プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

00年代の北欧スウェーデン産プログレ新鋭特集!

北欧ロックの魅力って?カケレコが考える北欧ロックの魅力とは、英米音楽と自国の音楽を巧みに混ぜ合わせて、キャッチーな音楽を作り上げる折衷センス。しかもそれがびっくりするぐらいハイセンスなこと!

KAIPAやWIGWAMやSAMLAなど70年代のグループは、英米ロックやジャズのエッセンスを軸に、北欧トラッドやダンス・ミュージックの持つリリシズムやファンタジーを加えて、熟練プログレ・リスナーを驚かせる音楽を生み出しました。

00年代以降のグループにもそんな折衷センスは脈々と受け継がれ、70年代プログレのエッセンスを、90年代のグランジ〜ポスト・ロックまで飲み込んだモダンな感覚でアレンジしたサウンドは、00年代以降のプログレ・シーンの健在を高らかに宣言しました。

北欧の青空のような突き抜けるダイナミズム、白夜のような幻想美、そして現代的な音響感覚。そんな彼らのハイ・センスな名作を巡る旅へといざ出発!

MOON SAFARI

試聴 Click!

2010年の全プログレの中でナンバーワンの傑作と言っても過言ではありません。アルバムのどこを切っても止めどなく溢れるファンタスティックなメロディと豊かなハーモニー。北欧らしい透明感に包まれた詩情豊かなアンサンブル。これ以上はありえない極上のメロディ。

SIMON SAYS

試聴 Click!

スウェーデン出身、GENESISからの影響が色濃いシンフォニック・ロック・グループ、08年作の3rd。キーボードとギターが絡むキメのパートでのドラマティックさは本家GENESISと比べても引けを取ってませんよね。ジェネシスのDNAを継ぐ北欧新鋭の筆頭格!

INTROITUS

試聴 Click!

Key奏者と女性Voの夫妻を中心に、その子供達も参加するBenderファミリーを中心とする新鋭バンド、2014年作の3rd。北欧らしいヒンヤリと透明感あるシンフォニック・サウンドに、女性ヴォーカルとメランコリックなメロディが美しく映える北欧シンフォの快作!

BROTHER APE

試聴 Click!

目も眩むほどきらびやかな音響効果と70年代北欧プログレを受け継ぐ優美なメロディーラインの組み合わせが絶品な新鋭。13年作6th。北欧らしい透明度の高いヴォーカル&コーラス・ワークも抜群の素晴らしさ!

FREDDE GREDDE

試聴 Click!

天才と言っても、この人の場合は近寄りがたい感じではなく、ほのぼのハートフル。あのムーン・サファリに一人で対抗できる、と言っちゃっても過言ではない!?圧巻の14年作2nd!

HIDDEN LANDS

試聴 Click!

2012年に結成され同年にデビューしたスウェーデンの新鋭プログレ・バンド。2014年作2nd。この透明感溢れるリリシズムとファンタジー。これぞ北欧プログレの魅力ですよね。アネクドテンに通じるタイトさもまた特筆!

BEARDFISH

試聴 Click!

キング・クリムゾンとジェントル・ジャイアントのファンだった2人が結成したスウェーデン新鋭、2015年の8thアルバム。クリムゾン『レッド』からの影響をベースに、物悲しい北欧的リリシズムとともに、スウェーデンならではのポップ・センスも注入した快作!

KLOTET

試聴 Click!

KEBNEKAISEやSAMLAなどの遺伝子を受け継いだグループも紹介。粒立ちの良いトーンのギター、変拍子バリバリで先の読めないスピーディーな展開、変幻自在のテクニック、溢れるセンスとユーモア。痛快ですね☆

A SECRET RIVER

試聴 Click!

ずばり「ピンク・フロイドのメランコリーと音響感覚 meets ジェネシスの幻想美」。モダンな音響センスを持ったSSWのバックを、ヴィンテージなプログレ新鋭バンドがサポートして幻想美を加えた、というような2014年デビュー作!

CARPTREE

試聴 Click!

