プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

【ユーロロック周遊日記】ロシアの実力派シンフォ・バンドLITTLE TRAGEDIESのkey奏者Gennady Ilyinによる00年傑作ソロ『Sun Of Spirit』

一日一枚ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。本日は、ロシアが誇る実力派シンフォニック・ロック・バンドLITTLE TRAGEDIESの00年リリース作『Sun Of Spirit』をピックアップいたしましょう。

94年に結成されたLITTLE TRAGEDIESは、LOST WORLDと並ぶ現代ロシアを代表するプログレ・バンド。バンドとしての彼らについてはこちらの特集をご覧ください♪


LITTLE TRAGEDIES特集!~新鋭プログレ随一の大スケールで迫り来る劇的なクラシカル・シンフォ・バンド!

【関連記事】

LITTLE TRAGEDIES特集!~新鋭プログレ随一の大スケールで迫り来る劇的なクラシカル・シンフォ・バンド!

大スケールのクラシカル・シンフォに圧倒される、現代ロシア一のシンフォ・バンドLITTLE TRAGEDIESをピックアップ!

さて今回ご紹介する00年作は、名義こそバンドとしてのLITTLE TRAGEDIESなのですが、実際にはバンドの中心メンバーのkey奏者Gennady Ilyinによる98年録音のソロアルバム。それ以外の参加は一部でギターを弾いているIgor Mikhelのみで、ほぼGennadyが駆使する各種キーボードによる多重録音によって制作されています。

気になるその内容ですが、ENIDやBANCO、ELPがお好きな方ならまず間違いないだろうと言える、クラシカルなキーボード・シンフォの大傑作なんです。

まずなにより素晴らしいのはシンセをフルに駆使した音作りで、ストリングスやホーンを模したスケール感のあるシンセ・サウンドが、文字通りクラシックの交響曲を思わせる壮大さで聴き手に迫ります。

試聴 Click!

きらびやかな音色のシンセをふんだんに用いた絢爛豪華なシンフォニック・ロック・パートの完成度も素晴らしく、まるで70年代のENIDのクラシカルに広がる壮大なサウンドをバックにエマーソンの疾走感溢れるキーボードプレイを聴かせているかのような、キーボード・プログレ・ファンにはたまらない演奏が最後まで繰り広げられます。ロシア語のエキゾチックで少し硬めの語感も、この壮大なサウンドになかなかマッチしていますよね。

試聴 Click!

古くより現代音楽やクラシカルなプログレ作品の名作が数多く生まれてきたロシアですが、この作品で聴かれるスケール感いっぱいの本格はクラシカル・サウンドと、華やかなポップセンスとの融合度合いは、過去に例を見ない完成度の高さだと断言!

LITTLE TRAGEDIESのヘヴィでアグレッシヴな作風とはまた一味違う端正なクラシカル・プログレの名作ですよね。ENIDほか上記のバンドのファンなら是非聴いてもらいたいという理由、お分かりいただけたのではないでしょうか。

LITTLE TRAGEDIESの在庫

  • LITTLE TRAGEDIES / SUN OF SPIRIT

    ロシアのシンフォ・グループLITTLE TRAGEDIESのキーボーディストによる00年ソロ作、ELP〜エニドまでを巻き込んだ、めくるめくクラシカル・キーボード・シンフォ絵巻、オススメ!

    LOST WORLDとともに現在のロシアを代表するシンフォ・バンド、98年録音作。LITTLE TRAGEDIES名義ではあるものの、実質的にはキーボーディストGENNADY ILYINのソロ作。クラシカルなキーボード群をふんだんにフィーチャーした、ロシアらしいエレガンスが演奏いっぱいに薫るクラシカル・シンフォニック・ロック。荘厳なストリングシンセやチャーチオルガンが鳴り響く重厚なパートから、コロコロとしたピアノやムーグが駆け抜ける愛らしいアンサンブル、ENIDを思わせる物悲しい旋律美を湛えたシンフォニーまで、クラシカル・プログレという枠の中で、次々と目まぐるしく表情を変えていく演奏が圧巻です。ギターが一部参加している以外は、全てキーボードによる多重演奏となっていますが、そうとは思えない音の厚みと緻密なアレンジが素晴らしい完成度の高い傑作です。

  • LITTLE TRAGEDIES / RETURN

    ロシアを代表する新鋭プログレ・バンド、ギターとサックスが加わり5人編成となって初の05年作で、バンドの出世作

    ロシア南西でウクライナに近い町、クルスク出身。あのチャイコフスキーも輩出したサンクトペテルブルク音楽院で学んだ作曲家/Key奏者のGennady Ilyinにより94年に結成された90年代以降のロシア・プログレ・シーンを代表するキーボード・プログレ・バンド。トリオで活動をスタートし、00年にギタリストとサックス奏者が加入。5人編成で録音された初のアルバムとなった05年作。キース・エマーソン譲りのテクニカルかつアグレッシヴなキーボードはそのままに、鋭角なフレーズで畳みかけるモダンでメタリックなギターが加わり、バンドの持つ演奏の強度が今まで以上に引き出され、かなりスケールアップしています。ヘヴィなパートとの対比でクラシックそのままの優雅なパートも今まで以上に艶やかに響いて印象的。ワールドワイドにその実力を知らしめたバンドの出世作となった傑作。

