プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

MEET THE SONGS 第70回 吐痙唾舐汰伽藍沙箱 の『溶け出したガラス箱』  

今日のMEET THE SONGSは、ジャパニーズ・アシッド・フォークの傑作、吐痙唾舐汰伽藍沙箱 の『溶け出したガラス箱』をピックアップ!

吐痙唾舐汰伽藍沙箱は、五つの赤い風船の西岡たかし、元ジャックスの木田高介、そしてSSWの斉藤哲夫によるスタジオ・ユニットで、本作は68年に作られた唯一の作品。

全てを作詞作曲した西岡たかしのシュールな世界に、木田高介の実験的なサイケデリック・アレンジ、そこにゆらめくような男性のハーモニーが加わり、深く沈み込んでいくようなアシッド感。

バックで参加している加藤和彦、細野晴臣、竹田和夫らの演奏も素晴らしく、日本の情感とサイケ・サウンドが見事に融合したジャパニーズ・アシッド・フォークの傑作です。

それでは、雅楽のような音が響き渡り、不思議な空間に迷い込んでしまうオープニング・ナンバー「あんまり深すぎて」からお聴き下さい!

試聴 Click!

こちらはファズギターが印象的な「君はだれなんだ」。

試聴 Click!

最後はサイケ感は薄いフォーク・ナンバーですが、「さっき君が」をお聴き下さい。
歌詞はシュールですが、温かみのあるヴォーカルが胸にしみる美しい曲です。

試聴 Click!

いかかでしたか?

「MEET THE SONSG」は、月曜日から金曜日まで毎日、定番からニッチ盤まで僕らのロック・ミュージックを紹介しています。
また明日、お会いいたしましょう。

ジャパニーズ・ロックの在庫

「ジャパニーズ・ロックの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。