プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

いぶし銀ギタリスト〜英ロックにコクと渋みを加える名脇役たち

「3大ギタリスト?誰のことだ?そんなことはお構いなしさ。俺たちゃ、好きな音楽とウイスキーがあれば充分なのさ。」

R&B〜サイケ〜ブルース・ロック〜ハード・ロックと連なるブリティッシュ・ロック・シーン。
そんな豊かなブリティッシュ・ロックを語る上で、主役を張る3大ギタリストとともに、渋い名脇役の存在も忘れてはいけません。 彼らが紡ぐアーシーでメロウなフレーズは、派手さこそないものの、英国ロックの旨味と香りを一層引き立て、グッとシーンの奥行きを広げています。

今こそ彼らいぶし銀ギタリストにスポットライトを!
ビールとウイスキーを飲みながら、今夜はコクのあるグルーヴに酔いしれましょう。

KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT

試聴 Click!

いぶし銀ギタリストの筆頭と言えば、FREEのPaul Kossoffでしょう!FREE解散後、山内テツらと組んだグループ。71年の唯一作より。雄弁な「間」がたまらないアーシーでメロウなギターはグッときますね。

TRAFFIC

試聴 Click!

メロディを紡がせたらこの人の右に出るものは居ないギタリスト、Dave Mason。天才R&Bシンガー、Steve Winwoodと組んだグループがTRAFFICの2ndより。アーシー&メロウなメロディ。Dave Masonのメロディ・メイカーとしての才能が光る名曲です。

HUMBLE PIE

試聴 Click!

ご存知SMALL FACESのヴォーカル、Steve Marriott率いるグループですね。Dave Clempsonのギターが冴える3rdより。コシのあるギター・トーンがたまりませんね。Dave Clempsonは、前所属のグループCOLOSSEUMのライヴ盤も必聴です。

SPOOKY TOOTH

試聴 Click!

TRAFFICは好きだけど、SPOOKY TOOTHは聴いたことがない? Gary WrightとMike Harrison、2人のVo兼Key奏者が醸し出すコクが溢れる名グループですね。Luther Grosvenorのタメの効いたギターもまた素晴らしい。ソウルフル&アーシー&グルーヴィー!

KEEF HARTLEY BAND

試聴 Click!

英R&B/ブルース・ロック・シーンの中心人物Keef Hartley率いるグループ。このグループのサウンドの要が、ギタリストのMiller Anderson。ブルージー&グルーヴィーなギターが絶品。ヴォーカリストとしも一級品。彼のソロ作も必聴です。

TEAR GAS

試聴 Click!

センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドの前身として知られるグループですね。ハードな2ndに比べてアーシーで旨味ある1stよりご紹介。ギタリストZal Cleminsonは要チェックです。

SNAFU

試聴 Click!

元TRAMLINE〜JUICY LUCYで後にWHITESNAKEでも活躍するいぶし銀ギタリストMicky Moody率いるハード・ロック・バンド。73年作1stより。アーシーなハード・ロックから哀愁のフォーク・ロックまで彼のギターが躍動する名作。JUICY LUCYも必聴!

ARC

試聴 Click!

ツイン・ギターが絶妙にタメの効いたブルージー&メロウなフレーズを応酬し、英国的な叙情性に満ちたピアノが絡み、雰囲気抜群なヴォーカルが荘厳なメロディを静かに歌い上げる!ギタリストのJohn Turnbullは、後にIan Duryのバック・バンドとして活躍。

SHARKS

試聴 Click!

NUCLEUSなどで活躍した旨味溢れるいぶし銀ギタリストがChris Spedding。彼が元FREEのベースAndy Fraserと結成したグループ。タメの効いた芳醇なグルーヴ、哀愁溢れるメロディ、音数少ないながらも雄弁なギター。たまりませんね。

BRIAN DAVISON'S EVERY WHICH WAY

試聴 Click!

