プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

優美でドライヴ感いっぱい!英ファンタスティック・ロックの名作たち

さぁ、この作品たちを何と名付けましょうか?ロック?プログレ?ポップ?フォーク?中世音楽?クラシック?
穏やかな時間が流れる英国の田園風景。3度と6度の甘美な響きを用いた中世音楽から続く柔らかな歌心。そして、YES直系のロック的躍動感。この3つの要素が絶妙にブレンドされて生まれた心躍る作品たち。
『ファンタスティック・ロック』という呼び方がぴったりの英国ならではの作品をここにご紹介いたしましょう。

RENAISSANCE

試聴 Click!

クリスタル・ヴォイスのアニー・ハズラム在籍のグループ、73年の代表作『燃ゆる灰』より。純クラシカルなピアノ、リリカルなアコギと、イエスばりにゴリゴリとアグレッシヴなリズム隊による鮮やかな対比!そしてアニーの天使の美声。たまらない名曲ですね☆

GREENSLADE

試聴 Click!

デイヴ・グリーンスレイドとデイヴ・ローソンによるダブル・キーボードが魅力のグループ。1stがジャケで有名ですが、音楽的な完成度は本曲収録の2ndでしょう。優美なトーンのキーボードや幻想的なメロトロン!躍動するリズム。英国らしい歌心。良い曲だなぁ。

ENGLAD

試聴 Click!

YESとGENESISのファンタスティックな部分だけを抽出したような魅惑のサウンドは、ファンタスティック・ロックの大本命。霧がかったような音色と雰囲気がいかにも英国的でたまりませんね☆

WALLY

試聴 Click!

英クラシカル・フォーク・ロックの好グループ。Rick Wakemanがプロデュースした74年の1stより。クラシカルなピアノとヴァイオリンが彩る優美でドラマティックな名曲ですね。後半の泣きのギターとヴァイオリンのバトルが悶絶。テレビ出演映像をご紹介☆

FRUUPP

試聴 Click!

ファンタスティックな英フォーク・ロック/プログレ・グループ。74年作3rdより。優しく包み込むようなセンチメンタルなヴォーカル&メロディ。ゴリゴリとドライヴ感いっぱいなアンサンブル。これぞファンタスティック・ロック!

GRYPHON

試聴 Click!

古楽器をフィーチャーしたユニークな英プログレ・グループ。中世音楽の格調高さや優美さとYES直系のダイナミズムとの見事な融合。英国でしか味わえない、ファンタスティックで牧歌的な音世界。優しくも格調高いトーンがたまりませんね。

STRANGE DAYS

試聴 Click!

英国が誇る叙情派プログレッシヴ・ロックの至宝、75年作より。GENESISやYES直系のファンタスティックな演奏と、10ccやPILOTばりのポップ・センスとの絶妙なブレンド。ドラマティック&キャッチーな名曲!

FANTASY

試聴 Click!

お蔵入りとなった2ndより。1stに比べ、持ち前の叙情性に加えてリズムに躍動感が出て、ファンタスティックさがグッと増しています。なぜお蔵入りとなったのか不思議なほどのハイ・クオリティ!

ANTHONY PHILLIPS

試聴 Click!

初期ジェネシスのギタリスト。77年作の1stソロ・アルバム。YES的な躍動感はありませんが、やはり上げておきたい作品。ギターと木管楽器が優しく彩るサウンドは、ジャケットで描かれる牧歌的でファンタスティックな世界そのまま。

DRUID

試聴 Click!

イギリスのイエス・フォロワーの代表格。イエスゆずりの明快で硬質なバンド・アンサンブルを、イギリスの田園風景が広がる牧歌性が優しく包み込んだファンタスティックなサウンドが持ち味。これぞイギリスならではのファンタスティック・プログレ!

STEVE HACKETT

試聴 Click!

言わずとしれたGENESISのギタリスト、75年の1stソロ作。優美なアコギと柔らかく広がるキーボードが実にファンタスティック。4分過ぎからのギター・ソロはハケットを代表する名演の一つ。

GREENSLADE

試聴 Click!

アルバム以上にドラマティックな73-75年期におけるライヴ・アルバム!緩急メリハリのあるサウンドは、アルバム以上にドラマティックで、英国然とした叙情性とテクニカルな攻撃性という彼らの持つ2つの側面が際だっています。

Facebookコメント

在庫一覧

  • ANTHONY PHILLIPS / GEESE AND THE GHOST

    77年ソロ1st、これぞ英国という叙情と格調に満ちた傑作!

