プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ブリティッシュ・フォークの歌姫特集〜英フィメール・フォークの可憐な花々

ブリティッシュ・フォークの大きな魅力の一つが、透き通るような繊細な歌声で僕らを魅了しつづけるフィメール・ヴォーカリスト達の存在。「英フォーク三種の神器」または「三美神」と称されているメロウ・キャンドル、チューダー・ロッジ、スパイロジャイラを筆頭に、トラッドに根ざした芯の強さや荘厳さとともに、米ウェストコースト・ロックやSSWからの影響も感じさせる清涼感や流麗さとがブレンドされた美しすぎる作品達をここにピックアップいたしましょう。

MELLOW CANDLE

試聴 Click!

ミスティックなクローダーと清楚なアリソンによるツイン女性ヴォーカルのこの上なく美麗なハーモニー・・・。さすがは、英フォーク「三種の神器」の筆頭格とも評価される屈指の傑作。

TUDOR LODGE

試聴 Click!

イギリスのテューダー朝からその名を取った英国トラッド・フォークの名バンド。女性ヴォーカルのANN STEUARTはアメリカ人で、爽やかに澄み切った歌声が印象的。アコギ・ストロークや管弦楽との清涼感たっぷりの競演が美しい名品。

SPIROGYRA

試聴 Click!

流れるようなフルートの音色はこれぞ英フォークと言える「気品」に満ちていますね。アシッド臭ある男性ヴォーカルから、英フォーク屈指の女性シンガー、バーバラ・ガスキンの歌がスッと入る瞬間、時間が止まります。

SANDY DENNY

試聴 Click!

フェアポート・コンヴェンションのヴォーカルとして活躍し、フォザリンゲイやソロとしても多数の英フォーク屈指の名作を残した、言わずと知れたヴォーカリスト。凛としたハスキーな歌声、そして卓越したソングライティングは、英フォークに筆頭格。

BRIDGET ST.JOHN

試聴 Click!

美しいメロディーと芯の強さが感じられる繊細なヴォーカルとが絶妙にマッチしていて、あまりの美しさに時間が止まります。

CLAIRE HAMILL

試聴 Click!

ブリティッシュ・フォーク・シーンを代表するフィメール・シンガー。71年の1stアルバム。雰囲気のあるモノクロームのジャケット写真そのままに、しっとりとした叙情性と格調高さに溢れた傑作。弱冠17歳とは思えない奥行きのあるサウンドは圧巻です。

VASHTI BUNYAN

試聴 Click!

囁くように歌われる透明感いっぱいのヴァシュティの歌声、そして、童謡のように素朴で美しい楽曲。森の中にひっそりと佇む湖のような、これほど「静」的なサウンドはこの作品以外に聴いたことがありません。

MADDY PRIOR & JUNE TABOR

試聴 Click!

STEELYE SPANの女性ヴォーカリストMaddy Priorと、後に女性トラッド・シンガーを代表する存在となるJune Taborによるデュオ。76年リリースのトラッド・フォーク屈指の傑作。ツボを押さえた演奏により、2人の歌声が格調高く浮かび上がっています。

CHIMERA

試聴 Click!

女性Vo.2人を要する編成、弦楽器が絡みクラシカルな雰囲気も感じさせる幻想的な楽曲など、メロウ・キャンドルを想わす英国プログレッシヴ・フォーク。プロデュースはPINK FLOYDを手がけたニック・メイスンで、リック・ライトもゲスト参加…!

CONTRABAND

試聴 Click!

スコットランドを代表する歌姫、メイ・マッケンナ在籍のエレクトリック・トラッド・グループ。74年の唯一作。この大人びていて伸びやかなヴォーカル、録音時10代だったとはとても信じられません・・・。

JADE

試聴 Click!

SANDY DENNYを想わせる凛としたMARIAN SEGALのヴォーカル、秋枯れのフィドル、英国叙情を醸し出す弦楽器&ハープシコード。気品漂う絶品英国フォーク。甘い男性ヴォーカルによるハーモニーもまた郷愁を誘います。メロウなフェアポート的趣。

FOLKAL POINT

試聴 Click!

瑞々しい女性ヴォーカルが魅力的な71年リリースの英国フォーク激レア・アイテム!初期フェアポートを素朴にしたような、ほのぼのとした魅力がたまりません。

OPEN ROAD

試聴 Click!

