プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ムゼオやイル・バレットのDNAを継ぐイタリアン・ヘヴィ・シンフォ新鋭特集!


個性溢れるバンドたちが数多く存在した70年代イタリアン・ロック・シーンの中で、特に人気が高いのが、ハードロック由来の荒れ狂うヘヴィネスにドラマティックな叙情性や力強い歌の魅力が加わった、まさにイタリアならではと言うべきサウンドを聴かせるヘヴィ・シンフォ勢。

ムゼオ・ローゼンバッハやイル・バレット・ディ・ブロンゾがその代表格として知られています。

実は近年のイタリア新鋭には、彼らのDNAを色濃く受け継いだヘヴィ・シンフォ・グループが数多く登場してきているんです。ここでは、そんな新鋭ヘヴィ・シンフォ・グループからセレクトした傑作たちをご紹介してまいります。

荒々しさの奥に秘められた叙情溢れる旋律美にどうぞ酔いしれてください♪

LA MASCHERA DI CERA

試聴 Click!

FINISTERREやHOSTSONATENも率いる奇才Fabio Zuffantiを中心に、ムゼオ・ローゼンバッハやイル・バレット・ディ・ブロンゾなど70年代のグループに敬意を払い、そのサウンドを再現することをコンセプトに結成したグループ。ダイナミックかつ格調高いヘヴィ・シンフォの傑作!

LA COSCIENZA DI ZENO

試聴 Click!

往年の伊プログレのDNAを継ぐシンフォ新鋭としてLA MASCHERA DI CERAと双頭と言えるグループ!ヴァイオリンも加わって、詩情が増して、グッときまくり!

IL TEMPIO DELLE CLESSIDRE

試聴 Click!

06年にジェノヴァで結成。ムゼオ・ローゼンバッハ『ツァラトゥストラ組曲』の曲名をその名前にしたグループ。鋭角かつ厚いトーンのギターがここぞの変拍子で鮮烈なフレーズを聴かせ、時にゆったりとメロディアスなフレーズを奏で、そのバックでは、キーボードが荘厳に鳴り響き、メロトロンが溢れる。ムゼオのDNAを色濃く継いだ2013年の傑作!

IL BACIO DELLA MEDUSA

試聴 Click!

02年に結成されたグループ。P.F.M.ばりの艶やかでクラシカルなパートから一転して、オルガンがウネるヘヴィなパートへと雪崩れ込む展開はいかにもイタリアン・プログレ!炸裂する唾飛ばしフルートもカッコ良し!

OXHUITZA

試聴 Click!

奇才Fabio zuffantiプロデュース、往年の伊ヘヴィ・シンフォのDNAを受け継いだ伊新鋭プログレ。このへヴィネスとリリシズムの絶妙なる均衡。LA MASCHERAの諸作に匹敵する驚異の完成度!

UNREAL CITY

試聴 Click!

あのFabio Zuffantiのプロデュースでデビューしたバンドによる2015年作2nd。ムゼオ・ローゼンバッハなどヘヴィ・シンフォやレ・オルメなどキーボード・プログレのファンは心躍りまくりのサウンドで冒頭から畳み掛け、聴き手を圧倒!

LA FABBRICA DELL'ASSOLUTO

試聴 Click!

こ、これ、本当に2015年作!?「静」と「動」のめくるめくダイナミズムに溢れたサウンドは、まるで70年代の発掘音源!これは伊ヘヴィ・シンフォ傑作!

IL SEGNO DEL COMANDO

試聴 Click!

なんだか機関車トーマスに出てくる悪役みたいなジャケですが、音の方もなるほど、邪悪で緊張感みなぎってて、これは現代のイル・バレット・ディ・ブロンゾといえるヘヴィ・シンフォ怪作!

UBI MAIOR

試聴 Click!

99年に結成され、KING CRIMSONのトリビュート盤、BIGLIETTO PER L\'INFERNOのトリビュート・コンサートへの出演などで活躍、05年のデビューアルバムが好評を博したイタリアン・へヴィー・プログレ・バンドの09年作2nd。変拍子を交えながらテクニカルな演奏で畳み掛ける様は圧巻。

PANDORA

試聴 Click!

05年結成のグループ。破天荒なほどにドラムが手数多く疾走しだすと、イル・バレットやムゼオなど70年代ヘヴィ・シンフォの香りが充満!08年の強烈なデビュー作に続く2011年作!

TAPROBAN

試聴 Click!

96年にローマで結成されたグループ。EL&P、バンコ、イル・バレット・ディ・ブロンゾなどに影響を受けたようですが、なるほど、キーボードが豪快に鳴らしながら邪悪に畳みかけるヘヴィ・シンフォ・パートと流麗なフルートをフィーチャーした叙情的なパートとがめくるめくダイナミックな展開が圧巻!

