プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

POETS AND PAINTERS AND PERFORMERS OF BLUES

GILLIAN McPHERSON

HMPCD034(HUGO MONTES PRODUCTION(韓国)

評価:30 2件のレビュー

ちょっと下手っぴなボーカルと、ベテラン勢による洗練されたアレンジがたまらないバランス。

英SSW71年作。清涼感ある純朴なボーカルを、Mark-Almondの面々やRobert Kirbyによるセンス抜群の演奏がしっかりサポート。

英女性SSW、71年の唯一作。全て自作曲で、非常に素朴でじんわりと沁みる佳曲ぞろい。ギリアンの少し素人感のある澄んだピュア・ボイスに、ジョン・マークやデイヴ・カズンズの流麗なアコースティック・ギター、ロバート・カービーがアレンジした慎ましやかなストリングスがふわりとかぶさり、トミー・エアの洗練されたエレピがまぶされていく様子は、ただの女性SSWものとは一線を画す奥行きを感じられます。

GILLIAN MCPHERSONについて

1949年、北アイルランド、ベルファスト生まれです。

ベルファスト↓

荒涼とした港町であるベルファスト。ギリアンの涼やかなボーカルは、生まれ育った風土から来ているのかもしれません。

ギリアンは、ジャズやブルース、そしてアイルランドのトラッドに影響を受けて育ち、16歳で歌い始めました。

ベルファストのカフェやバーで活動し、その後ロンドンへ向かいます。

ロンドンで知り合ったペンタングルのDANNY THOMPSONにプロデュースをお願いし、マーキー・スタジオで今作は録音されました。

『POETS AND PAINTERS AND PERFORMERS OF BLUES』ってどんな作品?

まずは一曲お聞きください。

♪I Am The Runner

試聴 Click!

ギリアンの透き通った声がいいですね!そしてこのちょっと素人くさい(失礼)ところが、妙に味わい深いです。

それにしても、バックで鳴るオルガンといいベースといい、凄く洒落ていますよね!

この曲でオルガンを弾いているのは、MARK-ALMONDやRIFF RAFFなどで活躍、JOE COCKERやGREG LAKE、GARY MOOREなどのバックを務め、英国ロックを支え続けたベテランキーボーディスト、TOMMY EYREです(↓)

ベースはCENTIPEDEやSOFT MACHINEなど英ジャズ・ロック界で活躍したROY BABBINGTON。

しかしアルバム全体を通して効いているのは、やはりTOMMY EYREのキーボードですね。

主張するのではなく、あくまでも控えめで上品なキーボードが曲中でアクセントのようにキラリと光っています。

♪Look What We’ve Got To Do

試聴 Click!

イントロのキーボードが、本当に美しいですね・・・

この曲には同じくMARK-ALMONDから、コンガでJON MARK、ヴィブラフォンでJOHNNY ALMONDが参加。

アルバムの他の曲では他にもストローブスのDAVE COUSINSがアコギを弾いていたり、ニック・ドレイクの作品への参加で有名なROBERT KIRBYがストリングスをアレンジしていたり。

上記のような洗練されたベテランのバック・ミュージシャンの演奏に、あんまり歌が上手くないけれど、ピュアさが何とも言えない魅力のギリアンの声がやや不安定に響く、そのぎりぎりの調和にぞくぞくさせられます。

そして、ジャジーなリズムが随所で感じられる今作は、ペンタングルのDANNY THOMPSONのプロデュースが大きな役割を果たしています。

ジャズや古楽、フォークやブルースなど、多彩な音楽性を持っていたペンタングルの彼だからこそ、ギリアンのアルバムがこんなにも豊穣なものになったのでしょう。


他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

DAYLIGHT / DAYLIGHT の商品詳細へ

DAYLIGHT/DAYLIGHT

「冬の朝の静けさ」をイメージさせる格調高い英フォーク、71年作

2290円(+税)

GERRY LOCKRAN / WUN の商品詳細へ

GERRY LOCKRAN/WUN

スワンピーな英フォーク・ロック、72年作、名盤

2290円(+税)

MOIRA KERR / FOLK WARM AND GENTLE の商品詳細へ

MOIRA KERR/FOLK WARM AND GENTLE

スコットランド出身のフィメール・フォークSSW、69年作

2290円(+税)

GILLIAN McPHERSON / POETS AND PAINTERS AND PERFORMERS OF BLUES の商品詳細へ

GILLIAN McPHERSON/POETS AND PAINTERS AND PERFORMERS OF BLUES

英SSW71年作。清涼感ある純朴なボーカルを、Mark-Almondの面々やRobert Kirbyによるセンス抜群の演奏がしっかりサポート。

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

ブリティッシュ・フォークの歌姫特集〜英フィメール・フォークの可憐な花々

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:3 枠に打てや〜(4 拍手)

ソクサイさん レビューをすべて見る

この作品は雑誌やガイド本に英国トラッド・フォーク・ロックのひとつとして何回か紹介されていたジリアン・マクファーソンの唯一の作品。
気になった点はバックに参加したミュージシャン達でギターにジョン・マーク、サックスはジョニー・アーモンド、キーボードはトミー・アイアー、といった俺の好きなマーク=アーモンドやリフ・ラフの面々。
そしておまけにベースはニュークリアスのロイ・バビントンときたもんだ。
この布陣じゃ悪いはずがなかろうて!
しかし、その期待は見事に裏切られた。マクファーソンの殆どの楽曲は誠に中途半端。

メロディが何か煮え切らないし、いつサビに入るのか期待の内に曲は終わってしまう。

肝心のセンター・フォワードがこれじゃあ〜なぁ〜!
彼女は英国トラッドを継承したり、独自に解釈して昇華するタイプのシンガーではなく、 その歌詞やタイトル等から、英国トラッド・フォークとはあまり関係ないもっとポピュラーなS.S.W.だと思う。
歌い方に気の強さが出たり、叙情性も殆ど感じられず、あまり歌は上手くない。
しかし、最終のアルバム表題曲はやっとまともなチューンだし、他にもジャジーなイントロで初期ジョニ・ミッチェルを彷彿させる曲やアーモンドのメローなサックスをフィーチュアした気の効いた曲もあって、脇を固める連中が下手糞なFWに絶妙なセンタリングが何本かあげているのだ。
あとはFWがゴールを決めるだけだが、何度打っても枠にさえ飛ばない藤本淳吾のシュートの様だ。

ナイスレビューですね!

評価:3 傑作ジャケット(0 拍手)

じゃ、見ろクワイ(笑)さん レビューをすべて見る

大の傑作というわけではないけれど、涼しげで素敵なジャケットが人気の的のフォークアルバム。

ナイスレビューですね!