プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

米ブラス・ロック特集

CHICAGO

試聴 Click!

ブラス・ロックと言えばシカゴ。その代名詞と言える名曲が「25 Or 6 To 4」(邦題「長い夜」)。バンド名とは裏腹に活動拠点はLA。ジャズ〜ソウルの濃厚なブラスとウェストコースト・ロックとの豊かなブレンド。骨太さと清涼感に痺れますね。

BLOOD SWEAT & TEARS

試聴 Click!

アル・クーパーは抜けたけど、ジャズ〜ソウルとロックとの融合の意志を受け継ぎ、一気に洗練を極めたブラス・ロック屈指の傑作ですね。骨太グルーヴィーなリズム隊と分厚いホーン、そして熱いヴォーカル。カッコ良すぎる・・・。

CHASE

試聴 Click!

シカゴやBS&Tと並ぶブラス・ロックの名グループ。何と言っても4本のトランペッターが強烈で、これでもかとアグレッシヴに吹いて吹いて吹きまくって、もう最大瞬間風速凄まじすぎ・・・。

BUCKINGHAMS

試聴 Click!

BS&Tやシカゴのプロデューサーであり、ブラス・ロックの生みの親とも言えるジェイムズ・ウィリアム・ガルシオが最初期にプロデュースしたシカゴ産グループ。ブラス・ロックの原点と言える名作ですね。

ELECTRIC FLAG

試聴 Click!

天才ギタリスト、マイク・ブルームフィールドを中心に、米ホワイト・ブルースの精鋭が揃ったスーパー・グループ!グルーヴィーなホーンとオルガン、そこに切れ込むマイク・ブルームフィールドのギター!リズムもしなるように炸裂!す、凄い熱気・・・。

JELLYROLL

試聴 Click!

74年の再編エレクトリック・フラッグへの参加やソロ作でも米ルーツ・ロック・ファンに知られる米SSW、Roger Troy在籍の米ブラス・ロック・バンドによる71年唯一作。マイナーながら熱く洗練された音に痺れる快作!

LIGHTHOUSE

試聴 Click!

知名度ではBS&Tには劣るものの、クオリティ高すぎるカナダ産ブラス・ロック。それにしても、69年のカナダでこれほど強靱な音が鳴らされていたとは・・・。アル・クーパーのスーパー・セッションあたりが好きならイチコロなはずっ!

ARCHIE WHITEWATER

試聴 Click!

サイケ、ジャズ、ファンク、ソウルをごった煮にしたこの濃厚かつ洗練されたサウンド!これぞアメリカン・ロックならではのコクですよね?このニューヨークの9人組、素晴らしすぎる・・・。

IF

試聴 Click!

シカゴやBS&Tに対する英国からの回答。グルーヴィー&ソウルフルなアンサンブルのそこかしこからしたたり落ちる英国らしい陰影と叙情美。最高にメロウでグルーヴィー!

ZOO

試聴 Click!

カケレコらしくニッチ&ディープにユーロのブラス・ロックをピックアップ。何とフランス産なんですが、この濃厚なグルーヴと熱気。英国のIFに並んでますよね。

TROUBLE

試聴 Click!

マイルスの作品にも参加したKey奏者など、デンマークが誇るジャズ・ミュージシャンによるブラス・ロック・グループの70年唯一作。グルーヴィーでいてなおかつ引き締まったさすがの名演がつまったユーロ・ジャズ・ロック/ブラス・ロック名作!

Facebookコメント

在庫一覧

  • ARCHIE WHITEWATER / ARCHIE WHITEWATER

    サイケ、ジャズ、ファンク、ソウルをごった煮にしたグルーヴィ−&メロウなニューヨークの9人組、佳曲ずらりの70年大傑作!

    ニューヨーク出身、管楽器奏者を含む9人編成のグループ。70年作。サイケ、ジャズ、ファンク、ソウルをごった煮にしたグルーヴィ−&メロウなサウンドが聴き所。しなるリズム、ブイブイと引っ張るベースによるグルーヴィ−なリズム、軽快かつ陰影に富んだブラス、ソウル・フレイヴァーなヴォーカルが印象的なオープニング・ナンバーからたまりません。これぞアメリカン・ロックならではの濃厚な旨味に溢れています。サイケデリック&メロウな2曲目、野外フェスで聴いたら気持ちいいだろうなぁ、と思ってしまうメロウにたゆたう3曲目。次々とグルーヴィ−かつ洗練されたアンサンブルが繰り広げられます。そして、極めつけは、エモーショナル&ソウルフルなヴォーカルに柔らかなヴァイブが寄り添い、ブラスがむせぶ必殺のメローナンバー「Cross Country」。とにかく、どの曲もキャッチーかつ味わい深い佳曲ぞろい。雰囲気たっぷりのジャケにビビっときたら、聴いて損は絶対にありません。ロック・ファン、ソウル・ファン双方にとっても、これは必殺の傑作!