Facebookコメント

在庫一覧

  • IL BACIO DELLA MEDUSA / DISCESA AGL'INFERI D'UN GIOVANE AMANTE

    70年代イタリアン・プログレへの憧憬に溢れたイタリアン・プログレの逸品!08年作2nd

    02年に結成されたイタリアの新鋭グループ。デビュー作から4年の時を経て08年にリリースされた2nd。クラシカルなタッチの艶やかなヴァイオリンと流麗なピアノ、イタリアらしい哀愁のフルートをフィーチャーしたメロディアスなパートから、一転してハモンドとヘヴィなギターとフルートが邪悪に暴れまわるダーク&ヘヴィなパートへとなだれこむ展開には、70年代イタリアン・ロックへの憧れが溢れていてニンマリだし、そこからさらに、ヴァイオリン(というか「フィドル」といった方が適切な感じ)とハモンド・オルガンのユニゾンによる舞踏的なアンサンブルへとスイッチする展開にはハッとさせられます。デビュー作に比べて、演奏が格段に洗練され、「格調高さ」と「邪悪さ」と「土着さ」の対比が際立っている印象。劇的なヴォーカルはいかにもイタリアだし、バタバタとせわしなくアグレッシヴなアンサンブルや、炸裂する唾飛ばしフルートや一転しての祝祭感もいかにもイタリア!70年代イタリアン・プログレ・ファン必聴の好グループです。

  • IL SEGNO DEL COMANDO / IL VOLTO VERDE

    イタリアの新鋭シンフォ・グループ、11年ぶりとなる13年作3rd、ズバリ現代のIL BALLETTO DI BRONZOと言いたい圧倒的な荘厳さと邪悪さがみなぎる怪作!

    イタリアの新鋭シンフォ・グループ、11年ぶりとなる13年作3rd。往年の伊ヘヴィ・シンフォ、特にIL BALLETTO DI BRONZOを受け継いだ邪悪な表情を纏いながら、息を飲むようなテンションで繰り広げられるゴシック調ヘヴィ・シンフォニック・ロック。聴き手の不安を煽るようなホラー・テイストの重厚なキーボード・サウンドが渦巻く冒頭から、手数多くダイナミックなリズムと切れ味鋭いギターがすごい勢いで雪崩れ込んでくる展開がもう圧巻!そこに狂気に満ちたハイトーンを響かせるイタリア語ヴォーカルが加わって、荘厳さと底の知れぬダークネスが絡み合うような演奏へと高まっていくサウンドは、まさに現代のIL BALLETTO DI BRONZOと言うに相応しい存在感。そうかと思うと、ゲストとして参加しているのは、GOBLINのCLAUDIO SIMONETTIとDELIRIUMの管楽器奏者MARTIN GRICE、そしてIBDBのGIANNI LEONEその人!これ以外には考えられない人選です。さらに気鋭の女性ヴォーカルSOPHYA BACCHINIも一曲で参加、邪悪さうずまくヘヴィなアンサンブルの中で存在感みなぎる熱唱を聴かせています。往年のヘヴィ・シンフォを、新鋭らしいモダンなヘヴィネスで蘇らせた怪作。これは強烈です!

  • IL TEMPIO DELLE CLESSIDRE / ALIENATURA

    ムゼオやレ・オルメ『フェローナ〜』のDNAを継いだイタリアン・ロック新鋭の本格派、2013年の傑作

    イタリアの新鋭ヘヴィ・シンフォ・グループ。ムゼオのヴォーカル在籍で話題になった2010年デビュー作に続く、2013年作2nd。ヴォーカルは交代となりましたが、前任のガリフィに近い声質&声量を持つヴォーカルで文句なし!そして、何といっても往年のイタリアン・ロックを受け継ぐアンサンブル。鋭角かつ厚いトーンのギターがここぞの変拍子で鮮烈なフレーズを聴かせ、時にゆったりとメロディアスなフレーズを奏で、そのバックでは、キーボードが荘厳に鳴り響き、メロトロンが溢れる。前面には出てこないものの、流麗なフレーズを奏でるピアノや艶やかなヴァイオリンがイタリアならではのクラシカルな気品をもたらしています。時に陽光が射すような、ファンタスティックなパートも織り交ぜられ印象的。ムゼオ・ローゼンバッハはもちろん、レ・オルメ『フェローナとソローナの伝説』に通じる荘厳なオルガン・プログレの要素も受け継いだドラマティックなサウンドは、往年のイタリアン・ロックのファンは、歓喜すること間違いなし。これは傑作です。

