プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

メロトロン溢れる幻想の作品たち【英国編】

60〜70年代のロックを語る上で、重要なキーワードともなるあのメロトロン・サウンド。そもそもこのメロトロン、開発されたのは60年代。いかに革新的なサウンドを獲得するか、という問題にいつも直面していた当時のロック・アーティスト達は、この開発されて間もない最新キーボード楽器をすぐさま実戦配備し、新しい音楽を作り上げて行きました。

磁気テープを媒体とした、アナログ再生式のサンプル音声再生楽器である、このメロトロン。BEATLESの「STRAWBERRY FIELDS FOREVER」で知られる「Flute」、ROLING STONESの「2000光年のかなたに」で使用された「3 Violins」、RICK WAKEMANやGENESISのTONY BANKSが愛用した「8 Choir」(男女4人ずつの混声合唱)等々、その個性的なサウンドは、プログレッシブ・ロックのファンからはハモンド、ムーグと並び3大キーボードと呼ばれる程に、彼らの唯一無二のサウンド作りに貢献して行きました。ここでは、この魔法の楽器メロトロンを大胆に導入した、英国の幻想的な楽曲群にフォーカスを当てて行きます。

BEATLES

試聴 Click!

ビートルズでメロトロンと言えば「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」のイントロ!この柔らかで浮遊感のある音、良いですよねぇ。

ROLLING STONES

試聴 Click!

サージェント・ペパーズ旋風吹き荒れるサイケの時代に出したストーンズからの回答。異色作『サタニック・マジェスティーズ』より紹介。ドラッキーでサイケデリックに響くメロトロン!ブライアン・ジョーンズの才能のなせる業。

LED ZEPPELIN

試聴 Click!

『聖なる館』より。格調高く繊細なアコギ、気品と気だるさが共存する絶妙なヴォーカル、そして極めつけはジョン・ポール・ジョーンズによる幻想的なメロトロン。後半のダイナミズムもまたさすがツェッペリン。時間が止まるほどに美しすぎる名曲。

GENESIS

試聴 Click!

バンドの初期代表作『フォックストロット』のオープニングを飾る代表曲。イントロからメロトロンの洪水!この荘厳さこそメロトロンですね。突っかかり気味のキレのあるリズム、独特のトーンで幻想を描くギター、シアトリカルなヴォーカルなど、これぞジェネシスの魅力がつまったドラマティックな名曲。

MOODY BLUES

試聴 Click!

メロトロンを操るプレイヤーといえば、ムーディー・ブルースのマイク・ピンター!代表作『童夢』より、ピンター作のメロトロン溢れる優しくもドラマティックなラスト曲をご紹介。後半の美しいメロディとメロトロンの洪水に心奪われない英ロック・ファンはいませんね☆

GREENSLADE

試聴 Click!

デイヴ・グリーンスレイドとデイヴ・ローソンによるツイン・キーボードが魅力のグループ。最高傑作と評される2ndより。メロトロンとオルガンが織り成すファンタスティックな音世界。躍動感いっぱいのリズムも特筆もので聴いていてワクワクしますね。キーボード・プログレ屈指の名曲!

BARCLAY JAMES HARVEST

試聴 Click!

これぞ英国と言える気品と牧歌性に満ちたメロディ、そこに溢れ出るメロトロン!ハーヴェスト・レーベル時代の初期作品は、どれもメロトロン溢れる名作ですね。2nd『ONCE AGAIN』よりオープニングの「She Said」を紹介。こういった荘厳な曲の他に、牧歌的な小曲も魅力のグループなのです。

JONESY

試聴 Click!

初期クリムゾン・スタイルの名グループJONESYの名作2nd『Keeping Up』より。イントロからメロトロンがぶちまかれて大変なことに!ジェントルなヴォーカルが包み込むように歌うリリカルなメロディ、そしてメロディに寄り添うメロウなギターも特筆。グッとくる名バラードですね。

SPRING

試聴 Click!

NEONレーベルからリリースされた71年唯一作より。トリプル・メロトロンで有名ですが、「荘厳」さはなく、英国叙情に溢れたメロディを優しく包み込むように使われます。目を閉じると英国の穏やかな田園風景とその向こうにある深い森が目に浮かびます。英フォーク・ロック meets メロトロン!

