プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

イ・プー(I Pooh)とレ・オルメ(Le Orme)来日レポート~イタリアン・プログレ・フェス2日目@クラブチッタ川崎

こんにちは、カケハシ・レコード店長の田中です。

4月28日(土)、クラブチッタで行われたレ・オルメとイ・プーのライヴに行ってまいりました。
3日間行われたイタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァルの2日目ですね。

18時の開演で、30分ほど前に到着。
会場に流れるELOを聴きながらハイネケンを飲んでいると、イタリアン・ロックのあの名グループを生で聴ける、というワクワク感が高まってきます。

定刻通りに明かりが落ち、幕が上がるとレ・オルメのメンバーは既にステージに!
エレキ・ギターをタッピングしてクラシック・ギターのような音色を出すギターに、今、まさにイタリアのグループを見ているんだ、と興奮。

『シルクロード』から数曲を力強いアンサンブルで演奏した後、いよいよ「コラージュ」で会場を70年代にタイムスリップさせた後、『包帯の男』『フェローナとソローナの伝説』収録の名曲のオンパレードへ!

試聴 Click!

「Una Dolcezza Nuova(ノーヴァ)」や「Sospesi Nell ‘Incredibile(信じられないまま)」のオープニングでのオルガンの音の荘厳なこと!まるで教会で聴いてるようで、あの瞬間、川崎はイタリアでした。

「La Porta Chiusa(閉ざされた扉)」や「L’Equilibrio(バランス)」などプログレッシヴな楽曲でのスピード感とダイナミズムも圧倒的!

MCではイタリア人らしく茶目っ気たっぷりなドラマーのミキおじさん(←愛情を込めて)も、演奏ではキレ味鋭いドラミングでまったくもって年齢を感じさせません。70年代イタリアン・ロックの魅力の一つである前掛かりの焦燥的なダイナミズムを生で体験できて大興奮でした!

対照的に、「Gioco Di Bimba(子供たちの遊戯)」や「Breve Immagine(簡潔な思想)」での陽光降り注ぐようなリリカルな楽曲もよかった?。
『シルクロード』に参加していたベーシストがキーの高い楽曲ではヴォーカルを取っていましたが、ちょっぴり愛嬌があって伸び伸びとした歌声にはイタリアらしい詩情が溢れていました。

「動」と「静」のくっきりとした対比。これぞイタリアン・ロック!といえる魅力を堪能させてくれたレ・オルメ。良かったなぁ。

試聴 Click!

さぁ、20分の休憩をはさみ、いよいよ、あのイ・プーが登場!

幕が上がった瞬間の会場の盛り上がりは凄かった!

新作から3曲演奏した後に、80年代を代表する爽快な楽曲「Cantero per te(あなた色のうた)」で会場が一体に!
メロディの裏でリリカルなオブリガードを炸裂させるドディのギターが気持ち良すぎます!

試聴 Click!

そしてそして、「Infiniti Noi」!
会場左で立ち見しているイタリア人の女性がメロディを口ずむのを横目で見ながら、ここが川崎であるのを忘れて、イタリアの歌の世界に浸りました。ただただ、感動。

試聴 Click!

地中海の爽やかな風で包み込むアップテンポな楽曲とクラシカルで荘厳な曲を織り交ぜながら、会場をイタリアならではの詩情で満たしながら、オールスタンディングの大喝采で本編終了。

アンコールは、『オペラ・プリマ』『ミラノの映像』『パルシファル』『ロマン組曲』からの名曲のたたみかけ!これが凄かった・・・。

「Tanta voglia di lei」や「Nascero con te」や「Pensiero」を生で聴ける幸せ。ペンシェ~ロ!と一緒に合唱してきましたよ。会場が完璧に一つになって、感動的だったなぁ。

試聴 Click!

甲高いグラッチェ!で会場を音楽の魔法にかけるロビー。胸元の空いた衣装がはまりすぎてる官能のギタリスト、ドディー。笑顔が男前すぎるレッド。本当に最高のフロント3人!

