プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

世界の「サージェント・ペパーズ」フォロワー特集〜ユーロ産サイケ・ポップ・セレクション

ビートルズの最高傑作と言えば? 一番好きなアルバムは?

となると、なかなか一つに絞れませんが、ロックの進化において最も影響を与えた作品と言えば『サージェント・ペパーズ〜』でオーケーではないでしょうか。

『サージェント・ペパーズ〜』影響化で、60年代末には英国で数多くのサイケ・ポップが生まれました。
そちらは、このジュークボックスをご覧頂くとして、

レイト60sサイケ・ポップのマジカルでドリーミーな世界☆
http://kakereco.com/kakereco_jukebox.php?id=47

アメリカ編はこちらをご覧頂くとして、

http://kakereco.com/kakereco_jukebox.php?id=239

ユーロにもまばゆいサイケ・ポップがたくさんございます。

是非、探求ください!

FLOOR

試聴 Click!

ポール・マッカートニー、ゾンビーズのコリン・ブランストーン、ホリーズのグレアム・ナッシュがトリオを組んで、ジョージ・マーティンがプロデュースしたようなグループをデンマークで発見っ!

TAGES

試聴 Click!

ホリーズやゾンビーズの甘さ、キンクスの哀愁、ジェフ・リンに通じるクラシカルな気品をブレンドしちゃったようなスウェーデンの『サージェント・ペパーズ』と言える名作!ジャケがもっとカラフルだったならなぁ。

BRAVE NEW WORLD

試聴 Click!

卑猥なマネキン・ジャケにして、この気品と実験精神に満ちたサイケ・ポップ!ジャーマンならではの幻想美もあって、こんなマジカル・ミステリーなサイケ・ポップがドイツにもあったのね!

UNDERGROUND SET

試聴 Click!

イタリアの70年代初期にこんなサイケでグルーヴィーですこぶるキャッチーな盤があったとは!ファズ・ギターとオルガンが渦巻いてるけど、混沌としてなくて洗練されてて、センス抜群!

DREAM

試聴 Click!

67年のノルウェーにこれほどまでのサイケ・ポップ/アート・ロック傑作が生まれていたとは。あのテリエ・リピダルが在籍で、ジェフ・ベックばりに尖ったギターを炸裂させてるし、トラフィックや米BS&Tの1stに負けない素晴らしさ!

PETER ROAR 他

試聴 Click!

これは久々に痺れました!スペイン・ジャズ・ロックの重鎮たちが72年に産み落とした全曲ビートルズのカバー・アルバム。イージーリスニングな感じは微塵もなく強烈な躍動感とキラメキ!カケレコが自信を持ってオススメします!!

LOS BRINCOS

試聴 Click!

スペインのビートルズと異名を取るLOS BRINCOSがロンドンはアビーロードやオリンピック・スタジオで録音した68年作。キンクスやザ・フーやバーズのファンはとにかく必聴の美メロ満載の傑作!

OMEGA

試聴 Click!

ディープに英サイケ・ポップを探求したって? なら、これはどうだ!ちょっと反則技だけど、ハンガリーのグループがDECCAスタジオで録音し英のみでリリースされた作品!レイト60sファン必聴ですよ!

ILLES

試聴 Click!

ビートルズ・ファンが訪れる最果ての地!? ハンガリーからの『Sgt.Peppers』への回答!? これは名作です!

MANDILLO

試聴 Click!

76年なんで『サージェント・ペパーズ』影響化ではありませんが、イタリアの地でこんなにもポップでルーラルな愛すべき作品が生まれていたことにマジカル・ミステリーな逸品!

LE ORME

試聴 Click!

イタリアにももちろん『サージェント・ペパーズ』の波が押し寄せていますが、この作品なんか、ジャケのカラフル度世界一!?音も『オデッセイ&オラクル』のように品があってマジカル☆

Facebookコメント

在庫一覧

  • BRAVE NEW WORLD / OH ! CALCUTTA !

