プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

MEET THE SONGS 第107回 ジョン・セバスチャン の『TARZANA KID』 

今日の「MEET THE SONGS」は、元ラヴィン・スプーンフルのジョン・セバスチャンの74年作、『TARZANA KID』をピックアップ。

60年後半に「魔法を信じるかい?」「デイドリーム」などのヒットを放ったラヴィン・スプーンフル。その顔といえるジョン・セバスチャンは、アメリカの古き良き音楽とロックを融合したサウンドを作り出し、柔らかい歌声で人々を魅了しました。

68年にグループを脱退し、ウッドストックに出演するなどソロキャリアをスタートした後は、東海岸から西海岸のロサンゼルスへと拠点を移し、LAの名ミュージシャン達とも親交を深めていきます。そんな彼らとの温かな友好関係が音に現れた円熟の作品が、74年リリースの4thソロ『TARZANA KID』です。

特筆なのが、リトル・フィートのローウェル・ジョージの参加。「Face Of Appalachia」を共作したり、「Dixie Chicken」のカヴァーではジョージ本人がギターを演奏したりと2人の親密な関係がうかがえます。コーラスにエミルー・ハリス、ドラムにジム・ゴードン、他にもライ・クーダーがギターとマンドリンで参加したりと、ウェストコースト・オールスターと言えるような顔ぶれ。うーん、豪華!
しかし主役はあくまでジョン。カントリー、ブルースに根ざした味わい深い演奏をバックに、心温まる穏やかなヴォーカルがとても地よい作品です。

Sitting In Limbo

オープニングはジミー・クリフの71年作『Another Cycle』収録曲のカヴァー。レゲエ調のオリジナルもゆったりとした曲ですが、ゆったりとしたテンポとジョンの穏やかなヴォーカルが見事にマッチしています。

試聴 Click!

Face Of Appalachia

ローウェル・ジョージと共作したナンバー。哀愁漂うメロディに切なく響くスライド・ギターとそこにのるジョンの柔らかい声が胸に染みます。

試聴 Click!

こちらはエヴァリー・ブラザーズの72年作のアルバムに収録されていますが、元々はジョンが書いた曲ですね。エヴァリー・ブラザーズの少し高めの甘いヴォカールも良いですが、ジョンの低い声が哀愁を醸し出していて染みます。

Stories We Could Tell

試聴 Click!

いかかでしたか?
「MEET THE SONSG」は、定番からニッチ盤まで僕らのロック・ミュージックを紹介しています。
また明日、お会いいたしましょう。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。