音と音の「間」のなんと雄弁なこと。枯れた哀愁が胸に染みる名曲をご紹介。元NICEのドラマーBrian Davisonと後にARCなどで活躍する実力派シンガーGraham Bellを中心とするグループですね。ギタリストのJohn Hedleyは後にマドンナやコステロとも共演!

PATTO

試聴 Click!

冒頭のスリリングなリードに痺れまくり!ギタリストは、ご存知Ollie Halsall!TEMPEST〜BOXER〜RUTTLESで活躍し、Kevin Ayersにも徴用されるなど、英ロックを代表するいぶし銀ギタリストですね。

BLODWYN PIG

試聴 Click!

初期JETHRO TULLのギタリストMick Abrahams率いるブルース・ロック・グループ!ブラスやフルートをフィーチャーした熱気溢れる2ndより。

KEN HENSLEY

試聴 Click!

Ken Hensleyと言えば、言わずと知れたURIAH HEEPのKey奏者ですが、ギタリストとしても一流なんですよね。この曲でのタメの効いたメロウなフレーズからは、これぞ英国!と言える旨味が滲み出てますね☆

ASHKAN

試聴 Click!

70年にDECCAよりリリースされた唯一作より。後にFLEETWOOD MACに加入するギタリスト、Bob Westonが中心。ヘヴィな中にも歌心溢れるリフ、スリリングなソロともにさすがのセンス!英国ヘヴィ・ブルース・ロックの名作ですね。

JOHN DUMMER\'S OOBLEEDOOBLEE BAND

試聴 Click!

ソロ作も人気のギタリストDave Kelly!姉さんのJo Ann Kellyともども英ブルース・ロックを語る上で欠かせないミュージシャンですね!タメの効いたブルージーなギターはこれぞいぶし銀ですね!

Facebookコメント

在庫一覧

  • ASHKAN / IN FROM THE COLD

    FLEETWOOD MACに加入するBob Westonのスリリングなギターが炸裂する英ヘヴィ・ブルース・ロック名作、70年発表の唯一作

    70年にDECCAよりリリースされた唯一のアルバム。後にFLEETWOOD MACに加入するギタリスト、Bob Westonを中心に結成されたグループ。ヘヴィな中にも歌心溢れるリフ、スリリングなソロともに並外れたセンスを聴かせるBobのギターがやはり聴き所。英国トラッド的なマンドリンも弾きこなすなど、懐の深さも並はずれたものがあります。タイト&ルーズなリズム隊、太いシャウトを炸裂させるヴォーカルも印象的。英国ヘヴィ・ブルース・ロックの名作。

  • BRIAN DAVISON'S EVERY WHICH WAY / EVERY WHICH WAY

    元NICEのドラマーBrian Davisonと後にARCなどで活躍する実力派シンガーGraham Bellを中心とするグループ、70年作、枯れた哀愁が胸に染みる英フォーク・ロックの名作

    元NICEのドラマーBrian Davisonと後にARCなどで活躍する実力派シンガーGraham Bellを中心とするグループ。ゆったりしたテンポの中、ムーディーなサックスやフルート、エモーショナルなGraham Bellのヴォーカルが枯れた哀愁を放つメロウなフォーク・ロック。音の隙間からフツフツと溢れ出る叙情性がスッと胸に染み入ります。本当に味わい深く素晴らしすぎるメロディ。フルートの静謐な響きは、クリムゾンの「風に語りて」や「Cadence And Cascade」を想わせます。名作。

  • JOHN DUMMER'S OOBLEEDOOBLEE BAND / OOBLEEDOOBLEE JUBILEE

    英アンダーグラウンド・ブルース・ロック界の名ドラマー率いるグループ、デイヴ・ケリーやマイク・エヴァンスら名手が躍動する、これぞいぶし銀ブルース・ロック名盤!73年作

