プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

FINE ART

NEUSCHWANSTEIN

LC52092(LONGBOW) 【2016年発売CD】

デジパック仕様。

評価:45 2件のレビュー

79年にジェネシスファン垂涎の唯一作を残したジャーマン・シンフォ・バンドの16年作!ずばりENIDばりの重厚にして優雅なクラシカル・シンフォニック・ロック・バンドに大変貌を遂げていて、これがまた驚愕の傑作なのです…!

ジャーマン・シンフォニック・ロックの名バンド、なんと37年ぶりの16年作!

79年にリリースされたジェネシス系シンフォの名作『BATTLEMENT』で知られるジャーマン・シンフォニック・ロック・グループ、08年にリリースされた初期の発掘作品『ALICE IN WONDERLAND』を除けば、実に37年ぶりとなる16年作。当時のメンバーはキーボーディストのThomas Neurothのみとなっていますが、彼を含めたキーボーディスト2人、ギタリスト2人、フルート奏者、リコーダー奏者、ヴァイオリン/ヴィオラ奏者など8人編成によって繰り広げられる、重厚にして優雅な極上クラシカル・シンフォニック・ロックには驚くこと間違い無し。現代的なクリアで重量感のあるリズム・セクションに乗って、迫力あるオーケストレーションと軽やかに舞い踊る管楽器群、メロディアスに旋律を紡ぐギター、そして本格派クラシック・ピアノらが交差する中世ロマンに満ち満ちた音世界は、作品世界へとグイグイと聴き手を惹き込んでいきます。そのスタイルから思い浮かぶのは間違いなくENIDなのですが、リズム隊やギターは曲によってよりロック的な骨太さを見せていて、クラシックとロックが真っ向ぶつかるエネルギーの放出はENID以上と言えるかも知れません。79年作は勿論愛すべき名盤ですが、37年もの時を経てまさかこんな強烈な進化を遂げてくるとは…。まさに驚愕の大傑作!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

TIGER MOTH TALES / COCOON の商品詳細へ

TIGER MOTH TALES/COCOON

ジェネシスの他、BIG BIG TRAINなど新鋭プログレにも影響を受けた英国のマルチミュージシャン、スケールの大きな14年デビュー作

2090円(+税)

FORMULA 3 / LA GRANDE CASA の商品詳細へ

FORMULA 3/LA GRANDE CASA

これぞイタリアン・ロック!芳醇な歌心と哀愁に満ちた名作、73年のラストアルバム、泣けます。

1990円(+税)

MAGENTA / WE ARE LEGEND の商品詳細へ

MAGENTA/WE ARE LEGEND

美声女性ヴォーカルを擁する現英国シンフォ・シーンを牽引するバンド、26分の大作を含む17年作!

2290円(+税)

SPHINCTER ENSEMBLE / HARRODIAN EVENT #1 の商品詳細へ

SPHINCTER ENSEMBLE/HARRODIAN EVENT #1

元QUATERMASSのKey奏者ピーター・ロビンソンを中心に錚々たるミュージシャンが参加した72年セッション音源、エレクトリック・マイルスへの英国からの回答!

1490円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 まるで洗練されたTHE ENIDじゃないか(2 拍手)

タンジェリンドリームさん レビューをすべて見る

思いっきりのジェネシスフォロアだったBATTLEMENTの面影無し。
別バンドとして考えたほうが良いかもしれません。そりゃ沢山の作品をリリースしているならそれなりのイメージみたいな物が出来上がりますが、彼らにはそれがない。なので、そう割り切れます。
なんせ、かの歌声が存在しません。

こちらもユーチューブで一部UPされていたので、試聴しました。その昔は冒険しないといけない状態だっただけにまあ、便利な時代になったもんだ。

で、何ですか、これほどまでにエニドに近づいた演奏って初めてです。逆にエニドの新作でも通りそうな作品です。
長らくCD購入していませんでしたが、久々に購入したくなりました。
調べたら、全部で41分ほどの長さ。
レコード時代のLP並みで若干残念な気がしました。もっとこの演奏で長く聴いていたいぞ、という無理な願望が湧きましたね。

ナイスレビューですね!

評価:4 ピアノ・ソロ曲が入ってれば完璧だった。惜しい!(1 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

Enid の 1st から 3rd までをこよなく愛する方は聴いたほうがいい。以前のGenesisフォロワーという印象は皆無。時が経てばクラシカル・シンフォ・インストロックの名盤に数えられると思う。惜しむらくは本家の"Loved One"や"Elegy"みたいな、じっくり聴かせる曲が入ってないので…ちょっと肩が凝ります。
ジャケは変形デジ・パック、なかなかこった作りです。

ナイスレビューですね!