    ジャーマン・サイケの印象を覆す、上質なサイケ・ポップ作、70年発表

    72年にドイツVERTIGOからリリースされた傑作2nd『IMPRESSIONS ON READING ALDOUS HUXLEY』で知られるジャーマン・サイケ・グループ。Dicky Tarrach(ex.RATTLES)、Herb Geller(ex.CLIFFORD BROWN GROUP)といった多国籍なメンバー構成。本作は、70年にPOLYDORからリリースされた彼らのデビュー作。実験的でアヴァンギャルドな印象の強い2ndからも随所で垣間見ることのできる、彼らの非凡な「ポップ・センス」が全面に押し出されたサイケ・ポップ作。華やかなホーン・アレンジ、美しいハーモニー、奇跡的なメロディ、そしてジャーマンならではの悪戯っぽい実験/ユーモアと、凝った音響処理。時代的にはちょっと前後しますが、「英米のサイケ・ポップなんかに負けらんねえぞ」といった挑発的な姿勢が、サウンドにもジャケットにも顕れているような気がします。ジャーマン・サイケの印象を覆すとも言える、ハイクオリティなサイケ「ポップ」作。

  • DREAM / GET DREAMY

    あのテリエ・リピダルが参加していたノルウェー産サイケ・ポップ/アート・ロック、同年代の英米名作に引けを取らない67年の唯一作

    北欧を代表するギタリスト、テリエ・リピダルがVANGUARDSの後に参加したグループ。北欧屈指のサイケ・ポップと評価される67年の唯一作。グルーヴィーなオルガン、ブルース〜ジャズを飲み込んだ表現力豊かなギター、ソウルフルなヴォーカル、渦巻くエコーや逆回転、というスタイルで、トラフィックやプロコル・ハルムに匹敵するアーシーなサイケ・ポップを展開。ジャジーで洗練された管弦楽アレンジも印象的で、アル・クーパーがブラッド・スウェット&ティアーズでやろうとしていたロックとジャズとの融合を先取りしたようなセンスを感じさせます。ゾンビーズ『オデッセイ&オラクル』のような幻想的なハーモニーも特筆。そしてやはり素晴らしいのが、テリエのギター。ファズ・ギターがアグレッシヴに牙をむくフリーキーなフレーズから流麗なタッチのジャジーなフレーズまで、ジェフ・ベックにも引けを取らない先鋭的なギターを聴かせています。67年のノルウェーにこれほどまでにアーティスティックなロック作品が生まれていたとは。英米の同年代のサイケ・ポップ/ロック名作にも負けない傑作。必聴です。

  • FLOOR / 1ST FLOOR

    こ、これほどまでのキャッチー&マジカルなサイケ・ポップ・グループがデンマークに居たとは!驚愕の67年作!

    デンマークのサイケ・ポップ・グループ、67年の唯一作。軽やかなファンファーレで幕を開け、瑞々しいビートとともに、スウィート&ジェントルなヴォーカルが流麗なメロディを歌い、ゾンビーズを彷彿させる幻想的なコーラスが乗っかり、サビではホリーズばりに弾けちゃって、ペニー・レインばりに管楽器も躍動して、このオープニング・ナンバー、強烈すぎっ!その他の曲も流れるような佳曲ぞろいで、ゾンビーズやレフト・バンクなどバロッキーなポップが好きなら間違いなく心奪われてしまうでしょう。このグループは強烈です。レイト60sポップのファンはマスト!

  • LOS BRINCOS / CONTRABANDO

    スペインのビートルズと異名を取るグループがアビーロード・スタジオなどで録音した68年作、もう最高すぎ!

    スペインのビートルズ、LOS BRINCOSがラリー・ペイジに導かれてロンドンに渡り、アビーロードやオリンピック・スタジオで67年に録音し、68年にリリースされた3rdアルバム。ジャケットからしてサイケ・ポップ臭ぷんぷんですが、サウンドもそのイメージ通り!キンクスに通じる哀愁いっぱいのグッとくるメロディ、バーズを彷彿させるたゆたうハーモニー、メロウなフォーク・ロックをベースに管弦楽器やハープシコードがサイケに彩る瑞々しいアレンジ。それにしてもスペイン語で歌われるヴォーカル&メロディが良くって、ちょっと今、4曲目を聴いていて泣きそうです。このマイナー調のメロディは日本人の琴線にビンビン触れること間違いなし。メロディは綺麗なのに、演奏はザ・フーばりにドライヴ感があるし、うん、「Kids Are Alright」みたいで最高!いや〜、次々と溢れる極上のメロディ。ペルーのビートルズと言われるウィ・オール・トゥゲザーにも負けないメロディ・センス。これは素晴らしい名作です。レイト60sの英サイケ・ポップのファンはとにかく必聴!レコメンド!

