プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

第4回【秀逸ジャケ調査委員会】ヒプノシスのジャケットは総じてすばらしい。だが中にはこれはいかがなものかというものも…

こんにちは、カケレコのユモトです。

今回は、レコードジャケットを芸術作品の域にまで高めたイギリスのデザインチーム『ヒプノシス』のことをテーマにしようと思います。

ピンク・フロイドやレッド・ツェッペリンなど70年代ロックグループの名作のジャケットをデザインしたことにより、解散した現代でも、その影響は様々なアーチストのジャケット・アートワークにうかがえます。

抽象的でありながら、なんらかの問題提起をしているような、ある意味思わせぶりなジャケットデザイン。そのなかにロックファンはメッセージを見出そうとし、サウンドにからめてアーチスト幻想を抱いたものでした。

歴史から見ると、彼らのデザインが定盤・名盤に採用されていることにより名声は絶大ですが、すべてのジャケットが、そういつも崇高なモチベーションでデザインされたわけではないはずです。

基本的には商業デザイン集団。やっつけ仕事ではないでしょうが、なかには「これはいかがなものか…」という作品も多数あるわけで。

そんな諸手を挙げては賛成できない出来のジャケットをピックアップしてみました。もちろん、独断と偏見で決定です。

まずは有名どころを。

Black Sabbath / 『Technical Ecstasy』 (1976)

76年リリース、7作目のスタジオアルバム。これサバスのジャケットじゃないよ……

この作品からチャートアクションに陰りが見えてきたブラックサバス。当アルバムの代表曲「It’s Alright」はドラマーのビル・ワードがヴォーカル。この後オジーはアル中もあり解雇。
シンプルによい曲。沁みるバラード。でもごたごたしていた当時のサバスにイッツ・オーライといわれても…。

「It’s Alright」

試聴 Click!

次は、意味のわからない下半身シリーズ。

Montrose / 『Jump on It』 (1975)

ぶ、ぶるま……。エドガー・ウィンター・グループにいたギタリスト、ロニー・モントローズを中心に73年に結成。ヴォーカルはあのサミー・ヘイガー(後に脱退)。「Jump on It」は76年リリースの彼らのラスト・アルバム。全米118位。成功は得られず、そして解散。

「Jump on It」

試聴 Click!

誤解を恐れず言えば、バンドブームのときの日本のビートパンクバンドのよう。それぐらいノリのよいキャッチーなサウンド。決して売れないわけではないと思うのですが、やっぱりジャケットのせい?

The Winkies / 『The Winkies』 (1975)

ブライアン・イーノのバックを努めたこともあるイギリスのパブロック・バンド。

アルバムは75年作。ポップだがブルースのテイストも感じさせます。テンイヤーズアフターのLeo Lyonsやイーノをゲストにアルバムを制作するが未完成。その後Guy Stevensをプロデューサーに迎えこのアルバムを完成しました。しかし直後に解散の憂き目に。

「Davey’s Blowtorch」

試聴 Click!

結構かっこいいブギーだと思うのですが、やっぱりジャケットが?。

では下半身ではなく全身ものを。

Toe Fat / 『Toe Fat 1』(1970)

ユーライア・ヒープに参加することになるキーボーディストKen Hensleyが在籍したイギリスのグループ。

難解そうなジャケットなのに、音はブギーやブルースをベースにしたハードロック。70年にファースト、71年にセカンドをリリース。そして名声を得ることなく解散。

インダストリアルやハードコア・パンクのバンドのジャケットならばばっちりマッチしたのでは。

「Nobody」

試聴 Click!

ブルースなヴォーカルにゴスペルっぽいコーラス。ファズのかかった2本のギター。いなたいギターソロにしびれます。ジャケには合っていませんが。

次はご本人シリーズ。

Roy Harper / 『Flashes from the archives of oblivion』(1974)

イギリスのカリスマ的シンガーソングライター。74年にリリースされたライヴ盤。EMIのレコード工場では女性従業員のストライキが起こったそうな。

「Male Chauvinist Pig Blues」

試聴 Click!

