プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ユーロ・ロック最果てへと誘うユーロ産サイケ・コレクション

ANALOGY

試聴 Click!

ヌードジャケが秘宝臭をぷんぷんさせる独伊混合グループによる72年デビュー作。カトリックなのかプロテスタントなのか分かりませんが、クラシカルな気品や荘厳さもあって、いい塩梅でハードだし、女性ヴォーカルはゴングのジリ・スマイスを気だるくミスティックにしたような雰囲気だし、これは正統的な秘宝!?

BRAVE NEW WORLD

試聴 Click!

ドアーズと同じく『知覚の扉』からインスパイアを受けたサイケデリック・バンドをドイツで発見!サイケで前衛的だけど、全体の印象としてはマジカル・ポップ!ジャケもクール!

MY BROTHER THE WIND

試聴 Click!

ホークウィンドやサバスのDNAに中近東フレイヴァーや北欧トラッドのリリシズムなどをまぶしたサウンドは圧倒的なスケール!アネクドテンのギタリスト&メロトロン奏者など在籍のサイケデリック・ジャム・バンド2011年作!

AKTUALA

試聴 Click!

アラビック・オーボエ、竹笛、フルート、ピッコロ、サックス、クラリネット、モロッカン・ボンゴ、アフリカン・ドラム、タブラ。サイケデリック且つオリエンタルなイタリアの名品。

AHORA MAZDA

試聴 Click!

ドアーズやグレイトフル・デッドなんかが好き?アムステルダムのヒッピー文化の震源地と言えるライヴ・ハウスFANTASIOを拠点に活動したこのグループなんて、オススメですよ〜。

BRAINTICKET

試聴 Click!

ドイツ/イタリア/スイス人で構成、ドイツを拠点に活動したサイケデリック・ロック・グループが73年に発表した3rd。

MONUMENT

試聴 Click!

なんとドアーズや初期フロイドへの回答と言えるバンドが70年代はじめのフランスに居たとは!ピンク・フロイドの「天の支配」をガレージ・パンク化したようなオープニング・ナンバーなんて必殺もの。

GUY SKORNIK

試聴 Click!

フランスらしい静謐でドリーミーなリリシズムに溢れつつも、実験精神にも満ちたアーティスティックな美曲ぞろい。フロイドの『おせっかい』あたりのファンから、レイト60sのサイケ・ポップのファンまでオススメできる仏EMIからの71年作。

YURY MOROZOV

試聴 Click!

なんと旧ソ連産のアンダーグラウンド・サイケ秘宝!73年作っ!

ALGARNAS TRADGARD

試聴 Click!

サードイヤーバンドを想わせる不穏な古楽器の響き、ホークウィンドの如く天空へと高く飛翔するヴァイオリン、全編を包みこむ、深く煙る北欧の霧のような音響エレクトロニクス。サイケデリック効果を生み出す音楽的手段はすべて注ぎ込んだかのような傑作。

KEBNEKAJSE

試聴 Click!

アメリカ南部生まれのデヴィッド・アレン!? サザン・ロック的な豪快さとゴングばりのサイケ感やユーモアが融合!?そんなコピーが浮かぶスウェーデンのバンド、71年デビュー作。

HARVESTER

試聴 Click!

テリー・ライリーの門下生らが結成した「北欧のAMON DUUL」の異名をとるスウェーデンの名グループ。アンビエンスな音響サイケデリア名品。

FLASKET BRINNER

試聴 Click!

ARBETE OCH FRITIDに通じる「泣き」と「笑い」が滲み出る北欧民謡の主旋律、北欧サイケ的な「混沌」を孕んだジャジーかつエネルギッシュな強度満点のアンサンブル。北欧を代表するKey奏者兼コンポーザーのBO HANSSONがオルガンで参加!

TRAD GRAS OCH STENAR

試聴 Click!

幾度も改名を重ねながら今なお進化し続ける、スウェーデン随一のサイケグループ。オーロラが放つ電磁波のような痙攣的ファズギターとオルガンが重くのしかかる深いアシッド感。どこか牧歌的な雰囲気を宿した作風はMEDDLEあたりのフロイドに通じる印象。

LE STELLE DI MARIO SCHIFANO

試聴 Click!

まさか1967年のイタリアに、こんなアンダーグラウンドなガレージ/サイケ盤が産み落とされていたとは・・・。画家のコンセプト主導でミラノの若手ガレージバンドが録音した、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのイタリア版と言える名作!

