プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

往年の伊プログレ名バンドによる復活作大集合!

往年のバンドの再結成作と言うと、「アレ?」というものも決して少なくはないのですよね。


ところが伊プログレにおいては過去作に引けを取らないどころか、現代的なアグレッッションを取り入れ更なる傑作を生み出しているのです。


そんなわけで、往年のイタリアン・プログレの名バンドたちの華麗なる復活作をまとめてみました。


いずれ劣らぬハイレベルな傑作が満載!

NEW TROLLS

試聴 Click!

ヴィットリオ、ニコ、ジャンニ、ジョルジョに名アレンジャールイス・バカロフを加えた、『パート1』制作時の黄金メンバーによるシリーズ第3弾。瑞々しいストリングスとバンド・アンサンブルがスリリングに絡みあう演奏が圧巻です。

MUSEO ROSENBACH

試聴 Click!

73年の名盤を再演した12年作。繊細なシーンはより情感豊かに、ヘヴィーなシーンはよりえぐるような生々しさをもって展開していく演奏に、かつての興奮が蘇ります。

LOCANDA DELLE FATE

試聴 Click!

伊シンフォ史上、空前絶後の優美さを誇る77年作から34年を経た12年作。さらなる高みへと飛翔するかのような美しくダイナミックに躍動するアンサンブルが素晴らしすぎる傑作!!

ALPHATAURUS

試聴 Click!

伊へヴィー・シンフォの隠れ名盤として知られる73年作から40年ぶりとなる新作。P.F.Mに迫るリリシズム溢れる叙情と伊ヘヴィー・シンフォのダイナミズムを融合させた高品質な一枚

IL ROVESCIO DELLA MEDAGLIA

試聴 Click!

バカロフと組んだ73年作が有名な伊バンド、11年作。クラシカルなフレーズを連発する速弾きギター、浮遊感あるキーボード。メロディアス・ハードと、変拍子を取り入れたインプロヴィゼーションが融合したアンサンブルによる疾走感溢れるハード・ロック

RACCOMANDATA RICEVUTA RITORNO

試聴 Click!

オザンナやムゼオに先駆けて伊へヴィー・シンフォの雛型を打ち出したこのバンドの10年復活作は、持ち味である邪悪さに満ちたへヴィー・アンサンブルにクラシック、ジャズ、現代音楽などの要素を巧みにブレンドさせた意欲作です。

UT NEEW TROLLS

試聴 Click!

70年代黄金期のニュー・トロルスを支えたkey奏者&ドラマーによる分派バンド、13年作。伸びやかなヴォーカル・ナンバーから重厚なバロック調ナンバーまでを多彩に披露する、伊プログレのエッセンスをギュギュッと詰め込んだような名品です!

Facebookコメント

在庫一覧

  • LA LEGGENDA NEW TROLLS CON LUIS BACALOV / CONCERTO GROSSO N3

    NEW TROLLSの出世作『CONCERTO GROSSO』のシリーズ第3作となる13年作!

    NEW TROLLSの出世作『CONCERTO GROSSO』の第3作となる13年作。07年の『SEVEN SEASONS』とは異なり、1&2製作時のメンバーに加え、1&2でオーケストラ・アレンジを担当したルイス・エンリケス・バカロフがアレンジを務めている点で、本作が正真正銘シリーズ第3弾と言えるもの。まず何よりバカロフによる流麗かつクラシカルな荘厳さに満ちたオーケストラの冴えに驚き。瑞々しく張りのあるストリングスが圧倒的な迫力で迫ってきます。バンド演奏はよりドラマティックに表現力豊かに、円熟のアンサンブルを聴かせつつも、歌声には衰えが感じられないのが素晴らしい。バンド演奏とストリングスがスリリングに絡み合いながら疾走するパートは最大の聴きどころ。荘厳な楽曲の合間に入るメロディアスな歌ものも、『PART2』を思い出させる愛すべき好ナンバーが揃います。『PART1』での荘厳さと『PART2』の甘く伸びやかなメロディアスさが上手くブレンドされており、バンドとストリングスの融合度合い、作品としての完成度の高さはシリーズ中No.1と言ってよいもの。これは『PART1』に衝撃を受けた方なら当時の感動を再び味わえること間違いなしの必聴作!

  • LOCANDA DELLE FATE / MISSING FIREFLIES

    これは驚きました!イタリアン・シンフォの最高峰バンドによる2012年作、1曲目を聴いて心躍らないプログレ・ファンは居ないと断言!

    77年にイタリアン・シンフォ屈指の傑作をリリースしたグループによる、2012年再結成作。ヴォーカル、キーボード、ドラム、ベースのオリジナル・メンバー4人に加えて、ギターとキーボードの2人を新たなメンバーとして迎えた6人編成。いや〜、1曲目を聴いて心躍らないプログレ・ファンは一人もいないと断言!77年作に比べて幾分力強くタイトなドラムを土台に、ヴィンテージな音色のファンタスティックなキーボードとマイルドな歪みのギターがリズムを刻む中、ムーグ・シンセがどこまでも続くようにリリカルなフレーズを奏でる。場面が切り替わるように、ムーグからギターへとリードが移り、あの77年作を彷彿とさせる、繊細なタッチの歌心いっぱいのギターが流れると、もう胸がいっぱいになります。手数多くシャープにリズム隊が走りだし、キレのある変拍子の中をピアノが流麗にフレーズを奏でる・・・もうあまりの素晴らしさに笑みがこぼれます。ふぅ、あれ、はじまってからまだ5分しかたってない!8分を超える大曲2曲を含む新録の4曲の完成度の高さは圧巻の一言です。77年のライヴ音源(クリアなオーディエンス録音)を3曲収録しており、そちらももちろん素晴らしい。ベテランの復活作とは思えない瑞々しさに溢れた大傑作です!