プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第25回 GLASS HAMMER / If (USA / 2010)

本連載では「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことに重点を置き、フランスのプログレッシブ・ロックレーベルMusea Recordsからシンフォニック・ロックアルバムでデビューを果たしたnetherland dwarfが、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を、幅広くご紹介します。「ミュージシャンの視点」とは言っても、各コラムは平易な文章で構成されていますので、楽器が弾けない、専門用語は分からないという場合でも、心配せずにご覧下さい。

第25回 GLASS HAMMER / If (USA / 2010)

あるアーティストの楽曲を思い出す際に、その楽曲が収録された作品のアートワークを同時に思い出したという体験を持つ音楽リスナーは少なくないことでしょう。音楽がレコードやCDなどの記録メディアに収められ、シングルやアルバムといった単位が一般化して以降、アートワークにはアーティスト名や作品タイトルを表記する以外に「音楽への入り口」という重要な機能が与えられてきました。普段から「音楽そのものを聴く前に、まずアートワークを介して音楽を見ている」ということを意識する機会はあまりないかもしれませんが、ショップに陳列されたレコードやCD、あるいは音楽ダウンロード配信サービスに登録されたアートワークを眺める際、聴き手はアーティストが仕掛けたエンターテインメントのエントランスに、無意識のうちに立たされてきたのです。インターネットの普及によって、音楽を取り巻く環境が激変している新世紀の現在にあってもなお、アートワークが「音楽への入り口」として機能していることは少なくないでしょうし、特に作品全体がひとつのコンセプトやストーリーによって貫かれ、トータル性を重視する傾向の強いプログレッシブ・ロックにおいては、現在でもアートワークの良し悪しで作品の購入を判断する「ジャケ買い」というスタイルが根強く残っています。

1970年代にリリースされたプログレッシブ・ロックの名盤と評される作品の中には、アートワークの名盤としての側面を持ち合わせている作品が少なくありません。ブリティッシュ・プログレッシブ・ロック・シーンにおいて名前が紹介される機会の多いアートワーク・デザイナーとしては、PINK FLOYDを筆頭に多くのアーティストたちの作品を請け負った製作チームHipgnosis、YESやASIAなどの作品に幻想的なデコレーションを施し、YESの6人目のメンバーとまで言われたRoger Dean、70年代前半にGENESISやVAN DER GRAAF GENERATORなどのアルバムを担当したPaul Whitehead、VertigoやNeonといったレーベルの作品イメージに多大なる貢献をしたMarcus Keef、そしてEMERSON, LAKE & PALMERの73年作『Brain Salad Surgery』などを担当したH.R.Giger(映画「エイリアン」でのデザインが有名)が挙げられます。彼らが世に送り出した芸術的とすら言えるアートワークの数々は、その全てがアルバムの内容に直接リンクしているとは限らなかったものの、視覚的に認識することが出来ない音楽に鮮やかなイメージを与え可視化し、その作品に耳を傾ける前の音楽リスナーを異空間に引きずり込む役割を果たしていたことは間違いないでしょう。

プログレッシブ・ロック・シーンにはフォロワー・グループ、つまり70年代の名アーティストから影響を受け、その音楽性を受け継いだグループが数多く存在していますが、特定のアートワーク・デザイナーにヒントを得たことが明らかな「アートワーク・デザイナーのフォロワー・アルバム」も登場することがあります。代表的な例としては、スウェーデンのANEKDOTENが93年にリリースしたデビュー・アルバム『Vemod』が挙げられるでしょう。ANEKDOTENは、Marcus Keef作品を連想させる写真加工を施したアートワークを「プログレッシブ・ロックの象徴」としてメロトロンと共に採用し、落ち込んでいたプログレッシブ・ロック・シーンを復興へと導いたのでした。このことからも、プログレッシブ・ロックにおいてアートワークがいかに重要な役割を担っているのかが分かります。今回は、プログレッシブ・ロック・ファンの琴線に触れるアートワークを採用したアメリカのグループの作品を取り上げます。

試聴 Click!