AMPHYRITE

試聴 Click!

なんとフランスのヘヴィ・サイケ・トリオ。73年作。幽玄なギターが彼岸へと先導するドロ〜リとした酩酊セッション、退廃的とも言えるリフの暗黒さは、やはりアメリカのそれとは一線を画すフランスならではのもの・・・

BARIS MANCO

試聴 Click!

ルパン3世や西部警察のテーマを思い起こさせるサウンドを軸に、こぶしを効かせたエキゾチックなヴォーカルとオリエンタルかつスペーシーなシンセが渦巻く曲なんて、ただただ至高!ターキッシュ・サイケ迷作!

Facebookコメント

在庫一覧

  • AHORA MAZDA / AHORA MAZDA

    オランダはアムステルダムのサイケデリック・バンド、70年唯一作、酩酊感たっぷりのフルートに悶絶!

    アムステルダムのヒッピー文化の震源地と言えるライヴ・ハウスFANTASIOを拠点に活動したオランダのアンダーグラウンド・サイケデリック・バンド。たっぷりのエコーに包まれたファズ・ギターによる浮遊感あるリズム、酩酊感と幻想感いっぱいにたゆたうフルート、気だるくもメロウな男性ヴォーカル、ボコボコと霧の向こうから聴こえてくるようなドラム。混沌とした感じはなく、いつまでも浸っていたい、メランコリックな音像がたまりません。ゴングが入ってくると、フランスのゴングに近いサイケ・ジャズ・ロック感も漂ってきてこれまたクール。サイケ・ファン、フルート入りのカンタベリー・ミュージックのファンにはオススメです。

  • AKTUALA / AKTUALA

    イタリア出身、エンブリヨやポポロ・ヴーに通じるサイケデリック且つオリエンタルなサウンド、73年作1st

    イタリアはローマで結成。中近東や北アフリカやアジアの民族音楽にフリージャズやサイケのエッセンスも加えたオリエンタルなプログレ・グループで、フランコ・バッティアートに見いだされて、BLA BLAレコードと契約、73年にリリースされたデビュー作。楽器クレジットにはアラビック・オーボエ、竹笛、フルート、ピッコロ、サックス、クラリネット、モロッカン・ボンゴ、アフリカン・ドラム、タブラなどが書かれています。 悠久の大地を感じさせるゆったりとたおやかで映像喚起的なアンサンブルを軸に、時にフリー・ジャズのテンションあるアンサンブルをはさむサウンドは難しさはまったくなく、たいへん聴きやすく心地よく、マウロ・パガーニあたりのファンは楽しめるでしょう。これは好作品です。

  • BRAINTICKET / CELESTIAL OCEAN

    ドイツ/イタリア/スイス人で構成されるジャーマン・サイケ・グループ、73年作3rd

    ドイツ/イタリア/スイス人で構成、ドイツを拠点に活動したサイケデリック・ロック・グループが73年に発表した3rd。本作から本格参加した女性ヴォーカル兼シタール奏者Carole Murielの存在感が発揮された作品で、彼女の奏でるシタール、タブラ、そして電子音とヴォイスSEが絡み合うコラージュ的な音像が特徴。トライバルな響きを創出するパーカッションやトリップ系のSEのバリエーションも前作以上、M6やM7で顕著な音響的なサイケ効果もグッと拡張してます。勿論、グループの核である浮遊系のフルートは健在です。USから派生したエクスペリメンタル/電子サイケの一例としても聴いておきたい作品ではないでしょうか。

  • BRAVE NEW WORLD / IMPRESSIONS ON READING ALDOUS HUXLEY

    知る人ぞ知るジャーマン・サイケの名盤、ドイツVERTIGOからリリースされた72年作

    ドイツのグループ、72年2nd。いかにも“クラウト・ロック”という雰囲気のサイケデリックで前衛的なサウンドですが、優美なフルートやパーカッションをフィーチャーしているためか、無機的な感じはなく音やアンサンブルに温かみがあるのが印象的。シンセもまた有機的な響きで、背後にクラシック音楽が霞むなど、豊かな音楽的素養を感じさせます。気難しさもなく、全体の印象はマジカルでポップ。素晴らしい作品です。音響エンジニアはThomas Kukuck。ちなみにタイトルにあるAldous Huxleyとは、DOORSの名前の由来となった「Doors of Perception」(邦題: 知覚の扉)の著者のこと。

