プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ACQUIRING THE TASTE

GENTLE GIANT

LICD900726O(LINE

西ドイツ盤。

評価:40 1件のレビュー

この複雑怪奇超絶技巧バンドの初期作もヴィスコンティーだったんですよね。バンドの奔放すぎるアイデア/演奏を彼がどうまとめ上げたのか気になります・・

実験精神に溢れる趣向を凝らしたアイデアの数々を技巧的なアンサンブルで描き出す、初期GGの持ち味が発揮された71年2nd

演奏のテクニカルさと前のめりな変拍子、先の読めない複雑な展開、どこまでも偏屈でひねくれたポップセンスなど、聴き手を何度も罠に嵌める仕掛けに溢れた楽曲から、まさにプログレッシブ・ロックと呼ぶにふさわしいイギリスのグループの71年2nd。Tony Viscontiのプロデュースによる本作は、メンバー全員がやりすぎなほどのマルチプレイヤーぶりを発揮し、中世ヨーロッパ的な湿り気と翳りを持ったサウンドを展開。比較的地味な印象を与えがちな作品ではあるものの、その裏に秘めた技巧的なアプローチの数々はやはり彼らにしか成し得ない妙技であり、名盤と呼ぶにふさわしい1枚です。

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • ライヴ・ローマ1974

    ジェントル・ジャイアント

    VPJ148

    直輸入盤(帯・解説付仕様)、定価2835

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、側面部に色褪せあり

    74年イタリアでのライヴを収録、初期の名曲多数!

  • LIVE AT THE BICENTENNIAL 1776-1976

    GENTLE GIANT

    ALUGG046(ALUCARD

    評価:40 1件のレビュー

    デジパック仕様、2枚組

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    14年リリース、76年NYにおける未発表ライヴ音源を収録!

    1,290円

    1,032円
    (税込1,135円)

    284円お得!

    CD詳細ページへ

  • ジェントル・ジャイアント

    ジェントル・ジャイアント

    UICY9028

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、内袋封入、定価2039+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    紙ジャケに小さい圧痕あり、若干帯中央部分に色褪せあり

    5大プログレをも凌駕する超高度な音楽性と演奏力を有するプログレ・グループ、70年デビュー作

    クリムゾン『宮殿』と並ぶ強烈顔面ジャケですな。予測不可能の展開に目まぐるしい変拍子、偏屈なポップ・センス…。複雑怪奇な曲構成は迷路のようだけど、メロディは意外とオーソドックス!?英国屈指の技巧集団による衝撃のデビュー作。

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    盤キズ多めにあり、ケースツメ跡あり、若干折れあり、帯にラミネート加工あり

    5大プログレをも凌駕する超高度な音楽性と演奏力を有するプログレ・グループ、70年デビュー作

    クリムゾン『宮殿』と並ぶ強烈顔面ジャケですな。予測不可能の展開に目まぐるしい変拍子、偏屈なポップ・センス…。複雑怪奇な曲構成は迷路のようだけど、メロディは意外とオーソドックス!?英国屈指の技巧集団による衝撃のデビュー作。

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干経年変化があります

    5大プログレをも凌駕する超高度な音楽性と演奏力を有するプログレ・グループ、70年デビュー作

    クリムゾン『宮殿』と並ぶ強烈顔面ジャケですな。予測不可能の展開に目まぐるしい変拍子、偏屈なポップ・センス…。複雑怪奇な曲構成は迷路のようだけど、メロディは意外とオーソドックス!?英国屈指の技巧集団による衝撃のデビュー作。

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干ケースツメ跡あり、若干年代を感じます

    5大プログレをも凌駕する超高度な音楽性と演奏力を有するプログレ・グループ、70年デビュー作

    クリムゾン『宮殿』と並ぶ強烈顔面ジャケですな。予測不可能の展開に目まぐるしい変拍子、偏屈なポップ・センス…。複雑怪奇な曲構成は迷路のようだけど、メロディは意外とオーソドックス!?英国屈指の技巧集団による衝撃のデビュー作。

