プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

ルーツを探る!マイク・オールドフィールドのフェイバリット・アルバム13選

海外音楽サイトQUIETUSが掲載したマイク・オールドフィールドのフェイバリット・アルバム13選をピックアップいたします。自分で曲を作り始める前に聴いていたアルバムだそうで、クラシックやフォーク、ロックといった幅広い作品が並んでいます。彼の音楽に大いに影響を与えた作品たちだと思うと大変興味深いものがありますね。

まずはクラシックの5作品!幼い頃から教会の学校でクラシックに慣れ親しんでいたそうです。

「REQUIEM」 BY Gabriel Faure

試聴 Click!

「Piano Concerto in G」 BY Ravel

試聴 Click!

「Symphony No 5」 BY Sibelius

試聴 Click!

「Gymnopedies」 BY Erik Satie

試聴 Click!

「Symphony No 5」 BY Mahler

試聴 Click!

さて、ここからはロック・ファンにもお馴染みの作品です!

「The Lady & The Unicorn」 BY John Renbourn

中世英国の古楽/トラッドを自己流の解釈で蘇らせた70年の名盤。初期マイクのサウンドにそのまま通じるものがあります。マイク自身のコメントによると、当時の彼にとってレンボーンのように弾けるようになることが人生の目標だったのだそうです。

試聴 Click!

「IV」 BY Led Zeppelin

当時英国中の若者を夢中にさせた本作ですが、ご多分に漏れず十代だったマイクも本作にかなりの衝撃を受けたようです。彼は、本作で美しいアコースティックギターのプレイと完成されたエレクトリック・ギターのプレイを見事に弾き分けるジミー・ペイジの才能を非常に評価していると語っています。

試聴 Click!

「Disraeli Gears」 BY Cream

本作が発表された67年と言えば、マイクが姉サリーとフォーク・デュオSallyangieを結成した年。純度100%のブリティッシュ・フォークを鳴らしていたのと同時期に、このアルバムを熱心に聴いていたのかと思うと興味深いですよね。

試聴 Click!

「Hair」 OST

ミュージカル・シアターのライヴ・バンドに呼ばれ演奏していたそう。
「Let The Sunshine In」を演奏するのが楽しみだったとコメントしています。だんだんと盛り上がっていくのが好きだそう。

試聴 Click!

「Sound Of The Sitar」 BY Ravi Shankar

言わずと知れたシタール奏者ラヴィ・シャンカルの65年作。この作品と64年作の「Portrait Of A Genius」がとても好きだそう。シタールだけでなく、タブラの演奏も素晴らしいとコメントしています。

試聴 Click!

「A Drop Of The Hard Stuff」 BY The Dubliners

母親がアイルランド人であるマイクのまさにルーツと言えるアイリッシュ・フォークの大御所が彼ら。フィドルやバンジョー、そしてダブリン訛り?の味わい深いヴォーカルが哀愁を誘います。

試聴 Click!

「Septober Energy」 BY Centipede

ロバート・フリップのプロデュース、クリムゾンでも異彩を放ったピアニスト、キース・ティペットを中心に、イアン・カー、エルトン・ディーンなど総勢50名以上のミュージシャンが参加した英ジャズ・ロックの大名盤。このアルバムの完成度とスケールの大きさに圧倒されたマイク、このような大きな仕事をいつか自身も成し遂げたいと思い、それが『TUBULER BELLS』を制作する動機の一つとなったと語っています。本作がなければ『TUBULER BELLS』は誕生しなかったわけですね!

試聴 Click!

「Star Clusters, Nebulae and Places In Devon」 BY David Bedford

ケヴィン・エアーズのバンド、ザ・ホール・ワールドで共に活動、後年には『ORCHESTRAL TUBULER BELLS』の指揮も務めたD.ベッドフォードの作品。マイクは尊敬すべき偉大な前衛音楽家とデヴィッドを評しています。ちなみに彼とは共通の趣味である模型飛行機飛ばしを通じて意気投合したらしいです。

試聴 Click!

