プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

【カケレコ新譜CDナビ】良質なイタリア新鋭の新譜が多数入荷いたしました☆

こんにちは、スタッフ佐藤です。

2016年も残すところ僅かとなりましたが、ここに来てプログレ大国イタリアより良質なプログレ新鋭作品がざくざく届いております!

力作ぞろいの新譜をご紹介してまいりましょう~☆

PANDORA / TEN YEARS LIKE IN A MAGIC DREAM

今やイタリアン・ヘヴィ・シンフォ新鋭の筆頭格と言えるバンドによる16年作がリリースされました!結成10週年を記念した作品ということで、バンドの10年の歩みをテーマとする32分の組曲やバンドのルーツとなった往年の名バンドのカバーなどを収録した異色の構成となっています。組曲は爆発的な手数で荒々しくうねるリズム隊、なぎ倒すようにヘヴィーなギター、邪悪に吹き荒れるオルガン&シンセがぶつかり合う、これぞイタリアン・ヘヴィ・シンフォ!と拳をにぎるアンサンブルが展開される相変わらず圧巻の出来。カバー・セクションはGENESIS「Second Home By The Sea」MARILLION「Man Of A Thousand Faces」YES「Ritual Pt.2」EL&P「Lucky Man」というユニークな選曲が新鮮です。

試聴 Click!

試聴 Click!

LA BOCCA DELLA VERITA’ / AVENOTH

「ローマの休日」のワンシーンでもお馴染みの「真実の口」をバンド名に冠した新鋭による16年デビュー作。ツイン・キーボード編成を生かしたハモンド、ピアノ、アナログ・シンセなどがダイナミックに交錯するキーボード主体のサウンドに綺羅びやかなアコギが彩りを添える、スケール大きくメロディアスなシンフォニック・ロックを展開します。PFMのチョッチョ氏を思わせる情感をたっぷり込めたエモーショナルな歌声がまた素晴らしくて、胸に熱く迫ってくるんですよね。「イタリアン・ロックはやっぱ歌だよ歌!」という方にはオススメの新鋭。

試聴 Click!

FLUIDO ROSA / LE VIE DEI SOGNI

GOBLIN REBIRTHのkey奏者Danilo Cherniらを中心とする新鋭による16年デビュー作!デビュー以前はフロイド・トリビュート・バンドとして活動していただけに、フロイド影響下のスケール溢れる中にも柔らかな陰影を秘めたメロディアスなサウンドが持ち味。そんな中でもイタリア語による叙情的なヴォーカルが歌うメロディには外に向かって広がっていくような開放的な響きがあり、爽やかな聴き心地が印象的です。上でご紹介したLA BOCCA DELLA VERITA’同様、イタリアン・ロックの魅力である「歌」をしっかりと堪能させてくれる力作に仕上がってます!

試聴 Click!

IL RUMORE BIANCO / ANTROPOCENE

12年結成の新鋭グループによる16年デビュー作。ヴィンテージ質感のオルガンとピアノ、エッジの効かせつつヘヴィになり過ぎないバランスの良さを持つギター、硬軟自在のサックス、そしてややシアトリカルな表情を持つイタリア語ヴォーカルを中心に織りなされるアンサンブル。70年代イタリアン・ロック、とりわけIL BALLETTO DI BRONZOあたりを彷彿させるミステリアスさが漂うヘヴィ・シンフォ的音像と洗練されたポスト・ロック感覚を上手く一つにしたような独自のプログレッシヴ・ロックを練り上げています。先人からの影響を直接的には表現せず、現代的なポスト・ロック調へと絶妙に溶かし込んでいるところに只ならぬセンスを感じました!

試聴 Click!

IL BABAU & I MALEDETTI CRETINI / IL CUORE RIVELATORE

03年デビューの伊プログレ・グループによる16年3rd作。前13年作と同様エドガー・アラン・ポー作品をテーマとしており、今作は1843年発表作品『告げ口心臓』をモチーフとするコンセプト作。奇怪なSEがゆらゆらと漂う薄暗いサウンドの中で響く、狂気を孕んだモノローグ調のヴォーカル。そのヴォーカルを取り巻く、重く引きずるようなギター、ミステリアスなシンセ、呪術的なパーカッションによる邪悪に歪んだ音像が衝撃的です。音で恐怖を描くバンドと言えばGOBLINが思い浮かびますが、こちらはJACULA系統と言える暗鬱さと狂気が充満するシアトリカルなプログレを聴かせます。ずばり怪作!

試聴 Click!