    ジェネシスの初代ギタリストとして活躍し、70年代後半以降はソロ・ミュージシャンとして英国的叙情性に満ちた質の高い作品をリリースしてきた彼の、記念すべき77年1stソロ。ジェネシスのメンバーであるマイク・ラザフォード、フィル・コリンズらが参加。フィリップスによる丹念に爪弾かれるアコースティック・ギターの調べを、ゆったりとおおらかに流れるシンセとリリシズムに満ちたフルートの音色が彩るスタイルを軸とした、アコースティカルな手触りのシンフォニック・ロックを聴かせます。アコースティック楽器主体の演奏ですが、中世トラッド色とよりアカデミックなクラシック的要素の両方が違和感なく一体となった、たおやかな牧歌性とともに格調高くも瑞々しい英国然とした音色が印象的。ジェネシス脱退後にクラシック音楽とクラシック・ギターを本格的に学んだというその成果が遺憾なく発揮されています。演奏のみならず組曲「Henry」におけるハイレベルな楽曲構築性なども彼の豊かな才能を証明しており聴き所。3曲あるヴォーカルナンバーは、1曲でフィリップス、2曲でコリンズがヴォーカルを取っており、特にコリンズによるヴォーカルナンバーは、ジェネシスとは趣の異なる繊細で素朴な味わい深さが大変魅力的。清冽な小川の流れ、風にそよぐ木立、一面に広がる田園など、英国丘陵地帯の情景がイマジネーション豊かに立ち上がってくるような名品です。

  • ENGLAND / GARDEN SHED

    77年リリースの唯一作にしてブリティッシュ・シンフォ・プログレの大傑作、ファンタスティックで英国叙情匂い立つアンサンブルは素晴らしすぎます!

    古くからプログレッシブ・ロックの隠れた名盤として認知されてきたイギリスのシンフォニック・ロックバンドの77年デビュー作。当時プログレッシブ・ロックは衰退、時代はパンク・ロックが台頭し移ろう中、ひっそりとリリースされた本格的なプログレッシブ・ロック作品です。YES、GENESISの影響が色濃い音楽性を持ちながらも、飛び抜けたメロディー・メイクの上手さ、メロトロンをはじめ楽曲を彩るドラマ性、そしてタイトな演奏の中にも英国然とした湿り気と叙情美を感じる音作りでファンの心を揺さぶり続ける、知る人ぞ知る傑作です。

  • FANTASY / BEYOND THE BEYOND

    英国的な幻想に包まれた73年の唯一作で名高いグループ、お蔵入りとなった幻の2nd、リリースされなかったのが不思議なほどのハイクオリティ!

    美しいアートワークも有名な英プログレの名作『PAINT A PICTURE』に続くアルバムとして制作されながら、お蔵入りとなってしまった幻の2nd。ずばりお蔵入りとなったのが信じられないほどのクオリティ前作での英国的な叙情性はそのままに、リズムにメリハリがつき、格段に洗練されたアンサンブルが印象的。ファンタスティックなキーボード、メロディアスな中にキレのあるフレーズを織り交ぜるセンスあるギター、親しみやすい歌声のヴォーカルと包み込むように歌われる英国的で流麗なメロディ、ふくよかなトーンの歌心あるドラム、よく動くメロディアスなベース。きちんとした形でリリースされていれば、英プログレ/シンフォの名作として評価されていたことでしょう

  • FRUUPP / PRINCE OF HEAVEN'S EYES

    クラシカルかつファンタスティックなアイルランドの名バンド、74年発表の傑作3rd

    アイルランドのプログレバンド、74年3rd。その内容は「太陽の王子」を主人公に展開されるファンタジックなコンセプトアルバムであり、甘くポップセンスに溢れたメロディーとドラマチックなトータル性が素晴らしい好盤となっています。シンフォニックロックバンドとして大きく成長を遂げ、壮大なバロックサウンドを描いた前作と比べると、ずいぶん親しみやすい音へとシフトしておりキャッチーなパートが目立つようになったほか、そのコンセプト性もあってか、リズミカルで軽快な曲調を中心に収録。前2作で彼らのトレードマークの1つであったストリングスセクションはシンセサイザーに置き換えられており、そのことが楽曲の持っているポップな魅力をより一層強固なものにしています。また、演劇性にも富んでおり、御伽噺のような英国然とした世界観でファンタジックに聴かせる1枚となっています。