  • BLOOD SWEAT & TEARS / BLOOD SWEAT AND TEARS

    アル・クーパー率いるブラス・ロック/ブルース・ロック・バンド、69年発表の傑作2nd

  • ELECTRIC FLAG / A LONG TIME COMIN

    マイク・ブルームフィールド率いるスーパー・グループ、68年の時点での時代の最先端をとらえた傑作!

    米ホワイト・ブルースの精鋭が揃ったスーパー・グループ、68年作1st。メンバーは、ポール・バターフィールド・ブルース・バンドの天才ギタリスト、マイク・ブルームフィールド、ジャニス・ジョップリンへも曲提供したソングライター&ヴォーカルのニック・グレイヴナイツ、スティーヴ・ミラー・バンドのKey奏者、バリー・ゴールドバーグ、ディラン『追憶のハイウェイ』に参加したベーシスト、ハーヴィー・ブルックス、後にバンド・オブ・ジプシーのメンバーでジミ・ヘンドリックスと共演するドラマー、バディ・マイルス。す、凄い!自分達を「American Music Band」と称しているように、ブルースだけでなく、ソウル、カントリー、ゴスペル、ジャズなど米ルーツ音楽をブレンドした芳醇なサウンドが特徴。もうオープニングから必殺チューンで、グルーヴィーなホーンとオルガン、そこに切れ込むマイク・ブルームフィールドのギター!リズムもしなるように炸裂!68年の時点での時代の最先端をとらえた、まさに「American Music」な傑作です。

    • SICP1961

      紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナストラック4曲、定価1890

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | | 不良 |

      帯有

      帯に折れあり、紙ジャケに圧痕・ウォーターダメージあり

  • IF / IF and IF 2

    英国ジャズ・ロックの名グループ

    英国ジャズ・ロックの名グループ。70年作1stと71年作2ndをカップリングした2in1CD。

  • JELLYROLL / JELLYROLL

    マイナーながら優れた米ブラス・ロック名盤、71年唯一作

    74年の再編エレクトリック・フラッグへの参加やソロ作でも米ルーツ・ロック・ファンに知られる米SSW、Roger Troy在籍の米ブラス・ロック・バンドによる71年唯一作。ブラッド・スウェット&ティアーズのDavid Clayton Thomasを彷彿させる力強くソウルフルなヴォーカル、乾いたトーンのグルーヴィーなリズム隊、枯れたトーンでリズミックなフレーズを奏でるギター、ブイブイとうねるホーン・セクション、そしてホーンに負けじと豪快に鳴り響くハモンド・オルガン。BS&Tの逞しさ、シカゴの艶やかさに比べてこのバンドの魅力と言える「粗野なファンク色」たっぷりに突き進むブラス・ロックの快作です。

  • LIGHTHOUSE / LIGHTHOUSE

    60年代末のカナダにこれほどのロック傑作があったとは!ロック、ジャズ、クラシックとがブレンドした強靱な音は唯一無比!

    トロントで結成。管楽器奏者だけでなくヴァイオリンやチェロ奏者も含む大所帯のブラス・ロック・グループ、69年作の1st。ロック、サイケ、ジャズ、クラシックをブレンドしたサウンドが特徴で、オープニング・ナンバーから濃厚なブレンドが炸裂!混沌と渦巻くサイケなファズ・ギターやオルガン、エネルギッシュ&グルーヴィ−なリズム隊、熱くむせぶブラス、端正なヴォーカルとキャッチーなコーラス・ワーク。60年代末のカナダにこれほど濃密なサウンドを出すグループがいたとは!2曲目は一転して、しなやかなピアノが導くジャジー&メロウなナンバーで、アル・クーパーのファンは胸に迫りくること間違いなし。3曲目は、サイケ期のバーズにブラスをフィーチャーしたようなナンバーですが、アカデミック&プログレッシヴな雰囲気があって驚きます。それにしても、メロディ、演奏、アレンジのアイデアともにハイ・クオリティ。60年代のカナダを代表するだけでなく、ロック史上に残る大傑作。これは、おすすめです!

  • ZOO / ZOO

    フランス最初期のブルース/ジャズ・ロック・グループ、68年作1st、これは素晴らしい一枚!

    フランスのブルース/ジャズ・ロック・グループ、69年の1st。聴いて驚きました。フランスにコロシアムやニュークリアスやグレアム・ボンドに対抗できるこれほどのグループが居たとは。グルーヴィーかつ時に水面を子供がジャバジャバするように無邪気で浮遊感いっぱいのハモンド、ニュークリアスばりに艶やかで陰影に富んだホーン・セクションやギター、クリス・ファーロウもびっくりのソウルフルなヴォーカル。時にヴァイオリンも入って、テンションみなぎる超絶アンサンブルも聴かせたり、これは相当に熟達のメンバーが集まったグループに違いありません。マグマやゴング以前にこんなグループが居たとは。恐るべしフレンチ・ロック。これはオススメです。