プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

MAN WHO NEVER WAS

THIS WINTER MACHINE

201706(FESTIVAL MUSIC

評価:45 2件のレビュー

ジャケ通りの舞い降る雪を思わせるリリシズム溢れるピアノ、一音一音を丹念に奏でる美しいフレージングのギター、そして端正な中に憂いを秘めた男性ヴォーカル。往年のネオ・プログレを受け継ぎながらより繊細にメランコリックに紡ぐ英国度100%新鋭!

イギリスの新鋭シンフォニック・ロック・バンド、IQやPENDRAGONなどネオ・プログレ・バンドを受け継ぎながら、より繊細にメランコリックに展開する丹念なサウンドメイクが素晴らしい16年デビュー作!

イギリスの新鋭シンフォニック・ロック・バンドによる16年デビュー作。パートごとに自在に緩急をコントロールするリズム隊、ジャケットのイメージ通りの舞い降る雪を思わせるリリシズム溢れるピアノ、一音一音を丹念に選ぶように奏でる美しいフレージングのギター、そして端正な表情の中に憂いを秘めた男性ヴォーカル。IQやPENDRAGONなどネオ・プログレ・バンドを受け継ぎながら、より繊細にメランコリックに展開するサウンドは思わず息を飲むほどの素晴らしさを持ちます。メタル由来の重量感はほぼ皆無なのも特徴で、メタリックなプレイに頼らずに疾走感あるパートをしっかりと聴かせるテクニックとセンスも見事。いかにも英国的な叙情が滲むメロディメイクの上手さもまた特筆で、ピアノを中心とするアンサンブルが質の高いメロディをさらに際立たせます。純英国的なドラマチックな音楽性を儚く美しいサウンドメイクで包み込んだ素晴らしいバンド!


バンドに簡単なインタビューを行いました!




【1】本作『THE MAN WHO NEVER WAS』の中で、最も聴いてほしいパートを教えてください。

-作品全体にとても自信を持っているし、特別にどこということはないかな。各メンバーのお気に入りはあるけど、聴いてくれた人がそれぞれにお気に入りのパートを見つけてくれると嬉しいね。



【2】THIS WINTER MACHINEのサウンドに最も影響を与えているバンドは何でしょうか。

-ピーター・ガブリエル、マリリオン、ラッシュ、ジェネシス、アイアン・メイデン、ドリーム・シアター、ゲイリー・ニューマン、ウルトラヴォックスあたりだね。



【3】あなた方をプログレッシヴ・ロックに導いた作品を教えてください。

-バンドメンバー全員にとって、マリリオンの『Misplaced Childhood』とラッシュの『Exit Stage Left』が、僕らをプログレッシヴ・ロックに導いた作品と言えるね。



【4】日本で自分たちの音楽が聴かれていることについてどのように思いますか。

-日本で僕らの作品が聴かれているというのは本当に素晴らしいことだと思うよ。特に日本の映画や文化が大好きなアル(ヴォーカルのAl Wynter)にとってはとても特別なことだろうね。



【5】日本のプログレ・ファンにメッセージをお願いします。

-こんにちは!僕らのアルバムを気に入ってくれることを心から願っています。そしていつの日か日本に訪れてライヴができたらと思っています。近いうちに会いましょう!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

KOTEBEL / COSMOLOGY の商品詳細へ

KOTEBEL/COSMOLOGY

[カケレコ国内盤リリース中] 現スペイン随一のシンフォニック・ロック・グループ17年作7th、緻密に構築された楽曲と完璧にコントロールされた演奏で隙なく聴かせる、知性と熱情を合わせ持った傑作!

2990円(+税)

ARNAUD BUKWALD / LA MARMITE COSMIQUE の商品詳細へ

ARNAUD BUKWALD/LA MARMITE COSMIQUE

フランス出身のマルチ・ミュージシャン/コンポーザー、ELP、ジェネシス、フロイド、ソフツなど70年代プログレにインスパイアされた17年作!

2290円(+税)

CAMEL / SNOW GOOSE の商品詳細へ

CAMEL/SNOW GOOSE

ポール・ギャリコ「白雁」をモチーフにリリカルかつイマジネーション豊かに綴られる、一大コンセプト・アルバム傑作、75年発表

690円(+税)

DAVE LEWIS / FROM TIME TO TIME の商品詳細へ

DAVE LEWIS/FROM TIME TO TIME

英サイケ・フォーク・ロックの至宝ANDWELLA'S DREAM〜ANDWELLAを率いたSSW、クリス・レインボーを共同プロデューサーに迎えた76年2nd

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

プログレの本場イギリスのプログレ新鋭特集!

