プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

クレイジー・ワールド・オブ・ブリティッシュ・サイケ その壱『TWINK』

時は60年代半ば、アメリカから海を越え英国に伝来したサイケデリック・ムーヴメント。当時のアメリカが抱えていたような深刻な社会/人種問題がない英国でのサイケデリック・ムーヴメントは、アートスクールに通う学生が中心となって盛り上がっていた「芸術運動」と密接に結びつき、ことロック・シーンにおいては、「狭い国土」「悪天候」という英国ならではの先天的要因もあって「青空の下、原っぱで」とはいかず、そのかわりに「UFOクラブ」を筆頭としたロンドンのクラブ・シーンを本拠に独自の成熟をなしていきます。

PINK FLOYD、SOFT MACHINE、ひいてはBEATLESやROLLING STONESといったビッグ・バンドたちが通過していった「ムーヴメント」としてのサイケデリック・ロックは追々別項に任せるとして、ここでは根っから、もしくは生涯通して「FREAK OUT!」していたことであろうモンスター級の英サイケ・ミュージシャンたちを数回に渡ってご紹介します。

第一回は、TOMORROW/PRETTY THINGS/PINK FAIRIESなどの一員として「名だたる英サイケ盤」を産み落とした傭兵肌のドラマー/シンガー、TWINKにクローズアップ。ちなみに、PINK FAIRIESとHAWKWINDが合体したPINKWIND(HAWKFAIRIES)、そしてSyd Barrettと組んだ幻のギグ・プロジェクト=STARSは、残念ながら動画見つからず。STARSにいたっては音源化すらされておりませんので、これを機にあらためて、発掘を懇願しましょう!

TOMORROW

試聴 Click!

「サイケデリック・ドラマー」としてのキャリア最初期に産み落とした名盤。Steve Howe(YES)、Mark Wirtz(英サイケポップ界の名匠)といった大物の陰に隠れ、さらには『Sgt..』影響下のスタジオ実験の嵐によって野獣はまだ眠っている様子。(68年)

AQUARIAN AGE

試聴 Click!

「TOMORROW時代イケてないミュージシャン」だったTWINKとJohn Woodが解散後に組んだ単発プロジェクト。唯一シングルのA面曲は大のお気に入り曲のようで、フェアリーズ時代にセルフカヴァーするほど。この原曲にはNicky Hopkinsが参加。(68年)

PRETTY THINGS

試聴 Click!

吹き荒れるサイケムーヴメントのなか、強烈なサイケカンフル剤としてPRETTY THINGSに加入したTWINK。彼らの代表作にしてロックオペラの傑作ですが、おそらくはドラマーとしてと言うよりも「サイケな何か」としての彼に期待しての加入では...?(68年)

MICK FARREN

試聴 Click!

DEVIANTSの総帥にして英サイケの最重要人物=Mick Farrenのソロ作。彼とTWINKの邂逅のなかに、英フリークアウトを総覧する一種のハイライトがあるような気がします。元ティラノサウルス・レックスのSteve Tookも参加。(69年)

TWINK

試聴 Click!

ついぞ叶ったソロ1st。Mick Farrenプロデュース、Steve Took、DEVIANTS、PRETTY THINGSのメンバーらが参加した、色とりどりのサイケデリアを包含したブリティッシュ・サイケの金字塔。(70年)

PINK FAIRIES

試聴 Click!

『THINK PINK』で自身のサイケデリアのひとつの到達点に達したTWINKがDEVIANTSのメンバーらと組んだバンド。ファンタジックなテイストと、HAWKSらサイケ・ハード勢に通じるヘヴィなサウンド。(71年)

PINK FAIRIES MARCHING DRUM BAND

試聴 Click!

おまけ映像。71年グラストンベリー・フェスティヴァルでの風景。TWINK筆頭にPINK FAIRIESらの面々を見ると、71年というサイケ終焉の時代にあっても、やはり「根っから」好きな様子がよく判りますよね。

Facebookコメント

在庫一覧

  • PRETTY THINGS / S.F.SORROW

    68年リリース、ザ・フー「トミー」と並ぶロック・オペラの金字塔!

    68年作の4th。ザ・フーの「トミー」と並ぶロック・オペラの金字塔。レイト60sの波を受けて、逆回転などのテープ処理を用いたサイケデリックな装いが前面に出ていますが、トウィンクのフリーキーなドラムなど、かなりアンダーグランド臭漂う混沌としたサウンドが持ち味。サイケ・ポップ的なカラフル感よりも骨太なロック感が印象的です。演奏のダイナミズムなど、バンドとしての技術とスケールの大きさを感じさせます。傑作。

    • VICP63814ビクター

      紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック7曲、定価2310

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

    • SMMCD565SNAPPER MUSIC

      ボーナス・トラック4曲

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      ジャケに若干使用感あり、背ジャケ側面部に使用感あり

    • SDPCD109SNAPPER

      デジパック仕様、スリップケース付き仕様、ゴールドCD、リミテッド・エディション、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック4曲

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | | 不良 |

      全体的にたばこ臭・黄ばみあり

    • SDPCD109SNAPPER

      プラケース仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック4曲

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      ジャケに小さい破れあり

  • TOMORROW / TOMORROW

    スティーヴ・ハウ、キース・ウェスト、後にプリティ・シングスに加入するトゥインクらによるグループ、英サイケ・ポップの名作、68年作

    スティーヴ・ハウ、キース・ウェスト、トゥインク等によって結成されたトゥモロウが68年に発表した1stアルバム。68年の英国といえば、シーンはすっかり極彩色。本作も例に違わず、基本的にはテープ逆回転などのアレンジをふんだんに使ったサイケ・ポップでビートリッシュなサウンドですが、それだけに終わらないのはメンバーの顔ぶれからも想像できる通り。スティーヴ・ハウの焦燥的なギターとトゥインクの偏執狂的なドラム・ワークはこのころからすでに半端ではないテンションで、鬱屈した感情をすべて吐き出すような病的なまでの緊張感に、スタイルとしてのサイケデリックとは一線を画すむき出しの非現実が感じられる名作。

    • 4988192EMI

      デジタル・リマスター、ボーナス・トラック12曲

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | | 不良 |

      ジャケにたばこ臭・折れあり

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!