プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

旧チェコスロヴァキア・プログレ

MODRY EFEKT

試聴 Click!

旧チェコスロヴァキアを代表するシンフォ・バンド。74年作より。重厚なブラス隊とスリリングに絡み合いながら、シンフォ、ジャズ、ブルースなどを巻き込んでテクニカルに進行していくバンドの演奏力が圧巻の傑作!

SYNKOPY & OLDRICH VESELY

試聴 Click!

70年代にMODRY EFEKTに参加していたヴォーカル/キーボーディストが復帰しての81年作。重厚かつ宇宙的な広がりを持つシンセによる東欧らしい泣きの叙情が溢れだすシンフォニック・ロックが素晴らしい名品。哀愁ほとばしるヴォーカルにも注目です。

MARIAN VARGA & COLLEGIUM MUSICUM

試聴 Click!

東欧のキース・エマーソンと言うべき技巧派key奏者率いるバンド、81年の最終作より。ELPを凌ぐほどのテンションで展開するキーボード・アンサンブルが圧倒的!英米のメジャープログレに引けをとらない完成度を持った作品。

PROGRES 2

試聴 Click!

80年作の1stアルバムより。タイトで手数の多いドラムに、マイナー調のダークなギター、陰影を帯びた荘厳なキーボードをフィーチャーしたヘヴィ・シンフォ。変拍子を多用して嵐のごとくヘヴィに畳みかける展開には、イタリアン・プログレのファンもしびれること間違いなし!

JAZZ Q

試聴 Click!

チェコのみならず、東欧を代表するジャズ・ロック・グループ。73年デビュー作より。

DEZO URSINY

試聴 Click!

78年2nd。いかにも東欧といえる奥ゆかしいシンフォニック・ロックを基調に、ジャズ/フュージョン・ロックのエッセンスを織り交ぜたアンサンブルは、かなりハイ・レベル。この深みはただ事ではありません!

ENERGIT

試聴 Click!

旧チェコのジャズ・ロック・バンド、75年作1stより。リズム隊に絡むコンガが独特の緊張感を生み出す中で繰り広げられる、クラヴィネット、エレピ、ギターによる一触即発の掛け合い。そしてそこにフリーキーに滑りこんでくるサックスのカッコよさと来たら!MAHAVISHNU ORCHESTRAやBRAND Xにも比肩するテンション!

MAHAGON

試聴 Click!

チェコのジャズ/ファンク・ロック・グループ、77年作より。躍動するリズム隊にファンキーなクラヴィネット&ワウギター、ブラスが吹き荒れる中を、ハスキーかつパワフルな女性ヴォーカルが貫くファンキーなジャズ・ロックを展開。これはズバリ痛快!

FERMATA

試聴 Click!

キーボードとギターによる圧倒的にアグレッシヴかつスリリングなバトルが持ち味のジャズ・ロック・バンド。クラシカルな高速ユニゾンから、これぞプログレな魅力いっぱいのドラマティックなキメの変拍子、スピーディーに畳みかけていく演奏が見事です。

Facebookコメント

在庫一覧

  • DEZO URSINY / PEVNINA DETSTVA AND NOVE MAPY TICHA

    旧チェコを代表するミュージシャン、東欧シンフォ/ジャズ・ロックの傑作

    バンドやソロに加え、映画音楽家としても活躍した旧チェコスロバキアを代表するミュージシャン。60年代にビート・グループで活躍した後、73年にソロ・デビューした後、78年にリリースした2ndと79年にリリースした3rdをカップリングした2枚組。荘厳なタッチのクラシカルなピアノ、陰鬱なヴァイオリン、東欧らしい暗さを持ったキーボードやフルート、手数多くシャープでアグレッシヴなドラム、ゴリゴリとよく動くベース。ヴォーカルも淡々と物憂いメロディを歌い上げます。いかにも東欧といえる奥ゆかしいシンフォニック・ロックを基調に、ジャズ/フュージョン・ロックのエッセンスを織り交ぜたアンサンブルは、かなりハイ・レベル。この深みはただ事ではありません。オススメ!

  • ENERGIT / ENERGIT and PIKNIK

    チェコ産ジャズ・ロック75年作/78年作、MAHAVISHNU、BRAND Xに匹敵する熱量/テクニックが圧巻の傑作!

    旧チェコ・スロヴァキアのジャズ・ロック・バンド、75年作1stと78年作2nd。1stは、冒頭17分に及ぶジャズ・ロック大作が出色。ジャジーでテクニカルなリズム隊に絡むコンガが独特の緊張感を生み出す中で繰り広げられる、クラヴィネット、エレピ、ギターによる一触即発の掛け合い。そしてそこにフリーキーに滑りこんでくるサックスのカッコよさと来たら!MAHAVISHNU ORCHESTRAやBRAND X、スペインのICEBERGらに匹敵する実力がこの一曲でわかります。2ndは、1stでの緊張感みなぎるジャズ・ロックから、シンセやブラス隊が活躍する派手なジャズ・ロックへと変化。RTURN TO FOREVERを彷彿させるなめらかなフュージョンタッチが取り入れられた演奏も印象的です。とは言え、バンドの特徴であるコンガがフィーチャーされた楽曲では、パワフルなサックスが顔を出し、1stでのテンションが復活。メロディアスさが加わって完成度はさらに上がっている印象を受けます。両作とも、英米のジャズ・ロック勢に負けないテクニックと熱量の高さで畳み掛けていくアンサンブルが痛快なジャズ・ロック傑作です。