ANAKDOTA / OVERLOADING

最後はイスラエル出身バンドですが、イタリアのアヴァン/レコメン系レーベルAltrOckのサブレーベルFADINGからリリースということでこちらにてご紹介しておきましょう。クラシックの並々ならぬ素養を備えた超絶技巧ピアノが全編で大活躍するポスト・ロック調アヴァン・ロック。男性ヴォーカルのナンバーではトリッキーに上下するヴォーカルメロディにしなやかに追従し、スキャットを交え切々と祈るように歌う女性ヴォーカルのナンバーでは純クラシカルで静謐なプレイで歌声に寄り添う、ピアノのプレイの幅広さには唖然としてしまいます。ギターレスも納得というか、こんなピアノがいたら並のギタリストでは食われてしまうでしょうね~。いやはや凄い新鋭です。

試聴 Click!

その他のイタリアン・ロック新鋭はこちらからチェックどうぞ☆
イタリアン・ロック新鋭の在庫リストへ!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • IL RUMORE BIANCO / ANTROPOCENE

    イタリア新鋭による16年デビュー作、IBDBなど往年のイタリアン・ロックからの影響をポスト・ロックを始めとする現代のサウンドにセンスよく溶かし込んだ逸品

    12年結成の新鋭イタリアン・プログレ・グループによる16年デビュー作。ヴィンテージ質感のオルガンとピアノを主体とするキーボード、エッジの効かせつつもヘヴィにはならない絶妙なバランスのギター、そしてややシアトリカルな表情を持つイタリア語ヴォーカルを中心に織りなされるアンサンブル。70年代イタリアン・ロック、とりわけIL BALLETTO DI BRONZOあたりを彷彿させるミステリアスさが漂うヘヴィ・シンフォ的音像と洗練されたポスト・ロック感覚を上手く一つにしたような独自のプログレッシヴ・ロックを練り上げています。アルバム中盤以降に現れるサックスも印象的で、オーバーダブで厚みを出したジャズ・ロック的な重厚なプレイから、アンサンブルに柔らかな表情を生み出す軽やかに舞うようなプレイまで見事な活躍を見せます。往年のイタリアン・ロックからの影響をポスト・ロックを始めとする現代のサウンドに溶かし込んだセンスが光る逸品です。

  • ANAKDOTA / OVERLOADING

    イスラエル出身の新鋭16年作、クラシカルで技巧的なピアノがリードを取るポスト・ロック調の洗練されたアヴァン・ロック、ピアノの圧倒的なプレイに息を飲みます

    イタリアのレーベルFADINGよりリリースの、イスラエル出身グループ16年作。男女ヴォーカル、キーボード、ベース、ドラムというギターレス編成。クラシックの豊かな素養を下地に持つあまりに流麗で技巧的なピアノがリードするポスト・ロック調の洗練されたアヴァン・ロック。ピアノによって次々と紡ぎ出されていくスリリングかつ美麗なフレーズの連続には思わず息を飲みます。男性ヴォーカルのナンバーではトリッキーに上下するヴォーカルメロディにしなやかに追従し、スキャットを交え切々と祈るように歌う女性ヴォーカルのナンバーでは純クラシカルで静謐なプレイで歌声に寄り添う、ピアノの表現力の高さには驚くばかり。これほどのピアノがいるなら、ギターレス編成も納得です。シャープな切れ味のリズム隊を伴ってヴィンテージな質感を持つオルガンとエレピが舞うパートでは、70年代ジャズ・ロックの香りも漂ってきて特筆。ピアノをリードに据えたロックとして圧巻の完成度を誇る名品です。

  • FLUIDO ROSA / LE VIE DEI SOGNI

    GOBLIN REBIRTHのkey奏者Danilo Cherniと男性シンガーGabriele Marcianoを中心とするグループの16年デビュー作、フロイド影響下のメロディアスなプログレ

    イタリア出身、GOBLIN REBIRTHのkey奏者Danilo Cherniと男性シンガーGabriele Marcianoを中心とするグループの16年デビュー作。FLOYDにかけた「FLUIDO(流体)」と「ROSA=ピンク」というバンド名が示す通り、デビュー以前のフロイド・トリビュート・バンドとしての活動歴が反映された、フロイドの影響下にあるスケール溢れる中にも柔らかな陰影を秘めたメロディアスなプログレ。ギルモア調のブルージーなギターソロがフィーチャーされたり『狂気』を思わせる女性スキャットが出てきたり影響は濃厚ですが、イタリア語による叙情的なヴォーカルが歌うメロディには外に向かって広がっていくような開放的な響きがあり、爽やかな聴き心地が印象的です。楽曲的にもプログレらしい複雑な構築性よりはサビでドラマティックに盛り上がる正統派の楽曲が中心で、イタリアらしく熱く叙情的に歌い上げるヴォーカルにはやはりグッと来ずにはいられません。フロイド愛に溢れたサウンドの中にもイタリアン・ロックの魅力である「歌」をしっかりと堪能させてくれる力作です。

  • LA BOCCA DELLA VERITA’ / AVENOTH

    ツイン・キーボード編成のイタリアン・シンフォ新鋭16年デビュー作、エモーショナルなヴォーカルが映えるスケール大きくメロディアスなシンフォニック・ロック快作!

