プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

レココレ特集『ブリティッシュ・ハード・ロックの誕生』連動【プログレッシヴ・ロック系】

ANDROMEDA

試聴 Click!

THE ATTACK〜ATOMIC ROOSTER〜HARD STUFFなどに在籍した名ギタリストJOHN DU CANNが率いた英ハード・ロック/プログレ・トリオ、69年唯一作。

COLOSSEUM

試聴 Click!

R&B〜ブルース・ロックという流れの中で進化を続けジャズ・ロックというスタイルを提示した名バンド、69年作1st。

JODY GRIND

試聴 Click!

Beckettなどで活躍していた名キーボード・プレイヤー、Tim Hinkley率いるJODY GRINDのサイケ色の濃い69年デビュー作。

KING CRIMSON

試聴 Click!

デビュー以来プログレッシブ・ロックの頂点に君臨し続けるイギリスのグループの69年デビューアルバム。

AARDVARK

試聴 Click!

ささくれ立ったオルガン・サウンドがたまらないブリティッシュ・ハード・ロック/アート・ロックの逸品、70年唯一作。

ATOMIC ROOSTER

試聴 Click!

EL&P加入前のカール・パーマーが在籍した英オルガン・ハードの代表格、70年作。

BLACK WIDOW

試聴 Click!

当時サバスとも比較された黒魔術系英ロック・グループ、70年デビュー作。

CLEAR BLUE SKY

試聴 Click!

VERTIGOからリリースされた70年作、ユニークな曲進行が耳に残る個性派ブルーズ・ハード。

CRESSIDA

試聴 Click!

70年にVertigoレーベルよりリリースされた1st。美しいメロディーを持った佳曲揃いの英オルガン・プログレ傑作!

CURVED AIR

試聴 Click!

クラシカルなヴァイオリン、フォーキーな女性ヴォーカルがダイナミックなロック・サウンドに同居、初期衝動が詰まった70年作1st!

GRACIOUS

試聴 Click!

70年にVERTIGOレーベルよりリリースされた1stアルバム、ピアノ/オルガン/メロトロン/ハープシコードを用いた絢爛なキーボードワークが冴えるクラシカル・ロック名盤!

PATTO

試聴 Click!

ソウルフルでグルーヴィーな英シンガー、マイク・パトゥ率いるグループ、名手オリー・ハルソール在籍、70年デビュー作。

QUATERMASS

試聴 Click!

キーボード・トリオ編成のハード・ロック・グループ、70年作、オルガンの響きがこれぞブリティッシュ!

T2

試聴 Click!

70年発表、元BULLDOG BREEDのKeith Cross(g)と元GUNのPeter Dunton(ds)を中心とするブルージーかつヘヴィな英プログレッシヴ・ロック、文句なしの大名盤!

VAN DER GRAAF GENERATOR

試聴 Click!

70年作、ロバート・フリップがゲスト参加、VDGGならではの暗澹たるエネルギーが渦を巻く3rdアルバム。

BIG SLEEP

試聴 Click!

EYES OF BLUEの後身、リリシズムいっぱいの極上英国ポップ!71年作。

EL&P

試聴 Click!

ギターレスのトリオという変則的な編成ながらそのハンディを全く感じさせない音楽性でプログレッシブ・ロックの1つのスタイルを築いたイギリスのグループ、71年発表の大名盤2nd!

GINHOUSE

試聴 Click!

71年にB&Cレーベルよりリリースされた唯一作、巧みなリズム・チェンジで鮮やかに展開するプログレッシヴな英ハード!

GRAVY TRAIN

試聴 Click!

VERTIGOレーベルより71年にリリースされた2nd、叙情性溢れる味わい深い英国ロック。

INDIAN SUMMER

試聴 Click!

叙情性溢れるブリティッシュ・ロックの名盤、71年作、激渋ジャケットはキーフ。

JETHRO TULL

試聴 Click!

デビュー当初から独自のポジションを築き異彩を放っていたグループ。次作「ジェラルドの汚れなき世界」とともにバンドの代表作として名高い71年作4th。

PROCOL HARUM

試聴 Click!

オルガン奏者が不在。代わってストリングスが導入されているものの、Robin Trowerが主導権を握ったハードな71年作5th。

SWEET SLAG

試聴 Click!

ギター、サックス兼フルート、ベース兼トロンボーン、ドラムの4人編成グループ。英アンダーグラウンド・ジャズ・ロックの71年作。

YES

試聴 Click!

スティーヴ・ハウ加入、多彩なギターワークと複雑な楽曲構成が導入されYESサウンドを確立した71年3rd!