本国イタリアではスタジアム級の国民的グループのイ・プーを、こんな間近で見られる幸せ。

レッドがMCで「イタリアの靴、アメリカのジーンズ、アメリカのベース、フランスのシャツ・・・だけど、僕の心は今、日本にある。」って言っていてグッときましたが、この夜、僕の心はイ・プーで満たされ、その後も、頭の中ではイ・プーの名曲が流れています。

ライヴの後、大好きな「Tanta voglia di lei」を何度聴いたことか。あの余韻を忘れないように、これからも聴き続けます。グラッチェ、イ・プー!

試聴 Click!

イタリアン・プログレの在庫

「イタリアン・プログレの在庫」をもっと見る

I POOHの在庫

  • I POOH / OPERA PRIMA

    CBS移籍1作目、バロック・アンサンブルのオーケストラを大々的に導入した71年作

    プログレッシブ・ロック・フィールドの枠を飛び越えてイタリアを代表するポップ・ロックバンドであり、イタリア然とした甘美なバラードやオーケストラとの華麗なる融合など、プログレッシブ・ロック的なアプローチも聴かせるグループによる71年作。CBS移籍1作目である本作は、バロック・アンサンブルのオーケストラを大々的に楽曲に取り込み、彼ららしい甘美なメロディーを散りばめた初期の名作と名高い1枚であり、Giancarlo Lucarielloのプロデュース、Franco Monaldiのアレンジによってゴージャスなイタリアン・ロックを聴かせる名盤です。ヒット曲「ペンシエロ」「君をこの胸に」などを収録。

  • I POOH / ALESSANDRA

    バンドの顔だったリッカルド・フォッリ在籍時最後の作品、72年作、これぞラブロックと言うべき甘美かつポップなラヴバラードを満載した名盤!

    プログレッシブ・ロック・フィールドの枠を飛び越えてイタリアを代表するポップ・ロックバンドであり、イタリア然とした甘美なバラードやオーケストラとの華麗なる融合など、プログレッシブ・ロック的なアプローチも聴かせるグループによる72年作。CBS移籍2作目である本作は、前作同様Giancarlo Lucarielloプロデュースで製作された名盤であり、オーケストラを全編に配し、イタリア叙情をふんだんに感じさせる切ないボーカルが素晴らしい作品となっています。ボーカリストRiccardo Fogliは本作を最後にグループを離れます。ヒット曲「愛のルネッサンス」などを収録。

  • I POOH / PARSIFAL

    前作に比べプログレッシヴ・ロック然としたアプローチが光る73年作

    プログレッシブ・ロック・フィールドの枠を飛び越えてイタリアを代表するポップ・ロックバンドであり、イタリア然とした甘美なバラードやオーケストラとの華麗なる融合など、プログレッシブ・ロック的なアプローチも聴かせるグループによる73年作。ワーグナーの同名歌劇を元にしたコンセプト・アルバムの形を取った本作は、脱退したRiccardo Fogliに代わりRed Canzianが参加し不動のラインナップが完成。オーケストラの登用や楽曲の良さは当然のことですが、そのコンセプト性や大仰な作風はプログレッシブ・ロック的に最も完成されたものであり、10分を超える表題曲は特に圧巻です。

  • I POOH / FORSE ANCORA POESIA

    イタリアン・ラブ・ロック代表格、75年作

    プログレッシブ・ロック・フィールドの枠を飛び越えてイタリアを代表するポップ・ロックバンドであり、イタリア然とした甘美なバラードやオーケストラとの華麗なる融合など、プログレッシブ・ロック的なアプローチも聴かせるグループによる75年作。「Parsifal」「Un Po’del Nostro Tempo Migliore」というスケール感のある作品が続いた後の本作は、オーケストラの使用などは程々に控えられ小品を中心に収録されており、本来の彼らのサウンドへの回帰が伺えます。前2作の大仰な展開こそ少ないものの、当然ながらイタリアの叙情を映す甘いメロディーは健在であり、胸に響く1枚となっています。「愛のひととき」「恋するミラノ」などを収録。

