プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

KICK OFF YOUR MUDDY BOOTS

GRAEME EDGE BAND

ECLEC2142(ESOTERIC

ボーナス・トラック1曲、デジタル・リマスター。

評価:45 2件のレビュー

ムーディー・ブルースのドラマーGraeme EdgeとガンのAdrian Gurvitzが一緒にやったら、極上のメロディアス・ロックになったって!?ELOのファンは特に是非!

ムーディー・ブルースのドラマーがガーヴィッツ兄弟と組んだリーダー・グループ、哀愁溢れる絶品英国ロック、74年1st

MOODY BLUESのドラマー、Graeme Edgeによるグループ。他のメンバーは、元GUN〜THREE MAN ARMYのAdrian Gurvitz(G)とPaul Gurvitz(B)に、元ARCのMick Gallagher(Key)。その他、BADGERのBrian Parrish(Vo)、Ginger Baker(Dr)などがゲスト参加しています。本作は、74年の1stアルバム。哀愁溢れるキャッチーなメロディとAdrian Gurvitzによる情感たっぷりのメロディアスなギターが美しい陰影を描くブリティッシュ・ロック。キーボードやオーケストラによるドラマティックなアレンジも絶品。個人的には、ELOに近いサウンドだと思います。非常に英国的なリリシズムに溢れた名作です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

GRAEME EDGE BAND / PARADISE BALLROOM の商品詳細へ

GRAEME EDGE BAND/PARADISE BALLROOM

ムーディー・ブルースのドラマーGRAEME EDGEによるグループ、77年2nd

1890円(+税)

STRIDER / MISUNDERSTOOD の商品詳細へ

STRIDER/MISUNDERSTOOD

74年作2nd、重厚さととめどない哀愁に満ちた英ハード・ロックの大名作

2390円(+税)

STRIDER / EXPOSED の商品詳細へ

STRIDER/EXPOSED

腰が抜けるほどに格好良すぎる英ハードの名作!

2390円(+税)

GUN / RELOADED の商品詳細へ

GUN/RELOADED

英ハードを代表するグループ、BBCやJohn Peel Showなどラジオ音源、デモ音源、80年代に3人が集まって録音した未発表曲など、全14曲を収録した未発表音源集。ボーナスDVDには68年BEAT CLUBの映像収録。

2590円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

英国ハードの名グループ、GUNを取り巻くディープなファミリー・ツリー

まとめて試聴する

  • GUN 『GUN』

    トリオ編成によるパワフルなアンサンブルをサイケデリックに彩ったハード・ロック黎明期の名盤、ロジャー・ディーンの初ジャケット仕事でもある69年作1st

  • LONDONERS & KNACK 『LONDONERS AND KNACK』

    GUN結成前のPaul Gurvitzが在籍していたフリーク・ビート/モッズ・バンドの編集盤

  • NEON PEARL 『1967 RECORDINGS』

    ドイツへ渡り活動した英国出身のサイケ・グループ、PLEASEの前身グループによる暗欝メロウ・サイケ

  • THREE MAN ARMY 『A THIRD OF A LIFETIME』

    ガーヴィッツ兄弟率いるハード・ロック・トリオ、71年、ヘヴィーなプレイで畳み掛ける最高のデビュー作!

  • PARRISH & GURVITZ BAND 『PARRISH AND GURVITZ BAND』

    優美かつ哀愁溢れる絶品英フォーク・ロック、ジョージ・マーティン・プロデュースの1stと未発表2ndを収録!

RENAISSANCEから辿る格調高く華やかな英国クラシカル・ロック探求☆

まとめて試聴する

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 ムーディーズ同様ダサダサ(ゴメン!)だが、これはイケます!(2 拍手)

Durangoさん レビューをすべて見る

サウンドプロダクションという観点から見たら、これほど洗練という言葉と無縁の音楽も珍しいのではないでしょうか。もうコテコテのダサダサ。しかし皆知っているように、プログレにおいてこれらの言葉は時にはほめ言葉として機能するのです・・!
つまりこれが「味」というものなんでしょう。ガーヴィッツのギターなんかはGUNの時からなんか演歌っぽいなぁという印象でしたが、これもまた味のあるギターだということだったんですな。
プログレ聴き始めた頃なんかに出会っていたら、まず間違いなく「何この野暮ったいの、ムリ」と棚の隅に追いやられたことだろうと思いますが、こういうのも楽しめるようになってきたあたり、いろいろ聴いて耳を鍛えてきた甲斐があったというものです。
メロディについてもポップでキャッチーだけど、どこか田舎くさいという英国プログレの要件を律儀にも満たしてくれています(笑)

ナイスレビューですね!

評価:5 やっぱり落ち着いて聴けるな、大英帝国モノは。(1 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

プログレ昔話その3

昔むかーし、プログレの師匠がうちに来て「たまには普通のプログレ聴きたい」と言うもんだから(ホント、わがままなヒトだったな)確かJOHN MILES の1stを(初めて聴くだろ!まいったか!)と思いながらかけたら「なにこれ?紅白歌合戦のオオトリの演歌みたいじゃん!」とあはあは大笑いされました。
私はたいへんなショックを受け、いわゆる大仰なオーケストレイション入りのニッチな英国モノのLPを大量処分してしまいました。
その中にはMOODY BLUES と、その関連作も当然入ってました。

というわけで25年ぶりくらいに聴いて、「やっぱりこれだよ、これ!」とあらためて納得。
MOODYSからオーケストラとっぱらって、ブルース色つけてちょっとハード風味加えて、勿論ポップ色消さない・・・つまり典型的大英帝国になっております。
やっぱり、イイモノはイイ!と自己主張しなきゃだめだな。
自分の感性を大切にしましょう(笑)

ナイスレビューですね!