プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

イタリアの名バンドNEW TROLLSが率いたプログレ系レーベル、MAGMA/GROGレーベル!

NEW TROLLS

試聴 Click!

言わずと知れた伊屈指の名バンド、73年作。ギタリスト兼リーダーのVittorio主導で制作された本作はプログレ然とした構築性とクラシカルな重厚さが全編を包み込む傑作。各種キーボードを存分に使用しためくるめく音世界は、彼らのプログレ・バンドとしての力量の高さを雄弁に物語ります。

NEW TROLLS

試聴 Click!

71年作の続編にあたる76年作。泣きのオーケストラをバックにした哀愁のバラードは相変わらずの素晴らしさですが、『N.1』での荘厳さ、緊張感は幾分和らいでおり、特に後半は思わず口ずさんでしまうようなポップな佳曲が目白押しの一枚。彼らの音楽性の幅広さが覗える作品でもあります。

NEW TROLLS

試聴 Click!

74年作より。持ち前の圧倒的なテクニックを駆使し、本格派ジャズ・ロック・アンサンブルを展開する異色作。クールな序盤が徐々にエネルギッシュな熱気に溢れる演奏へと発展する所が何とも彼ららしいです。

ALPHATAURUS

試聴 Click!

オルガン、ヴィヴラフォン、チェンバロ等多彩なキーボード群をフィーチャーしてアグレッシヴに展開する73年作。ヘヴィーかつスリリングなアンサンブルの中にも独特の荘厳さや幻想性が感じとれるハイレベルな逸品です。

PHOLAS DACTYLUS

試聴 Click!

73年作。ジャジーで軽やかな演奏からヘヴィーに叩きつけるような演奏まで変幻自在なアンサンブルを聴かせる演奏陣と、カンタゥトーレ調のヴォーカルが交錯する、どこか不穏さが漂うヘヴィー・シンフォを展開。

LATTE E MIELE

試聴 Click!

ジェノヴァ出身の伊ロック・バンドによる76年3rdより。クラシカルな美しさを湛えた切ないメロディと、エネルギッシュなギター&キーボードが飛翔する中盤の展開が素晴らしい彼らを代表する名曲の一つです。

MANDILLO

試聴 Click!

GROG第一弾バンドによる76年作。ビートルズかスタックリッジかというパストラルな歌物中心の作品で、同時期の他の作品のような重厚さ・荘厳さとは無縁の、もう一つのイタリアン・ロックの顔を垣間見れる一枚となっています。

CELESTE

試聴 Click!

荘厳なメロトロンを堪能できる作品として名高い76年作。アコギを基調としたたおやかな曲調をベースとしながらも、その上を覆うメロトロン、シンセ、フルートなどによる壮大な幻想美に圧倒されずにはいられない伊プログレ屈指の名盤。

PICCHIO DAL POZZO

試聴 Click!

NTのリーダーVITTORIOの弟ALDOが率いるプログレ・バンド76年1st。アヴァンギャルドな展開を含みながらも、カンタベリー直系のジャジーなアンサンブルと煌めくような美しい音使いが随所に散りばめられた傑作です。

CORTE DEI MIRACOLI

試聴 Click!

76年作より。濃厚なロマンを湛えた歌パートや叙情的に広がるキーボード・サウンド、バタバタと性急に畳み掛けるアンサンブルなど、イタリアン・ロックらしさがこれでもかと詰まった、伊ロック好きにはマストな一枚。

Facebookコメント

在庫一覧

  • ALPHATAURUS / ALPHATAURUS

    イタリアン・ヘヴィ・シンフォ、73年発表の唯一作、多彩なキーボードが躍動する変幻自在の曲展開が魅力

    イタリア出身、73年発表の唯一のアルバム。オルガン、ヴィヴラフォン、チェンバロ等多彩なキーボード群をフィーチャーしたアグレッシヴなプログレッシヴ・ロック。各パートがせめぎ合うスリリングなアンサンブルによる変幻自在の曲展開が持ち味。幻想的なチェンバロのリフレインに、神秘的なムーグ・シンセサイザー、歪んだギター、ドタバタと手数が多くパワフルなドラムが加わり、鮮やかさを増していく夜明けのような導入部から、優美な電子ピアノ・ソロを挟んで、男声コーラスに包まれた情熱的なヴォーカルがムーグ・シンセサイザーと共に飛翔するドラマティックなクライマックスへとダイナミックに楽曲が表情を変化。若々しい勢いと迫力が伝わるイタリアらしさ満載の一枚です。