  • FLASKET BRINNER / FLASKET BRINNER

    Silenceレーベルより71年にリリースされた作品、サイケデリック&ジャジーでエネルギッシュな北欧ロック悶絶の名作

    北欧はスウェーデンのグループ。SILENCEレーベルより71年にリリースされた作品。MOTHERS OF INVENTIONのオープニング・アクトとして出演したライヴを録音したものに、一部スタジオ・ライヴを加えた構成。ドラムが壊れんばかりの力強くアグレッシヴなリズム隊をバックに、いかにも北欧らしいジャズ/サイケ/アシッド感がある重たいサックスが地を這うアンサンブルは、「暴走」と「混沌」が掛け合わさり、これでもかとエネルギッシュに迫ります。演奏のソリッド感と強度はかなりのもの。これは悶絶のカッコ良さ!後に北欧を代表するKey奏者兼コンポーザーとして名を馳せるBO HANSSONがオルガンでゲスト参加。北欧のAl Kooperと言いたくなるグルーヴィーなオルガンを炸裂させています。このグループはオススメです!

  • GUY SKORNIK / POUR PAUWELS

    仏EMIからの71年作3rd、気品あるアーティスティックなメロディと実験精神に溢れた気鋭のアート・プログレ名作

    67年にビート・ロック・シンガーとしてデビューしたフランスのSSW。仏EMIより71年にリリースされたプログレッシヴな3rd。この当時はまだリリースされていないピンク・フロイド『狂気』の「Us And Them」を彷彿させる幻想的なオープニングから期待度が高まります。エコーに包まれたリリカルで気品あるピアノ、初期クリムゾンのマイケル・ジャイルスを彷彿させるシャープ&タイトに引き締まったドラム、動きまくるベース、フリーキーでいて洗練されたファズ・ギター、神秘的なシタールやハープシコード、ここぞで静かに鳴り響く(恐らく)メロトロン。メロウなヴォーカルも特筆。これは素晴らしい!フランスらしい静謐でドリーミーなリリシズムに溢れつつも、実験精神にも満ちたアーティスティックな美曲ぞろい。フロイドの『雲の影』『おせっかい』あたりのファンから、レイト60sのサイケ・ポップのファンまでオススメできる逸品。オススメです。

  • MY BROTHER THE WIND / I WASH MY SOUL IN THE STREAM OF INFINITY

    アネクドテンのギタリスト&メロトロン奏者在籍のサイケデリック・ジャム・バンド、2011年作、圧倒的なスケールで迫る名作!

    ANEKDOTENのギタリスト&メロトロン奏者、Nicklas Berg、MAGNOLIAのベーシスト、Ronnie Eriksson、MAKAJODAMAのギタリスト、Mathias Danielssonの三人が集まったサイケデリック・ジャム・バンド。2011年作の2nd。オープニング・ナンバーから、HAWKWINDやスウェーデンのTRAD GRAS OCH STENARらの遺伝子を継ぐ長尺のヘヴィ・サイケ・ナンバーが炸裂。かと思うと、中近東フレイヴァーのアコースティックなナンバーがあったり、サバスなど70年代ハード・ロック直系のナンバーがあったり、さすがこの3人、スケールが大きい!轟音ヘヴィネスと繊細なリリシズムとが絶妙にブレンドしたサウンドは圧巻。名作です。

  • YURY MOROZOV / CHERRY GARDEN OF JIMI HENDRIX

    なんと旧ソ連産のアンダーグラウンド・サイケ秘宝、73年作

    なんと旧ソ連で73年にリリースされたアンダーグラウンド・サイケ秘宝。事前情報なく音を聴いたら、だれも閉ざされた旧ソ連の音楽とは思わないでしょう。木漏れ日感といいますか、夢見心地といいますか、桃源郷といいますか、そんな柔らかにたゆたう心地よさの中を、弛緩したファズ・ギターが流れてきたり、突如、クラシカルなハモンドが流れたり、スペーシーなシンセがかぶさってきたり、エコーたっぷりに寄声が発せられたり、郷愁と狂気が入り乱れたサイケデリック・サウンドが展開されています。ロシア語で歌われていますが、語感が北欧にも近いため、スウェーデンのMNWレーベルのサイケ作品に近い印象も感じます。シド・バレットも好きで、ブライアン・ウィルソンも好きなローファイ・サイケ・ファンなら間違いなく楽しめるでしょう。こんな作品が70年代はじめのソ連で生まれていたとは!