いかがでしたか?
原文はこちら
http://thequietus.com/articles/21611-mike-oldfield-interview-favourite-albums?page=1

こちらもぜひ合わせてお読みください!


ケヴィン・エアーズ&マイク・オールドフィールドから出発する「天賦の才に満ちた気鋭ギタリスト」探求ナビ

【関連記事】

ケヴィン・エアーズ&マイク・オールドフィールドから出発する「天賦の才に満ちた気鋭ギタリスト」探求ナビ

「天賦の才に満ちた気鋭ギタリスト」というテーマで、世界のロック名盤をピックアップいたしましょう。


【改訂】特集!プログレ界の名男性ヴォーカル選【英・北米編】

【関連記事】

【改訂】特集!プログレ界の名男性ヴォーカル選【英・北米編】

英米プログレ界の実力派/個性派名男性ヴォーカルを大特集!

MIKE OLDFIELDの在庫

  • MIKE OLDFIELD / COLLECTION

    02年編集、21曲収録ベスト

  • MIKE OLDFIELD / RETURN TO OMMADAWN

    ご存知英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、なんと75年作『OMMADAWN』の続編として制作された17年作!

    ご存知、1st『TUBULAR BELLS』の記録的ヒットにより世界にその名が知られる英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、タイトルが示すように彼が75年にリリースした傑作3rd『OMMADAWN』の続編として制作したのがこの17年作!楽曲構成も初期3作品を踏襲する約20分の大作2曲で構成されています。20種類にわたる使用楽器は勿論マイク一人による演奏。冒頭、彼方から聴こえてくるような物悲しい笛の音に重なる哀愁のアコースティックギター。この時点で『OMMADAWN』のあの世界が変わらず広がっていて驚きます。マンドリンやバンジョーも交え躍動感みなぎるトラッド調のアンサンブルが立ち上がってくると、あのデリケートなトーンで旋律を紡ぐ独特のエレクトリックギターも重なってきて、思わず胸が熱くなります。「PART1」後半は、地に響くようなトライバルなパーカッションが現れ、スパニッシュギターがかき鳴らされ、熱っぽいギターが天を駆ける、まさしく『OMMADAWN』を鮮やかに蘇らせたサウンドを展開。かつて『OMMADAWN』に感動した方なら、この「PART1」で早くも涙ぐむこと間違い無し。「PART2」はマンドリンの綺羅びやかな音色が美しい牧歌調の穏やかな演奏に始まり、どこまでも広がる雄大な草原をイメージさせるシンフォニックな中盤、そしてアコギ、エレキ、マンドリン、バンジョーによって紡がれる瑞々しいアンサンブルによって終幕を迎える、淀みのない見事な構成で駆け抜けます。往年の名作の続編と言うと、決して成功しているものは多くない印象ですが、本作に関しては「さすがマイク・オールドフィールド」と言う他ない素晴らしすぎる出来栄えです。リコーダー類・ホイッスル類の音がシンセに置き換わっている部分はありますが、正直それは些細なこと。「プログレッシヴ・ロック・ミュージシャン」マイク・オールドフィールドの帰還にして、初期3作品のファンへのこの上ない贈り物と言える新たな傑作!

  • MIKE OLDFIELD / TUBULAR BELLS

    弱冠20歳の若き才能が多重録音を駆使してほぼ単独で作り上げた英国プログレの金字塔的名作、73年リリース

    多重録音という言葉が既に死語となりつつある現代においてさえ強烈な存在感と圧倒的な完成度を誇るイギリスのマルチ・プレイヤーの73年デビューアルバム。契約第1号アーティストのデビュー作としてヴァージンレコードの飛躍にも多大な貢献をした大名盤であり、また、本人の意図の範疇ではないながらも映画「エクソシスト」のテーマとしても有名な作品です。そのためおどろおどろしいイメージを持たれがちですが、実際はどこまでも美しく、雄大な自然を想起させる25分、23分の大曲2曲であり、膨大な数の地道なオーバーダビングを繰り返して作られた完全無欠の音像は70年代ロック史に深く刻み込まれています。