GRACIOUS

試聴 Click!

VERTIGOよりリリースの1stより。メロトロンによる霧に包まれたような幻想的なイントロ、牧歌的でフォーキーなパート、気品ある英国叙情いっぱいのパートをはさみ、ヘヴィ・シンフォニックなパートへと展開するドラマティックな名曲。

FAIRFIELD PARLOUR

試聴 Click!

英サイケ・ポップの名グループKALEIDOSCOPEが前身。キャッチーなメロディはその頃からそのままに、英国的な陰影と叙情性をグッと増した1st『FROM HOME TO HOME』より。佳曲揃いの中でも、特に美しいメロディを持ち、メロトロンが強烈な叙情を放つ名曲。

ZOMBIES

試聴 Click!

レイト60sの数多ある傑作の中でも屈指の作品『ゾンビーズ/オデッセイ&オラクル』よりメロトロン溢れるこちらの曲を紹介。エコーに包まれたメロディ、胸に迫るギターも素晴らしすぎますね。この作品は、ビートルズ『リボルバー』にも一歩も引かない傑作と思います。

KESTREL

試聴 Click!

非常にポピュラリティーのある楽曲とプログレッシブな感性を絶妙に同居させた稀有の音楽性で名盤を作り上げたイギリスのプログ。その音楽的な骨格はプログレッシブ・ロック版THE BEATLESなどと言われる通りキャッチーなポップ・ロック・サウンド。

Facebookコメント

在庫一覧

  • GENESIS / FOXTROT

    初期ジェネシスの代表作、72年発表4th

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの72年4th。プログレッシブ・ロックの代名詞のひとつであるメロトロンのロング・トーンで幕を開ける本作は、定番曲「ウォッチャー・オブ・ザ・スカイズ」、そして20分を超える名曲「サパーズ・レディ」を収録しPeter Gabriel期GENESISのサウンドを確立させた名作であり、「幻惑のブロードウェイ」と並ぶ彼らの代表作の1つ。寓話的幻想性を持ったシアトリカル・ロックの最高峰です。

    • VJCP3209

      デジタル・リマスター、定価1785

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

      帯に圧痕あり、ジャケに若干黄ばみあり

  • JONESY / KEEPING UP

    英叙情派ヘヴィ・プログレ・バンド、73年2nd、邦題「紅薔薇刑」

    73年発表の2ndアルバム。メロトロンを全編に配した重厚な音作りと叙情的なメロディーがたいへん美しくドラマティックな名盤。サビ部分での洪水のようなメロトロンが印象的な一曲目「Masquerade」、優しく繊細なメロディーを持つ二曲目「Sunset And Evening Star」、叙情的なメロディーと後半部分のウィッシュボーン・アッシュ顔負けのツイン・ギターが胸を締め付ける「Song」、静と動の対比による曲展開がドラマティックな大曲「Children」など、どの曲も良く練り上げられた名曲揃い。

    • 22DN67

      背ジャケ元から無し、定価2310

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | | 不良 |

      帯無

      帯無

    • 22DN67

      背ジャケ元から無し、定価2310

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | | 不良 |

      帯無

      帯無、ジャケにカビ汚れあり

      690円

      552円
      (税込596円)

      149円お得!

      CD詳細ページへ

    • MAR96215

      定価2940

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

      帯・解説に若干の黄ばみ、ジャケに若干のスレ・ツメ跡あり

  • KESTREL / KESTREL

    75年作、メロトロンの洪水&キャッチーな英ポップ・メロディー、70's英国ポップの大名作!

    後にTHE SPIDERS FROM MARSに参加することとなるDave Blockが在籍したグループであり、非常にポピュラリティーのある楽曲とプログレッシブな感性を絶妙に同居させた稀有の音楽性で名盤を作り上げたイギリスのプログレッシブ・ポップ・ロックグループの75年作。その音楽的な骨格はプログレッシブ・ロック版THE BEATLESなどと言われる通りキャッチーなポップ・ロック・サウンドですが、プログレッシブ・ロックとしての旨みはDave Blockのワイルドなギター、そしてキーボードのJohn Cookによるオルガン、メロトロンの洪水にあると言えるでしょう。適度に英国然とした湿り気と叙情を帯びている点も魅力的であり、プログレッシブとポップという相容れにくい要素の融合を果たした名盤です。

