プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ARCANEレーベル

TANGERINE

試聴 Click!

TANGERINEの75年第1作。たおやかな響くアコギ爪弾きに女性ヴォーカルVALERYの美しいヴォーカル、それらを彩るフルートの音色が素晴らしいフォーク・ロックの名品。切なくも力強くしかしどこか拭えぬ翳りを持つその音楽性は、フランス産ならではの魅力に満ちています。

VALERY BTESH

試聴 Click!

VALERYによる77年ソロ作。音楽性はTANGERINEを引き継ぐフォーク・ロックですが、VALERYの歌の魅力がより引き出された珠玉の逸品となっています。夢の世界のような淡い幻想を描きだす演奏に乗って、VALERYの透き通るような美声が何とも心地よく響く一曲です。

MONA LISA

試聴 Click!

ANGEと並び称されるシアトリカルなフレンチ・プログレの代表格、74年デビュー作。若干音は軽いものの演奏自体はなかなか重厚で、全編自己陶酔気味に歌い上げるヴォーカルも相まって、フランス以外にはあり得ない耽美な世界観を作り上げています。

MONA LISA

試聴 Click!

CRYPTOより77年に発表された3rdアルバム。瑞々しく繊細な音使いとシンフォニックな高揚感の両方が味わえる充実のアンサンブルと、エキセントリックな域に達するヴォーカル・パフォーマンスがこれまでになく冴え渡る傑作に仕上がっています。

PENTACLE

試聴 Click!

ANGEのVo、C.DECAMPSプロデュースによる75年唯一作。アクの強いフレンチ・プログレ勢にあって、独特の儚さが漂うユーロ・プログレらしい異国的叙情美を湛えたフレンチ・シンフォを展開します。ヴォーカルのどこか物悲しく情感豊かに響く歌声も聴き所です。

CARPE DIEM

試聴 Click!

キーボード、ギター、サックスが絡み合いながら進行する、しなやかなシンフォニック・ジャズ・ロックを繰り広げる75年作。高い芸術性を誇る美しき演奏から溢れ出てくるドラマティシズムが堪能できる点は、まさにユーロ・ロックならではの醍醐味と言えます。

CARPE DIEM

試聴 Click!

前作における流麗なアンサンブルはそのままに、よりドラマティックな構成力が発揮されたCRYPTOより発表の76年作。こちらの21分に及ぶ大曲も、繊細さとダイナミズムが見事に同居する演奏の中にフランスらしい耽美さが濃厚に薫るユーロ・ロック・ファンには必殺と言える傑作組曲。

LITTLE BOB STORY

試聴 Click!

プログレ的な音の厚みも仕掛けも一切無く、オーソドックスでスリージーなロックン・ロールを演奏するこのバンドも、ARCANEより世に出たバンドの一つ。こういうバンドもデビューさせてしまうあたり、単なるプログレ系レーベルとは言えない懐の深さが感じられませんでしょうか?

Facebookコメント

在庫一覧

  • CARPE DIEM / EN REGARDANT PASSER LE TEMPS

    75年発表、緊張感と幻想性が見事に調和したフレンチ・プログレの名作!

    ANGEのマネージャーが設立したCryptoレーベルよりデビューし、フランスらしい耽美な幻想色を持ち、緊張感を持たせながら浮世離れしたファンタジックなサウンドを作り出したグループの75年デビュー作。各種浮遊感のあるエフェクトを駆使しながら独特のサイケデリックな質感を漂わせ、シンフォニックな味わいを感じさせるジャズ・ロックアンサンブルを聴かせます。KING CRIMSONを髣髴とさせるダークな変拍子なども登場し肉感的に迫るような局面もありますが、KING CRIMSONのようにハードに聴こえさせないのは前に押し出されたサックス、フルートの流れるような幻想色。冷たい狂気を内包させた名盤と言えるでしょう。

  • MONA LISA / L'ESCAPADE

    ANGEの弟分的グループ、フレンチ・プログレ、74年作

  • PENTACLE / LA CLEF DES SONGES

    どこを切っても歌心に溢れるフレンチ・シンフォの傑作、75年作

    ドイツやスイスとの国境にほど近いフランス東部はベルフォールにて71年に結成されたグループ。75年にリリースされた唯一作。プロデュースは、ANGEのVoのクリスチャン・デキャン。ファンタスティックで叙情的なシンフォニック・ロックが特徴で、KING CRIMSONというか、同郷のCARPE DIEMに通じる神秘性、そしてGENESISを彷彿させる繊細さと丹念なアンサンブルが印象的です。ANGEと関連のあるバンドではありますが、ボーカルはいわゆるシアトリカル系ではなくストレートな語り口であり、メランコリックなストリングス・キーボードの広がりが、フレンチ・ロックならではのなんとも言えない奥ゆかしい幻想を描きます。