90年代に結成され、01年にデビューしたスウェーデンのグループ。70年代プログレの遺伝子を受け継ぎ、現代的なセンスで一層ドラマティックに聴かせる新鋭。2010年作。メロトロンを喚起させる沈み込むように重くそしてメランコリックなキーボードが特筆。

Facebookコメント

在庫一覧

  • A SECRET RIVER / COLOURS OF SOLITUDE

    「ピンク・フロイドのメランコリーと音響感覚 meets ジェネシスの幻想美」といった感じのスウェーデンの新鋭、2014年デビュー作

    スウェーデン出身、Key奏者を含む4人組バンド、2014年のデビュー作。ゆったりとメランコリックに奏でられるギターのアルペジオと北欧らしい透明感のあるリリカルなピアノ、そして、包み込むように歌う翳りあるヴォーカルとハーモニー。そんなピンク・フロイドに通じる映像喚起的なサウンド・プロダクションと叙情美が印象的なヴォーカル・パートから、インスト・パートでは一気にジェネシス的なヴィンテージな幻想美が溢れ出すのが持ち味で、繊細なタッチでまるでさえずるようなギターのリードと、そこにユニゾンであわせるハモンド・オルガンやムーグ・シンセがハートフルな音像を描きます。美しくクリアなヴォーカルとメロディも特筆で、モダンな音響センスを持ったSSWのバックを、ヴィンテージなプログレ新鋭バンドがサポートして幻想美を加えた、というような感じ。派手さはありませんが、たしかな歌心とアンサンブルのセンスを持った実力派。好盤です。

  • BEARDFISH / + 4626 - COMFORTZONE

    クリムゾンとジェントル・ジャイアントに影響を受けた北欧のプログレ新鋭、2015年作8th

    キング・クリムゾンとジェントル・ジャイアントのファンだった2人(ギターのDavid Zackrissonとシンガー/Key奏者のRikard Sjoblom)を中心に00年に結成されたスウェーデンのプログレ新鋭グループ。2015年の8thアルバム。クリーンなトーンの流麗なアルペジオとツンツンと尖ったトーンで緻密かつダイナミックに紡がれるリードとともに、『レッド』期のクリムゾンのような寂寥感とともに北欧ならではの幻想美がにじむギター。初期アネクドテンばりの荘厳&ワイルドに畳み掛けるパートから軽やかな変拍子パートまで変幻自在に操る、図太いトーンでゴリゴリと突っ走るベースとタイトなドラムによるリズム隊。これぞ北欧プログレと言えるメランコリーと荘厳さがみなぎるアンサンブルが魅力的です。そして、それらを包み込む、ヴィンテージなトーンのキーボード、透明感あるトーンで格調高く鳴り響くストリングスや映画の予告編のような映像喚起的なSEもまた絶品。そしてそして、包み込むようにエモーショナルな歌い回しから、激しくシャウトするスタイルまで表現力豊かなヴォーカルも特筆です。クイーンというかジェリーフィッシュ的なポップ・フィーリングも飛び出したり、フックに富んだメロディとモダンな折衷センスもまた印象的です。クリムゾン『レッド』からの影響をベースに、物悲しい北欧的リリシズムとともに、スウェーデンならではのポップ・センスも注入した快作。これは素晴らしい名盤です。

  • BROTHER APE / FORCE MAJEURE

    スウェーデン新鋭13年作6th、ポスト・ロック的先鋭さを持つリズムと透明感いっぱいの北欧シンフォサウンドを組み合わせた傑作!

    スウェーデンの新鋭プログレ・バンド、6作目となる2013年作。デジタルな音響で満たされた音の宇宙の中を、ピアノが叙情的に響く雄大なシンフォ・アンサンブルが駆け抜けていく1曲目で、早くも彼ら独自のサウンドの魅力に取り込まれます。ポスト・ロック以降の透明感とたおやかな広がり。時に荘厳さを、時に寂寥感をうみだすメロトロン。肉感的なドラムとデジタルななシーケンスが融合した躍動感いっぱいのリズム。クリアで伸びやかなハイトーンの歌声と繊細かつエモーショナルな歌唱が光るヴォーカルとフックに富んだキャッチーなメロディ。往年のプログレ・バンドのDNAを継いだ幻想性と北欧ならではの叙情美、そしてポスト・ロック以降のモダンなセンスとがブレンドしたスタイリッシュなシンフォニック・ロックは彼らならではであり、いかにも北欧らしいハイブリッドさと言えるでしょう。2010年代屈指と言える北欧プログレの傑作です。

  • CARPTREE / NYMF

    スウェーデン、ドラマティック&シアトリカルな新鋭シンフォ・グループ、圧倒的にドラマティックな2010年作!

