プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

米ブルース・ロック〜ニッチ&ディープ編

定番作品を紹介したジュークボックス【米ブルース・ロック〜本場アメリカからの逆襲】に続き、マイナーながら良質な作品をピックアップしました。

メジャー・グループに勝るとも劣らない激情と熱情にたぎる、パワフルなブルース・ロックをどうぞご堪能ください!

LINN COUNTY 1st

試聴 Click!

マイナーだけど、クリームやトラフィックに対抗できる米ブルース・ロック筆頭格!ヴォーカルもスティーヴ・ウィンウッドに負けてませんね!

LINN COUNTY 2nd

試聴 Click!

より本格的なブルース・ロックを聴かせる2ndより。これは、ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マックにも負けてませんね!

LESLIES MOTEL

試聴 Click!

うねるベース・ループが最高にイカす!腰を揺らすエネルギッシュなビート、バキバキに歪んだブルージーなリード・ギターが、クールにのた打ち回る!初期オールマンや『SUPER SESSION』あたりが好みであれば、もう完全にヤられてしまうでしょう!

WHALEFEATHERS

試聴 Click!

なるほど、オハイオ産のバンドながら英ブルー・ホライゾンからリリースされたのも納得。クリームと初期フリートウッド・マックを行ったり来たりするような8分を超えるオープニング・ナンバーから本格派ぷんぷん。

PACIFIC GAS & ELECTRIC

試聴 Click!

ジャケの趣味は最低ですが、このLAのグループ、クラプトンやピーター・グリーンばりの鋭角かつセクシーなギタリスト擁するブルース・ロック逸品ですね。英ブルースのファンは一聴是非!

BUDDY MILES

試聴 Click!

マイク・ブルームフィールドとジミ・ヘンドリックスという2人の天才ギタリストが組んだバンドに参加したドラマーと言えば?

AUM

試聴 Click!

ミディアム・テンポの引きずるように重たいリズム、ソウルを感じる雄弁なブルース・ギター、エモーショナルなシャウトが存在感を放つヴォーカルと、一体感抜群のアンサンブル!畳みかける部分と「間」との駆け引きが絶妙なシスコのブルース・ロック!

MOLOCH

試聴 Click!

メンフィス出身のグループ。プロデュースは、後にジェフ・ベックとのつながりでロック・ファンにも知られるドン・ニックス。作曲も彼が担当。ジミ・ヘンにも対抗できるヘヴィ・ブルースの傑作!

FARM

試聴 Click!

オールマン・ブラザーズからの影響を軸に、グレイトフル・デッドに通じるサイケ・フレイヴァーやウィッシュボーン・アッシュに通じる陰影も加えた米イリノイ産ツイン・ギター・ロック!

Facebookコメント

在庫一覧

  • AUM / BLUESVIBES

    シスコ出身、ブルージーなサイケ・ロック・トリオ、69年1st

    サンフランシスコ出身、ブルージーなサイケデリック・ロック・トリオ。69年作の1st。スロー〜ミディアム・テンポの引きずるように重たいリズム、ソウルを感じる雄弁なブルース・ギター、エモーショナルなシャウトが存在感抜群のヴォーカルによるアンサンブルは一体感抜群。畳みかける部分と「間」の部分との駆け引きが絶妙。こりゃかっちょ良い!ブルース・ロック・ファンは聴いて損は無い好グループです。

  • BUDDY MILES / THEM CHANGES

    エレクトリック・フラッグ〜バンド・オブ・ジプシーズにてマイク・ブルームフィールドやジミヘンを支えた名ドラマー、70年の名作ソロ

    エレクトリック・フラッグとバンド・オブ・ジプシーズのドラマーということは、マイク・ブルームフィールドとジミ・ヘンドリックスという2人の天才ギタリストに認められたドラマーということになりますね。そんな彼がバンド・オブ・ジプシーズの後、70年にリリースしたソロ作。タイトでふくよかなドラム。ソウル・フレイヴァーたっぷりのグルーヴィーなサックス。シャープにしなるリズムと一転してブルース・ロック・フィーリング溢れるバキバキにエッジの立ったはソロを聴かせるギター、そして、ソウルフルなヴォーカル。オープニングのタイトル・チューンから悶絶のR&B/ソウルを聴かせます。2曲目のアコースティックなバラードも絶品ですし、とにかくドラマーのソロながら曲が素晴らしい!ブルース・ロックのファンは必聴の名作です。