まとめて試聴する

  • BIG BIG TRAIN 『GRAND TOUR』

    現英国プログレの代表的グループの19年作、キャリア30年の風格と瑞々しいサウンドメイクが同居するさすがの傑作!

  • MAGENTA 『WE ARE LEGEND』

    美声女性ヴォーカルを擁する現英国シンフォ・シーンを牽引するバンド、26分の大作を含む17年作!

  • TIGER MOTH TALES 『A VISIT TO ZOETERMEER』

    CAMELのキーボーディストに抜擢された盲目の天才マルチ・プレイヤーPete Jonesによるソロ・プロジェクト、待望のライヴ作品!2020年リリース

  • WILLOWGLASS 『DREAM HARBOUR』

    70年代スタイルのキーボードやフルートの美旋律が溢れる英国シンフォニック・ロック、2013年作3rd

  • AUTUMN CHORUS 『VILLAGE OF THE VALE』

    英国新鋭プログレ・バンド、2012年デビュー作 、 信じられないほどに繊細に紡がれる、牧歌的でいて崇高な圧巻の名作!

  • LIFE IN DIGITAL 『SIGNS TO THE FAR SIDE』

    英国の2人組プログレ・ユニット19年デビュー作、80年代イエスへのリスペクトに満ち満ちた「シンセ・ポップ+プログレ」な快作!

  • GIFT 『ANTENNA』

    03年結成の英新鋭シンフォ・バンド19年作4th、モダンな中にも古き良き英国的叙情性が滲み出る歌ものプログレ

  • FINAL CONFLICT 『RISE OF THE ARTISAN』

    85年結成の英シンフォ・グループ2020年作、ジェントルで実直に紡がれる感動のメロディアス・シンフォ作

  • WARMRAIN 『BACK ABOVE THE CLOUDS』

    PINK FLOYDやPORCUPINE TREEからの影響が強い、メランコリックに揺らめく音空間が美しい英国モダン・プログレ、19年作

  • I AM THE MANIC WHALE 『NEW FORM OF LIFE: LIVE AT THE OAKWOOD』

    イギリスで現在最も注目すべき新鋭と言える彼らの初となるライヴ・アルバム、2ndを中心とする18年5月のステージを収録!

  • KENTISH SPIRES 『SPREZZATURA』

    CARAVANら往年のカンタベリー・ロックを継承する英プログレ・バンド、19年作2nd

  • PSYCHOYOGI 『ACCIDENT PRONE』

    まるでGENTLE GIANT×初期GONG!?英国の新鋭プログレ/ジャズ・ロック・グループによる18年作

2010年代新鋭プログレ・グループによる傑作デビュー作選!

まとめて試聴する

  • QUORUM 『KLUBKIN'S VOYAGE』

    ロシアからとんでもない新鋭が登場!70年代プログレの遺伝子を受け継いだ正統派プログレとして一級の傑作!

  • SCHERZOO 『1』

    FRANCOIS THOLLOT率いる仏暗黒アヴァン/チェンバー・グループ、11年デビュー作

  • UNREAL CITY 『LA CRUDELTA DI APRILE』

    奇才FABIO ZUFFANTIプロデュースによる新鋭シンフォ・バンド13年デビュー作、FINISTERREを彷彿させるモダンなサウンドを聴かせる傑作シンフォ!

  • SINAGOGA ZEN 『SINAGOGA ZEN』

    アヴァン/ジャズ・ロックからキーボード・プログレ、神秘的フォークまでめくるめく展開するブラジル注目の新鋭が登場!2014年のデビュー作にして傑作!

  • ALCO FRISBASS 『ALCO FRISBASS』

    ナショナル・ヘルスやキング・クリムゾンのDNAを感じさせるフランスの新鋭、圧巻の2015年デビュー作

  • WAVE 『ME AND REALITY』

    「狂気」〜「ウォール」期フロイドをポーランド特有の深い陰影とモダンな質感で蘇らせたようなサウンドを持ち味とする好バンド、17年デビュー作

  • AUTUMN MOONLIGHT 『SKY OVER YOUR SHOULDERS』

    アルゼンチンの新鋭、2010年デビュー作。ヘヴィかつメランコリックで幻想的な絶品シンフォ!

