プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

カレン・ダルトンよ、永遠に・・・

アメリカのシンガー、カレンダルトン。
一度聴いたら忘れられないその歌声で、現在も多くの人を惹きつけています。
カレンの生きた歴史を振り返ってみますので、どうぞお付き合いください。

1937年に米オクラホマ州で生まれたカレン。アメリカの先住民族であるチェロキー族の血をひいているそう。19世紀、強制移住のため何マイルも「涙の道」を歩かされたというチェロキー族。カレンの歌にそこはかとなく漂う「悲しみ」はその出自からも来ているのかもしれません。

それではまず、チェロキー族の音楽をいくつか。

試聴 Click!

うわあ、いいですね・・・!
スコットランドなどでも聴かれる民族音階ですかね。現在地がふっと消えるような、悠久の時を感じます。

試聴 Click!

いわゆる「音楽」に耳が倦んでいるのか、とても新鮮に聞こえます。

試聴 Click!

ああ、何ていいんでしょうか。
そろそろカレンに戻らないと…

さてカレンダルトン。
細かな生い立ちはいまだ不明らしいです。50年代後半、フォークリバイバルで沸いていたニューヨークのヴィレニッジ・ヴィレッジで活動をしていて、フレッド・ニールやボブディランもカレンの歌声に魅了されていたそう。

いい写真。

ニューヨークではあまり評価されなかったカレンは、コロラド州に移り住み活動をするように。
この頃のコーヒーハウス「Attic」での音源が『COTTON EYED JOE』として07年に発売されてます。
夫と娘とでコロラドの山小屋に住んでいたようです。『GREEN ROCKY ROAD』『1966』もこの時期のレコーディングです。
ではそちらからいくつか。次のページからどうぞ~

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。