プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

SPINETTAやSERU GIRANを受け継ぐ詩情あふれるアルゼンチン新鋭セレクション!

アルゼンチンのロック・シーンの基礎を築いたと言われる2人のミュージシャンが、LUIS ALBERTO SPINETTAとCHARLIE GARCIA。


近年、アルゼンチンでは彼らの詩情あふれるサウンドを受け継いだ素晴らしい新鋭たちが登場してきています。
今回はそんな中から特に卓越した音楽性を持つバンドたちをピックアップしてまいります☆

VADE RETRO

試聴 Click!

スピネッタ、ガルシアから連なるアルゼンチン・ロックの伝統を理想的な形で現代に伝えるのがこのバンド。南米特有のリリシズム溢れる珠玉のメロディに彩られた南米新鋭の大傑作です!

AMBAR

試聴 Click!

テクニカルに弾き倒すギターとヒープが宿る熱気みなぎるオルガンによるヴィンテージ色豊かなハード・プログレに、SPINETTA/SERU GIRANを受け継ぐ南米らしい「詩情」を加えた逸品。この振り幅、南米ならではだなぁ・・。

SEIN

試聴 Click!

新鋭とは思えないほどに70年代プログレのエッセンスが濃厚に薫るこのサウンド。SERU GIRANやPABLO EL ENTERRADORの遺伝子を受け継ぐこれぞ正統派アルゼンチン・プログレ!!

SEIN

試聴 Click!

往年のアルゼンチン・プログレを彷彿させる詩情はそのままに、より現代のプログレバンドらしいダイナミズムあふれる演奏で迫る13年2nd。アルゼンチン・プログレの伝統を現代的なサウンドで再構築するその手法は、大御所NEXUSをも凌ぐ完成度!

LA FINCA DE LAURENTO

試聴 Click!

まるでキャメルとクリムゾンとSERU GIRANが融合したかのような、センシティヴな詩情と息を飲むようなヘヴィネスが渦巻く驚異の新鋭、08年デビュー作。

LA FINCA DE LAURENTO

試聴 Click!

08年デビュー作が衝撃的だったヴィンテージテイスト満点の新鋭、12年2nd。一聴して現代のバンドらしいヘヴィネスに耳が行きますが、ふいにメランコリックに沈むパートでの繊細な表情は紛れも無くアルゼンチン・プログレ!この落差、たまりません〜

PEZ

試聴 Click!

93年に結成されたアルゼンチンの新鋭プログレ・バンド、2015年作のなんと16枚目のアルバム。メロディとヴォーカルに受け継がれているチャーリー・ガルシアやスピネッタのDNA。70年代スタイルの新鋭による円熟の一枚。

TASIS

試聴 Click!

ジャズやタンゴの香りたっぷり、ヴァイオリンをフィーチャーしたアルゼンチンのプログレ新鋭バンド、2016年デビュー作。ずばり自主制作とは思えない完成度!

LA SECUELA

試聴 Click!

なぜにそのジャケットにしたのさ!?SERU GIRANなど70年代のアルゼンチン・ロックの名バンドへのオマージュに溢れた演奏、そして、清楚な女性ヴォーカル。悪趣味ジャケと正反対の美麗なるプログレ傑作っ!

CAHU COCO!

試聴 Click!

情感豊かなメロディアス・ジャズ・ロックを演奏する新鋭、07年作。ボサノヴァ風のメロウな語り口が印象的ですが、そんな中にもそこはかとなく漂うのはジャズ・ロック期のスピネッタに通じるセンシティヴさ。軽快な中にも哀愁滲むアコーディオンもいい感じです。

CAHU COCO!

試聴 Click!

ボサノヴァ調のライトなジャズ・ロックだった前作から、ロック的なダイナミックさがプラスされよりアルゼンチン・プログレらしさが増した12年作。管弦を交えたしなやかなジャズ・ロックと南米特有の詩情溢れるメロディとの組み合わせが新鮮です。

Facebookコメント

在庫一覧

  • LA FINCA DE LAURENTO / CIENCIA FILOSOFIA Y CONGA

    SERU GIRANなど往年のグループの遺伝子を受け継いだアルゼンチンの新鋭、ずばり名作!