    73年にVertigoレーベルよりリリースされた通算5枚目。デイヴ・ケリーのスライド・ギターがうねりを上げるいぶし銀のブルース・ロック、ファンキーなスワンプ・ロック、元スタックリッジのMIKE EVANSのヴァイオリンをフィーチャーした「いなたい」フォーク・ロックなど、いずれも熟成された味わい深いサウンドが絶品の好盤。

  • KEEF HARTLEY BAND / HALFBREED

    ジョン・メイオール率いるブルースブレイカーズを経て、キーフ・ハートレイが結成したリーダー・グループ、69年作1st

    ジョン・メイオール率いるブルースブレイカーズを経て、キーフ・ハートレイが結成したグループ。69年にデッカ傘下のデラムよりリリースされた1stアルバム。キーフのタイトで重みのあるスリリングなドラム、キーフが自伝の中で「今でも俺はロバート・プラントより良いヴォーカルだと思ってるぜ」と絶賛するミラー・アンダーソンのエモーショナル&ソウルフルなヴォーカル&雄弁なブルース・ギター、そして、ゲスト参加したヘンリー・ローザーの英国らしく淡くむせぶジャジーなトランペット。ウッドストックに出演し、本場米国のブルース・マンも魅了した英ブルース・ロックの傑作。派手さはないものの、聴けば聴くほどに味わいが増す、激渋&いぶし銀の逸品です。

  • KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT / KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT

    フリー解散後のポール・コゾフとサイモン・カークがベーシスト山内テツ&Key奏者ラビットと結成したグループ、71年唯一作

    70年のFREE解散の後、Paul KossoffとSimon Kirkeが、後にFACESでも活躍する日本人ベーシストの山内テツと米国人Key奏者RABBITを迎えて結成したグループ。71年の唯一作。RABBITことJohn Bundrickが10曲中5曲の作曲を担当。RABBITがもたらしたアメリカン・ロック的なアーシーな哀愁とPaul Kossoffのギターによる英国叙情に富んだブルース・フィーリングとメロウネス。繊細さと憂いに溢れたセンシティブなブリティッシュ・ロックの逸品。音と音との「間」の雄弁さはさすが。専任ヴォーカリストの不在が弱点として言われますが、RABBITやSimon Kirkeの誠実な歌声がメロディの繊細な魅力を見事に引き出しています。

  • SHARKS / FIRST WATER

    Andy FraserやChris spedding率いる英ハード・ロック・グループ

    Andy Fraser(b)、Chris spedding(g)、Marty Simon(Dr)、Snips(Vo)の4人によるグループ。73年作の1stアルバム。英国的哀愁を感じさせるスワンピーで骨太なアンサンブルとダミ声シャウトのヴォーカルが印象的なたそがれ英ハード・ロック。FACESあたりに通ずる滲み出る「いなたさ」が良い感じ。

  • TEAR GAS / PIGGY GO GETTER

    いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのギターが冴え渡る、牧歌的かつエッジの効いた英ハード・ロック名作、70年リリース1st

    英国はグラスゴー出身。後にアレックス・ハーヴェイと出会い、センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドへと発展するグループ。70年作の1st。前半は、アコースティック・ギターのバッキングを活かした英国的な牧歌性も感じさせるサウンドで、後半はツェッペリンも意識したハード・エッジなサウンドへとシフト・チェンジ。聴き所は、なんといってもZal Cleminsonのギター。コシのある歪みで、タメの効いたリフ、鋭角に畳みかけるスリリングなリードともに懐深く弾いていて、パトゥのオリー・ハルソールあたりにも通じる、ブリティッシュならではの陰影に富んだいぶし銀のフレージングが光っています。リズム隊も特筆で、特にベースのChris Glenは、後にMSGにも参加する名手。クリームのジンジャー・ベイカーにも負けないセンス抜群のベースを響かせています。2ndはハード・ロック化しますが、本作は、深い森に迷い込んでしまったような幻想性や陰影が感じられるのが特徴。渋くメロウなスルメ名盤です。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!