プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

中南米サイケ冒険記〜MotorPsycle Diaries〜 3.覚醒のペルー篇

サイケデリック・ロックが産声を上げる遥か昔から、中南米の先住民族インディオの間で、宗教儀式や治療に用いられてきた幻覚剤。

1950年代、メキシコのインディオのもとを訪ねたアメリカの菌類学者(銀行副頭取でもあった)、R.ゴードン・ワッソンは、その大地に自生する幻覚キノコを服用する。 かつてない強烈な体験を味わったワッソンは、57年、その時の体験記を『LIFE』誌に発表。それは、幻覚剤がもたらす幻覚作用、意識拡張、いわゆる、のちに云う「サイケデリック体験」というものが、はじめて公に発信された瞬間だった...。

中南米の大地に根を張る、サイケデリックの太い幹。ここでは、そのサイケデリック・カルチャーの根源とも云うべき「中南米」の世界を、サイケデリックをキーワードに、ロック・ファンのみなさんを連れ立って、冒険して行こうと思います。

題して、<MotorPsycle Diaries>。

キューバ革命で知られるアルゼンチン出身の革命家=チェ・ゲバラの青春放浪記<Motorcycle Diaries>にちなんで、彼の辿ったルートをなぞりながら、南米大陸を北上していきます。

第三弾は、覚醒のペルー篇!南米一の「美メロ」産出国でもあります。

LOS SHAIN'S

試聴 Click!

チリ篇の終盤、「チリのグレイス・スリック」こと食堂の女といい仲に。有頂天の極みに達したのだが...。一夜明け、薄暗いモーテルの部屋、猛烈な勢いでドアをノックする音。「おい!テメエか!俺たちのスリックお嬢様に手を出したのは!」...逃げろっ!

TELEGRAPH AVENUE

試聴 Click!

惜しい想いをたち切り、モーテル裏手の窓をぶち破る。裏口に停めてあったバイクにまたがり、猛烈な勢いで逃走。そのまま越境し、しばらく狂ったように只々バイクを走らせる。まもなく心に浮かんできたのは、故郷に残してきた、お洒落なあの娘の面影...

TARKUS

試聴 Click!

そういえば、お洒落なあの娘が旅立ちの日に言っていた。「手紙、書くね」と。約束のポストオフィスを訊ねると手紙が届いていた。「突然ですが...伯母様の決めた人と結婚することになりました。一緒になろうねって約束してたけど...ごめんなさい」いやだぁぁ!

TRAFFIC SOUND

試聴 Click!

故郷から届いた、突然の別れの手紙。スリック似の愛人を失い、数時間後には結婚を約束した故郷の恋人を失うなんて...。待てよ。だいたいこの旅に、本来、色恋沙汰なんて求めてなかったんだ。もういちど初心に立ち返って、歩を進めよう。

LAGHONIA

試聴 Click!

放浪するのさ。人生は「恋」と「革命」だって誰かが言ってたけど、恋はしばらくいいや。僕には「革命」があれば充分さ...。中南米版の『イージーライダー』があったとしたら、本家でTHE BAND「The Weight」が流れる荒野のシーンで流してほしい曲。

WE ALL TOGETHER

試聴 Click!

恋はしばらくいいや。うん。僕には「革命」があれば充分さ。うん。うん?うぅぅ...だあぁ〜、だめだっ!今夜一晩だけは、君との想い出に浸らせてくれ。楽しかった日々を胸に、この曲とともに。ビートルズ〜バッドフィンガー直系の「美メロ」に落涙。

GERARDO MANUEL & EL HUMO

試聴 Click!

追加。LOS SHAIN\'S等で活躍したギタリストを中心に結成された南米屈指のヘヴィサイケバンド。70年傑作1st。ラテン色全開のリズム隊を土台に、いななくように痙攣するファズとサスティーンを効かせたメロウなツインギターが絡み合う表題曲が圧巻!

Facebookコメント

在庫一覧

  • LAGHONIA / ETCETERA

    ペルー産オルガン・サイケ、南米サイケ屈指の傑作、71年リリース

    ペルーの5人組サイケ・バンド、71年傑作2nd。時にシリアス、時に夢幻的なサウンドを奏でる圧倒的な表現力のオルガンを軸に据えた、南米サイケ屈指の傑作。英国からの影響を多分に感じさせる虚ろげなブルース・サイケ・ハードM1、哀しく不穏な調べの単音ギターリフと神妙なコーラス、そしてシリアスなチャーチ調オルガンが彼岸へと導くM2、英語詞の名サイケ・ポップ曲M4等、曲の良さ、凝ったミキシングともにメジャー級の完成度です。パーカッションやカッティングで垣間見えるファンキーなエッセンスも絶妙なさじ加減。全サイケ・ファンに自信を持って推薦します。

  • TARKUS / TARKUS

    南米ペルー出身、72年作、ヘヴィ・サイケ/辺境サイケ・ファンには絶対に避けて通ってほしくない、踏み絵のような名盤!

    南米ペルー産の4人組サイケ・ハード/ヘヴィ・サイケ・バンド。本作は、オリジナルがわずか50枚しかプレスされなかったという激レア辺境サイケの秘宝盤。72年作。南米ソフト・サイケの名グループとして知られるTELEGRAPH AVENUEのメンバーが在籍するだけに、ヘヴィなリフを奏でるファズを軸とした音の渦のなかに見え隠れするアレンジ&ユーモアの妙は特筆もの。そしてやはり抑えきれないラテンの血、ブシュブシュと音をたてて吹き出しているかのようです!「叫び」とは本当はこういうことを指すのだろうな、と思わせる激情ヴォーカルはもう絶品。ヘヴィ・サイケ/辺境サイケ・ファンには絶対に避けて通ってほしくない踏み絵のような名盤です!ジャケも渋い!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!