  • FERMATA / FERMATA and PIESEN Z HOL

    スロバキア出身、東欧随一のジャズ・ロック・グループ、75年作/76年作

    スロバキアを代表するプログレ/ジャズ・ロック・グループで、キーボードとギターによる圧倒的にアグレッシヴかつスリリングなバトルが持ち味。シャープなリズム隊も強力。75年作1stと76年作2ndをカップリングした2枚組。クラシカルな高速ユニゾンで幕を開け、これぞプログレな魅力いっぱいのドラマティックなキメの変拍子を織り交ぜ、スピーディーに畳みかける1st。よりクロスオーヴァーへと進化したスリリングかつ浮遊感も漂わせる2nd。どちらも東欧ジャズ・ロック/プログレ屈指の名作。

  • MAHAGON / MAHAGON and SLUNECNICE PRO VINCENTA VAN GOGHA

    女性ヴォーカルをフィーチャーしたチェコ・ファンク/ジャズ・ロック、77年デビュー作と80年作

    チェコのジャズ・ロック・グループ、77年作/80年作。このバンドの特徴は何と言っても、チェコ語の女性ヴォーカル。テクニカルに躍動するリズム隊にファンキーなクラヴィネット&ワウギター、ブラスが吹き荒れる中を、ハスキーかつパワフルな歌唱が貫きます。この女性ヴォーカルは、ジャニス・ジョプリンばりのブルージーな歌唱から、美声のスキャットまでを聴かせるかなりの実力派。男性ヴォーカルの熱唱にも注目です。ファンキーに跳ねる演奏の中で男女ヴォーカルが絡み合うナンバーが痛快!ファンク+ジャズ・ロックというサウンドは、イタリアのLIBRAを彷彿させます。辺境的なマイナー色を感じさせないキャッチーなサウンドに、他の東欧作品にはない魅力を感じさせる名品です。

  • MARIAN VARGA & COLLEGIUM MUSICUM / DIVERGENCIE

    東欧のキース・エマーソン、Marian Varga率いるクラシカル・キーボード・プログレ!最高傑作と言われる77年のラスト作

    東欧のキース・エマーソンと言えるKey奏者、Marian Varga率いる旧チェコスロバキアを代表するグループ。最高傑作と言われる81年作のラスト・アルバム。通算7枚目。2枚組の大作で、クラシカルなキーボードが暴れ回るアグレッシヴなプログレからリリカルなピアノが舞うクラシカル・ロックや女性ヴォーカルの伊カンタウトーレ的作風まで、Marian Vargaの集大成的な佳曲がずらりと並んでいます。東欧を代表する作品というだけではなく、ユーロ・ロック史に残る傑作!

  • PROGRES 2 / DIALOG S VESMIREM

    80年作、チェコ・プログレの名作

    旧チェコ・スロヴァキアのグループ、80年作の1stアルバム。タイトで手数の多いドラムに、マイナー調のダークなギター、陰影を帯びた荘厳なキーボードをフィーチャーしたヘヴィ・シンフォ。変拍子を多用して嵐のごとくヘヴィに畳みかける展開には、イタリアン・プログレのファンもしびれること間違いなし。東欧らしいメランコリックな哀愁を帯びたヴォーカルも素晴らしいです。ゴリゴリと突き進むへヴィなパートと豊かな陰影を生かした繊細なパートとの鮮やかな対比がたまらない逸品です。

  • SYNKOPY & OLDRICH VESELY / SLUNECNI HODINY

    チェコ出身、東欧シンフォ屈指の傑作、81年作

    60年代にデビューしたチェコ・ロック/プログレを代表するバンドの一つ、81年作。本作より、デビュー時のオリジナル・メンバーであり70年代にはMODRY EFEKTで活動したkey奏者/ヴォーカリストOLDRICH VESELYが復帰。タイトに畳み掛けるリズム隊、流麗なフレーズを紡ぎ出すテクニカルなギター、そして重厚かつ宇宙的な広がりを持つシンセによる東欧らしい泣きの叙情が溢れだすシンフォニック・ロック。ムーグを始めとして、クラシカルなオルガンやスペイシーで無機的なARPシンセの音を巧みに操り独自の作品世界を作り上げていくOLDRICHのプレイが特に見事で、そのセンスはエマーソンやウェイクマンなど英プログレ界の名手にも匹敵するもの。そしてこのあまりにドラマティックで哀愁に満ち満ちた歌の素晴らしさと来たら!これらが一つとなって洪水のごとく叙情的に押し寄せてくるサウンドは圧巻の一言です。これは間違いなく東欧プログレを代表する完成度を持った作品の一つ。ずばり傑作!