  • CELESTE / CELESTE

    76年発表、イタリアン・ロック随一のメロトロン名盤にして素朴な歌心にも溢れる珠玉のイタリアン・シンフォ

    単発ながら素晴らしい作品を残したイタリアのプログレッシブ・ロックグループの76年唯一作。ゲスト・プレイヤーにPICCHIO DAL POZZO のAldo De Scalziを迎えて製作され、メロトロンの名盤としても知られるその内容は、ファンタジックなフォーク・ロック風の牧歌性が素晴らしい優美なサウンド。フルートやヴァイオリン、ギターが彩るフォーキーな音楽性を基本にメロトロンやアナログ・シンセサイザーが神秘的な広がりを加味しています。ほとんどリズム・セクションを廃した作風とシンセサイザー・サウンドの効果もあって、ジャーマン・ロックなどにも通じる浮世離れした浮遊感を持っていることが個性的ですが、やはり優美なメロディーには確かなイタリア叙情を感じます。

    • KICP2711

      定価2243

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

      帯に黄ばみあり、帯の裏に剝がれあり、ジャケに若干黄ばみあり

  • LATTE E MIELE / AQUILE E SCOIATTOLI

    イタリアのシンフォニックロック古典、メンバーを一新した3rd

    70年代にLE ORMEなどと並んで、イタリアン・キーボード・ロックの名盤を生み出したジェノヴァ出身バンドの76年作3rd。前2作でイタリアン・ロック古典の名バンドとしての地位を確立した彼らですが、本作ではドラムのAlfio Vitanza以外のメンバーを一新、ベーシストに加えキーボーディストが2名加入したダブル・キーボードの4人編成となりました。さらに、同郷ジェノヴァのアヴァンロックバンドPicchio Dal Pozzoのメンバーがフルート、サックスでゲスト参加し、NEW TROLLSのVittorio De Scalziのプロデュースという豪華な布陣で製作されています。その内容は、前2作のコンセプト志向からの脱却を図ったものであり、ダブル・キーボードを駆使した広がりのあるシンフォニック・ロックを聴かせつつ、イタリアらしい美しいボーカルナンバーに重きを置いた素晴らしいものですが、ベートーベンの楽曲のプログレアレンジ、そして、ラストに配置された20分を超える大作など、爆発的な熱情にまかせた前2作とは違った、構築的で洗練されたシンフォニック・ロックを展開。知名度は前2作より落ちるものの、やはり素晴らしい作品です。

  • NEW TROLLS / TEMPI DISPARI

    唯一のジャズ・ロック期NEW TROLLS、74年リリース

    イタリアを代表するプログレッシブロックバンドの74年の作品、ライブ盤。「ATOMIC SYSTEM」を作り上げたN.T. ATOMIC SYSTEMのメンバーによる演奏が収録されているのですが、ここで聴けるのは大曲2曲のジャズロック。NEW TROLLSとジャズロックというのは意外な組み合わせであり、事実このアルバムが彼らの作品群の中で特異な位置にあるのは昔から語られてきたことですが、本作はNEW TROLLSのテクニカルな演奏が存分に堪能できる素晴らしい内容となっています。途中でConcerto Grossoのフレーズが飛び出すなど聴き所が多い作品となっており、やはり名盤「ATOMIC SYSTEM」を生み出したメンバー達の基礎体力は並大抵のものではないのだと認めざるを得ません。4分の7拍子、8分の13拍子という変拍子をそのまま楽曲タイトルに採用し、Soft MachineやNucleusにも劣らない超絶なサウンドで畳み掛けつつ、サックスが登場すればKing Crimsonのようなへヴィープログレにも表情を変える、白熱のライブ作となっています。

  • PICCHIO DAL POZZO / PICCHIO DAL POZZO

    ヴィットリオ・デ・スカルツィ(NEW TROLLS)の弟アルドが率いるカンタベリータイプの伊ジャズ・ロック、76年1st

    イタリアを代表するジャズ・ロック・バンド、PICCHIO DAL POZZOが76年に発表した1stアルバム。一音一音が必然的にならされているかのような緻密なアンサンブルにより鳴らされる理知的なサウンドは、イタリアのHATFIELD AND THE NORTHといった印象。イタリアらしい情熱的な部分はほとんど無く、ひたすらクールに音が紡がれています。カンタベリー好きは必聴。