プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

クレイジー・ワールド・オブ・ブリティッシュ・サイケ その参『JOE BOYDとUFOクラブ』

英国サイケ・ミュージシャンをご紹介するJUKEBOXシリーズ。三回目となる今回はミュージシャンではなく、ロンドン・アンダーグラウンドの中心地であった伝説的ライヴハウス「UFOクラブ」、そしてそのUFOの運営者/兼レコード・プロデューサーであった「JOE BOYD」をフィーチャー!

ELEKTRAレーベルの英国支部を任され渡英してきた米国出身のジョーは、アンダーグラウンド新聞「IT(International Times)」誌の発行や伝説的イベント「14 HOUR TECHNICOLOUR DREAM」の運営を手掛けた“ホッピー”ことジョン・ホプキンスとともに、66年12月に「UFOクラブ」をオープン。

NICK DRAKEやVASHTI BUNYANなど英国フォーク新世代たちの名盤を手掛けた功績でよく知られるジョーですが、UFO時代は、出演者をブッキングするために自ら奔走し、ヒップでサイケなパーティを毎週末開催(自身もDJとして参加)。甘い蜜に吸い寄せられるようにUFOへ集ったロンドンっ子たちを、夜な夜な興奮のるつぼへと誘いました。

レコード・プロデューサーとしては、この時代に端を発するPINK FLOYDやSOFT MACHINEといった新鋭バンドたちの黎明期に関わり、彼らの未来への足がかりをともに築きました。

UFOを頂点に栄華を極めたロンドン・アンダーグラウンドの活況。しかしパーティは長くは続かず、67年春、当時の圧政もあって相方ホッピーが収監、最期は実質ジョーひとりでの運営を余儀なくされ、惜しまれながら67年9月29日に閉鎖。わずか9ヵ月とは信じがたい濃密なステージと、逸話と、サイケデリック体験の数々...。ここでは、永久に語り継がれる「伝説のライヴハウス」=「UFOクラブ」を軸に、その音楽的側面を支えたJOE BOYDに関わり深いバンドや作品をご紹介。当時のロンドンを彩ったサイケデリック狂想曲を擬似体験してもらえると幸いです!

PINK FLOYD

試聴 Click!

UFOのハウスバンドであったPINK FLOYDが67年3月に発表した記念すべき1stシングル。ロンドン・アンダーグラウンドの担い手としてUFOとレコードプロデュースに奔走していた頃のジョーが手掛けた代表曲。

SOFT MACHINE

試聴 Click!

PINK FLOYDとともにUFOのハウスバンドであったSOFT MACHINE。アレン在籍時の67年6月、ジョーのプロデュースのもとで録音されたシングル曲。デビュー前のデモ音源集『JET PROPELLED PHOTOGRAPHS』などで聴くことが可能。

FAIRPORT CONVENTION

試聴 Click!

UFO時代、ロンドン中を回って自らブッキングもしていたジョーが、中華料理屋の地下にあったクラブで発見したのが彼ら。68年にジョーの制作でレコードデビューする彼らですが、何ともイメージにそぐわないUFOのステージにも立っていたのでした。

INCREDIBLE STRING BAND

試聴 Click!

まだUFOがオープンする前の65年8月、ELEKTRAレーベル英国支部長としてのジョーに見初められた彼ら。彼らもまたUFOのステージに立ち、FAIRPORTらとともにUFOの若いオーディエンスにフォークを注入しました。

PURPLE GANG

試聴 Click!

この並びで紹介するとひときわ地味ですが(笑)、ジョーが手掛けUFOのステージにも立っていたサイケ・ジャグ・バンド。フロイドと同じスタジオをシェアしていた彼ら、「ARNOLD LAYNE」の裏で録音されていたのがこの曲!

HAPSHASH & THE COLOURED COAT

試聴 Click!

UFOクラブのポスター・デザインやロンドンのイカしたブティックなどを手掛けていたアート・ユニットの67年レコード・デビュー作。作品自体にジョーは無関係ですが、この時代のロンドンの空気を感じるには欠かせない存在。

CRAZY WORLD OF ARTHUR BROWN

試聴 Click!

こちらも作品自体にジョーは無関係ですが、UFOブッキング担当のジョーがロンドン郊外にあった小さいクラブで発見して連れてきた、ご存知アーサー・ブラウン!嗚呼、この晩のUFOに居たかったー!

JIMI HENDRIX (FILM)

試聴 Click!

ジミヘンがUFOのステージに立っていたかどうか真偽のほどは不明ながら、UFOに遊びに来ていたというのは事実(ぎこちない立ち話をした、とはミック・ファレン談)。彼の死後、ジョーはドキュメンタリー映画の監督という形でジミと邂逅。

謎の円盤UFO

試聴 Click!

FAIRPORTの仲介によってジョーを紹介され、その後二作を彼のプロデュースのもとで制作したニック・ドレイク。ニック自身はUFOに関わりありませんが、問題は姉で女優のガブリエル。日本でもTV放映されたドラマ『謎の円盤UFO』をどうぞ!

Facebookコメント

在庫一覧

  • CRAZY WORLD OF ARTHUR BROWN / CRAZY WORLD OF ARTHUR BROWN

    アリス・クーパーにも影響を与えた英アンダーグラウンド・サイケのカリスマ、67年デビュー作

    THE WHOのPete Townshendのプロデュースによる68年作。アーサー・ブラウンによる狂気のヴォーカルは言わずもがな、後にATOMIC ROOSTERに参加するVincent CraneとCarl Palmerによる混沌とした演奏も、アーサーの暗黒面を見事に浮かび上がらせており素晴らしい。特にVincent Craneのオルガンは特筆もので、大ヒット曲「Fire」でのリフなど、メロウな中にもあの時代特有のなんとも言えないけだるさが感じられます。68年という時代を鋭利に切り抜いた傑作。

  • FAIRPORT CONVENTION / FAIRPORT CONVENTION

    英国エレクトリック・トラッドの代名詞的グループ、記念すべき68年デビュー作

    68年作の記念すべき1stアルバム。サンディ・デニーはまだ参加しておらず、ヴォーカルは、後にトレイダー・ホーンを結成するジュディ・ダイブルと英国SSWとして長く活躍するイアン・マシューズ。一曲の中で、時に交互に歌い、時に美しいハーモニーを奏でる二人の掛け合いは、本作の一番の聴き所と言えるでしょう。サウンドは後の作品とは異なるアメリカ西海岸からの影響強いフォークロックながら、2人の翳りのあるヴォーカルが英国ならではの陰影を映し出しています。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!