透明感ある女性ヴォーカルが素晴らしすぎ!オープニング・ナンバーが特筆で、チューダー・ロッジのファンは胸キュンでしょう。美しいジャケットの世界そのままの英フォーク秘宝。74年唯一作!

MARIE CELESTE

試聴 Click!

英国フォーク3美神に引けを取らない逸材!メロキャンに通ずる絶品!初めて聴いた時は、メロウ・キャンドルにかなり影響受けてるな、なんて思いましたが、発表年を見てびっくり。彼らより早いじゃないか!女声2人と男声1人による幻想的作品!

GALLERY

試聴 Click!

Seabourne兄妹を中心とする英トラッド・フォーク・グループで、原盤は激レアでポコラ本にも掲載されている72年のデビュー作。凛とした歌声の気品ある女性ヴォーカルとズシリと重みのある格調高い歌声の男性ヴォーカルという兄妹による細やかな空気の震えが伝わってくるような歌唱が絶品。

GILLIAN McPHERSON

試聴 Click!

清楚な歌声が魅力の女性SSWによる71年の唯一作。ニック・ドレイク1stの弦楽アレンジで有名なロバート・カービーや、ストローブスのデイヴ・カズンズなどが参加したリリカルかつ優雅なアンサンブルも絶品。

BACK ALLEY CHOIR

試聴 Click!

男女ヴォーカルの英フォーク・グループ。72年にYORKよりリリースされた唯一作で、原盤は500枚限定プレスの激レア盤。ジョニ・ミッチェルとリチャード・トンプソンが男女フォーク・デュオを組んだとしたら?といったイメージの驚愕の一枚。

AJ WEBBER

試聴 Click!

イギリスの女性SSW、80年作の2nd。プロデュースは、自身でもジェントルな英SSW名作を数多く残すPhillip Goodhand-Tait。ストリングス・アレンジは、Nick Drakeの1stで知られるRobert Kirby。80年作というのを感じさせないアコースティックなフィメール・フォーク逸品。

Facebookコメント

在庫一覧

  • AJ WEBBER / OF THIS LAND

    こ、これは英フィメール・フォーク・ファンも米女性SSWのファンも必聴の大名盤!

    イギリスの女性SSW、80年作の2nd。プロデュースは、自身でもジェントルな英SSW名作を数多く残すPhillip Goodhand-Tait。ストリングス・アレンジは、Nick Drakeの1stで知られるRobert Kirby。80年作というのを感じさせないアコースティックなフィメール・フォークに仕上がっています。ちょっとジョニ・ミッチェルを彷彿させる透明感あるハイトーンが魅力のヴォーカル、気品ある美しいメロディ、艶やかなアコギ・アルペジオ、アンティーク家具のように温かくも重く響くストリングス。Phillip Goodhand-Taitによるピアノは絶品ですし、英ロックの名うてのミュージシャンが裏方に徹したアンサンブルも、メロディと歌に艶を与えています。これは英フィメール・フォーク・ファンも米女性SSWのファンも必聴。大名盤です!

  • BACK ALLEY CHOIR / BACK ALLEY CHOIR

    こ、これは、英フォーク幻の名盤!72年にYORKから500枚のみで限定プレス・リリースされた唯一作!

    男女ヴォーカルの英フォーク・グループ。72年にYORKよりリリースされた唯一作で、原盤は500枚限定プレスの激レア盤。ミスティックでかげりのあるフィメール・ヴォーカルとジェントルな男性ヴォーカルが魅力。フェアポート・コンヴェンション「ミート・オン・ザ・レッジ」やザ・バンド「アイ・シャル・ビー・リリースド」のカバーなど、アーシーさと気品が絶妙にバランスしたフォーク・ロックから、ピアノや管弦楽が流麗に彩るSSW的な曲まで、メロディ、アレンジともハイ・レベル。これほどの作品がなぜ500枚限定だったのか不思議です。英トラッドを基本に、米ロックのアーシーさや洗練が加わった、英フォーク・ファンにも米SSWファンにもオススメな逸品。

  • BRIDGET ST.JOHN / THANK YOU FOR . . .