  • LITTLE TRAGEDIES / NEW FAUST

    90年代以降のロシアを牽引するキーボード・プログレ・グループ、06年作、クラシカルで美麗でいてメタリックなダイナミズムを持ったダイナミックな傑作

    ロシア南西でウクライナに近い町、クルスク出身。あのチャイコフスキーも輩出したサンクトペテルブルク音楽院で学んだ作曲家/Key奏者のGennady Ilyinにより94年に結成された90年代以降のロシア・プログレ・シーンを代表するキーボード・プログレ・バンド。00年にギターとドラムが入り、5人編成で録音された前作の出生作『RETURN』に続く、06年作。キース・エマーソンばりのけたたましいフレーズ、美旋律極まるクラシカルなフレーズ、ファンファーレのように祝祭ムードに溢れたフレーズなど、表現力豊かに弾きまくるキーボードを中心に、前作にも増して疾走感みなぎるヘヴィ・メタリックなギター&ドラムがボトムを力強く支え、ロシア語の民謡調&シアトリカルなヴォーカルがテンションみなぎる演奏と見事に対比したロマンティシズムと哀感を添える。作曲は緻密でいて、演奏は圧倒的にダイナミック。メランコリックなヴォーカル・パートでは、ハープシコードや透明感あるトーンのシンセが流麗に彩るアンサンブルが出色だし、ストリングスや混声合唱は近現代ロシア音楽を受け継いでいてさすがの美麗さだし、「静」と「動」のスペクタクルな対比で聴き手のエモーションをこれでもかと鷲づかみにするクラシカル・プログレ第一級の作品。これは名作です。

  • LITTLE TRAGEDIES / CHINESE SONGS PART ONE

    ロシア産クラシカル・キーボード・シンフォ・トリオ、07年作、漢詩を元にしたコンセプト作

    ロシアのグループ、07年作。漢詩を元にしたコンセプト・アルバム。ただ中国風味は、キーボードが琴や縦笛風の音色を時々奏でる程度で、ほとんどは、クラシカルなキーボードをフィーチャーしたドラマティックなシンフォニック・ロック。演奏のダイナミズムと圧倒的な構築力は相変わらず。シンフォニック・ロック・ファンは必聴の名作です。

  • LITTLE TRAGEDIES / CHINESE SONGS PART TWO

    07年作、ヴィンテージ・キーボードが躍動するクラシカルかつダイナミックなキーボード・プログレ、00年代以降ロシア・プログレの最高峰!

    本格的な音楽教育を受け、交響曲も書けるほどにクラシックに精通したKey奏者&コンポーザーのGennady Ilyinを中心に、ロシア南西部のウクライナ国境に近い町クルスクで結成された新鋭プログレ・グループ。『RETURN』(05年作)『NEW FAUST』(06年作)『SIXTH SENSE』(06年作)と続々と壮大かつダイナミックな名作を生み出すなど、完全に覚醒して00年代プログレシーンの最前線へと躍り出たバンドによる07年作。中国の古詞をテーマとしたコンセプトアルバムで、2部構成でリリースされたうちの「第二部」にあたるのが本作。「第一部」はこれまでの作品にないリリカルなパートが印象的でしたが、本「第二部」では、ダイナミックなパートとともに「静」と「動」が「鮮烈」と言えるまでに対比したドラマティックなシンフォニック・ロックを聴かせています。「壮麗」という言葉がぴったりのクラシカルな旋律からキース・エマーソンばりのけたたましい旋律までスケールの大きなキーボード、速弾きを織り交ぜながらメロディを伸びやかに紡ぐギター、ロシア語の早口で畳み掛けるようなヴォーカル、シャープに疾走するリズム隊。圧倒的な演奏力と構築力で聴き手を飲み込む傑作です。

  • LITTLE TRAGEDIES / CROSS

    ロシアの90年代プログレシーンを牽引する世界基準のキーボード・プログレ・グループ、09年作

    ロシア南西でウクライナに近い町、クルスク出身。あのチャイコフスキーも輩出したサンクトペテルブルク音楽院で学んだ作曲家/Key奏者のGennady Ilyinにより94年に結成された90年代以降のロシア・プログレ・シーンを代表するキーボード・プログレ・バンド。09年作。豊穣なロシア近現代クラシックに根ざしたキーボード・ワークとメタリックなギター&リズム隊による対比によるダイナミックなサウンドは本作でも健在ですが、00年代はじめの硬質なサウンドと比べると、だいぶヴィンテージ側に振れて、マイルドに一体感溢れるサウンドとなっている印象。独特の語感を持つロシア語のヴォーカルなど、ロシアならではの哀感も特徴で、ハンガリーのソラリスに通じるような、垢抜けなさもまた魅力。イタリアのレ・オルメや東欧のソラリスあたりのユーロ・キーボード・ロックのファンが何か新鋭を聞いてみたい、という時に最適な一枚と言えるでしょう。