スライドギターが効いているブルースナンバー。しぶい。なのにこのジャケ?

Argent / 『In Deep』(1973)

元ゾンビーズのロジャー・アージェントが結成したバンドの73年リリース4作目。

1曲目のGod Gave Rock and Roll to YouがKISSにカバーされたので有名。前作All Together Now収録のHold Your Head Upが全英・全米とも5位のチャートアクションを見せてそれなりに成功し、さあ次回作が勝負ということで出たのが本作。シングルカットされたGod Gave Rock and Roll to Youもそれほどのヒットにはならず、この後、どのアルバムもシングルもチャートインすることはなかった。しかしながら、彼らの楽曲は多くのミュージシャン、バンドにカバーされ続けており、音楽的な影響は大きい。

「God gave Rock & Roll to you」

試聴 Click!

一聴してわかるロックンロール賛歌。ゴージャスさではKISSヴァージョンには敵いませんがいい感じです。クリスチャンロック界(そういうのがあるのです)では題名からして定番曲。このジャケットはやっぱりニルヴァーナの「NEVERMIND」に影響を与えてますよね?

最後に、最問題作で有名作を。

Climax Chicago / 『Tightly Knit』(1971)

イギリスのシカゴブルース大好きな若者が結成したクライマックス・シカゴ・ブルース・バンド~クライマックス・ブルース・バンドが、名前をクライマックス・シカゴに(一時的に)変えてリリースした71年リリース4枚目。名前からブルースが消えたとおり、ブルース以外にもポップな曲も収録。この作品では実りませんでしたが、76年には念願のシングルヒットを記録。

ジャケットの男は当然ながらバンドのメンバーではありません。無関係です。
裏ジャケの、犬と遊ぶ牧歌的なバンド写真とのギャップがでかい。でかすぎる。

では、どブルースなナンバーを。ブルースハープにボトルネックギター。ヴォーカルだけ白人な感じ。ブルー・アイド・ブルース?

「Come On In My Kitchen」


試聴 Click!

ちなみに最初にある虫だか宇宙人だかのジャケット「Roger Taylor – Fun in Space」もヒプノシスのデザイン。

とりあえず、どれも『味がある』ということにして許してしまいましょう。

———————————————————————–

———————————————————————–


第1回【秀逸ジャケ調査委員会】さて、プログレに猫ブームは無縁か?

【関連記事】

第1回【秀逸ジャケ調査委員会】さて、プログレに猫ブームは無縁か?

2016年は大「猫ブーム」でした。さてプログレッシヴな猫ジャケを探してみましょうか。


第2回【秀逸ジャケ調査委員会】アーチスト自身が『マッパ』のROCKジャケ・ランキング発表!

【関連記事】

第2回【秀逸ジャケ調査委員会】アーチスト自身が『マッパ』のROCKジャケ・ランキング発表!

アーチスト本人がヌードで登場のレコード・ジャケット、私的ランキング全5作!


第3回【秀逸ジャケ調査委員会】What Does the Fox Say? 狐の行列のお通りです

【関連記事】

第3回【秀逸ジャケ調査委員会】What Does the Fox Say? 狐の行列のお通りです

YlvisのThe FOX(What Does the Fox Say?)には全くちなんでいませんが、今回は狐ジャケと集めてみました

BLACK SABBATHの在庫

  • BLACK SABBATH / BLACK SABBATH

    キーフが手掛けたジャケットからもイメージされる黒魔術的世界観をバックに、重く引きずるようなブルース・ロックを展開する70年1st!