  • LA COSCIENZA DI ZENO / LA NOTTE ANCHE DI GIORNO

    バンコやレ・オルメやムゼオ・ローゼンバッハのDNAを受け継ぐヴィンテージなイタリアン・ロックを聴かせる新鋭、相変わらず大充実な2015年作3rd

    07年にジェノヴァで結成され、11年にデビューしたイタリアン・プログレ新鋭による2015年作3rd。前作からFINISTERRE〜HOSTSONATENで活躍するKey奏者Luca Scheraniが加入してツイン・キーボード編成となりましたが、本作ではヴァイオリン奏者も加わり7人編成となっています。ロック的なダイナミズムを注入するタイトでキレのあるリズム隊とエッジのあるリズムを刻むエレキ・ギターを土台に、まるでレ・オルメ『フェローナとソローナの伝説』が蘇ったようなムーグ・シンセの叙情みなぎるリードから気品たっぷりのハープシコードによるバッキングまで往年のイタリアン・キーボード・プログレのセンスたっぷりのキーボードをアンサンブルの中心に配し、その回りで、ヴァイオリンとエレキ・ギターが詩情溢れるメロディアスなリードを伸びやかに奏でています。力強く伸びやかな高音、シアトリカルでメランコリックな低音ともにエモーショナルな歌唱が魅力のヴォーカルも特筆。1st、2ndともに、天才Fabio Zuffantiが率いるLA MASCHERA DI CERAに引けをとらないヴィンテージなシンフォニック・ロックを聴かせましたが、本作もまた70年代イタリアン・ロックへの愛情に満ち溢れた傑作です。

  • LA FABBRICA DELL'ASSOLUTO / 1984

    こ、これ、本当に2015年作!?70年代初期の空気をプンプンさせる伊ヘヴィ・シンフォ傑作

    イタリアはローマ出身のイタリアン・プログレ新鋭バンド、2015年デビュー作。前のめりにつんのめるような荒々しいスピード感、「静」と「動」のめくるめくダイナミズムに溢れたサウンドは、まるで70年代の発掘音源!あの時代を彷彿させる初期衝動みなぎるヒリヒリする演奏にしびれます。けたたましいムーグ、ギターとキーボードのクラシカルな高速ユニゾン、切り返しまくりの展開による執拗なドラマ。そして、とても2015年とは思えないハイ・トーンのヴォーカル。どこまでも70年代初期の空気感たっぷりな強烈デビュー作!

  • LA MASCHERA DI CERA / PETALI DI FUOCO

    イタリア、元FINISTERREのFabio Zuffantiによるグループ、BANCOやMUSEOなど往年の作品を彷彿とさせる名作、10年リリース

    FINISTERREを率いた奇才Fabio Zuffantiを中心に、ムゼオ・ローゼンバッハやイル・バレット・ディ・ブロンゾなど70年代のグループに敬意を払い、そのサウンドを再現することをコンセプトに結成したグループ。前作から4年ぶりとなった2010年作5th。ヴィンテージ・キーボードをフィーチャーした分厚くテクニカルで歌心に溢れたアンサンブル、攻撃的な「動」のパートとフルートが舞う「静」のパートとの対比鮮やかなダイナミックな構成、胸に迫るリリシズムと熱くエモーショナルなヴォーカル。そして、ここぞで溢れる必殺のメロトロン!クラシカルなフレーズからジャズ/アヴァンギャルドのエッセンスもある硬質なフレーズまで表情豊かなピアノも特筆もの。メロディ・センスも一級品で、特に7曲目の流麗なメロディは言葉を失う美しさ。イタリアン・ロックのファンは必聴!素晴らしい作品です!

  • OXHUITZA / OXHUITZA

    Fabio Zuffantiプロデュースによる伊新鋭ヴィンテージ・プログレ、往年の伊ヘヴィー・シンフォからの影響と現代的な躍動感に興奮する13年デビュー作にして傑作!

    FINISTERE〜LA MASCHERA DI CERA〜HOSTSONATENでお馴染みのイタリアの奇才Fabio Zuffantiがプロデュースしたイタリアの新鋭ヴィンテージ・プログレ・バンド、2013年デビュー作。ヴィンテージな重いトーンでキレとテンションみなぎる変拍子リフで聴き手に襲いかかるギター、沈み込むようにダークで荘厳なキーボード、タイト&アグレッシヴなリズムでアンサンブルのギアを一段あげるリズム隊。往年の伊ヘヴィ・シンフォのDNAを継いだサウンドに心躍ります。Fabio Zuffantiプロデュースということで、ヘヴィ一辺倒に終わることはなく、賛美歌のようにキーボードが重厚に鳴り響く中をギターがハイ・ポジションでさえずるようにリリカルなフレーズを紡いだり、北欧のレコメン系に通ずるような鋭角かつユーモラスな変拍子パートを挟み込んだり、透明感ある格調高いピアノがハッとするように割り込んできたり、豊かなアレンジにはプログレのワクワク感がつまっています。2000年代の好調な伊プログレシーンのエネルギーがつまったヘヴィネスと躍動感とリリシズムに溢れた傑作。これはオススメです。