    アルゼンチン出身。KING CRIMSON、CAMELなどの英プログレ、SERU GIRANなど70年代アルゼンチンのグループの遺伝子を受け継いだ新鋭。08年のデビュー作。柔らかに広がるキーボードに、流麗なフルート、伸びやかでメロディアスなギターが絡むリリシズム溢れるパートを中心に、シアトリカルなパート、フリップ譲りのギターをフィーチャーしたスリリングなパートなどを織り交ぜた起伏に富んだアンサンブルが聴き所。キーボードの音色など、かなりヴィンテージ色濃厚。ふくよかで繊細なメロディも70年代的です。いかにも南米らしい詩情豊かなメロディも絶品。これは凄いグループです。南米シンフォや伊シンフォのファンは必聴の名作!

  • LA FINCA DE LAURENTO / FUERZA

    SERU GIRANなど往年の名グループを受け継ぐアルゼンチン産新鋭シンフォ・グループ、08年のデビュー作に続く12年作2nd!

    アルゼンチン産新鋭シンフォ・グループ、08年のデビュー作に続く12年作2nd。タイトなリズムセクションとクールに音を刻むエレピに、ハードな唸りを上げるギターなど現代的なへヴィネスも加えたスリリングなアンサンブルと、南米的な詩情に満ちたメロディを切々と歌うヴォーカルパートとが絶妙なバランスを見せるメロディアス・ロック。軽やかに舞うフルートや劇的に響くピアノなどもアンサンブルに南米らしさを付与。その高い演奏力のみならず、陰影に富んだウェットな音使いなどからは、SERU GIRANの2nd辺りの作風をよりハードにしたかのような印象を受けます。アップテンポの曲ではアルゼンチン特有の洒落たポップセンスが聴かれるのも魅力。70年代南米シンフォからの影響を現代的なサウンドによって見事に昇華した力作です。

  • LA SECUELA / TELEPROMPTER

    チャーリー・ガルシアのDNAを継ぐアルゼンチンの新鋭、2015年デビュー作、悪趣味ジャケとは正反対のサウンドを聴かせる名作

    アルゼンチンはブエノス・アイレス出身のプログレ新鋭バンド、2015年デビュー作。ヴィンテージ志向のサウンドが印象的で、これはずばり70年代のアルゼンチン・ロックのファンにはたまらないでしょう。チャーリー・ガルシアへの憧憬が感じられて、SERU GIRANやLA MAQUINA DE HACER PAJAROSあたりが好きな方は間違いなく気に入るはず。ブルージーさとともにジャズ/フュージョンやファンクの洗練もあって、ギターとキーボードとマリンバのユニゾンによる高速変拍子フレーズなどテクニックも抜群だし、これは素晴らしいです。南米らしいセンチメンタルさを持つ美声の男性ヴォーカル、清楚な女性ヴォーカルによるツイン・ヴォーカルも絶品。それにしてもなぜにこんな悪趣味ジャケにしてしまったのか。音の美麗さとは正反対・・・。ジャケ以外は文句なしと言える注目のデビュー作です。

  • SEIN / LA FLOR Y LA MIERDA

    え!?これ本当に新鋭なの? SERU GIRANやPABLO EL ENTERRADORの遺伝子を受け継ぐ正統派アルゼンチン・プログレ、名作!

    南米アルゼンチンの新鋭、2010年デビュー作。「え!?これ本当に新鋭なの?」と思ってしまうほど70年代プログレのエッセンスに溢れています。SERU GIRANやPABLO EL ENTERRADORの遺伝子を受け継いだ叙情美と構築美。柔らかくたゆたうキーボード、「詩情」豊かなメロディと繊細な歌声が胸を打つヴォーカル。時にジャジーなフレーズをさらりと挿入するセンスも往年のアルゼンチン・ロックの名グループ譲り。これは素晴らしいグループです!SERU GIRAN、PABLO EL ENTERRADORのファンは必聴!