    言わずもがな、LED ZEPPELIN、DEEP PURPLEとともに英国三大ハード・ロック・バンドにそびえ立つBLACK SABBATHが70年に放った偉大なる1st。ブルース/ジャズを基調としたヘヴィなサウンド、サタニックで暗黒なバンド・コンセプト。それらを掛け合わるということが当時としては革命的であり、のちに勃興するヘヴィメタルの元祖と称される所以である。暗黒時代の幕開けを告げるかのようなTony Iommiの不穏なリフが印象的。

    • UICY94180/1

      廃盤希少!紙ジャケット仕様、2枚組、SHM-CD、DISC2にはボーナス・トラック9曲収録、ボーナス紙ジャケ付き、定価3800

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

    • POCE9107

      紙ジャケット仕様、SHM-CD、04年デジタル・リマスター、定価2800

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

  • BLACK SABBATH / MASTER OF REALITY

    重低音炸裂!ヘヴィ・リフの魅力が際立つ71年3rd

    オジー・オズボーン、トニー・アイオミを中心とする英国出身元祖ヘヴィ・ロック・グループ、71年にVergitoよりリリースされた3rd。トニー・アイオミによるヘヴィ・リフをフィーチャーした楽曲を中心とする一方で、トラッド、クラシック要素が芽を出し始め、叙情的なギター・ソロが挿入された楽曲をいくつか収録。メリハリのついた構成となり、重低音が炸裂するアルバムながら一気に聴けるアルバムとなりました。本作のハイライトは「Embryo」から「Children Of The Grave」へと至る流れでしょう。「Embryo」は英トラッド調の旋律で絡み合う30秒のインストゥルメンタルで、静かで美しい旋律にも関わらず、怪しい儀式の如き不穏な空気感に包まれます。雷鳴の如く鳴り響くドラム・ロールが静けさをぶち破り、ヘヴィ・チューン「Children Of The Grave」がスタート。歪んだベース・ラインとハシり気味のドラムにより強力なうねりを作り出します。ギターはヘヴィ・リフを自在にテンポ・チェンジ、左右チャンネルを分けて攻めてくる流麗なソロも素晴らしい。他にも「Sweet Leaf」、「Into The Void」といったヘヴィ・ロックの名曲を収録しています。抒情的な小曲を挟むことによって、重厚なアンサンブルの魅力が際立った、これぞブリティッシュな深みに満ちた名作。

  • BLACK SABBATH / PAST LIVES

    73年作

    • UICY75111/2

      廃盤希少、紙ジャケット仕様、2枚組、デジタル・リマスター、20Pカラー・ブックレット・巻帯付き仕様、定価3800

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      帯有

      2枚中1枚傷有、カラー・ブックレットなし、帯に若干折れあり

  • BLACK SABBATH / SABOTAGE

    75年作

  • BLACK SABBATH / TECHNICAL ECSTASY

    76年作

  • BLACK SABBATH / NEVER SAY DIE !

    78年作

  • BLACK SABBATH / HEAVEN AND HELL

    元RAINBOWの名HRシンガー、ロニー・ジェイムス・ディオをヴォーカルに迎えた80年作

  • BLACK SABBATH / ETERNAL IDOL

    87年作

  • BLACK SABBATH / REUNION

    20年ぶりの集結、97年12月に行なわれたリユニオンライヴ

  • BLACK SABBATH / 1970-1983: BETWEEN HEAVEN AND HELL

    95年編纂のコンピ、全15曲

  • BLACK SABBATH / CALIFORNIA JAM 1974

    74年4月6日の米オンタリオでのカリフォルニア・ジャム・フェスティヴァル音源

    74年4月6日の米オンタリオでのカリフォルニア・ジャム・フェスティヴァル音源。クリアなサウンドボード音源。鼓膜を突き破るような音圧たっぷりのギターに悶絶。

  • BLACK SABBATH / COMPLETE 70’s REPLICA CD COLLECTION 1970-1978

    8thアルバムまでを紙ジャケット仕様で収録したBOXセット

    • CMXBX305CASTLE

      8枚組ボックス

      盤質:傷あり

      状態:良好

      ボックスにすれあり、ブックレットにすれと小さな汚れあり、8枚中7枚に若干のキズあり、ペーパーケースに痛みあり

  • BLACK SABBATH / LIVE IN ASBURY PARK 1975

    75年8月5日のニュージャージーはアズベリ・パーク公演を収録したライヴ音源

    75年8月5日のニュージャージーはアズベリ・パーク公演を収録したライヴ音源。名作『サボタージュ』リリース間もない時期のライヴで、脂の乗り切ったライヴが楽しめます。