  • TAPROBAN / STRIGMA

    EL&P、バンコ、イル・バレット・ディ・ブロンゾに影響を受けたイタリアのキーボード・トリオ、2013年作4th、メロトロンやムーグが狂おしく鳴り響くヘヴィ・シンフォ快作

    96年にローマで結成、キーボード奏者がフルートも吹き、ベースとギターが兼任する編成のキーボード・トリオ。2013年作4th。EL&P、バンコ、イル・バレット・ディ・ブロンゾなどに影響を受けたようですが、なるほど、キーボードが豪快に鳴らしながら邪悪に畳みかけるヘヴィ・シンフォ・パートと流麗なフルートをフィーチャーした叙情的なパートとがめくるめくダイナミックな展開が圧巻。それにしても、ヘヴィなパートの音圧はすさまじく、前のめりに疾走するドラム、塊となって聴き手に襲いかかるヘヴィなギターとベース、そして、狂おしく鳴り響くメロトロンやムーグによるソリッドなサウンドは圧巻。リズムが躍動しムーグがメロディアスなフレーズを柔らかに奏でるパートはジェネシス直系。往年のイタリア/イギリスのプログレへの憧憬に満ちたヴィンテージな一枚。これは名作です。

  • UBI MAIOR / SENZA TEMPO

    70年代的な色彩に溢れたイタリアン・ヘヴィ・シンフォの傑作、イタリアン・ロック・ファンは必聴!09年2nd

    99年に結成され、KING CRIMSONのトリビュート盤、BIGLIETTO PER L'INFERNOのトリビュート・コンサートへの出演などで活躍、05年のデビューアルバムが好評を博したイタリアン・へヴィー・プログレ・バンドの09年作2nd。その内容は前作までに見られたGENESISクローン的な音像を撤廃し、ネオプログレ色を払拭、どこまでも70年代イタリアン・プログレのサウンドを追求したへヴィー・シンフォニック・ロックの傑作となっています。どこを切り取っても70年代イタリアン・プログレの精神に溢れており、変拍子を交えながらテクニカルな演奏で畳み掛ける様は圧巻。また、叙情的なパートでは元THE WATCH、現在はARCHANGEL名義でも活躍するGabriele Manziniによる分厚いメロトロン・サウンドが大きくその存在感を示しており、こちらも一層レトロな70年代プログレサウンドへの回帰が伺えます。同郷LA MASCHERA DI CERAやMANGALA VALLIS、CONSORZIO ACQUA POTABILEと言った、BANCO系の有名へヴィー・シンフォニックバンドと肩を並べる素晴らしい作品であり、まさに70年代イタリアン・プログレの魅力が全て詰まったような傑作です。

  • UNREAL CITY / IL PAESE DEL TRAMONTO

    ムゼオやレ・オルメのDNAを受け継いだ70年代ヴィンテージスタイルのイタリアン・ロック新鋭、2015年作2nd

    Key兼VoのEmanuele Tarasconiを中心に2010年に結成され、12年に自主制作したEPがあのFabio Zuffantiの目に留まり、彼のプロデュースで2013年にデビューしたイタリアン・プログレ新鋭バンド。2015年作の2nd。バロック建築が目に浮かぶようなクラシカルなピアノ、そして、荘厳に鳴り響くハモンド・オルガンやウネリを上げるムーグ・シンセや叙情が溢れるメロトロンなどヴィンテージ・キーボード。タメの効いたファズ・ギターや唐突な変拍子で前のめりなダイナミズムとキレを生むリズム隊など、60年代末のサイケからハード・ロックの移行期に充満していた空気感までも受け継いだような引きずるようなヘヴィネスもあり、ムゼオ・ローゼンバッハなどヘヴィ・シンフォやレ・オルメなどキーボード・プログレのファンは心躍りまくりのサウンドで冒頭から畳み掛け、聴き手を圧倒します。陽光が差し込んだようにリリシズム溢れるパートも巧みに配され、ちょっと線の細い男性ヴォーカルが、70年代の発掘シンフォ・アイテムのような雰囲気も醸していてたまらないし、フルートやストリングスのメランコリックな調べも絶品。70年代オマージュの新鋭ではLA MASCHERA DI CERAが筆頭格ですが、それにも肩を並べると言って過言ではない傑作!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!