  • LITTLE TRAGEDIES / MAGIC SHOP

    ロシアを代表するシンフォニック・ロック・グループ、09年作

    ドラマティックなサウンドでシンフォ・ファンを魅了し続けるロシアを代表するグループ。09年作。クリスマス・アルバムとして制作された全編インストのコンセプト・アルバム。持ち味であるドラマティックさは抑え気味に、柔らかなトーンのキーボードとリリカルなギターを軸としたファンタスティックで温かみ溢れるサウンドが印象的。KAIPAやMOON SAFARIなど、北欧シンフォに通ずる温かみが感じられます。丁寧に構築された流れるような構成も見事。愛すべき名品です。バンド自主制作のCD-R盤。

  • LITTLE TRAGEDIES / PARIS SYMPHONY

    現代のロシアを代表するシンフォ・バンド、当時はお蔵入りとなった実質的なデビュー作と言える97年作

    ロシア南西でウクライナに近い町、クルスク出身。あのチャイコフスキーも輩出したサンクトペテルブルク音楽院で学んだ作曲家/Key奏者のGennady Ilyinにより94年に結成された90年代以降のロシア・プログレ・シーンを代表するキーボード・プログレ・バンド。97年にGennadyがパリを訪れた際にインスピレーションに打たれて作曲&録音したバンド初録音作品ながら、当時はリリースされなかった幻の作品。当時は、ギターレスのキーボードトリオ編成で、00年にギターが加わって以降のモダンなヘヴィネスを持った作品に比べ、ヴィンテージなサウンドが特徴です。キース・エマーソンゆずりのけたたましいムーグ・シンセを中心とする、クラシカルな気品とともに暗黒の攻撃性に満ちたダイナミックなキーボード・プログレが印象的。なぜこのクオリティで、どこからも当時リリースされなかったのか・・・。実質デビュー作といえる、若きGennadyの溢れんばかりの才気がつまった名作!

  • LITTLE TRAGEDIES / AT NIGHTS

    ヴィンテージ・キーボードが躍動するクラシカルかつダイナミックなキーボード・プログレ、00年代以降のロシア・プログレの最高峰!

    本格的な音楽教育を受け、交響曲も書けるほどにクラシックに精通したKey奏者&コンポーザーのGennady Ilyinを中心に、ロシア南西部のウクライナ国境に近い町クルスクで結成された新鋭プログレ・グループ。2014年リリースの恐らく9枚目。エネルギッシュかつ流麗に鳴らされるムーグのリード、そこに時にユニゾンで超絶的に合わせ、時に単独で鳴り響くハモンド。オープニングから躍動するヴィンテージ・キーボードのスリリングな演奏に言葉を失います。タイトかつアグレッシヴなリズム隊とエッジの立ったギターのリフによるロック的ダイナミズムも印象的で、EL&Pをモダンなヘヴィネスでアップデートしたような重厚極まるキーボード・プログレを基調に、クラシック直系の華麗なキメのパートを挟みつつ、これでもかとドラマティックに展開していきます。一転して、音が瑞々しく響く格調高いピアノによる静謐なパート、管楽器が豊かに鳴るロマンティシズム溢れるパートも絶品ですし、ロシア語によるエモーショナルかつ演劇的なヴォーカルか醸すもの悲しさも特筆。「静」と「動」の鮮烈な対比。LOST WORLDと並ぶ現代ロシア・プログレ屈指のグループによる渾身の大傑作です。

  • LITTLE TRAGEDIES / PORCELAIN PAVILION

    現ロシアを代表するテクニカル・シンフォ・バンド、99年作

    LOST WORLDとともに現在のロシアを代表するシンフォ・バンド、99年録音作。『SUN OF SPIRIT』同様、LITTLE TRAGEDIE名義ではあるものの実質的にはキーボーディストGENNADY ILYINのソロ作品。ギタリストの参加を除いてキーボードの多重演奏のみによる演奏という点は『SUN OF SPIRIT』と変わらないものの、純クラシカルな印象が強かった前作と比べ、こちらは打ち込みリズムを大きく取り入れ、よりロックらしい躍動感が感じられるバンド・アンサンブル的な音作りがされているのが特徴。後のバンドとしてのLITTLE TRAGEDIESのサウンドにぐっと近づいています。荘厳なシンセやオルガンが鳴り響く中を、ギターがヘヴィに切れ込んでくる場面などはまさにLT!ドラマティックに歌い込むロシア語ヴォーカルもすばらしい。硬質な音使いとクラシカルな優雅さが絶妙にバランスした音楽性は、まさにロシアという国からイメージされる音そのもの。LT前夜という位置づけにとどまらない、素晴らしい完成度を誇る一枚です。

「LITTLE TRAGEDIESの在庫」をもっと見る

プログレ新鋭の在庫

「プログレ新鋭の在庫」をもっと見る

その他ユーロ・辺境プログレの在庫

「その他ユーロ・辺境プログレの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。