    72年リリース、美しいメロディーと繊細ながら芯の強さが感じられるヴォーカルとが絶妙にマッチした英フォーク・ロック名作

    72年にリリースされた3rd。ダンデライオン・レーベルでのラスト作。Andy Roberts、Dave Mattacks、John Martyn、Rick Sandersなどが参加。哀愁のペダル・スティールをフィーチャーしたメロウな楽曲、ディランのカヴァーなど、フォーク・ロック的なリラックスしたサウンドが印象的。美しいメロディーと芯の強さが感じられる繊細なヴォーカルとが絶妙にマッチしていて、あまりの美しさに時間が止まります。ヴォーカリストとしての魅力では本作がベストでしょう。

  • CHIMERA / CHIMERA

    女性Vo2人を要する、メロウ・キャンドルを想わせる英フォーク・グループ、69年録音作品

    女性Vo2人を要する編成、弦楽器が絡みクラシカルな雰囲気も感じさせる幻想的な楽曲など、メロウ・キャンドルを想わす英国プログレッシヴ・フォーク・グループ。69年に録音されながらリリースされずにお蔵入りになった幻のアルバム。プロデュースはニック・メイスンで、リック・ライトもゲスト参加。幻想的なフォークだけでなく、エレクトリック・ギターをフューチャーしたロック色の強い楽曲も特徴。

  • CONTRABAND / CONTRABAND

    74年作、メイ・マッケンナのヴォーカルが光る英フォーク/トラッドの名作

    スコットランドを代表する歌姫、メイ・マッケンナ在籍のエレクトリック・トラッド・グループ。74年の唯一作。録音時10代だったことが信じられない大人びていて伸びやかなヴォーカル、ガツンと力強いリズム、青空へと駆け抜けていくようなエレクトリック・ギターとフィドル。フェアポートにも負けない力強くもしなやかなエレクトリック・トラッドを聴かせます。バラードも素晴らしく、透明感のある凛としたヴォーカルはただただ絶品の一言。エレクトリック・トラッドでの演奏とは異なって艶やかでメロディアスなフレーズを聴かせるフィドルも胸に迫ります。女性ヴォーカルのエレクトリック・トラッド屈指の一枚。

  • FOLKAL POINT / FOLKAL POINT

    英国フォークの激レア・アイテムとして知られる71年作、瑞々しい女性ヴォーカルが魅力的!

    英国フォークの激レア・アイテムとして知られる71年作。女性ヴォーカル、アコースティック・ギター3人の4人編成で曲によってベースが入ります。女性ヴォーカルが素晴らしく、瑞々しさに溢れた歌声は女性フォーク・ファンなら漏れなく虜になる魅力を持っています。Bob Dylan、Joni Michell、Simon & Garfunkel、Joan Baez等、アメリカ人アーティストの楽曲を多くカヴァーしており、アコースティック・ギターによる素朴で繊細なアンサンブルは、フォーク・ロック寄りの溌剌としたもの。初期FAIRPORT CONVENTIONをより素朴にしたような、ほのぼのとした魅力がたまりません。英フォーク・ファンには是非おすすめしたい一枚。

  • GALLERY / WIND THAT SHAKES THE BARLEY

    凛とした男女ヴォーカルに艶やかなフィドルが絡む絶品英トラッド・フォーク、72年デビュー作

    Seabourne兄妹を中心とする英トラッド・フォーク・グループ。原盤は激レアでポコラ本にも掲載されている72年のデビュー作。ズシリと重みのある格調高い歌声の男性ヴォーカル、凛とした歌声の気品ある女性ヴォーカルというSeabourne兄妹による細やかな空気の震えが伝わってくるような歌唱。そして特筆なのはフィドル奏者がメンバーに居ることで、物悲しい旋律を艶やかな音色で奏でるフィドルにはただただ感情が揺さぶられます。マイナーな作品ながら、英トラッド・フォークのファンは必聴と言える名品。

  • GILLIAN McPHERSON / POETS AND PAINTERS AND PERFORMERS OF BLUES

    清楚な歌声が魅力の英女性SSW、71年作

    清楚な歌声が魅力の女性SSW。71年の唯一作。Dave Cousins、元Riff RaffのTommy Eyre、Nick Drakeの1stやVashti Bunyan「Just Another〜」の弦楽アレンジで知られるRobert Kirbyなどが参加したリリカルかつ優雅なアンサンブルが聴き所。清涼感溢れる美しい一枚です。

  • MARIE CELESTE / AND THEN PERHAPS

    71年にライヴ会場を中心に50枚限定で配られたという正真正銘の激レア作品、ずばり英国フォーク3美神に引けを取らない逸材!