    90年代に結成され、01年にデビューしたスウェーデンのグループ。70年代プログレの遺伝子を受け継ぎ、現代的なセンスで一層ドラマティックに聴かせる新鋭。2010年作。一曲目のイントロから分厚く広がるキーボードにSEやオーケストレーションが一体となり、圧倒的な荘厳さで迫ります。そしてヘヴィなギターが重く炸裂するパート、リリカルなピアノをバックにシアトリカルなヴォーカルが美しいメロディを繊細にそしてエモーショナルに歌い上げるパートなど、「静」と「動」の間をダイナミックに行き交うドラマティックなアンサンブル。メロトロンを喚起させる沈み込むように重くそしてメランコリックなキーボードも印象的。これは名作です!

  • FREDDE GREDDE / BRIGHTER SKIES

    こ、このアーティストは、ずばり、ほのぼのハートフルな奇才!あのムーン・サファリにたった一人で対抗できる愛すべきマルチ・ミュージシャン!14年作

    スウェーデン出身のFredrik Larssonによるソロ・プロジェクト。2014年作の2nd。ドラムがサポートしている以外は、キーボード、ギター、ヴォーカルなどすべての演奏をおこなうマルチ・プレイヤー&コンポーザー。オープニング・ナンバーからもうあまりにファンタスティックなシンフォニック・ロックに感動しっぱなし!アコギの爪弾きと優美なメロトロンが柔らかに絡むイントロ、そこから繊細なタッチのギターが伸びやかにリリカルなリードを奏で、後ろでは、ピアノがコロコロとファンタスティックに転がり、ヴィンテージなトーンのムーグ・シンセもシンフォニックに躍動。甘い歌声のハートフルなヴォーカルがキャッチーなメロディを歌い上げると、ムーン・サファリをはじめて聴いた時と同じくらいの感動が待っています。ハーモニーも素晴らしい。ベースはゴリゴリで、イエス直系プログレ・バンドと同じ香りがぷんぷん。ドラムはツーバスでドコドコなのですが、メタルっぽさはまったくなく、「プログレ・ハード」として全体としてはファンタスティックな印象なのがおもしろいところ。変拍子もとめどないんですが、テクニカルな印象はなく、やはりどこまでもファンタスティック。凄まじい躍動感と溢れるファンタジー。イエスやジェネシスのDNAを受け継ぎつつ、ヘヴィでいてマイルドという独特な感覚も併せ持ったオリジナリティ溢れるシンフォニック・ロックを聴かせます。ムーン・サファリの持つファンタジーや歌心をそのままに、スピード感を加えた感じで、ハートフルで痛快で奇想天外で、こ、これは凄いアルバム!このアーティストは当初、Youtubeから人気が出たみたいで、クラシックの名曲に歌詞を付けて動画があったり(これ凄いです)、クリスマス・ソングやゲーム音楽を弾き語ったり、色々ありますので、是非、チェックしてみてください。

  • HIDDEN LANDS / LYCKSALIGHETENS O

    北欧らしい幻想性が溢れるスウェーデンの新鋭、2014年作2nd

    2012年に結成され同年にデビューしたスウェーデンの新鋭プログレ・バンド。2014年作2nd。ツインKey編成の5人組だったデビュー作からKey奏者一人が抜け、4人組となって制作。12分を超えるオープニング・ナンバーなど、柔和で幻想的だったデビュー作と比べ、演奏は洗練されてソリッドになり、音のみずみずしさと艶もまし、モダンなプログレとしてのダイナミズムがグッと増した印象。アネクドテンを彷彿させるようなタイトで力強いドラムとアグレッシヴな轟音ベースによるソリッドなリズム隊を土台に、ヴィンテージなオルガンと北欧らしい透明感を湛えた浮遊感あるキーボードがファンタジックに広がります。エモーショナルなハイ・トーンのヴォーカルとキャッチーかつメランコリックなメロディもまた魅力的。バンド名を冠した19分を超えるラスト・ナンバー「Hidden Lands」では、繊細に紡がれた音がタペストリーのように交差しながら静謐でファンタスティックな音を描く、このバンドならではの幻想美が印象的です。これは素晴らしい作品!

