プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

ジャニス・ジョプリン『PEARL』【米ロック】-MEET THE SONGS 第162回  

今日の「MEET THE SONGS」はいつ聴いてもエモーショナルなヴォーカルが胸に迫る名盤、ジャニス・ジョプリンの『PEARL』をピックアップいたします。

ジャニスの最高傑作にして遺作となった『PEARL』。このアルバム制作を進めている時、ジャニスは27歳という若さでオーヴァードーズのため他界してしまいます。一緒にレコーディングをしていたのはフル・ティルト・ブギー・バンド。ジャニスにとって、やっと巡り会えた理想のバック・バンドでした。

ここでジャニスがフル・ティルト・ブギー・バンドに出会うまでに一緒に活動したバンドを振り返ってみましょう。

ビッグ・ブラザー&ホールディング・カンパニー

最初に活動を共にしたバンドはサンフランシスコのサイケデリック・バンド、ビッグ・ブラザー&ホールディング・カンパニー。66年にジャニスがバンドに加わる形で活動を始めます。
67年のモンタレー・ポップ・フェスティバルに出演し、ジャニスの圧倒的な歌声で注目を集めたバンドはコロンビア・レコードと契約。翌年リリースした『チープ・スリル』がビルボード・チャートで1位に輝くという成功の一方で、バンドの演奏力不足を指摘する声もあり、ジャニスは周囲の勧めや本人の意志によりアルバムリリース後ほどなくしてバンドを脱退します。

コズミック・ブルース・バンド

ビッグ・ブラザー&ホールディング・カンパニー脱退後、共にバンドを抜けたギタリスト、サム・アンドリューとスタジオ・ミュージシャン達でバック・バンドが組まれます。
サム以外のメンバーを集めたのは、ボブ・ディランの『追憶のハイウェイ』にも参加したセッション・ベーシストのハーヴェイ・ブルックス。この頃ハーヴェイが在籍していたバンド、エレクトリック・フラッグと同じく、ジャニスのバック・バンドにもホーン・セクションが取り入れられてソウル・レヴュー形式のバンドになっています。
しかしこのバンドはメンバーが流動的だったこともあり結束は弱く、バンドとの絆を求めるジャニスには居心地が良くなかったようです。この通称コズミック・ブルース・バンドとは69年に『コズミック・ブルースを歌う』をリリースしますが、良い評価は得られず、ジャニスはこのバンドを解散させてしまいます。

フル・ティルト・ブギー・バンド

コズミック・ブルース・バンド解散後、マネージャーのアルバート・グロスマンの人脈でスタジオ・ミュージシャンが集められてフル・ティルト・ブギー・バンドが結成されます。

メンバーは5人で、コズミック・ブルース・バンドにも参加していたギタリストのJohn TillとベーシストのBrad Campbell。そしてピアニストのRichard Bell、ドラマーのClark Pierspn 、オルガン担当のKen Pearson。John TillとRichard Bellはカナダでロニー・ホーキンスのバック・バンドに在籍していました。ロニー・ホーキンスのバック・バンドといえば、ザ・バンドのメンバーがいた事がよく知られていますね。John TillとRichard Bellは、そのザ・バンドとなるメンバーがホーキンスの元を去った後バックを務めていました。

ちなみにこのフル・ティルト・ブギー・バンドは、ドラマーのClark Pierspn のみアメリカ人で他のメンバーはカナダ出身というザ・バンドと同じメンバー構成。他にもロビー・ロバートソンがプロデュースしたSSWジェシ・ウィンチェスターの71年デビュー作にKen Pearsonが参加していたり、再結成したザ・バンドにRichard Bellが加入したりと色々な繋がりがあり面白いですね。
メンバーがほぼ同郷という事もあってか一体感もあり、ついにジャニスが求めていた、絆も実力もあるバンドとの活動が始まります。

カナダを横断する「フェスティバル・エクスプレス」のツアーやTV出演を共にした後『PEARL』の制作を開始。
ドアーズやポール・バタフィールド・ブルース・バンドの作品を手掛けてきたポール・ロスチャイルドがプロデュースを務めています。

ジャニスとポールの相性も良く、信頼のおける仲間に囲まれてのレコ―ディングはジャニスにとってとても良い環境だったのでしょう。激しいだけではなく、切なさや穏やかさなど感情豊かなジャニスの歌声にどんどん引き込まれてしまいます。

冒頭のようにアルバム制作途中でジャニスは亡くなってしまいますが、制作は進められ3ヶ月後にリリース。
ヴォーカルがないまま収録された「Buried Alive In The Blues(生きながらブルースに葬られ)」はジャニスが亡くなった翌日に歌入れの予定だったといいます。
未完成ながら最高傑作となったこの作品。聴くたびに、「ジャニスが生きてたら・・・」と思わずにはいられませんね。

それでは、オープニングの躍動感溢れる「Move Over」からお聴きください!

Move Over

試聴 Click!

こちらは穏やかに語りかけるような歌声が心地良い、クリス・クリストファーソンのカヴァー曲。

Me and Bobby McGee

試聴 Click!

ジャニスのヴォーカルが入るはずだったこの曲。バンドの演奏と掛け合うジャニス声が聴こえてきそうです。

Buried Alive In The Blues

試聴 Click!

最後に切なさが胸に迫るこの曲をどうぞ!

Cry Baby

試聴 Click!

いかかでしたか?
「MEET THE SONSG」は、定番からニッチ盤まで僕らのロック・ミュージックを紹介しています。またお会いいたしましょう。

こちらのジュークボックスも合わせてご覧ください!


ちょうど45年前の1968年にリリースされたBIG BROTHER & THE HOLDING COMPANY の『CHEAP THRILLS』をピックアップ

【関連記事】

ちょうど45年前の1968年にリリースされたBIG BROTHER & THE HOLDING COMPANY の『CHEAP THRILLS』をピックアップ

ちょうど45年前の1968年8月にリリースされたBIG BROTHER & THE HOLDING COMPANY の『CHEAP THRILLS』をピックアップ。


MEET THE SONGS 第31回 BIG BROTHER & HOLDING COMPANY の『BIG BROTHER & HOLDING COMPANY 』  

【関連記事】

MEET THE SONGS 第31回 BIG BROTHER & HOLDING COMPANY の『BIG BROTHER & HOLDING COMPANY 』  

MEET THE SONGS 第31回はジャニス・ジョプリンの記念すべきデビュー作、 BIG BROTHER & HOLDING COMPANY の『BIG BROTHER & HOLDING COMPANY 』をピックアップ!

ジャニスも選ばれているこちらのジュークボックスもどうぞ

JANIS JOPLINの在庫

「JANIS JOPLINの在庫」をもっと見る

米ロック名盤・定番の在庫

「米ロック名盤・定番の在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。