プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

HONTZ GAUA

HAIZEA

KD10105/LV006(ELKAR

評価:50 1件のレビュー

幽玄なフルートやチェロ、虚ろな女性ヴォーカル、エキゾチックなパーカッション。でも、混沌とすることはなくて、もうそれはそれは美しいんですよね。これぞバスキッシュ・プログレ・フォーク。

スペイン、バスク産プログレッシヴ・フォーク76年作2nd、幽玄の美しさを湛えた名作

スペインはバスク地方出身のプログレッシヴ・フォーク・グループ、76年作の2ndアルバム。前作と比較すると、エレクトリック・ギターの使用度が増した上、フルート、チェロ、パーカッションもより一層の幽玄美を奏でており、サイケデリックな要素が前面に出た作風を聴かせます。しかしサイケ特有のドロドロとした混沌は感じさせず、ある種の崇高さすら湛えた神秘的なサウンドが鮮烈な印象として残るのが特徴。14分を超えるタイトルトラックを筆頭に、ユーロ・フォークの枠には納まらないプログレッシヴな感性が光る傑作。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

HAIZEA / HAIZEA の商品詳細へ

HAIZEA/HAIZEA

スペインはバスク州のグループ、美しく儚いフィメール・ヴォーカル・プログレッシヴ・フォーク、75年発表の1st

2590円(+税)

ITOIZ / EZEKIEL の商品詳細へ

ITOIZ/EZEKIEL

バスク地方出身の好グループ、シンフォニック・ロックの大傑作「ITOIZ」に続いてリリースされた80年2ndアルバム、異国情緒豊かなジャズ・ロックの名品

2090円(+税)

ITOIZ / ITOIZ の商品詳細へ

ITOIZ/ITOIZ

スペインはバスク自治州出身のグループ、78年作の1stアルバム、バスクならではの哀愁漂うメロディー、叙情的なハモンド、幻想的なフルート、切々としたバスク語ヴォーカル・・・つまり名作!

890円(+税)

HAWKWIND / HALL OF THE MOUNTAIN GRILL の商品詳細へ

HAWKWIND/HALL OF THE MOUNTAIN GRILL

元HIGH TIDEのvln奏者サイモン・ハウス加入後の74年作

690円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

情熱と哀愁のスパニッシュ・プログレ名作選

まとめて試聴する

  • TRIANA 『EL PATIO』

    スパニッシュ・シンフォの最高峰グループ、これでもかと溢れだすスパニッシュな哀愁、75年デビュー作!

  • ITOIZ 『ITOIZ』

    スペインはバスク自治州出身のグループ、78年作の1stアルバム、バスクならではの哀愁漂うメロディー、叙情的なハモンド、幻想的なフルート、切々としたバスク語ヴォーカル・・・つまり名作!

  • GRANADA 『VALLE DEL PAS』

    キーボード/マルチ奏者のカルロス・カルカモ率いるスパニッシュ・プログレ・グループ、78年作

  • ICEBERG 『SENTIMENTS』

    これぞスペイン・ジャズ・ロックの最高峰!77年作3rd

  • MEZQUITA 『RECUERDOS DE MI TIERRA』

    79年作、終始畳み掛けるテンション溢れるテクニカル・スパニッシュ・プログレ

  • ALAMEDA 『TODAS SUS GRABACIONES EN DISCOS EPIC (1979-1983)』

    スペインはアンダルシア地方出身のスパニッシュ・ロック・グループ、79年から83年にかけて彼らが残した4枚のアルバム全曲を2CDにまとめた編集盤

  • METAMORFOSIS 『PAPALLONES I ELEFANTS』

    カタルーニャのグループ、82年作、スパニッシュ・ジャズ・ロック meets 叙情派シンフォ!

  • NU 『CUENTOS DE AYER Y DE HOY』

    ヴァイオリンやフルートをフィーチャーした「スペインのクリムゾン」とも云われるヘヴィ・プログレ・グループ、78年リリースの1st

  • TARANTULA 『TARANTULA 1』

    スパニッシュ・シンフォの傑作、77年作

  • ATILA 『INTENCION』

    スペインらしい熱気と哀愁に溢れるプログレ・ハード、76年作

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • HAIZEA

    HAIZEA

    MVOX0001L(METAVOX

    LP

    スペインはバスク州のグループ、美しく儚いフィメール・ヴォーカル・プログレッシヴ・フォーク、75年発表の1st

    レーベル管理上、若干の角潰れがあります。ご了承ください。

    こ、これが、スペインの秘境バスクのフォークかぁ・・・。静謐で幽玄で、美しく儚い感じだなぁ。

  • スペインはバスク州のグループ、美しく儚いフィメール・ヴォーカル・プログレッシヴ・フォーク、75年発表の1st

    こ、これが、スペインの秘境バスクのフォークかぁ・・・。静謐で幽玄で、美しく儚い感じだなぁ。

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 バスク産プログレ異形の一枚(6 拍手)

Durangoさん レビューをすべて見る

冒頭から何やら妙に明るい響きを持つフォークが流れてきたので若干拍子抜けしたのですが、そこに虚ろな表情を持つ女性ヴォーカルが乗ると、途端にどこか不穏な空気をまとい始めます。これは一筋縄ではいかんかも・・と思っていると、案の定2曲目以降はヴォーカルがメインに据えられ、演奏もどんどん不気味になっていく。3曲目などはPopol Vuh の Hosianna Mantra が土着性を帯びたかのような異様な音世界が繰り広げられています。そしたらお次はitoizか?と思うようなせわしないドタバタアンサンブル。???どういうこっちゃ?
そして問題の最終曲、不穏さと緊張感は最高潮に達し、狂気がついに発露します。普段は癒しを提供してくれるはずのフルートも、ここでは不安を掻き立てる一要素として機能しており、14分中、心休まる場面は一度たりともありません。
夜中にヘッドホンなどで聴いていると、「向こう側」に落っこちて戻ってこれなくなりそうなコワさがあります。なんかヤバいぞこれ。無事再生が終わるとホッとしますが、またあの気味悪い感覚を求めて夜な夜なヘッドホンをはめる・・。そんな中毒性の高い作品です。バスク産というだけで飛びついたけど、ちょっとこれはスゴイ代物かもしれん・・。

ナイスレビューですね!