プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

レココレ特集『70年代プログレッシヴ・ロックの叙情性』連動【ユーロ各国編】

【フランス】ANGE

試聴 Click!

ジェネシスを彷彿させながらも、ダークでアクの強い演劇性とフランスらしい美意識に貫かれたシアトリカル・ロックを確立した名バンド。叙情的なアンサンブルとクリスチャン・デカンのアクの強い熱唱が拮抗するドラマティックな傑作。

【フランス】ATOLL

試聴 Click!

プログレ最盛〜フュージョン/クロスオーヴァーの隆盛という70年代半ばにおいて、フランスならではの耽美性や色彩感を織り交ぜ、芸術的なプログレへと昇華したフレンチ・ロック屈指の名バンドがアトール。その代表作がこちら!

【フランス】TAI PHONG

試聴 Click!

プログレ史上の名バラード5選を挙げるとすれば、必ず入るであろう必殺の名曲を擁するフランスの名バンド。シンセの洪水と繊細なコーラス・ワーク、そしてヴォーカルが切々とシャウトするこの終盤の展開、激ドラマティック。

【フランス】PULSAR

試聴 Click!

メロトロンによる幻想美はKING CRIMSONの静的な部分を想起させ、ロングトーンで静謐に広がるギターとキーボードが時に狂ったように暴れ出す展開は、PINK FLOYDのような麻薬的魅力を放出。

【スペイン】LOS CANARIOS

試聴 Click!

ヴィヴァルディ「四季」をモチーフとしたスパニッシュ・プログレを代表する名盤。荘厳なメロトロンとリリカルなギターが絡み合う演奏が素晴らしい〜。名手アルフレド・.カリオンによるアレンジワークもさすが秀逸です。

【スペイン】GOTIC

試聴 Click!

昔から「スペインのキャメル」としてユーロ・ロック・ファンに崇められてきた名作。叙情的なメロディーと繊細なフルートの音色が心に届く極上シンフォ。

【アメリカ】SHADOWFAX

試聴 Click!

後にニューエイジ系の音楽性へと変化し、名門WINDHAM HILLレーベルの看板アーティストとなるアメリカのジャズ・ロック・グループの76年デビュー作。フュージョン・タッチの技巧派ジャズ・ロックを軸に、アコースティックな楽器によるニューエイジな色付けが効いていて実にリリカル。

【アメリカ】HAPPY THE MAN

試聴 Click!

後にCAMELへ参加することになるKit Watkinsを中心としたグループ、78年2ndより。CAMELのようなシンフォニック・ロックのマイルドさと、GENTLE GIANTを髣髴とさせるようなテクニカルなアプローチが絶妙にブレンドされた独特の叙情が魅力。

【ドイツ】POPOL VUH

試聴 Click!

ジャーマン・ロックの傑作であり、ユーロ・ロック屈指と言っても過言ではない傑作。ミサ曲にインスパイアされた静謐で神秘的なサウンドは唯一無比。

【オランダ】FOCUS

試聴 Click!

ヨーデルを取り込んだ一種形容できないヴォーカルと、カミソリの様に硬質でありながら最高にキャッチーな名手ヤン・アッカーマンのギタープレイが絡み合って不思議な高揚感で聴き手の心を躍らせるオランダが誇る名バンド。名作ひしめくプログレ・ライヴ盤の中でも最高峰と呼べる傑作ライヴ!

【ギリシャ】APHRODITES CHILD

試聴 Click!

ギリシャ出身ながら、軍事クーデターの影響でパリを拠点に活動し、数多くのヒット曲を放ったギリシャを代表するプログレ・グループ。黙示録をテーマとした一大コンセプト作で、若きヴァンゲリスのコンポーザー、サウンドクリエイターとしての才能みなぎるユーロ屈指の傑作!

【フィンランド】PEKKA POHJOLA

試聴 Click!

WIGWAMのベーシストによる77年作の3rdソロで、マイク・オールドフィールドやピエール・モルランなど名手たちの参加も注目。クールかつスリリングなサウンドは、北欧プログレッシヴ・ロックの最高峰と言っても過言ではないでしょう。

【オーストラリア】SEBASTIAN HARDIE

試聴 Click!

マリオ・ミーロのこのエモーション溢れるギターを聴くと、オーストラリアの雄大な自然風景がイマジネーション豊かに立ち上ってきますね。さらにそれを優しく支える幻想的なメロトロン・ストリングスがまた絶品。

【スイス】ISLAND

試聴 Click!

スイスのバンドながら、P.F.MやAQUA FRAGILEで知られるプロデューサーの元、77年にイタリアで録音された唯一作。変拍子を多用したテンション溢れるパートとクラシカルで格調高いパートとがからみ合ったサウンドはオリジナリテ、センスともに抜群。圧倒的な完成度を誇る傑作。

【オーストリア】EELA CRAIG

試聴 Click!

トリプル・キーボードで知られるオーストリアのシンフォニック・ロック・グループ。美しいキーボード・アンサンブルはもちろんのこと、フィードバック奏法を完璧に操るライデルベルガーのギターもまた叙情性たっぷりで、透明感のある世界は絶品。

Facebookコメント

在庫一覧

  • APHRODITE'S CHILD / 666

    ギリシャを代表する一枚、72年発表の3rd、プログレ史に残る一大コンセプト作!