  • FARM / FARM

    米イリノイのサイケ/ブルース・ロック・グループ、71年唯一作

    米中西部はイリノイ州のサイケ/ブルース・ロック・グループ、71年唯一作。ツイン・ギター編成に、鍵盤奏者とパーカッション奏者も加えた6人組。オールマン・ブラザーズを彷彿させるブルース・ロックがメインですが、左右に配された2本のギターが繊細なタッチのすすり泣くようなフレーズでからみ合うオープニング・ナンバーなど、グレイトフル・デッドに通じるサイケ・フレイヴァーやイギリスのウィッシュボーン・アッシュに通じる陰影を感じます。オールマンでお馴染みの「Statesboro Blues」も、南部のグループにある濃厚さはなく、イギリスのフリートウッド・マックあたりの質感に近い印象で、南部でも西海岸でもない、中西部ならではの味わいと言えるでしょう。ブルースのコクとともに、デッドばりにたゆたう浮遊感も併せ持つギターの表現力は特筆。マイナーながら好グループです。

  • LESLIE'S MOTEL / DIRTY SHEETS

    バキバキのブルース・ギターやグルーヴィーなオルガンが炸裂する悶絶の米ブルース・ロック!カッコ良いです!

    米ブルース・ロック/ハード・バンド、72年に録音されながらお蔵入りとなった幻の作品。腰を揺らすエネルギッシュなビート、バキバキに歪んだブルージーかつアグレッシヴなリード・ギター、そして極めつけは、グルーヴィーに炸裂するオルガン!まるでライヴのように、ギター、オルガン、ドラムが交互にソロを取りながら前のめりに畳みかける4曲目「Blister」は悶絶のカッコ良さ!初期オールマンや『SUPER SESSION』あたりが好みであれば、もうヤられるはずです。おすすめ!

  • LINN COUNTY / PROUD FLESH SOOTHSEER

    米サイケデリックなブルース・ロック、68年作、メチャクチャ格好良いです!

    シスコで活動したサイケ・ブルース・ロック、68年作。スティーヴ・ウィンウッドからの影響を感じるソウルフルなヴォーカル、オルガンやフルート&サックスをフィーチャーしたサイケデリックかつオリエンタルなアンサンブルなど、英国のTRAFFICを想わせるグループ。でも、TRAFFICよりだいぶハードかもしれません。ソリッド&アグレッシヴに畳みかけるパートはCREAMやJIMI HENDRIX EXPERIENCEばりにエネルギッシュ。サックスが暴れるブラス・ロックなパートも抜群にホットです。R&Bベースのサイケデリックなブルース・ロックとしてかなりハイ・レベル!これは格好良いです!おすすめ!

  • LINN COUNTY / FEVER SHOT

    米国産、渋く濃密なブルース・ロック、69年2nd

    シスコで活動したグループ、69年作の2nd。1stに比べ、サイケデリックなテイストが薄れ、Peter Green's Fleetwood Macばりのホワイト・ブルースや、粘っこくファンキーなブラス・ロックによる濃密なサウンドが印象的。Stephen Millerも渋い喉を聴かせています。相変わらずレベル高いです。R&Bテイストのブルース・ロック・ファンは聴いて損はない好盤。

  • WHALEFEATHERS / WHALEFEATHERS

    アメリカン・サイケ&ブルース・ハード、71年作2nd

    69年にオハイオで結成された4人組サイケ&ブルース・ハード・ロック・バンド。71年にリリースされた2ndアルバム。クリームと初期フリートウッド・マックを行ったり来たりするような8分を超えるオープニング・ナンバーから本格派ぷんぷん。低重心で手数多く叩きまくるドラム、ハードエッジな中にも憂いがたっぷりなアルペジオやリフ、くすんだトーンで早弾くハモンド・オルガン、そして、クリーム直系のメロディ・ライン。リズム・チェンジし、ブルース・ロックに展開した後のセクシーなトーンのリード・ギターはまるでピーター・グリーンばりの素晴らしさで特筆です。マイナーながらR&B〜サイケ〜ブルース・ロックの流れを汲み、ハード・ロックへと突入したサウンドは、クリームやスプーキー・トゥースやプロコル・ハルムのファンはたまらないでしょう。これは名作です。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!