    「ローマの休日」のワンシーンでもお馴染みの「真実の口」をバンド名に冠したイタリアの新鋭シンフォ・グループによる16年デビュー作。ツイン・キーボード編成を生かしたハモンド、ピアノ、アナログ・シンセなどがダイナミックに交錯するキーボード主体のサウンドに綺羅びやかなアコギが彩りを添える、スケール大きくメロディアスなシンフォニック・ロックを展開。イタリア語によるヴォーカルも絶品で、PFMのチョッチョ氏に似る情感をたっぷり込めたエモーショナルな歌声は、メロディアスで叙情美溢れるシンフォ・サウンドに抜群に映えていて胸に熱く迫ってきます。17分に及ぶ組曲ではタイトなリズム隊とキレのあるヘヴィなギターが牽引するテンションみなぎる技巧的なアンサンブルが炸裂し、キーボードをメインとする優美なパートと見事なコントラストを描いていて素晴らしいです。前身バンド時代からの長い音楽活動歴を持つグループだけに、デビュー作ながら極めてクオリティの高いシンフォニック・ロックを楽しませてくれる一枚です。

  • PANDORA / TEN YEARS LIKE IN A MAGIC DREAM

    イタリアの新鋭ヘヴィ・シンフォ・グループによる16年作4th、強力なヘヴィ・シンフォ組曲と先人へのリスペクト溢れるカバーで構成された集大成的一枚!

    イタリアの新鋭ヘヴィ・シンフォ・グループによる16年作4th。3部構成となっており、1部はタイトルにある通り10年に渡るバンドの現在までの歩みをテーマとする4パートからなる組曲、2部はBANCOのカヴァーを織り込んだナンバー、3部はGENESIS/MARILLION/YES/EL&Pのカバーという内容。組曲では、爆発的な手数で荒々しくうねるリズム隊に、なぎ倒すようにヘヴィーなギターと邪悪に吹き荒れるオルガン/シンセが丁々発止のぶつかり合いを繰り広げます。これぞイタリアン・ヘヴィ・シンフォ!と拳をにぎる、テンションみなぎるアンサンブルはもう圧巻の一言。嵐のようなヘヴィ・シンフォが不意にアコースティックギターがかき鳴らされヴォーカルが切々と歌う「静」的なパートへ取って代わる鮮やかな落差も見事です。カバー・セクションは「Second Home By The Sea」「Man Of A Thousand Faces」「Ritual Pt.2」「Lucky Man」というユニークな選曲で、女性ヴォーカリストが清楚に歌い上げます。組曲での禍々しさとは打って変わってファンタジックで爽やかなアレンジが耳に心地よく、楽曲を大切にしつつもオリジナルなプレイでイマジネーションを広げるキーボードが出色です。バンドの集大成と言える楽曲とバンドのルーツとなった楽曲が一作の中に織り込まれた集大成的な力作です。BANCOのVitorio Nocenziがゲスト参加。

  • IL BABAU & I MALEDETTI CRETINI / IL CUORE RIVELATORE

    イタリア新鋭プログレ・グループ16年3rd作、ポーの『告げ口心臓』をテーマに描く、暗鬱さと狂気が充満するJACULA系統のプログレ怪作

    03年デビュー、イタリア出身新鋭プログレ・グループの16年3rd作。前13年作と同様エドガー・アラン・ポー作品をテーマとしており、今作は1843年発表作品『告げ口心臓』をモチーフとするコンセプト作。奇怪なSEがゆらゆらと漂う薄暗いサウンドの中で響く、狂気を孕んだモノローグ調のヴォーカル。 そのヴォーカルを取り巻く、重く引きずるようなギター、ミステリアスなシンセ、呪術的なパーカッションによる邪悪に歪んだ音像が衝撃的です。音で恐怖を描くバンドと言えばGOBLINが思い浮かびますが、こちらはJACULA系統と言える暗鬱さと狂気が充満するシアトリカルなプログレを聴かせます。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。