    初めて聴いた時は、メロウ・キャンドルにかなり影響受けてるな、なんて思いましたが、発表年を見てびっくり。彼らより早いじゃないですか。こんな音源がおそらく友達に配られただけで埋もれていたなんて、空恐ろしい。フィーメール2人とメール1人による幻想的なコーラス・ワークと魅惑的なメロディーは、いわゆる英国フォーク3美神なんかと比べても引けをとりません。絶品です!

  • MELLOW CANDLE / SWADDLING SONGS

    72年発表、「英フォーク三種の神器」の一つ、ツイン・フィメール・ヴォーカルが美しいブリティッシュ・フォーク・ロックの傑作!

    Mike Oldfieldの作品への参加でも有名なClodagh Simmondsが在籍したブリティッシュ・フォーク・ロックの代表的グループの72年作。TUDER LODGE、SPIROGYRAと並んで英国トラッド・フォークの「三種の神器」と言われる本作は、適度なサイケデリアとアコースティックな味わいを持ち、湿り気のある英国叙情を伝えます。ジャジーなリズム・セクションを下地に端正なピアノやハープシコードがクラシカルに響き、楽曲によっては隠し味にメロトロンをまぶした作風。加えてバンドの個性である女性ツインボーカルは、ただただ美しいメロディーを歌い上げます。David WilliamsとAlison O'Donnellは本作リリース後に南アフリカへと渡りFLIBBERTIGIBBETを結成します。

  • SPIROGYRA / BELLS BOOTS AND SHAMBLES

    可憐で清楚な歌声が魅力のBarbara Gaskinを擁した英国トラッド・フォークの名バンド、73年2nd

    HATFIELD AND THE NORTHにコーラス参加することになるBarbara Gaskinを擁した英国トラッド・フォークの名バンドの73年2nd。Dave Stewartが参加している他、FAIRPORT CONVENTIONのDave Mattacksなどをバックに従えた本作は、TUDER LODGE、MELLOW CANDLEと並んで英国トラッド・フォークの「三種の神器」と言われる名盤であり、ジャズ寄りのアプローチやフルート、チェロなどで彩るサウンド、10分を超える楽曲の採用やRENAISSANCEを髣髴とさせるプログレッシブなアプローチなど引き出しが多く、英国然とした儚げな雰囲気も持った傑作です。

  • STAINED GLASS / OPEN ROAD

    透明感ある女性ヴォーカルが素晴らしすぎる英フォークの秘宝、74年唯一作

    女性ヴォーカル1人と男性ギタリスト2人による英フォーク・トリオ。74年にSWEET FOLK AND COUNTRYというレーベルからリリースされた唯一作。とにかく素晴らしいのが女性ヴォーカルSylvia Kellyの透明感あるハイ・トーンが美しい歌声。アコースティック・ギターを中心に、マンドリンやダルシマーやピアノがメロディにそっと寄りそうアンサンブルもまた魅力です。オリジナル6曲、HERONのカヴァー1曲(素晴らしい!)、トラッド3曲という構成で、オリジナルが一際素晴らしく、「気品」すら感じさせます。オープニング・ナンバーが特筆で、チューダー・ロッジなど非トラッドのアメリカン・テイストある流麗なフォークが好きな人で心揺さぶられない人は居ないでしょう。美しいジャケットの世界そのままの英フォーク秘宝。絶品です。

  • VASHTI BUNYAN / JUST ANOTHER DIAMOND DAY

    ブリティッシュ・フィメール・フォークを代表する傑作、70年作

    70年発表のブリティッシュ・フォークを代表する傑作。ヴァシュティのヴォーカルはもう天上の美しさで、その囁くように歌われる透明感いっぱいの歌声にはいつ聴いてもゾクゾクさせられます。童謡のように素朴で美しい楽曲がまた彼女の歌声にこれ以上ないほどマッチしており、透明感を少しも濁すことなく、歌声を素のままに伝えています。森の中にひっそりと佇む湖のような、これほど「静」的なサウンドはこの作品以外に聴いたことがありません。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!