    • 600753695036VIRGIN

      2枚組LP(レコード)、180g重量盤アナログ、アビーロード・スタジオでのハーフ・スピード・マスタリング音源、オリジナル・スタジオと2009年のマイク・オールドフィールドによるステレオ・ミックスとの2枚組

    • 600753695036VIRGIN

      2枚組LP(レコード)、180g重量盤アナログ、アビーロード・スタジオでのハーフ・スピード・マスタリング音源、オリジナル・スタジオと2009年のマイク・オールドフィールドによるステレオ・ミックスとの2枚組

      LPの角に若干つぶれがあるため不良値引きです。

      3790円

      2832円
      (税込3059円)

      1034円お得!


      CD詳細ページへ

  • MIKE OLDFIELD / PLATINUM

    英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、79年作

    1970年代の最後を飾るマイク・オールドフィールドの5枚目のオリジナル・アルバム。彼が敬愛するミニマル・ミュージックの巨匠、フィリップ・グラスの『ノース・スター』を取り上げたり、テクノ的要素を取り入れたりと、それまでとは異なった試みを行なった1枚。大作指向からポップなサウンドへの移行はその後の方向性を垣間みることができる。79年作。

  • MIKE OLDFIELD / DISCOVERY

    天才マルチ・プレイヤー、全8曲中7曲がヴォーカル・ナンバーというポップさを押し出した内容、84年作

    1984年作品。マギー・ライリーの起用、サイモン・フィリップスとの共同プロデュースも前作と同じ。

  • MIKE OLDFIELD / KILLING FIELDS

    英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、84年作

  • MIKE OLDFIELD / COMPLETE MIKE OLDFIELD

    85年編集のベスト、全27トラック

  • MIKE OLDFIELD / ISLANDS

    英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、87年作

    1987年作品。『ディスカバリー』以来となる、3年ぶりのオリジナル・アルバムで、構成的には『ファイヴ・マイルズ・アウト』や『クライシス』に近い作品。

  • MIKE OLDFIELD / EARTH MOVING

    英国が誇る天才マルチ・ミュージシャン、89年作

    1989年作品。多彩なヴォーカリストを迎えた、アダルト・オリエンテッド・ポップスを収録した作品。

  • MIKE OLDFIELD / TUBULAR BELLS II

    英国が誇る天才マルチプレイヤー、92年作

  • MIKE OLDFIELD / ELEMENTS

    93年リリース、1973-1991年期の音源をコンパイルした4枚組ボックス

    • 724383908929VIRGIN

      4枚組ボックス、プラ製ボックスケース付き仕様、ブックレット付き、デジタル・リマスター

      盤質:無傷/小傷

      状態:並

      4枚中1枚傷あり、プラ製ボックスケースに割れ・ひびあり

      3590円

      2872円
      (税込3102円)

      775円お得!


      CD詳細ページへ

  • MIKE OLDFIELD / ELEMENTS: BEST OF

    93年編集ベスト、全16曲

  • MIKE OLDFIELD / SONGS OF DISTANT EARTH

    アーサー・C・クラークによるSF長編を題材にした94年作

  • MIKE OLDFIELD / GUITARS

    彼のギタリストとしての才能を堪能できる99年作

  • MIKE OLDFIELD / ART IN HEAVEN CONCERT: LIVE IN BERLIN

    99年ベルリンでのライヴ映像を収録、全12曲

  • MIKE OLDFIELD / ELEMENTS

    英国が誇る天才マルチ・ミュージシャン、全20曲

「MIKE OLDFIELDの在庫」をもっと見る

関連在庫CD

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。