  • PETER ROAR / LUCKY GURI / CHARLES BENAVENT / MAX SUNYER / SALVADOR FONT / WE ARE DIGGING THE BEATLES

    後にスパニッシュ・ジャズ・ロック・シーンで名を残す重鎮たちが70年代初期に産み落とした最高にカッコ良いビートルズ・カバー作

    後にBARCELONA TRACTION〜MUSICA URBANAとスパニッシュ・ジャズ・ロックを代表するグループで活躍する名Key奏者Lucky Guriと70年代初期のスパニッシュ・ジャズ・ロック・シーンを代表するグループMAQUINA!のサックス奏者Peter Roarを中心に、言わずとしれたICEBERGの名ギタリストMax Sunyerや、MAQUINA!のリズム隊が参加したスーパー・グループ。72年作の全曲ビートルズ・カバー・アルバム。もう、このレビュー書きながら、興奮しています!2曲目の「Strawberry Fields Forever」で泣きそうです。イージーリスニングな感じは微塵もなく、サイケ・ポップのカラフル感を残しつつ、ロック的シャープさとオシャレな洗練とが同居した最高にカッコ良くワクワク感溢れるサウンドを聴かせています。シャープでタイトな音色と手数多いフレージングがカッコ良すぎるドラムを中心に、ピアノとサックスが時にどっしりと時に軽やかに躍動し、NUCLEUS時代のChris Speddingを彷彿とさせるセンス溢れるMax Sunyerが脇を固めます。このキラメキが伝わるでしょうか。カケレコが自信を持ってオススメする大傑作!ビートルズ・ファンもサイケ・ポップ・ファンもニッチ・ポップ・ファンもジャズ・ロック・ファンもカンタベリー・ファンも全員必聴!

  • TAGES / STUDIO

    北欧の『サージェント・ペパーズ』と云われる、スウェディッシュ・サイケ・ポップの傑作、67年作

    スウェーデンのビートルズと異名を取るグループ。彼らの最高傑作と表され、北欧の『サージェント・ペパーズ』とも言われる67年の5thアルバム。ビートルズというよりキンクスに通ずる哀愁と力強さに満ちたバンド・アンサンブル、ゾンビーズやホリーズのファンはニンマリの鼻にかかった歌声のヴォーカルと叙情溢れるメロディとハーモニー。そこに北欧らしさを添える格調高く透明感のあるストリングスの調べ。ジェフ・リンに近いセンスを感じます。とにかくメロディはどの曲もフックに富んでいて、演奏の安定感も抜群。これは、レイト60sの英サイケ・ポップの名作群と比べても遜色のない名作。歌詞はすべて英語。ジャケがポップならもっと多くのリスナーに聴かれていたはず!

  • UNDERGROUND SET / UNDERGROUND SET

    ファズ・ギターとオルガンをフィーチャーしたすこぶるキャッチーなサイケ・ポップ!イタリアもあなどれません!

    NUOVA IDEAの変名グループで、PSYCHEGROUND GROUPの名でも活動していたグループ。70年に本国イタリアをはじめ、イギリス、ドイツ、フランスでもリリースされた唯一作。LE ORMEのプロデューサーとして知られるGian Piero Reverberiが全曲を作曲しているのが特筆。キャッチーなメロディでリードするファズ・ギター、そこにサイケデリックな色彩を添えるグルーヴィーなオルガン、タイトで軽快なドラムとよく動くメロディアスなベース。オール・インストですが、グルーヴィーなナンバーから哀愁を放つメロディアスなナンバーまで、メインのメロディとアンサンブルがすこぶるキャッチー!サイケデリックですが、混沌とした感じはなく、音は洗練されています。これはご機嫌な一枚。サイケ・ポップのファンは是非!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!