  • GREENSLADE / BEDSIDE MANNERS ARE EXTRA

    緩急自在のツイン・キーボードを特徴とする英国叙情溢れるプログレ・グループ、73年作2nd

    COLOSSEUMのDave Greenslade、Tony Reeves、KING CRIMSONのAndrew McCulloch、SAMURAIのDave Lawsonというテクニシャンが集結し、ギターレスのダブル・キーボードの強みを生かしたプログレッシブ・ロックを聴かせたイギリスのグループの74年2nd。前作と布陣を同じくして製作された彼らの最高傑作と名高い本作は、前作からさらにダブル・キーボードのアプローチが洗練され、ピアノ、オルガン、アナログ・シンセサイザー、メロトロンが多彩な表情を見せる名盤です。メロディーに溢れるポップ・テイストにも磨きがかかり、デビュー作から一貫する英国然とした質感も健在。よりスケールアップした名演で迫る傑作となっています。

  • GREENSLADE / LIVE 1973-75

    アルバム以上にドラマティックな演奏が楽しめる73/75年のライヴ集!

    緩急メリハリのあるサウンドは、アルバム以上にドラマティックで、英国然とした叙情性とテクニカルな攻撃性という彼らの持つ2つの側面が一層際だっています。「DROWNING MAN」の抜群の展開に改めて涙!

  • GRYPHON / RED QUEEN TO GRYPHON THREE

    英国の古楽プログレ・グループ、YESの飛翔感のあるファンタジックなアンサンブルをより格調高く典雅にしたようなイメージ、74年作

    Richard HarveyとBrian Gullandという、アカデミックな素養を持ったミュージシャンを中心に結成され、中世音楽を古楽器を利用してトラッディーに演奏するスタイルが個性となり、徐々にロックとの融合を本格化していったグループによる74年3rd。全てインストゥルメンタルの大作主義で発表された本作は、前2作での蓄積を惜しげもなく披露し、古楽器をベースにしたサウンドとロック・アンサンブルの融合が結実した傑作です。バスーン、クルムホルンといった彼らの代名詞の音色は自然にロック・サウンドに溶け込み、繊細に編みこまれたMIKE OLDFIELDのような音像とYESを髣髴とさせるテクニカルなアンサンブルが冴え渡ります。

  • RENAISSANCE / ASHES ARE BURNING

    73年リリースの2nd、牧歌的な伸びやかさと英国的な麗しき叙情美、そしてロックの躍動感が一体となったシンフォニック・ロックの決定盤!

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は73年にリリースされた2nd。クラシカルな中に多少のサイケデリック感覚を残したデビュー作から方向性が定まり、牧歌的なのどかさと英国叙情、オーケストラを従えたシンフォニック・ロックの世界を作り上げています。以降ライブでも取り上げられる機会の多い名曲となった「カーペット・オブ・ザ・サン」「燃ゆる灰」などを収録。

  • STEVE HACKETT / VOYAGE OF THE ACOLYTE

    ジェネシス在籍中にリリースされた75年1stソロ、初期ジェネシスの幻想的なパートだけを抽出したような珠玉のシンフォニック・ロック名作

    英国プログレッシブ・ロックを代表するバンドGENESISの全盛期を支えたギタリストによる、GENESIS在籍中の75年ソロ・デビュー作。本家のGENESISはちょうど代表作である「幻惑のブロードウェイ」を発表した時期であり、Phil CollinsやMike Rutherfordのサポートを受け、Peter Gabrielに採用させることのなかったSteve Hackettの求めたGENESISの音が詰め込まれた傑作といえます。またGENESISを想起させるばかりではなく、最初期のKING CRIMSONにも通じるような荘厳なメロトロンの使用、Sally Oldfieldのソプラノ・ボーカルなどが豊かなバリエーションを描き、彼独自のシンフォニックな音像を形成しています。

  • STRANGE DAYS / 9 PARTS TO THE WIND

    75年発表の唯一作、ジェネシス/イエス影響下のシンフォニック要素とクイーン10cc譲りのポップ・テイストが絶妙にブレンドされた珠玉のブリティッシュ・ポップ逸品!

    あのデレク・ローレンスとビッグ・ジム・サリヴァンに見出され、EMI傘下のリトリート・レーベルから75年にリリースされた、英国が誇る叙情派プログレッシヴ・ロックの至宝による幻のデビュー作。ジェネシス、イエス影響下のシンフォニックな要素とクイーン、10cc譲りのポップ・テイストが絶妙にブレンドされた、イングランド、ドゥルイド、ケストレル、ジョーンズィー、フループなどと並び称される珠玉作。近年もっとも再発が待たれていたマニア垂涎の1枚。オリジナル英国盤は現在入手困難のため、高値で取引されている貴重盤。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!