  • I POOH / POOHLOVER

    ポップ・センス溢れる76年リリースのセルフプロデュース作

  • I POOH / ROTOLANDO RESPIRANDO

    77年作

  • I POOH / BOOMERANG

    伊ラブロックの代名詞的グループ、78年作

「I POOHの在庫」をもっと見る

LE ORMEの在庫

  • LE ORME / LA VIA DELLA SETA

    2011年作、70年代のエッセンスはそのままに、新鋭にも引けを取らない鮮烈なダイナミズムを併せ持つ傑作!

    イタリアン・ロックを代表するグループLE ORMEの2011年作。シルクロードでの人々の出会いをテーマにしたコンセプト・アルバム。ふんわりと柔らかでファンタスティックな音色から壁のようにそびえる分厚い音色までサウンドをリードするキーボード、どこまでも天高く伸びていくようなメロディアスなギター、モダンに引き締まったタイトなリズム隊。キーボードとギターが重厚でドラマティックなサウンドを築く「動」のパート、ピアノがリリカルに流れる「静」のパートとの対比鮮やかな構成は、これぞイタリアン・ロックの魅力に溢れています。あのMETAMORFOSIのヴォーカルによるエモーショナルな歌唱、切々と胸に迫るメロディも絶品。70年代プログレのエッセンスはそのままに、FINISTERREなど新鋭グループと比べても遜色の無い鮮烈なダイナミズムも併せ持つスケールの大きな傑作!

  • LE ORME / FELONA E SORONA 2016

    名作『フェローナとソローナ』の2016年セルフ・リメイク作、明瞭でダイナミズムを増したサウンドでよりドラマ性が増した新たなる傑作

    オリジナル・メンバーのドラマーMichi Dei Rossiを中心にキーボード・トリオとして活動する新生レ・オルメによる名作『フェローナとソローナ』の2016年セルフ・リメイク作。他2人のメンバーは、Michele BonとFabio Trentiniでどちらも腕利きの名手。Michele Bonは、オリジナル・メンバーのAldo Tagliapietraのサポートを経て、レ・オルメのレコーディングに参加し、96年作『IL FIUME』以降、バンドを支えるキーボード奏者。Fabio Trentiniは、プロデューサーやエンジニアとしても活動し、トニー・レヴィン等によるスティック・メンのエンジニアも務めるミュージシャンで、レ・オルメでは、ヴォーカル/ギター/ベースを担当。オープニングから、あのほの暗く荘厳なキーボードがダイナミックに鳴り響き、期待が高まります。左右チャンネルに分かれて、別々の旋律を奏でるキーボードの荘厳さはオリジナル以上だし、ドラムの力強さも特筆。Fabioのヴォーカルは、声質がAldoに近く、エモーショナルで良い感じ。原曲に忠実に、サウンドは明瞭でダイナミックになり、よりドラマが増したサウンドはオリジナルに親しんだファンは歓喜間違いなしだし、新たなファンもきっとつかむことでしょう。これは素晴らしいリメイク作!

  • LE ORME / CLASSICORME

    イタリアン・ロックの代表的グループ、弦楽アンサンブルと共演、バンド過去曲のアレンジやクラシック古典楽曲などから構成される17年作

    イタリアン・ロックの代表的グループとして知られる彼らの17年作。今作は弦楽アンサンブルと共演、バンド過去曲のアレンジやクラシック古典楽曲などから構成される、P.F.Mの13年作『DA MOZART A CELEBRATION』と同様のアプローチで聴かせる作品となっています。組曲に仕立てられた72年作『UOMO DI PEZZA』のナンバーを中心とする過去の名曲に加え、新曲、バッハやヴェルディなど古典クラシックも演奏。元々クラシカルな魅力に溢れるレ・オルメのナンバーが、格調高い弦楽の調べを得て一層ドラマチックさを増していて素晴らしいです。注目は1曲のみながら参加するSAGRADOのヴァイオリニストMarcus Viana。天を駆けるような美麗なプレイは一聴して彼とわかります。企画盤的作品ではあるものの、鮮やかによみがえった過去曲の数々に改めてレ・オルメの楽曲の持つ美しさを実感できる、充実度の高い一枚に仕上がっています。