    • TOP12TOP GEAR

      2枚組、ボーナス・トラック含め全24曲収録。サウンドボード音源で音質クリア。ボーナス・トラックとして76年11月9日のSELLAND ARENA公演を収録。こちらもサウンドボード音源

      レーベル管理上、ケースに若干スリ傷がある場合がございます。ご了承ください。

  • BLACK SABBATH / LIVE IN MONTREUX 1970

    名作『パラノイド』のリリース直前の70年8月のライヴ音源!

    70年8月のスイスでのライヴをサウンドボード音源で収録したライヴ盤。『パラノイド』のリリースが70年9月なので、録音が終わり、リリース前の「さぁ、これから!」という時期のエネルギッシュなライヴが収録されています。一曲目の「Paranoid」からエンジン全開!音質もクリアです!

    • TOP1TOP GEAR

      ボーナス・トラックとして、69年から70年までのBBC音源やライヴ音源を7曲収録。全15曲

      背ジャケに若干ヨレ、ケースに若干ヒビがある場合がございます。ご了承ください。

  • BLACK SABBATH / WE SOLD OUR SOUL FOR ROCK’N’ROLL

    16曲収録コンピレーション

「BLACK SABBATHの在庫」をもっと見る

MONTROSEの在庫

  • MONTROSE / PAPER MONEY

    エドガー・ウィンター・グループの元ギタリスト、ロニー・モントローズ率いる米ハード・ロック・バンド、74年作2nd

  • MONTROSE / WARNER BROS. PRESENTS

    エドガー・ウィンター・グループの元ギタリスト、ロニー・モントローズ率いる米ハード・ロック・バンド、75年3rd

  • MONTROSE / JUMP ON IT

    エドガー・ウィンター・グループの元ギタリスト、ロニー・モントローズ率いる米ハード・ロック・バンド、76年作、ジャケットはヒプノシス

  • MONTROSE / ORIGINAL ALBUM SERIES

    元エドガー・ウィンター・グループのギタリスト、ロニー・モントローズを中心とする米ハード・ロック・バンド、73/74/75/76/78年作

「MONTROSEの在庫」をもっと見る

TOE FATの在庫

  • TOE FAT / TOE FAT I AND II

    ケン・ヘンズレーを始めとする後のヒープ結成メンバーが在籍した英ハード・グループ、70年1st&71年2nd

    ヒプノシスによるジャケットが鮮烈な70年発表の1stアルバムと、71年発表の2ndとのカップリング。メンバーであるKen Hensleyは、後にUriah Heepに加入します。

「TOE FATの在庫」をもっと見る

ROY HARPERの在庫

「ROY HARPERの在庫」をもっと見る

ARGENTの在庫

  • ARGENT / CIRCUS

    元ZOMBIESのROD ARGENT率いるグループ、75年作

    ゾンビーズのリーダー、ロッド・アージェントがグループ解散後にラス・バラードらと結成したグループ。今作はラス・バラード脱退というアクシデントを乗り越えて1975年に発表されたアルバム。ラスがいなくなったとはいえ、ファンの間では、本作こそアージェントの最高傑作と推す声すらある。ちなみにラスの後任としては、ジョン・ヴェリティ(Vo/G)とジョン・グリマルディ(G)が加入。本作発表後、アージェントはCBS〜エピックを離れRCAに移籍、アルバム「Counterpoints」を発表したのち1976年に解散。ロッドはソロとして、またジムとボブの二人はジョン・ヴァリティとのバンド「フェニックス」を経た後、前後して「キンクス」に加入、いずれも大活躍するというのは今さら言うまでもないだろう。

「ARGENTの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコの中古CD買取、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。