テネシー州で92年に結成されたGLASS HAMMERは、93年にデビュー・アルバム『Journey Of The Dunadan』をリリースし、シーンに登場しました。YESやGENESIS、あるいはEMERSON, LAKE & PALMERといったプログレッシブ・ロックの重要グループたちのサウンドをブレンドしたシンフォニック・ロックを奏でる彼らは、SPOCK’S BEARDやECHOLYNなどと並び新世紀のアメリカン・プログレッシブ・ロック・シーンを代表する存在として認知されています。2010年にリリースされた11枚目のスタジオ・アルバムである本作『If』は次作『Cor Cordium』と共に、前述のRoger Dean作品を思い起こさせる(Tom Kuhnというデザイナーの手による)アートワークが目を引きますが、2005年作『The Inconsolable Secret』ではRoger Deanのアートワークを採用し、2007年作『Culture Of Ascent』ではJon Andersonをゲスト・ヴォーカリストとして招き入れたというグループの歴史を考えれば、本作を単純に「アートワーク・デザイナーのフォロワーによる作品」と評するわけにはいかないでしょう。オリジナル・メンバーであるキーボーディストFred SchendelとベーシストSteve Babb以外のメンバーを一新した本作のポイントは、YESのトリビュート・グループROUNDABOUT出身のヴォーカリストJon Davisonが加入したことです。GLASS HAMMERはJon Andersonの歌い回しを熟知したハイ・トーン・ヴォーカリストの加入によって、女性ヴォーカリストをフューチャーし楽曲によってはメタリックな側面すら覗かせていた2009年作『Three Cheers For The Broken-Hearted』から一転、YESの音楽性に接近しシンフォニック・ロックの王道と呼ぶべき世界観を取り戻しました。また、アルバム全体がヴィンテージ・キーボードの音色に包まれた温かみのある質感に仕上げられており、25分に迫る大曲を含め、緩やかな印象を保持しつつもドラマチックな展開を持った音世界を構築しています。

驚くべきことに、本作を踏襲した次作『Cor Cordium』をリリース後の2012年、Jon DavisonがYESに電撃加入し、2014年には加入後初となるスタジオ・アルバム『Heaven & Earth』がリリースされました。YESの背中を見つめながらシーンを駆け上がってきたグループのメンバーが、YESのメンバーに認められる快挙を成し遂げたのです。やはり本作を単純な「アートワーク・デザイナーのフォロワーによる作品」と評するわけにはいきません。