  • LE ORME / UOMO DI PEZZA

    イタリアのEL&Pとも形容されるキーボード・プログレ・トリオ、72年作4th

    結成は67年までさかのぼり、ビート・ロックグループとしてデビュー後、時代の流れに対応してプログレッシブな音楽性へと変化。以降、EL&P系のキーボード・ロックバンドとして知名度を上げ、活動を続けるグループの72年4th。バッハの「シャコンヌ」からほの暗い幕開けが印象的な本作は、各種キーボードで埋められたイタリアンシンフォニック・ロックの典型と呼べる作風であり、前作以上にパワフルなキーボード・ロックと、Aldo Tagliapietraによる垢抜けない中にも叙情を感じさせるボーカルパートの対比が明確なコントラストを描いた傑作です。

  • LE ORME / LIVE ORME

    75年〜77年のライヴを収録、全17曲

    86年に日本のみでリリースされた編集盤で、75年〜77年のイタリア本国でのライヴ音源を収録。

  • LE ORME / STORIA O LEGGENDA

    77年発表の通算10作目、70年代後期オルメを代表する傑作

    結成は67年までさかのぼり、ビート・ロックグループとしてデビュー後、時代の流れに対応してプログレッシブな音楽性へと変化。以降、EL&P系のキーボード・ロックバンドとして知名度を上げ、活動を続けるグループのによる77年リリースの10th。

  • LE ORME / VERITA NASCOSTE

    イタリアン・ロックを代表する名バンドによる75年作

    結成は67年までさかのぼり、ビート・ロックグループとしてデビュー後、時代の流れに対応してプログレッシブな音楽性へと変化。以降、EL&P系のキーボード・ロックバンドとして知名度を上げ、活動を続けるグループのによる75年作。イギリスにてレコーディングが行われた本作は、ドラムとギターがリードするブリティッシュ・ロック的なスマートでキレのあるバンド・アンサンブルと、センチメンタルな伊語ヴォーカルと繊細なキーボードワークを中心とするイタリア叙情が一体となったサウンドを展開します。数あるユーロロック名盤の中でも取っ付きやすさはピカイチで、イタリアン・ロック入門の一枚としてもオススメしたい作品です。

  • LE ORME / IL FIUME

    イタリアン・ロックを代表するバンドによる96年作、「河」をテーマに展開される壮大なロック・シンフォニー

    70年代イタリアン・ロックの代表的なバンドの一つLE ORMEの96年作。冒頭、民族色豊かなメロディを艶やかなで張りのあるアンサンブルで彩ったサウンドに思わず引き込まれます。そして満を持して現れるALDOのヴォーカル。ここで一気にイタリアらしさが溢れだしてくる演出は、イタリアン・ロック・ファンには堪えられない魅力的な展開です。「河」をテーマとしたコンセプト作というだけあり、雄大な大河をイメージさせるスケール感いっぱいの豊饒なアンサンブルを堪能させてくれますが、特に出色なのが希望に満ちた音色を響かせるファンタジックなキーボード。シンセにピアノにオルガンと、まさに心躍るという表現がぴったりの多彩なサウンドを聴かせます。メロディアスなフレーズを紡ぐギターにも要注目。クラシカルな壮麗さとプログレッシヴな先鋭性、そして古式ゆかしきイタリアン・ロックのロマンほとばしる叙情美が見事に合わさった名盤です。

「LE ORMEの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。