プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

クレイジー・ワールド・オブ・ブリティッシュ・サイケ その壱『TWINK』

時は60年代半ば、アメリカから海を越え英国に伝来したサイケデリック・ムーヴメント。当時のアメリカが抱えていたような深刻な社会/人種問題がない英国でのサイケデリック・ムーヴメントは、アートスクールに通う学生が中心となって盛り上がっていた「芸術運動」と密接に結びつき、ことロック・シーンにおいては、「狭い国土」「悪天候」という英国ならではの先天的要因もあって「青空の下、原っぱで」とはいかず、そのかわりに「UFOクラブ」を筆頭としたロンドンのクラブ・シーンを本拠に独自の成熟をなしていきます。

PINK FLOYD、SOFT MACHINE、ひいてはBEATLESやROLLING STONESといったビッグ・バンドたちが通過していった「ムーヴメント」としてのサイケデリック・ロックは追々別項に任せるとして、ここでは根っから、もしくは生涯通して「FREAK OUT!」していたことであろうモンスター級の英サイケ・ミュージシャンたちを数回に渡ってご紹介します。

第一回は、TOMORROW/PRETTY THINGS/PINK FAIRIESなどの一員として「名だたる英サイケ盤」を産み落とした傭兵肌のドラマー/シンガー、TWINKにクローズアップ。ちなみに、PINK FAIRIESとHAWKWINDが合体したPINKWIND(HAWKFAIRIES)、そしてSyd Barrettと組んだ幻のギグ・プロジェクト=STARSは、残念ながら動画見つからず。STARSにいたっては音源化すらされておりませんので、これを機にあらためて、発掘を懇願しましょう!

TOMORROW

試聴 Click!

「サイケデリック・ドラマー」としてのキャリア最初期に産み落とした名盤。Steve Howe(YES)、Mark Wirtz(英サイケポップ界の名匠)といった大物の陰に隠れ、さらには『Sgt..』影響下のスタジオ実験の嵐によって野獣はまだ眠っている様子。(68年)

AQUARIAN AGE

試聴 Click!

「TOMORROW時代イケてないミュージシャン」だったTWINKとJohn Woodが解散後に組んだ単発プロジェクト。唯一シングルのA面曲は大のお気に入り曲のようで、フェアリーズ時代にセルフカヴァーするほど。この原曲にはNicky Hopkinsが参加。(68年)

PRETTY THINGS

試聴 Click!

吹き荒れるサイケムーヴメントのなか、強烈なサイケカンフル剤としてPRETTY THINGSに加入したTWINK。彼らの代表作にしてロックオペラの傑作ですが、おそらくはドラマーとしてと言うよりも「サイケな何か」としての彼に期待しての加入では...?(68年)

MICK FARREN

試聴 Click!

DEVIANTSの総帥にして英サイケの最重要人物=Mick Farrenのソロ作。彼とTWINKの邂逅のなかに、英フリークアウトを総覧する一種のハイライトがあるような気がします。元ティラノサウルス・レックスのSteve Tookも参加。(69年)

TWINK

試聴 Click!

ついぞ叶ったソロ1st。Mick Farrenプロデュース、Steve Took、DEVIANTS、PRETTY THINGSのメンバーらが参加した、色とりどりのサイケデリアを包含したブリティッシュ・サイケの金字塔。(70年)

PINK FAIRIES

試聴 Click!

『THINK PINK』で自身のサイケデリアのひとつの到達点に達したTWINKがDEVIANTSのメンバーらと組んだバンド。ファンタジックなテイストと、HAWKSらサイケ・ハード勢に通じるヘヴィなサウンド。(71年)

PINK FAIRIES MARCHING DRUM BAND

試聴 Click!

おまけ映像。71年グラストンベリー・フェスティヴァルでの風景。TWINK筆頭にPINK FAIRIESらの面々を見ると、71年というサイケ終焉の時代にあっても、やはり「根っから」好きな様子がよく判りますよね。

Facebookコメント

在庫一覧

  • PRETTY THINGS / S.F.SORROW

    68年リリース、ザ・フー「トミー」と並ぶロック・オペラの金字塔!

    68年作の4th。ザ・フーの「トミー」と並ぶロック・オペラの金字塔。レイト60sの波を受けて、逆回転などのテープ処理を用いたサイケデリックな装いが前面に出ていますが、トウィンクのフリーキーなドラムなど、かなりアンダーグランド臭漂う混沌としたサウンドが持ち味。サイケ・ポップ的なカラフル感よりも骨太なロック感が印象的です。演奏のダイナミズムなど、バンドとしての技術とスケールの大きさを感じさせます。傑作。

  • TWINK / THINK PINK

    PRETTY THINGS在籍中にリリースされた70年1stソロ、英サイケ/フリーク・アウト大名盤!

    トゥモロウ〜プリティ・シングスと渡り歩き、プリティ・シングスでは英サイケ・ポップの名作『S.F.SORROW』を残し、後にはデヴィアンツの面々とピンク・フェアリーズを結成したり、シド・バレットとのグループも画策したり、英アンダーグラウンドを居場所に活躍するドラマー。プリティ・シングス在籍時の69年に、トゥモロウやプリティ・シングスやデヴィアンツやティラノザウルス・レックスのメンバーのサポートを受けてロンドンで録音されたソロ・アルバム。シタールやタブラやSEがドロドロと渦巻く英サイケの名作。ドラムが混沌を刻み、ファズ・ギターがエキセントリックにうめきまくるトラックのカッコいいこと!幻想的なメロトロンも特筆。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!