Facebookコメント

在庫一覧

  • BIG SLEEP / BLUEBELL WOOD

    EYES OF BLUEの後身、リリシズムいっぱいの極上英国ポップ!71年作

    EYES OF BLUEのメンバーそのままに71年にリリースされた唯一作。EYES OF BLUE時代の格調高い英国ポップに、プログレ、スワンプなどの要素を加えた、いかにも70年代初期の薫り漂う極上英国ポップ。叙情的なメロディー、クラシカルなストリング、哀愁のオルガンが絶妙なアンサンブルを奏でる1曲目は、70年代英国ロック・ファン必聴の名曲。もう少し品のあるジャケットであれば、評価も違っていたでしょう。完成度としては文句無しの傑作。

  • CLEAR BLUE SKY / CLEAR BLUE SKY

    ジャケットはロジャー・ディーン、VERTIGOからリリースされた70年作、ユニークな曲進行が耳に残る個性派ブルーズ・ハード

    ニルヴァーナのパトリック・キャンベルによって見出された弱冠18歳のハード・ロック・トリオ。70年にVertigoレーベルよりリリースの1stアルバム。ギター、ベース、ドラムによるアグレッシヴなバンド・アンサンブルにオルガン、ピアノ、フルートが彩りを添えるサウンドはこれぞ英国ロック。ジョン・シモンズのギターが凄まじく、才気ほとばしるフレーズの数々は圧倒的な存在感。変拍子を巧みに取り入れた緩急自在のアンサンブルも抜群で、8分に及ぶ長尺の曲もテンションを落とすことなく一気に聴かせます。演奏力、構成力とも、18歳のグループとは思えません。

  • COLOSSEUM / THOSE WHO ARE ABOUT TO DIE SALUTE YOU

    R&B〜ブルース・ロックという流れの中で進化を続けジャズ・ロックというスタイルを提示した名バンド、69年作1st

    50年代末からロンドンのR&Bシーンで活躍していたディック・ヘクストール=スミスとジョン・ハイズマンを中心に結成されたグループ。ブルース〜R&B〜ブルース・ロック〜ジャズ・ロックへと進化したロンドンのクラブシーンの熱気をすべて吸い込んだ、まさにブリティッシュ・ロックのDNAが濃密に詰まったグループ。69年の記念すべきデビュー作。

  • CURVED AIR / AIR CONDITIONING

    クラシカルなヴァイオリン、フォーキーな女性ヴォーカルがダイナミックなロック・サウンドに同居、初期衝動が詰まった70年作1st!

    英国出身、女性ヴォーカルSonja KristinaとヴァイオリニストDarryl Wayを擁するロック・グループによる70年作1st。ロックに弦楽器であるヴァイオリンを全面的に採用した初めてのグループ。本作は初期に残した3枚の中で最もヴァイオリンが活躍、クラシカル・ロック度が高い内容です。オープニング曲「It Happened Today」は焦燥感を掻き立てるギター・リフに妖しくも艶やかな女性ヴォーカルが映えるパワフルな導入から、一転清楚なヴァイオリン・パートへと変貌するドラマティックなナンバー。「Vivaldi」では超絶テクを披露するクラシカルなヴァイオリンが時に優雅に、時にノイジーに弾きまくり、目まぐるしく表情を変えるスリリングなインストゥルメンタルを展開。上記2曲を始め「完全に溶け合わないからこそ」の破天荒なクラシカル・ロックが楽しめる楽曲が目白押しです。初期衝動がこれでもか、と伝わるインパクト抜群の一枚。

  • EL&P / TARKUS

    ムーグシンセのポテンシャルがフル発揮された71年発表の大名盤2nd!

    NICEのKeith Emerson、KING CRIMSONのGreg Lake、ATOMIC ROOSTERのCarl Palmerによって結成され、ギターレスのトリオという変則的な編成ながらそのハンディを全く感じさせない音楽性でプログレッシブ・ロックの1つのスタイルを築いたイギリスのグループの71年2nd。アルマジロと戦車が合体したような架空のキャラクターである「タルカス」をコンセプトにした大曲を含むその内容は、怒涛の変拍子とテクニカルなバンド・サウンドで迫る彼らの初期の代表作の1つであり、前作同様、非常に屈折したクラシカル・ロックの名盤となっています。また、オルガンやピアノに加えて飛躍的にモーグ・シンセサイザーが存在感を示すようになっており、大きく楽曲に取り入れられているのが特徴と言えるでしょう。

    • VICP63172

      紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、定価2500

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | | 不良 |

      帯有

      帯に若干の折れあり、紙ジャケットに圧痕・カビあり、解説に若干使用感あり

    • 18P22851

      定価1875

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | | 不良 |

      帯無

      帯無、ジャケにカビあり

    • VICP75058

      紙ジャケット仕様、HQCD、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲、定価2800

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

    • VICP70149

      紙ジャケット仕様、SHM-CD、ボーナス・トラック1曲、定価2625

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

      帯・紙ジャケットに若干の圧痕あり

    • R272224RHINO

      デジタル・リマスター

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | | 不良 |

      ジャケにカビあり、背ジャケ側面部に色褪せあり

  • GINHOUSE / GINHOUSE

    71年にB&Cレーベルよりリリースされた唯一作、巧みなリズム・チェンジで鮮やかに展開するプログレッシヴな英ハード!