    72年作の3rdである本作は、黙示録をテーマとした一大コンセプト作品。ロック、ポップ、クラシック、ジャズ、民族音楽などが渾然一体となっためくるめくサウンド、叙情と狂気を同時に孕んだ圧倒的な表現力は、これぞプログレッシヴ・ロック!VANGELIS率いるAPHRODITE'S CHILDが70年代に世に送り出した一大傑作。

  • ATOLL / L'ARAIGNEE MAL

    仏プログレを代表するグループ、仄暗くも幻想的なサウンドに惹きこまれる大傑作2nd、75年リリース

    構築的な楽曲アレンジ、美しいコーラス・ワーク、そして華やかな音像で「フランスのYES」などと評されている、フレンチ・シンフォニック・ロックを代表するグループの75年2nd。前作での構築的なサウンドはさらに磨きをかけながら、ギタリストChristian Beya、ヴァイオリンのRichard Aubertの新加入が大きくバンドに影響を与え、YESの構築美やジャズ・ロックアンサンブルに加えてKING CRIMSONの屈折したヘヴィネスまで織り交ぜて聴かせています。多少荒さのあった前作から比べると、フランス産らしい耽美な質感も現れており、まさしく彼らの代表作とするにふさわしい名盤です。デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲。

  • FOCUS / AT THE RAINBOW

    73年作、名作ひしめくプログレ・ライヴ盤の中でも最高峰と呼べる傑作ライヴアルバム!

    ロンドンのレインボー・シアターにおける伝説のライヴを収録したフォーカス唯一のライヴ・アルバム。73年作。

    • CP281049

      定価2800

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯無

      帯無、全体的に若干黄ばみあり、ジャケに若干折れあり

  • GOTIC / ESCENES

    スペインのCAMELと異名を取るバルセロナ出身のシンフォニック・ロック・グループ、78年作、たおやかなフュージョン・タッチで紡がれる清涼感溢れる名作!

    スペインのキャメルことGOTICの一世一代の名作。78年発表。叙情的なメロディーと繊細なフルートの音色が心に届く極上シンフォニック・サウンド。流れるような曲展開も素晴らしいの一言で、静と動を巧みに操り、曲の持つエモーションを最大限に引き出しています。

  • HAPPY THE MAN / CRAFTY HANDS

    のちにキャメルに参加するkey奏者キット・ワトキンスが在籍した米テクニカル・シンフォ・グループ、78年作2nd

    CAMELへ参加することになるKit Watkinsが在籍したことでも知られている、非常にファンタジックなシンフォニック・プログレッシブ・ロックを聴かせるアメリカのグループの78年2nd。前作で顔を覗かせていたフュージョンテイストと、前作から少し落ち着きが出たものの依然としてGENTLE GIANTを髣髴とさせるようなテクニカルなアプローチは健在であり、そこにCAMELのようなシンフォニック・ロックのマイルドさを絶妙にブレンドすることに成功した傑作。スリリングでありながら独特の叙情を感じさせ、緩急を織り交ぜながら聴かせる名盤です。

  • ISLAND / PICTURES

    スイス、圧倒的な緊張感と高い完成度を誇るシンフォニックなチェンバー・プログレ傑作、77年の唯一作

    スイスのプログレ・グループ。P.F.MやAQUA FRAGILEで知られるプロデューサーの元、77年にイタリアで録音された唯一作。変拍子を多用したテンション溢れる展開とクールな質感の管楽器が印象的なHENRY COW的なサウンドに、クラシカルで格調高いシンセ&ピアノが絡むサウンドはオリジナリティに溢れ、センス抜群。圧倒的な完成度を誇る傑作。

  • PULSAR / HALLOWEEN

    フロイド、クリムゾンからの影響を取り込んだ、アーティスティックなフレンチ・プログレの傑作、77年作

    メロトロンなどの積極的な利用で、フレンチ・プログレッシブ・ロックの名盤を作り上げた代表的グループの77年3rd。彼らの最高傑作といわれる本作は2部構成から成る大曲のみで構成された作品であり、非常に映像的なドラマチックさを持った傑作となっています。メロトロンの幻想はKING CRIMSONの静的な部分を想起させ、ロングトーンで静かに広がるキーボードや流れるような無理の無い展開はPINK FLOYDのような麻薬的魅力を放ちます。全編にフレンチ・ロックの冷ややかな質感と芸術性が表われており、夢想の中に落ちていくような傑作です。

  • SEBASTIAN HARDIE / FOUR MOMENTS

    オーストラリアを代表するプログレ・グループ、邦題「哀愁の南十字星」というタイトルが全てを象徴するメロディアスなシンフォニック・ロック名作、75年デビュー作

    ヨーロッパ大陸から遠く離れた南半球はオーストラリアから登場したグループによる75年デビュー作。当時若干20歳のMario Milloによる甘く切ないギターは泣きメロを連発し、雄大なオーストラリアの大地を想起させる不自然さの無いバンド・アンサンブルはドライに響き、大陸の朝焼けを想起させる映像的なメロトロン・ストリングスの幻想で魅了する、全てが完璧なランドスケープを描き切った大傑作です。邦題「哀愁の南十字星」というタイトルが全てを象徴するような、緩やかな時の流れを感じるシンフォニック・サウンドであり、プログレッシブ・ロックを語る上で外すことの出来ない名盤です。

  • TAI PHONG / TAI PHONG

    ベトナム系フランス人兄弟を中心とするフレンチ・プログレの代表的グループ、75年デビュー作

    ベトナム系フランス人を中心に結成され、ASIA MINORと並び、混血グループの強みを生かした無国籍な魅力を持ちながらも、フランス産らしいシンフォニック・ロックと独特の哀愁、そしてテクニカルなバンド・アンサンブルで有名なグループの75年デビュー作。どこを切っても美しいメロディーが滲み出す傑作であり、その音楽性はストレートなハード・ロックに甘んじない構築力と演奏力、プログレッシブ・ロックとしての旨みにあふれたものです。甘美なメロディーが胸を打つ彼らの代表曲「シスター・ジェーン」などを収録した名盤です。