  • INTROITUS / ANIMA

    スウェーデン出身、父・母・息子・娘のBender一家4人を中心とするシンフォニック・ロック新鋭、2014年作3rd、澄み切った女性ヴォーカルが美しい北欧らしい逸品

    キーボード奏者でコンポーザーのMats Benderを中心に、妻のAnna Jobs Bender(リードVo)、息子のMattias Bender(ドラム&バッキングVo)、娘のJohanna Bender(バッキングVo)を配した、Benderファミリーを中心とするスウェーデンのシンフォニック・ロック・グループ。2014年作の3rd。北欧らしい叙情がこぼれる澄み切ったトーンのピアノ、そして、厳粛にたなびくキーボードをバックに、高らかに鳴り響くムーグ・シンセのリード。そんなシンフォニックなキーボード・ワークを軸に、モダンなトーンのギターがヘヴィネスや明瞭さを加えるアンサンブルが持ち味。クリアなハイトーンの伸びやかな女性ヴォーカルも絶品です。北欧らしいヒンヤリと透明感あるシンフォニック・サウンドに、女性ヴォーカルとメランコリックなメロディが美しく映える北欧シンフォの快作!

  • MOON SAFARI / LOVER'S END

    これでもかと叙情性溢れるファンタスティックな北欧シンフォ、名作の1st&2ndに次ぐ、大傑作3rd!

    スウェーデンのシンフォニック・ロック・グループ、2010年作3rd。もう1曲目のイントロから必殺!コロコロとしたトーンの愛すべきリリカルなピアノではじまり、ハーモニカがそっと叙情を添えるイントロ。こんなファンタスティックで郷愁を誘うサウンドってそうそうありません。そして、透明感と親しみやすさに溢れたヴォーカルがハートウォーミングなメロディを伸び伸びと歌う。キーボードが柔らかく広がり、哀愁のオルガンが入り、そしてドラムがビートを刻み出すと、もうこのグループから溢れる叙情が聴き手の全身を幸せいっぱいに満たします。左から右からと聴き手を包み込むコーラス・ワークも見事!2曲目も躍動感いっぱいのイントロからもう素晴らしすぎます!心躍るリズムをバックに、ヌケの良いトーンのギターがどこまでも上っていくように美しいメロディを奏で、キーボードとコーラス・ワークが空間をパーっと広げる。フックのあるメロディがまたなんという素晴らしさ!3曲目も賛美歌のようなイントロからグッときてしまいますし、このまま行くとレビューがとんでもない長さになりそうです。1st、2ndも傑作&カケレコのベストセラーでしたが、本作もそれを上回る極上のメロディとアンサンブルに溢れた大傑作!凄い作品です。

  • SIMON SAYS / TARDIGRADE

    スウェーデン出身、GENESISからの影響が色濃いシンフォニック・ロック・グループ、これでもかと続くドラマティックな展開、シンフォ・ファン必聴の08年傑作!

    スウェーデン出身、GENESISからの影響が色濃いシンフォニック・ロック・グループ。08年作の3rd。2ndと比べて、キーボード、ギターともに表現力&テクニックがグッと増し、演奏のダイナミズムが一気に増しました。キーボードとギターが絡むキメのパートでのドラマティックさは圧巻で、本家GENESISと比べて何ら引けを取りません。感情表現豊かなヴォーカル、これでもかと叙情性溢れるメロディも絶品。次々と押し寄せるダイナミックかつドラマティックな展開には、ただただ涙。一つ一つの音に力がみなぎっています。シンフォニック・ロックのファンは必聴の傑作です。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!