    71年にB&Cレーベルよりリリースされた唯一作。前のめりに疾走するアグレッシヴなリズム隊、エッジの立ったトーンでキレのあるフレーズを炸裂させるギター、熱気溢れるヴォーカルによるハード・ロック。繊細な空気を漂わせるアコースティックなパートから、唐突なリズム・チェンジでハードなパートへと雪崩れ込むなど、プログレッシヴと言える鮮やかな展開が聴き所。一枚で解散してしまったのが惜しまれる高水準な作品です。

  • GRAVY TRAIN / (A BALLAD OF) A PEACEFUL MAN

    VERTIGOレーベルより71年にリリースされた2nd、叙情性溢れる味わい深い英国ロック

    VERTIGOレーベルより71年にリリースされた2nd。ジャケットからはハードなオルガン・ロックをイメージしますが、実際は、優しく紡がれるアコースティック・ギターと気品あるフルートをフィーチャーした叙情性溢れる英国ロック。メロディー、構成とも文句なしの出来映えで、ドラマティックなアンサンブルには風格を感じます。名作。

    • UICY9031

      紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、定価2141

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | | 不良 |

      帯無

      帯無、紙ジャケに経年劣化が目立ちます

  • INDIAN SUMMER / INDIAN SUMMER

    叙情性溢れるブリティッシュ・ロックの名盤、71年作、激渋ジャケットはキーフ

    71年Neonレーベルに残した彼ら唯一のアルバム。ハモンド・オルガンの重厚な響きと英国らしい叙情的なギターが素晴らしいブリティッシュ・ロックの名盤。

  • JETHRO TULL / AQUALUNG

    次作「ジェラルドの汚れなき世界」とともにバンドの代表作として名高い71年作4th

    68年に「日曜日の印象」でデビュー、イギリスのプログレッシブ・ロックシーンを代表するバンドであり、デビュー当初から独自のポジションを築き異彩を放っていたグループ。首謀者Ian AndersonのフルートはCAMELのそれとは全く方向性の違うエネルギッシュなものであり、バンドの代名詞となっています。本作は彼らの代表作と名高い71年作。Jeffrey Hammond、John Evanが新加入した本作は、ハード・ロックのドライブ感とアコースティックなトラッド・フォークの質感を混在させた名盤であり、その対比はアルバムを通してロックのダイナミズムとコントラストとなって現れます。コンセプト性を感じるトータル感も素晴らしい傑作。

  • JODY GRIND / ONE STEP ON

    英オルガン・ハード、サイケ色の濃い69年デビュー作

    Beckettなどで活躍していた名キーボード・プレイヤー、Tim Hinkley率いるJODY GRINDの69年発表1stアルバム。Timによる卓越したオルガン・ワークとバンドとしての巧みなアレンジは絶品の一言で、オルガン・ロック・ファンは必聴。

  • KING CRIMSON / IN THE COURT OF THE CRIMSON KING

    69年発表、ロックシーンの流れを変えた歴史的デビュー作!

    奇才Robert Frippを中心に結成され常に先鋭的なサウンドを作り出し、デビュー以来プログレッシブ・ロックの頂点に君臨し続けるイギリスのグループの69年デビューアルバム。プログレッシブ・ロックのスタートラインとなった記念碑的作品であり、「21世紀の精神異常者」のヘヴィーなサウンドで幕を開け「クリムゾン・キングの宮殿」の荘厳なメロトロンで終幕するまで、全く非の打ち所の無いフレーズとインプロヴィゼーションの応酬が乱れ飛びます。BEATLESの「Abbey Road」を蹴落とし全英トップにのし上がった本作は、プログレッシブ・ロック時代の幕開けを象徴する1枚として語り継がれています。

