットはロジャー・ディーン作

2,090円(税込2,299円)

KING CRIMSON / IN THE COURT OF THE CRIMSON KING の商品詳細へ

KING CRIMSON/IN THE COURT OF THE CRIMSON KING

69年発表、ロック・シーンの流れを変えた歴史的デビュー作!

1,590円(税込1,749円)

KING CRIMSON / ISLANDS の商品詳細へ

KING CRIMSON/ISLANDS

クリムゾン史上最も儚く美しいサウンドを聴かせる71年4th

1,690円(税込1,859円)

KING CRIMSON / LARKS' TONGUES IN ASPIC の商品詳細へ

KING CRIMSON/LARKS' TONGUES IN ASPIC

フリップ以外のメンバーを一新して制作された73年作5th、圧倒的な緊張感とダイナミズムが支配する大傑作!

890円(税込979円)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

いぶし銀ギタリスト〜英ロックにコクと渋みを加える名脇役たち

まとめて試聴する

  • KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT 『KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT』

    フリー解散後のポール・コゾフとサイモン・カークがベーシスト山内テツ&Key奏者ラビットと結成したグループ、71年唯一作

  • TRAFFIC 『TRAFFIC』

    ウィンウッド&デイヴ・メイソン!絶妙なグルーヴを生むアンサンブルと英国的な翳りあるメロディ、ブリティッシュ・ロックの名作、68年リリース

  • HUMBLE PIE 『SMOKIN'』

    ピーター・フランプトンに替わり、いぶし銀クレム・クレムソンが加入し制作された72年作6th

  • SPOOKY TOOTH 『SPOOKY TWO』

    叙情性溢れるブリティッシュ・ロック名バンド、69年作

  • KEEF HARTLEY BAND 『HALFBREED』

    ジョン・メイオール率いるブルースブレイカーズを経て、キーフ・ハートレイが結成したリーダー・グループ、69年作1st

  • TEAR GAS 『PIGGY GO GETTER』

    いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのギターが冴え渡る、牧歌的かつエッジの効いた英ハード・ロック名作、70年リリース1st

  • BRIAN DAVISON'S EVERY WHICH WAY 『EVERY WHICH WAY』

    元NICEのドラマーBrian Davisonと後にARCなどで活躍する実力派シンガーGraham Bellを中心とするグループ、70年作、枯れた哀愁が胸に染みる英フォーク・ロックの名作

レココレ特集『ブリティッシュ・ハード・ロックの誕生』連動【プログレッシヴ・ロック系】

まとめて試聴する

  • JODY GRIND 『ONE STEP ON』

    英オルガン・ハード、サイケ色の濃い69年デビュー作

  • KING CRIMSON 『IN THE COURT OF THE CRIMSON KING』

    69年発表、ロック・シーンの流れを変えた歴史的デビュー作!

  • AARDVARK 『AARDVARK』

    ささくれ立ったオルガン・サウンドがたまらないブリティッシュ・ハード・ロック/アート・ロックの逸品、70年唯一作

  • CLEAR BLUE SKY 『CLEAR BLUE SKY』

    ジャケットはロジャー・ディーン、VERTIGOからリリースされた70年作、ユニークな曲進行が耳に残る個性派ブルーズ・ハード

  • CRESSIDA 『CRESSIDA』

    70年にVertigoレーベルよりリリースされた1st、次作と並び英国オルガン・ロックの傑作と言える一枚

  • CURVED AIR 『AIR CONDITIONING』

    クラシカルなヴァイオリン、フォーキーな女性ヴォーカルがダイナミックなロック・サウンドに同居、初期衝動が詰まった70年作1st!

  • GRACIOUS 『GRACIOUS』

    70年にVERTIGOレーベルよりリリースされた1stアルバム、ピアノ/オルガン/メロトロン/ハープシコードを用いた絢爛なキーボードワークが冴えるクラシカル・ロック名盤!

  • QUATERMASS 『QUATERMASS』

    キーボード・トリオ編成のハード・ロック・グループ、レインボーがカバーした「Black Sheep Of The Family」収録の70年作、オルガンの響きがこれぞブリティッシュ!

  • T2 『IT'LL ALL WORK OUT IN BOOMLAND』

    70年発表、元BULLDOG BREEDのKeith Cross(g)と元GUNのPeter Dunton(ds)を中心とするブルージーかつヘヴィな英プログレッシヴ・ロック、文句なしの大名盤!

  • VAN DER GRAAF GENERATOR(VAN DER GRAAF) 『H TO HE WHO AM THE ONLY ONE』

    70年作、ロバート・フリップがゲスト参加、VDGGならではの暗澹たるエネルギーが渦を巻く3rdアルバム!

