プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

LA FABBRICA DELLE NUVOLE

MAXOPHONE

AMS278CD(AMS

紙ジャケット仕様。

評価:40 1件のレビュー

イタリアン・ロックの金字塔と言える75年作で知られる彼らの42年ぶりとなる2ndアルバム。モダンに洗練されてはいますが、芳醇で気品あるメロディと流麗に紡がれるインストゥルメンタルの素晴らしさは健在!

75年の名盤で知られるイタリアン・ロック・グループ、実に42年ぶりとなった17年復活作2nd!

イタリアン・ロック史上の名盤として愛される75年作で知られる彼らが、キーボード/ヴォーカルのSergio Lattuadaとギター/キーボード/ヴォーカルのAlberto Ravasiniを中心として08年に活動を再開、13年には来日公演も果たし、満を持してリリースした17年復活作。冒頭より、ヴァイオリンが格調高く響き、タイトなリズムと共にエレピ&ギターがダイナミックに躍動する、瑞々しく張りのあるサウンドに驚きます。Alberto Ravasiniが歌い上げる、バロック音楽の伝統と豊かなポップセンスに裏打ちされた優雅で芳醇なメロディも健在。さらに変拍子を織り交ぜつつもしなやかにビートを刻むリズム隊を軸に、ピアノ、オルガン、ヴァイオリン、そしてやや重みあるトーンのギターらが緻密かつ流麗に駆け抜けていくインストゥルメンタル・パートは、75年作を思い出さずにはいられないサウンドで実に感動的。哀感を秘めたアコースティックギターの調べは、イタリアらしい芳醇な地中海エッセンスを漂わせていて絶品です。充実したインストゥルメンタルで楽しませてくれる一方、あくまで歌ものとしてしっかりと聴かせる、その見事なバランスも75年作のまま。ジャジーなタッチが加わっていて全体に音の質感が洗練された印象は受けるものの、基本的にはMAXOPHONEらしさに溢れるサウンドです。75年作を愛聴してきた方はもちろん、これはすべてのイタリア・ロック・ファンにお聴きいただきたい一枚!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

BANANA / ETAPA SINFONICA 79-80 の商品詳細へ

BANANA/ETAPA SINFONICA 79-80

SSW/キーボーディストCesar Pueyrredonが率いたアルゼンチンの名グループ、79年作『AUN ES TIEMPO DE SONAR』全曲と、未CD化の80年リリース作『LICUADO』より5曲を収録した16年リリースの変則コンピレーション

2190円(+税)

TAPROBAN / STRIGMA の商品詳細へ

TAPROBAN/STRIGMA

EL&P、バンコ、イル・バレット・ディ・ブロンゾに影響を受けたイタリアのキーボード・トリオ、2013年作4th、メロトロンやムーグが狂おしく鳴り響くヘヴィ・シンフォ快作

2090円(+税)

CELLAR NOISE / ALIGHT の商品詳細へ

CELLAR NOISE/ALIGHT

ミラノ出身の新鋭シンフォ・バンド、17年デビュー作、プロデュースは鬼才Fabio Zuffanti!

2390円(+税)

LE ORME / CLASSICORME の商品詳細へ

LE ORME/CLASSICORME

イタリアン・ロックの代表的グループ、弦楽アンサンブルと共演、バンド過去曲のアレンジやクラシック古典楽曲などから構成される17年作

1832円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • MAXOPHONE (ITALIAN LYRICS VERSION)

    MAXOPHONE

    AMS138CD(AMS

    評価:48 4件のレビュー

    発売当時、イタリア語版と英語版がリリースされましたが、本CDはイタリア語ヴァージョンです。紙ジャケット仕様、リマスター、ボーナス・トラック2曲

    イタリアン・シンフォニック・ロックの金字塔的名作、75年リリース

    イタリアン・ロックの大きな魅力が、バロック音楽の遺伝子を継ぐ構築美と叙情美。そんなイタリアン・ロックの金字塔として君臨し続けるのがこの作品ですね。格調高さの中に息づく芳醇なポップセンスにも唸らされます。

  • 生命の故郷

    マクソフォーネ

    AK1029

    評価:50 1件のレビュー

    紙ジャケット仕様、イタリア語盤、直輸入盤(帯・解説付仕様)

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    盤キズ多めにあり、若干カビあり

    イタリアン・シンフォニック・ロックの金字塔的名作、75年リリース

    イタリアン・ロックの大きな魅力が、バロック音楽の遺伝子を継ぐ構築美と叙情美。そんなイタリアン・ロックの金字塔として君臨し続けるのがこの作品ですね。格調高さの中に息づく芳醇なポップセンスにも唸らされます。

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    カビあり

    イタリアン・シンフォニック・ロックの金字塔的名作、75年リリース

    イタリアン・ロックの大きな魅力が、バロック音楽の遺伝子を継ぐ構築美と叙情美。そんなイタリアン・ロックの金字塔として君臨し続けるのがこの作品ですね。格調高さの中に息づく芳醇なポップセンスにも唸らされます。

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 最後に購入したLPも、最初に購入したCDもマクソフォーネです(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

LPの買い直しでなく、イタリアのCDを購入したのは久しぶり。Youtubeで音を聴くものの、なかなか購入する決心がつきませんでした。理由ははっきりしていました。ブラスや弦楽、ピアノを全てPC音源かシンセサイザーに頼った音の脆弱さです。これだけPCの性能が進んでいても、管楽、弦楽の音は生にかないません。特に往年のマクソフォーネはメンバーに管楽器奏者がいたのが強みでしたからなおさら。CDを聴くものの、これが気になってなかなか音に入っていけませんでした。

リズム・セクション担当は、70年代と代わっています。この二人の人がよい仕事をしていて音に迫力があります。ここまでPC音源にならなくて本当によかった。メンバー全て初老と言っていいようです。年齢を考えると堂々と新曲を作って演奏してくれたのは奇跡に近いと思います。アルベルト・ラバシーニの声もよく、哀愁を漂わせながら甘々になっていません。展開が多くて明るくて、実にマクソフォーネ、という音です。

でもやっぱり75年盤を取り出してしまうんですよ。好きでしたからねぇ。

ナイスレビューですね!