  • GENTLE GIANT

    GENTLE GIANT

    REPUK1035(REPERTOIRE

    紙ジャケット仕様、ポスター付き仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    盤キズ多めにあり

    5大プログレをも凌駕する超高度な音楽性と演奏力を有するプログレ・グループ、70年デビュー作

    クリムゾン『宮殿』と並ぶ強烈顔面ジャケですな。予測不可能の展開に目まぐるしい変拍子、偏屈なポップ・センス…。複雑怪奇な曲構成は迷路のようだけど、メロディは意外とオーソドックス!?英国屈指の技巧集団による衝撃のデビュー作。

  • UNDER CONSTRUCTION

    GENTLE GIANT

    ALUGG01(ALUCARD

    ボックス型ケース仕様、2枚組

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    スレあり

    バンド自身のレーベルよりリリースされていた未発表音源集、44曲収録

    以前より彼ら自身のレーベルで自主流通させていた2枚の未発表音源をパッケージした作品。それぞれに、「Entirely Unreleased Material」、「Demos And Out-Takes」と題されている。

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    実験精神に溢れる趣向を凝らしたアイデアの数々を技巧的なアンサンブルで描き出す、初期GGの持ち味が発揮された71年2nd

    この複雑怪奇超絶技巧バンドの初期作もヴィスコンティーだったんですよね。バンドの奔放すぎるアイデア/演奏を彼がどうまとめ上げたのか気になります・・

  • アクワイアリング・ザ・テイスト

    ジェントル・ジャイアント

    UICY9688

    評価:50 1件のレビュー

    紙ジャケット仕様、05年24bitデジタル・リマスター、 定価2039+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    特典帯付、帯中央部分に色褪せあり

    実験精神に溢れる趣向を凝らしたアイデアの数々を技巧的なアンサンブルで描き出す、初期GGの持ち味が発揮された71年2nd

    この複雑怪奇超絶技巧バンドの初期作もヴィスコンティーだったんですよね。バンドの奔放すぎるアイデア/演奏を彼がどうまとめ上げたのか気になります・・

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 変拍子軍団の首魁とも言うべき超絶技巧を駆使したジャズシンフォニックやな〜(0 拍手)

hukuroさん レビューをすべて見る

彼等のデビュー自体が衝撃的だったが出すアルバム毎のコンセプトも明確に音場表現して天才シャルマンブラザースの複雑で難解?な超絶アレンジはその孤高の存在感を遺憾なく発揮するものだった!
GGは全アルバムを聴いたが頂点は「グラスハウス」ではなかろうか?(他に異論もあると思うが)活動前半の密度が濃過ぎて後半に息切れしてネタの出尽くし感?なのか「ジャイアントフォ₋デイ」と「シビリアン」辺りは十八番の変拍子や複雑怪奇な編曲力は陰を潜めて平坦なポップス化に転落したが当時の商業ベースにはマニアックな曲想は売れずダクションから一般受け平凡曲作り路線に強制変更された背景もあるものと拝察される。
70年代の活躍した有名プログレバンドは結局ポップス化を余儀なくされシーンから消えゆく運命が定番だった。
ドイツのエニワンズドーター然り!あのkaipaでさえも一時期歌物ポップス路線に変わり新曲を期待して買ったら裏切られて愕然とし、直ぐ中古下取りに出した苦い経験が有る。
そう言った中で比較的プログレ王道路線を堅持していたGGの中間時期に位置する本アルバムは変拍子テイストも残し兄弟分裂の危機も傍らに秘めながらもまだ絶妙な三声ハーモニーも聴かせて目まぐるしく変化に富む音楽性をリスナーに提供する下り坂一歩手前の貴重なアルバムであろうかと思います。シャルマンズの音の乱舞に浸りましょう!

ナイスレビューですね!