  • LED ZEPPELIN / HOUSES OF THE HOLY

    シンセサイザー、メロトロン、ダブルネックの12弦ギター等々を駆使し、レゲエやファンク・ナンバーにも挑戦するなどサウンドの幅が更に広がった5th。ジョンジーの才覚も感じさせる73年作

    シンセサイザー、メロトロン、ダブルネックの12弦ギター等々を駆使し、レゲエやファンク・ナンバーにも挑戦するなど冒険色が濃く出た5th。73年作。

    • WPCR13134ATLANTIC

      紙ジャケット仕様、SHM-CD、94年デジタル・リマスター、定価2580

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

      990円

      792円
      (税込855円)

      214円お得!

      CD詳細ページへ

    • 20P22027

      定価1911

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | | 不良 |

      帯無

      帯無、全体的に若干黄ばみあり

    • 32XP154

      希少西ドイツプレス、シール帯仕様

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | | 不良 |

      帯無

      帯無、ジャケにカビ汚れあり

      4090円

      3272円
      (税込3534円)

      883円お得!

      CD詳細ページへ

  • MOODY BLUES / EVERY GOOD BOY DESERVES FAVOUR

    最古のプログレ・バンドとされる英国の名グループ、全米2位/全英1位を獲得した文句なしの代表作71年6th!

    活動開始は64年までさかのぼりビート系グループとしてデビュー、シングル・ヒットに恵まれながらも徐々に作風が変化し、プログレッシブ・ロックへのアプローチを開始。後に全盛を築くこととなるプログレッシブ・ロックバンドがデビューすらしていない時期からオーケストラとの競演や実験性に富んだ作品を生み出し、黎明期を作り上げたイギリスのバンドの71年6th。効果音を使った1曲目から名曲「ストーリー・イン・ユア・アイズ」へとなだれ込むと、ジャケットのようなファンタジックな英国ロマンが広がります。Justin Haywardの甘くジェントリーな歌声にスケールの大きなメロトロンが絶妙に絡み合い、シンフォニックな彩りも絶品。プログレッシブ・ロックのアイコンに恵まれた作品です。

  • ROLLING STONES / THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST

    『サージェント・ペパーズ』に触発され制作された初のコンセプト作、サイケデリックな67年作

    • UICY20177

      SHM-CD、02年デジタル・リマスター、定価2200

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯無

      帯無、解説に若干使用感あり

    • UICY20177

      SHM-CD、02年デジタル・リマスター、定価2200

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

      1290円

      1032円
      (税込1115円)

      278円お得!

      CD詳細ページへ

  • SPRING / SPRING

    「トリプル・メロトロン」でお馴染みの叙情性溢れる英国ロック秘宝、71年作

    Gus Dudgeonのプロデュースで録音され、NEONレーベルからリリースされたイギリスのプログレッシブ・フォーク・ロック・グループによる71年作。トリプル・メロトロン・グループとしての話題性が先行しがちなグループであり、事実楽曲にはメロトロンのストリングスやフルートと言った王道音色からオルガン、チェロなどまで幅広いメロトロン・サウンドが使用されています。しかしその音楽性の基本となっているのは牧歌的で親しみやすい素朴さを持った田園フォーク・ロックといった趣のサウンドであり、むしろその点にこそ彼らの個性を見出すべき叙情的な名盤と言えるでしょう。

  • ZOMBIES / ODESSEY AND ORACLE

    マジカルなメロディ、サイケデリックかつリリシズムいっぱいの演奏、淡くスモーキーなヴォーカル、これぞブリティッシュ・サイケ・ポップのマスターピース、68年作!

    美しすぎるメロディ、サイケでリリカルなアンサンブル、スモーキーなヴォーカル、完璧な英サイケ・ポップ68年作!時空を越えて永遠に光り輝くメロディーによる多幸感と英国特有のメランコリックな旋律がない混ぜになり、聴き手の胸を限りなく強く締め付けます!ブリティッシュ・サイケ・ビートの量産工場であったかのアビーロード・スタジオ、BEATLESのエンジニア、JEFF EMERICKが舵をとった、英サイケ・ポップの金字塔!聴いた者すべての心に深く刻まれる普遍的なメロディーをどうぞご堪能下さい!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!