    • IECP50001

      デジタル・リマスター、定価1980

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

    • PCCY00661

      ロバート・フリップによる89年リマスター、定価2243

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

      帯にケースツメ跡・スレあり、解説に若干の黄ばみあり

  • PROCOL HARUM / BROKEN BARRICADES

    71年作5th、Robin Trowerが主導権を握ったハードな作品

    英ロックの大御所、71年5th。荘厳なオルガン・ロック・グループとして知られていますが、この時期はオルガン奏者が不在。代わってストリングスが導入されているものの、主導権はRobin Trowerが握り、ギターを前面に押し出したハード・ロック・サウンドが特徴。特にサイケデリックなエコーがたっぷり掛かったサウンド・コラージュ「Song for a dreamer」では、Jimi Hendrixを敬愛するRobin Trowerのソリッド且つブルージーなギターが縦横無尽に駆け巡り快感を与えてくれます。また冒頭曲「Simple syster」では従来の魅力であるクラシカルなストリングスとブルージーなギターが交錯。落ち着いた佇まいとハード・ロックならではの鋭さが同居している個性的な楽曲となっています。一方、Gary Brookerのストリングスによる従来路線の荘厳なバラードもしっかりと収録。Robin TrowerとGary Brooker、二人の鮮やかなコントラストが魅力的な一枚。

  • QUATERMASS / QUATERMASS

    キーボード・トリオ編成のハード・ロック・グループ、70年作、オルガンの響きがこれぞブリティッシュ!

    後にSUN TREADERを経てBRAND Xへと加入することとなるPete Robinson、HARD STUFF、ROXY MUSICなどで活躍するJohn Gustafson、STRAPPS、GILLANへと参加するMick Underwoodによるキーボード・トリオ。Harvestレーベルからの70年作。その内容はハード・ロックを基本にクラシックやジャズなどの手法も使い分けるPete Robinsonのオルガンをメインに据えたヘヴィー・ロックの名作であり、オルガンのほかにピアノやハープシコードなどで巧みに表情を変え、楽曲によってはストリングスも導入したシンフォニック・ロック的な音楽性も聴かせます。

  • T2 / IT'LL ALL WORK OUT IN BOOMLAND

    70年発表、元BULLDOG BREEDのKeith Cross(g)と元GUNのPeter Dunton(ds)を中心とするブルージーかつヘヴィな英プログレッシヴ・ロック、文句なしの大名盤!

    AARDVARKなどと同じDERAMレーベルよりリリースされた、元GUNのPeter Duntonを中心に結成されたブリティッシュ・へヴィー・ロックグループの70年作。その内容はギタリストKeith Crossのパワフルなプレイを中心に、サイケデリックな質感を残したサウンドとブルース・ロックに根ざした渋みを持ったバンド・アンサンブルで聴かせる作風ですが、一方でピアノやメロトロンなどのキーボードやブラス・セクションなどが登用され英国然としたクラシカル・ロック・アンサンブルを提示するなど、シンフォニックな旨みも持ち合わせており、叙情を堪能できる作品です。

  • VAN DER GRAAF GENERATOR / H TO HE WHO AM THE ONLY ONE

    70年作、ロバート・フリップがゲスト参加、VDGGならではの暗澹たるエネルギーが渦を巻く3rdアルバム

    非凡なる才能を持ったボーカリストPeter Hammillを擁し、難解な哲学詩と前衛的なアプローチ、初期のKING CRIMSONに負けず劣らずのへヴィネスと神秘性を兼ね備えたイギリスのプログレッシブ・ロックバンドの70年3rd。KING CRIMSONからRobert Frippがゲスト参加した本作は、次作以降飛躍していく彼らの勢いを感じさせる重要作であり、ロックのダイナミズムとアヴァンギャルド性が同居した傑作となっています。Peter Hammillの描く世界観も非常に内省的なものやダークな色合いを放っており、彼らの個性が一気に花開いた個性的な1枚です。

  • YES / YES ALBUM

    スティーヴ・ハウ加入、多彩なギターワークと複雑な楽曲構成が導入されYESサウンドを確立した71年3rd!

    英国プログレを代表するグループ、71年3rd。John Anderson、Bill Bruford、Chris Squireに加えSteve Howeが加入。前作までのPOPさを残しつつクラシック要素が強まり、楽曲構成がより複雑且つドラマティックなものへと変化しています。大作こそ無いもののYESサウンドを確立させたアルバムです。クラシカルなものからフラメンコまで、多様なフレーズを自然に溶け込ませるSteve Howeのギターが圧巻。細かく正確に刻まれるBill Brufordのドラム、メロディアスに高音を響かせるChris Squireのベース、そして天使の歌声John Andersonを加えたアンサンブルは、瑞々しく表情豊かです。本作でバンドを去ることになるTONY KAYEによるハモンド・オルガンも、英国らしいダークな雰囲気を醸し出しており魅力的。『FRAGILE』、『CLOSE TO THE EDGE』に次ぐ人気を誇る代表作。