プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

SCORE

DUNCAN MACKAY

FRESHCD176(FRESH MUSIC) 【2016年発売CD】

評価:50 1件のレビュー

コックニー・レベルや10ccで活躍したkey奏者と言えば?前作『CHIMERA』で聴かせた技巧派キーボード・プログレと、在籍バンドが証明する卓抜したモダン・ポップ・センスが同居する傑作2nd。プロデュース&ヴォーカルはジョン・ウェットン!

コックニー・レベルや10ccで活躍したキーボーディストによる77年作2nd、技巧的なキーボード・プログレと華やかなモダン・ポップを両立した好盤、プロデュースはジョン・ウェットン

南アフリカ共和国出身、渡英しコックニー・レベル〜10ccのメンバーとして活躍、キャメルやケイト・ブッシュの作品でも手腕を発揮したkey奏者による、74年作『CHIMERA』に続く77年の2ndソロ。本作のプロデュースはなんとジョン・ウェットン。3曲でヴォーカルも取っています。他にクライヴ・チェイマン、メル・コリンズ、アンディ・マカロックら実力派が参加、さらに1曲では古巣コックニー・レベルのスティーヴ・ハーリーもヴォーカルを担当。その内容は、前作『CHIMERA』を踏襲する多彩な鍵盤楽器群をフィーチャーしたプログレッシヴなキーボード・ロック。大作主義的だった前作に比べ最長でも7分台とコンパクトな曲作りとなっていますが、ハモンド、シンセ、ピアノ、クラヴィネット、シーケンサーを縱横に駆使しテクニカルに畳み掛けるテンション溢れるスタイルは本作でも健在です。特に表題曲や最終曲で聴けるスリリングなシンセのプレイはエマーソンにも匹敵していて興奮必至。一方で半数近くを占めるヴォーカル・ナンバーでは、弾むように軽快なピアノ、フワッとファンタジックで温かみあるシンセなど、モダン・ポップ・バンドを渡り歩いた卓抜したポップ・センスも披露します。ウェットンのヴォーカルも活き活きしていて素晴らしいです。前作で聴かせた圧倒的な技巧で駆け抜けるキーボード・プログレと華やかなモダン・ポップ・サウンドを見事に両立させた名作です。

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • CHIMERA

    DUNCAN MACKAY

    SECONDHARVEST441(SECOND HARVEST

    評価:40 5件のレビュー

    デジパック仕様

    10ccやコックニー・レベル作品への参加で知られるキーボード奏者、プログレッシヴかつ叙情性溢れるキーボード・プログレの大傑作!

    コックニー・レベルや10ccへの参加からモダン・ポップ人脈と見られがちですが、ソロではプログレ・ミュージシャンとしての技巧と楽曲構築センスを発揮した、怒涛のキーボード・プログレを残しているんです!

  • CHIMERA

    DUNCAN MACKAY

    FRESHCD164(FRESH

    評価:38 4件のレビュー

    デジタル・リマスター、7分を越える楽曲「Opening」をボーナス・トラック収録

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干トレー跡あり

    10ccやコックニー・レベル作品への参加で知られるキーボード奏者、プログレッシヴかつ叙情性溢れるキーボード・プログレの大傑作!

    コックニー・レベルや10ccへの参加からモダン・ポップ人脈と見られがちですが、ソロではプログレ・ミュージシャンとしての技巧と楽曲構築センスを発揮した、怒涛のキーボード・プログレを残しているんです!

  • CHIMERA

    DUNCAN MACKAY

    SECONDHARVEST441(SECOND HARVEST

    評価:40 5件のレビュー

    デジパック仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    盤に研磨跡あり、圧痕・セキュリティラベル跡あり

    10ccやコックニー・レベル作品への参加で知られるキーボード奏者、プログレッシヴかつ叙情性溢れるキーボード・プログレの大傑作!

    コックニー・レベルや10ccへの参加からモダン・ポップ人脈と見られがちですが、ソロではプログレ・ミュージシャンとしての技巧と楽曲構築センスを発揮した、怒涛のキーボード・プログレを残しているんです!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 U.K.前夜のWetton節に酔う(2 拍手)

waterbearerさん レビューをすべて見る

Duncan Mackayというと、私は10ccやCockney LevelのKeyというよりもCamelの「Nude」(1981)で透明感のあるキーボードで抜群のオーケストレーションを展開したあの人、というイメージがある(最後期のBudgieのアルバムにも参加してますねぇ)。さてこの1977年作のソロ2ndはどうかというとプログレアルバムというよりも前掲のバンドで培ったポップさの総括のような作風に仕上がったと思う。同年にはU.K.で(何度目かの)デビューを果たしたJohn Wettonのプロデュースというが、彼自身が影響を受けた音楽はブルースだったりロックンロールだったり(ちなみにABBAの大ファンでありました)ということらしいので、その趣味がうまく表現できたのではないかと思う。本作はWetton先生のVo入りの曲が3曲収録とWikiにも書かれていますが、正確には2曲ですよ!M7「Pillow Schmillow」とM9「No Return」で御大の渋いVoを楽しめます。「My sunshine is a rainbow〜♪」と一緒に歌えば幸せになれますのでお試しを(本当か?)。他にVoとしてはSteve Harleyも参加している。
重層的なKeyによるアンサンブルは楽しめるけど、プログレのアルバムとしては期待しないほうがいいかもしれない。長い間、CD化が待たれた作品だったのでこの機会にぜひ。

ナイスレビューですね!