  • BIG SLEEP 『BLUEBELL WOOD』

    EYES OF BLUEの後身、リリシズムいっぱいの極上英国ポップ!71年作

  • GINHOUSE 『GINHOUSE』

    71年にB&Cレーベルよりリリースされた唯一作、巧みなリズム・チェンジで鮮やかに展開するプログレッシヴな英ハード!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • GIVE IT ALL AWAY: THE ALBUMS 1970-1973

    PATTO

    ECLEC42762(ESOTERIC

    4枚組ボックス、各CDはペーパーケース仕様、ブックレット・ミニポスター付き仕様

    Mike Patto&Ollie Hallsalを中心とするブリティッシュ・ハード・ロック名バンド、4アルバムを収録!

  • PATTO

    PATTO

    REPUK1025(REPERTOIRE

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ソウルフルでグルーヴィーな英シンガー、マイク・パトゥ率いるグループ、名手オリー・ハルソール在籍、70年デビュー作

    71年にVertigoレーベルより発売された記念すべき1stアルバム。オリー・ハルソールのムーディーなギターとマイク・パトゥのソウルフルなヴォーカルのからみがドラマティックな1曲目から

  • HOLD YOUR FIRE

    PATTO

    ECLEC22582(ESOTERIC

    17年リイシュー、デジタル・リマスター、2枚組、DISC2には71年のBBCセッション音源&アウトテイク全11曲を収録

    71年にVertigoレーベルよりリリースされた2nd、ユーモラスなジャケットはロジャー・ディーン作

    71年にVertigoレーベルよりリリースされた2nd。前作で既に確立していた、オリー・ハルソールの職人芸的なドライヴィング・ギターとマイク・パトゥの熱唱ヴォーカルというスタイルに更に ... 続き

  • HOLD YOUR FIRE

    PATTO

    REPUK1032(REPERTOIRE

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック3曲

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    71年にVertigoレーベルよりリリースされた2nd、ユーモラスなジャケットはロジャー・ディーン作

    71年にVertigoレーベルよりリリースされた2nd。前作で既に確立していた、オリー・ハルソールの職人芸的なドライヴィング・ギターとマイク・パトゥの熱唱ヴォーカルというスタイルに更に

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ケースツメ跡あり、トレーに若干黄ばみあり

    71年にVertigoレーベルよりリリースされた2nd、ユーモラスなジャケットはロジャー・ディーン作

    71年にVertigoレーベルよりリリースされた2nd。前作で既に確立していた、オリー・ハルソールの職人芸的なドライヴィング・ギターとマイク・パトゥの熱唱ヴォーカルというスタイルに更に

  • MONKEY'S BUM

    PATTO

    ECLEC2587(ESOTERIC

    17年リイシュー、デジタル・リマスター、73年のBBCセッション音源3曲をボーナス・トラックに収録

    マイク・パトゥ&オリー・ハルソール、73年録音、お蔵入りになっていた幻の4thアルバム!

    ジャケに若干ケースツメのくいこみがある場合がございます。ご了承ください。

    73年に録音され、そのままお蔵入りになっていた幻の4thアルバム。熱気むんむんのマイク・パトゥーのヴォーカルとオリー・ハルソールによるこれぞ英国ロックなギターが相変わらずに素晴 ... 続き

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 うわー、かっこいい、英国っぽくて(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

わたしの好きなバンドにセンセーショナル・アレックス・ハーベイ・バンドがいます。メンバーが同郷(スコットランド)ということもありまして、フロントのアレックス・ハーベイとバックの面々の全幅の信頼感、そしてそれをベースにふざけまくるところが大好き。まるで中学生の同窓会です。パトゥは、演奏技巧も優れていますし、やった音楽も時代を先取りしていました。それにも増してパトゥの魅力は、くせのあるメンバーが仲良くばかをやったところにあると思います。

まず、ドラムズ、ベースが只者ではありません。ふたりともバックに回らず、勝手にソロを始めています。絶対フロントより目立とうとしているでしょ、あんたら。ギターのオリー・ハルソールが只者ではありません。とても引き出しの多いギタリストで、ハードロックでもジャズでもなんでも来いです。で、ハルソールのギターにはジョージ・ハリスンの影がいつもつきまとっているんです。

最後にマイク・パトゥの声がいいんですね〜。このファースト作では、英国好きをめろめろにする、ねじくれたポップがばんばん出てきます。このスタイルは、グラム・ロックと言っちゃっていいのでは。わたしが最初に言いましたけど……。表紙になっている叫ぶ男の髪の毛にもじゃもじゃと原人がいます。これは、メイ・ブリッツの女性原人ですよね。そう思いませんか。

ナイスレビューですね!