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第1回 netherland dwarf / tortoise walks forever (Japan / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第1回 netherland dwarf / tortoise walks forever (Japan / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第2回 CHRIS / Snow Stories (Holland / 2012)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第2回 CHRIS / Snow Stories (Holland / 2012)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第3回 GRENDEL / The Helpless (Poland / 2008)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第3回 GRENDEL / The Helpless (Poland / 2008)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第4回 ANUBIS / Hitchhiking To Byzantium (Australia / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第4回 ANUBIS / Hitchhiking To Byzantium (Australia / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第5回 AGUSA / Hogtid (Sweden / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第5回 AGUSA / Hogtid (Sweden / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第6回 SANHEDRIN / Ever After (Israel / 2011)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第6回 SANHEDRIN / Ever After (Israel / 2011)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第7回 AMOEBA SPLIT / Dance Of The Goodbyes (Spain / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第7回 AMOEBA SPLIT / Dance Of The Goodbyes (Spain / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第8回 MAGENTA / The Twenty Seven Club (UK / 2013)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第8回 MAGENTA / The Twenty Seven Club (UK / 2013)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第9回 TOHPATI ETHNOMISSION / Save The Planet (Indonesia / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第9回 TOHPATI ETHNOMISSION / Save The Planet (Indonesia / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第10回 HIDRIA SPACEFOLK / Astronautica (Finland / 2012)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第10回 HIDRIA SPACEFOLK / Astronautica (Finland / 2012)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第11回 QUATERNA REQUIEM / O Arquiteto (Brazil / 2012)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第11回 QUATERNA REQUIEM / O Arquiteto (Brazil / 2012)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第12回 SETNA / Guerison (France / 2013)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第12回 SETNA / Guerison (France / 2013)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第13回 FLOR DE LOTO / Nuevo Mesias (Peru / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第13回 FLOR DE LOTO / Nuevo Mesias (Peru / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第14回 TRANSATLANTIC / The Whirlwind (Multi-National / 2009)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第14回 TRANSATLANTIC / The Whirlwind (Multi-National / 2009)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第15回 KARFAGEN / Lost Symphony (Ukraine / 2011)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第15回 KARFAGEN / Lost Symphony (Ukraine / 2011)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第16回 SENSE / Going Home (Canada / 2007)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第16回 SENSE / Going Home (Canada / 2007)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第17回 ARANIS / Roqueforte (Belgium / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第17回 ARANIS / Roqueforte (Belgium / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第18回  SIKUS BOLIVIA / E.C.L.I.P.S.E. (Bolivia / 2011)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第18回 SIKUS BOLIVIA / E.C.L.I.P.S.E. (Bolivia / 2011)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第19回  LITTLE TRAGEDIES / At Nights (Russia / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第19回 LITTLE TRAGEDIES / At Nights (Russia / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第20回  NUCLEUS TORN / Neon Light Eternal (Switzerland / 2015)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第20回 NUCLEUS TORN / Neon Light Eternal (Switzerland / 2015)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第21回  MERRY GO ROUND / Merry Go Round (Italy / 2015)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第21回 MERRY GO ROUND / Merry Go Round (Italy / 2015)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第22回  WOBBLER / Afterglow (Norway / 2009)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第22回 WOBBLER / Afterglow (Norway / 2009)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第23回  MEDIABANDA / Siendo Perro (Chile / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第23回 MEDIABANDA / Siendo Perro (Chile / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第24回  FIVE-STOREY ENSEMBLE / Not That City (Belarus / 2013)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第24回 FIVE-STOREY ENSEMBLE / Not That City (Belarus / 2013)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!

GLASS HAMMERの在庫

  • GLASS HAMMER / LEX REX

    アメリカのシンフォ・グループ、02年作

  • GLASS HAMMER / CULTURE OF ASCENT

    米シンフォ好グループ、07年作

  • GLASS HAMMER / COR CORDIUM

    現アメリカの代表的シンフォ・グループ、11年作

  • GLASS HAMMER / PERILOUS

    現アメリカを代表する実力派シンフォ・バンド、12年作

  • GLASS HAMMER / ODE TO ECHO

    イエスやカンサスへのオマージュに溢れたファンタスティックな米シンフォ新鋭、スケールの大きな2014年14th

    イエスやカンサスのファンだったFred Schendel(key)とSteve Babb(b)を中心に90年代はじめに結成された米シンフォニック・ロック・グループ。2014年作の14枚目。2010年から加入した、イエスのヴォーカルとしても活躍するJon Davisonをはじめ、セーラム・ヒルでも活躍するCarl Groves、以前の作品にも参加した女性VoのSusie Bogdanowiczと3人のヴォーカルがクレジットされているのが特筆。3人のヴォーカルが代わる代わるリードを取り、時にコーラスを取るというスタイルで、これぞ米シンフォと言えるフックに富んだメロディを鮮やかに歌い上げます。ファンタスティックなアンサンブルもまた魅力的で、メロトロンやハモンドなどヴィンテージなトーンのキーボード、艶やかなピアノ、繊細なタッチの流れるようにメロディアスなギターを中心に、全体的に丸みと厚みのあるアナログ的なサウンド・プロダクションで70年代プログレへのオマージュに溢れた音世界を描いていきます。軽快に疾走するドラム、ゴリゴリとアグレッシヴ&メロディアスに動きまわるベースもまた歌心いっぱいで印象的。イエスやカンサスの持つ爽快なファンタジー、そして、ジェントル・ジャイアントばりのコーラス・ワークやアンサンブルのキレを持ち合わせた、70年代プログレファン必聴と言える快作です!

  • GLASS HAMMER / PERELANDRA

    アメリカのシンフォニック・グループ、95年作

  • GLASS HAMMER / LIVE AND REVIVED

    米シンフォ、97年作

「GLASS HAMMERの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。