  • SEIN 『LA FLOR Y LA MIERDA』

    え!?これ本当に新鋭なの? SERU GIRANやPABLO EL ENTERRADORの遺伝子を受け継ぐ正統派アルゼンチン・プログレ、名作!

  • DRY RIVER 『EL CIRCO DE LA TIERRA』

    (クイーン + ドリーム・シアター)÷モンティ・パイソン!?プログレとHR/HMを恐るべしな諧謔精神でまとめあげた希代の奇天烈プログレ、このスペインの新鋭2012年デビュー作、凄すぎです!

  • AUTUMN CHORUS 『VILLAGE OF THE VALE』

    英国新鋭プログレ・バンド、2012年デビュー作 、 信じられないほどに繊細に紡がれる、牧歌的でいて崇高な圧巻の名作!

  • HOMUNCULUS RES 『LIMITI ALL'EGUAGLIANZA DELLA PARTE CON IL TUTTO』

    伊シチリア島出身のカンタベリー・フィーリングたっぷりの新鋭ジャズ・ロック・バンド、爽やかでポップな2013年デビュー作

  • PROTOFONIA 『PROTOFONIA』

    クリムゾンやフリージャズに影響を受けたブラジルのインストゥルメンタル・トリオ、2013年デビュー作

  • BRUNO MANSINI 『DREAMS FROM THE EARTH』

    ムーン・サファリへのブラジルからの回答!と言える、透明感ある美メロとアンサンブルが光る2013年の驚きのデビュー作

  • CAMELIAS GARDEN 『YOU HAVE A CHANCE』

    イタリア新鋭13年デビュー作、たおやかなアコギ、こぼれ落ちる凛としたリリシズム、爽やかなポップ・センス、ずばり名作です!

  • I AM THE MANIC WHALE 『EVERYTHING BEAUTIFUL IN TIME』

    このバンドはグレイト!英国の新鋭バンドによる2015年デビュー作で、まるでPILOTとBIG BIG TRAINが融合した感じ!

  • PROMENADE 『NOI AL DIR DI NOI』

    これは激レコメンドの新鋭がイタリアはジェノヴァから登場!ザッパやジェントル・ジャイアントもびっくりな痛快プログレ、2016年作!

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 英新鋭シンフォ・バンドによる19年2nd、JADISや90年代MARILLIONを繊細かつメランコリックにしたような名品!

    JADISや90年代MARILLIONをより繊細でメランコリックに仕立てたようなこのサウンド、1stから変わらず素晴らしいな...。これぞ英国と言えるリリシズムがたっぷりのシンフォ新鋭19年作!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 久々の好印象(2 拍手)

さん レビューをすべて見る

いかにも、そしてその通りのイギリス然たるメロディーと構成は近年の複雑なプログレ・バンドとは違い端正に作られた楽曲には心を奪われてしまう。
また、柔らかめな男性ヴォーカルもなかなかのもので、曲の雰囲気を上手く醸し出しているのではないでしょうか。
3か月待った甲斐がありました。

ナイスレビューですね!

評価:4 現在進行形の英国プログレ!(2 拍手)

easy livin’さん レビューをすべて見る

御免なさい、まだ買ってないのにレビューしたくって。まずジャケがso nice.現在の英国そして来るべき英国のあり方とタイトルが変化の起きてる現在の英国そして今後を予期させるじゃないですか。まだ今は私you tubeで聞いただけでレビューなんて厚かましいと思います。今買うか否か分水嶺の頂上にいて、でもどうしよう欲しい。歌詞をトランスクライブしてくれた外人女性のお陰でその深〜く洞察してる、その歌詞世界、それこそ英国人、だからこそpink floydが英国より出てくる訳じゃない、ジャケ買いを迷わせるのだが、ちょっとサウンド面がネオプログレとか、ちょっと旨みが滲んでないと私自身は思うんだよね。注目株間違いない。でも弾みで買う時はカケレコで買うからね!それは今約束出来るんだよマジで。どうしようかな本当に、でもこれイイナー、う〜ん私はサウンドがなんだよ。でも他の方は違う価値観ならピカイチの現在進行形のプログレだよ。ホ〜ント。ちょっと、時間あるとき、もう1度you tube聞いて判断する、う〜んジャケ買い対象今現在ならダントツだなー。この1枚は。他に欲しいのもあるんだよ。どう調整するかが今の正直な悩み。2018年4月18日記。

ナイスレビューですね!