  • SEIN / TESIS

    アルゼンチン・プログレ新鋭13年作、往年のアルゼンチン・プログレの詩情溢れるメロディアスさを濃厚に受け継ぐサウンドが素晴らしい名品

    アルゼンチンの新鋭プログレ・バンド、2013年作。大河のごとく雄大に流れていく分厚いシンセに、SERU GIRAN、PABLO EL ENTERRADORなどを受け継ぐ珠玉のヴォーカルメロディが重なる冒頭のシンフォニック・ナンバーから、南米ファンなら悶絶間違いなし!その他の曲も、PABLOの1st中盤に入っていそうな、高鳴るシンセが印象的な抜けるようにポップでメロディアスなナンバーから、NEXUSなどを彷彿させる哀愁メロディとヴィンテージなシンセ、オルガンが力強く駆け抜けるプログレ・ハード調のナンバーまで、多彩なアンサンブルで聴かせます。なかでも出色が、たおやかなアコギ、センシティヴなピアノが優しくヴォーカルを支えるアコースティカルな楽曲で、アルゼンチンらしい豊かな情感に満ちた演奏にここでも思わずグッと来てしまいます。これは間違いなく往年のアルゼンチン・プログレの詩情溢れるメロディアスさを最も濃く受け継ぐバンドの一つ。10年デビュー作とともに、南米ファンには是非ともお聴きいただきたい名品です。

  • TASIS / BUSQUEDA DE LO REMEDIABLE

    自主制作とは思えない完成度!ジャズやタンゴの香りたっぷりのアルゼンチンのプログレ新鋭バンド、2016年デビュー作

    ジャズやタンゴの香りたっぷり、ヴァイオリンをフィーチャーしたアルゼンチンのプログレ新鋭バンド、2016年デビュー作。豊かな響きのコード弾きから流れるような早弾きリードまで卓越したジャズ・ギターとノスタルジックなメロディを伸びやかに奏でるヴァイオリンを軸にした技巧的でいてふくよかなアンサンブルが魅力的。ここぞでは、マハビシュヌ・オーケストラ的なフュージョン・ロック・パートへと展開したり、ギターによる変拍子のミニマルなフレーズを背景にヴァイオリンがキレのあるフレーズで切れ込むチェンバー・ロック的テンションあるパートを織り交ぜるなど、表現力の豊かさは特筆です。南米らしい詩情豊かなメロディとセンチメンタルさを持ったヴォーカルもまた素晴らしい。スピネッタやチャーリー・ガルシアのDNAを確かに感じさせる好グループ。自主制作とはとても思えない完成度。70年代アルゼンチン・ロックのファンは必聴と言える快作です。

  • VADE RETRO / FLORECIENDO EN HELIOPOLIS

    アルゼンチン産新鋭プログレ・バンドの12年作、70年代南米プログレを思わせる繊細な音運びと珠玉のメロディに溢れた大傑作!

    アルゼンチン出身の新鋭プログレ・バンドによる12年作。冒頭、音響派を思わせる幻想性に満ちた音空間を聴かせたかと思うと、ギターによるこぼれ落ちんばかりの哀愁を放つソロに、SERU GIRANなどの70年代アルゼンチン・ロック直系のロマンと清涼感を併せ持ったメロディが湧き出てきて、ここですでにこのバンドの魅力に取り込まれていることに気づきます。ピアノの流麗なフレーズに乗せて歌われる淡い叙情を秘めたヴォーカル・メロディも素晴らしい。そうかと思うと今度はジャズ/フュージョン風のテクニカル・アンサンブルまで飛び出してきて、あたかも在りし日のアルゼンチン・ロックが甦ったかのような錯覚を覚えます。70年代的な質感を持った音使いと現代的なモダンな音使いとをバランスよく配するセンスも特筆です。LA MAQUINA、SERU GIRANを始めとする70年代南米プログレがお好きな方には、何を置いてもオススメしたい大傑作です。